後味の悪い話 その172 [無断転載禁止]©2ch.net

1本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/05(火) 05:46:59.15ID:VaGlDKKb0
■注意■
・ネタバレ必須です(但し、新作などの場合はある程度の配慮をお願いします)
・既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-5あたり参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」をNGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは>>950 を踏んだ人が立てて下さい。】
※立てられない場合は早めに申告して下さい。
次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
>>950 を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう

前スレ
後味の悪い話 その171
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1498860589/

243本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/19(火) 16:32:37.32ID:jVIf642t0
違った、1つ別スレ引っ掛かってたわ

244本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/19(火) 17:10:16.83ID:q6QVNv4N0
お?ワッチョイスレ立てた荒らしがこっちを荒らしに来てるの?
巣に引き込もってせんずりこいてろよ

245本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/19(火) 17:31:51.97ID:Wo8Ympgd0
>>ID:w0XjH4DH0
スレ分裂は荒らしが勝手にワッチョイ立てたことが原因。ワッチョイスレの存在はこの本スレには関係無い

そのID:0X6N+8750が当事者だっていう証拠は?当人がそう言ってるの?君の憶測じゃないよね?
反論する者は皆当事者なの?

ハッキリ言うけど関係無いスレの話をここでする時点でID:Dr5VFKbA0も邪魔な存在だよ。そういう話は別のスレでしてくれ。そこなら誰も見てないから

246本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/19(火) 17:38:04.41ID:NVUWxXs70
向こうは荒らしが立てたスレ


ってのも正直向こうを荒らしてるヤツがよく使う言い分だよな
自演でワッチョイ付ける流れにしたって言い張ってるヤツ

247本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/19(火) 18:02:43.88ID:eKwaBcDL0
ID変えても文体で丸わかりなのな

248本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/19(火) 18:28:45.78ID:q6QVNv4N0
>>246>>247
いや、それ皆が言ってることでしょ?
俺もそう思うし、>>217もそう言っている。言葉や概念は一人だけのものじゃないんだ
現にあっちのスレはまともな人は誰も使ってないじゃん。以前は使ってたらしい人も今は後悔してるみたいだし

249本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/19(火) 18:32:36.58ID:E05ve2ZU0
皆が言ってる?
俺は明らかに流れがおかしいから自演だと思うわ

250本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/19(火) 18:51:40.84ID:q6QVNv4N0
明らかに頭がおかしい人「明らかに流れがおかしい( ・`д・´)キリッ」

251本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/19(火) 18:59:39.63ID:E05ve2ZU0
そうなんだよ
だからやっぱり「ワッチョイスレ立てる流れになったのは自演」「光成云々のレスに批判が付いたのは明らかに自演」って言ってたのは頭がおかしいんだよ

252本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/19(火) 19:56:05.03ID:3BcGwqKD0
何こいつこれが生き甲斐なの?

253本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/19(火) 23:40:11.75ID:o1qgbXM80
>>210
そのバンドがやりたがっていた「銀魂」の初代監督と「男子高校生の日常」の監督が同一人物(高松監督)で
二代目である藤田監督は、高松監督の愛弟子
(高松監督別作品の為に銀魂を下りた際に、監督昇格させた)
ちなみに、高松監督は藤田監督に移行後も、監修や録音演出、エリザベスの中の人等で銀魂に関わり続けていた
てな事実も知らずに言っていたかと思うと、余計に後味が悪いよな

2541/2@無断転載は禁止2017/09/20(水) 00:07:02.55ID:g97IAYVr0
今読み終えてムカついたので。
レイ・ブラッドベリ「全額払い」

火星で酔っぱらう三人の男。
数時間前までは食料をロケットに積み込み、保養から帰るつもりだった。
だが突然、空に強烈な青い閃光が閃き、地球は燃え盛った。

地球は核戦争で滅びてしまったのだ。
男たちは火星に残った最後の人類だった。そして二度と戻れない地球上でも。
泣きながら地球での思い出を語り合っていると、火星人がやってきた。
火星人は青銅色の仮面を被っている。

火星人は三人にテレパシーで話しかけてきた。
それによると、火星には千人ほどの火星人が生き残っていて、とても美しい町に隠れ住んでいるのだという。
そして、三人を保護したいのだと。
火星も昔は核武装をしていたが、今は武装を捨て、平和に暮らしている。

だが三人の男たちは文明に栄える火星を、滅んだ地球と自分たちの悲惨な境遇に引き比べ、羨み、また苛立つ。
自分たちは故郷を失ったのに、こいつらは。
押し問答の末、銃を持っていた一人が火星人を撃ってしまう。
そして三人の男たちは自分たちのロケットに乗り込み、火星人の町へと向かう。
一人は「こんなことは理性的じゃない。止めるべきだ」と思うが、結局なにもしない。

2552/2@無断転載は禁止2017/09/20(水) 00:12:20.22ID:g97IAYVr0
彼らは火星人の町にロケットを着陸させる。
青銅色の仮面をつけた男たち、エメラルドの霧をまとった女たち、笑いながらかけまわるこどもたち。
様々な色に絶えず変化する噴水。どこかで素晴らしい音楽が奏でられ、空気には新鮮な香りが漂っている。青水晶の窓、咲き誇る花、目に染みるような緑の草。
誰もが幸せそうだった。
彼らはそれぞれの機関銃の引き金を引いた。
町はあっというまに静まり返った。
彼らは崩壊し、炎をあげる町をあとにした。
「やつらにもわかったろうな」
お互いを慰め合う男たちで終り。

ちなみに火星人は理性的で、上から目線でもなく、本当に三人を助けたくて声をかけてきただけ。
火星人が怖くて、とか侵略目的で、とかの方がまだ許せた。
こいつらの勝手な自己憐憫で全滅させられた火星人がひたすら可哀想。

256本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 01:18:02.99ID:mr/gQtKI0
>>251←こいつマジでキチガイじみてるな

257本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 01:23:53.36ID:mr/gQtKI0
>>255
人間なんてそんなものよ

258本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 01:47:37.08ID:4LWhS8Aw0
フレドリック・ブラウンの短編、こまかいところはうろ覚え
地球から火星への初めての無人探査機が着陸する日、火星人たちは感慨にふけっていた。
「われわれは絶滅に瀕しており、今やわれわれの住む土地はこの都市だけだ。
われわれは物質文明を希求した地球人とは違い、精神文明を発達させてきたため、
地球の探査機についての情報もテレパシーで逐一把握してきた。
探査機の着陸予定地点はわれわれの都市から100km西の地点に着陸するようだが
着陸の際に巨大な衝撃波を発するので、仮にもう100km離れたところに着陸してもここから見えるはずだ。
われわれの精神文明と地球人の物質文明、それらは互いに補い合い、双方にとって有意義なものとなるだろう。
そうなれば火星人もふたたび火星に満ちることになる…」

地球での会話
A「探査機は無事着陸したのか?」
B「ああ、100kmほど東にズレたようだが無事着陸したようだ。」
A「ところで君、火星人がいると思うかい?」
B「うーん、いないと思うな」
Bは正しかった

259本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 01:48:26.08ID:9F/LYBCA0
ブラッドベリは人間なんてそんなもの、ってストーリーが上手くて
やりきれないながらも美しい話が多くて好きだよ 
黒いカーニバルとかこのスレ住人好きそう

260本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 02:57:52.27ID:x+5Jc98z0
>>258
どういうこと?火星人は目に見えないものになってたってこと?魂みたいな

261本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 03:08:39.84ID:0aSWbz050
最後に残ってた都市に探査機が落ちてるわけだしその衝撃で全員死んだんじゃないかな

262本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 03:28:16.64ID:YPcmZmgb0
星新一が書きそう

263本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 03:46:35.83ID:GzBm2/+r0
高校演劇戯曲選 第7巻
前にも紹介されてたけどこの本おすすめ
収録された話全部なにも解決しないで終わる、オチを考えるのが面倒だったんですね

264インスリンの発見 1/2@無断転載は禁止2017/09/20(水) 07:04:57.23ID:/N20xKx60
ジョン・マクラウドは1923年に“インスリンの発見”で発見者の1人としてノーベル生理医学賞を受賞した。

1921年、トロント大学医学部教授で糖尿病の権威であったマクラウドの元に、
町医者のバンディングが訪ねて来た。
バンディングは「糖尿病を防ぐ物質を抽出したいので研究生として受け入れてほしい」と申し込んできた。
マクラウドは、紹介者も無く、糖尿病の権威である自分に対し誰も成功したことのない実験をしたいと言ったこの町医者に腹を立て、申し入れを断った。
ところが、バンディングがあまりにしつこく食い下がるため、マクラウドは渋々、彼が夏休みで留守にしている2ヶ月間の間に実態終わらせ立ち去るという条件で、実験室を貸すことを許可した。

こうして、マクラウドがバカンスを楽しんでいる間、バンディングは寝る間も惜しんで実験に没頭した。

265インスリンの発見 2/2@無断転載は禁止2017/09/20(水) 07:06:46.79ID:/N20xKx60
そして2ヶ月後。
バカンスから戻ったマクラウドは、まだ実験室にバンディングがいたことに激怒したが、
バンディングの口から「あなたがバカンスを楽しんでいる間に、実験に成功した」と聞くと、
一転、その成果を誉め称えた。

そしてマクラウドは、発見されたその物質に「インスリン」と名付け、その結果を「実際に発見したのは助手だが、自分の指揮・管理のもと発見した」と自分の手柄であるかのように学会に報告した。
その翌年の1923年、マクラウドは20世紀最大の発見と全世界から賞賛を受け、バンディングと共にノーベル生理医学賞を受賞したのである。

受賞後、マクラウドは周りからの冷ややかな視線にいたたまれなくなり、大学を出ていった。

ちなみに。
現在の殆どの医学辞典の“インスリンの発見”には、マクラウドの名前は無く、バンディングの名だけが載っている。

しかし、インスリンをいち早く大量生産させ、糖尿病患者に投与し治療効果を確認した功績は、ノーベル賞に値するという声もある

266本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 07:27:04.09ID:4LWhS8Aw0
バカンスではなく帰郷では
後、バンディングの助手ベストの方がノーベル賞にふさわしいとおもった
バンディングが自分の賞金の半分をベストに贈った話も入れよう

267本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 12:55:56.74ID:9F/LYBCA0
>>264
まだ発見者の栄誉をちゃんと貰えて、ノーベル賞も取ってるならマシじゃないか?

高校の教科書にも載ってる、二重らせん構造を発見したワトソンとクリックの話は最悪

ロザリンド・フランクリンという女性科学者がいて、
彼女はX線構造解析などを駆使して、DNA構造の実像に迫りつつあった
(現在の電子顕微鏡と違って、当時の電子顕微鏡というのは写真と言えるようなものではなく、
複数の回折画像を合成してようやく見えるようになるもの)
だけど、彼女は「三重らせん」という仮説を立てていて、またウィルキンスという自分の先輩と折り合いが悪かった

で、ウィルキンスが、フランクリンに無断でこっそりワトソンにフランクリンの撮影したX線構造解析の写真を見せる
また、クリックはフランクリンに無断で、フランクリンの測定したデータと解析結果をのぞき見する

それで、ワトソンとクリックとウィルキンスが共著でフランクリンのデータと解析結果を使って論文発表 
論文自体は2Pの簡素なもので、ただ人のデータを使って「DNAは二重らせんである」と結論付けたもの
(データ収集も、解析も自分でやってないので論文のふくらましようがない)
それで、その三人がDNAの二重らせんの発見者としてノーベル賞受賞
それだけに飽き足らず、ワトソンは自身の著書の中でフランクリンを「気難しくヒステリックなダークレディ」
と非難というかただの悪口 そのイメージは後年まで付きまとった
フランクリンはすべての名誉から置き去りにされ、37歳にして死去

とまあ、最悪なエピソードでしかないんだけど、わずかにメシウマ要素はあって、
2007年にワトソンは「黒人は遺伝的に劣等」という主旨の発言をしたことで、社会的に大きな非難を浴びて研究所を辞職
その後ノーベル賞を競売にかけざるを得ないほど経済的に困窮しましたとさ 
ワトソンとクリックは両方とも研究者としての才能は大したことなかったのか二重らせんの後はろくな業績を残してない
まあ彼らのやったことからすればささやかすぎる因果応報だけど

268@無断転載は禁止2017/09/20(水) 13:01:20.19
フワトロ・ヴァギーナ「シャア・アナルズブという男を知っているかな」

オマンコ・ビラン「尊敬してますよ。あの人は病気のリスクを一身に背負って、快楽に身を任せようとした人ですから…。
でも、エイズに一人で対抗しようとして敗れた、バカな人です。」

フワトロ「 正確な評論だな」

269@無断転載は禁止2017/09/20(水) 13:58:32.61
・雪乃と葉山は昔付き合ってた
・陽乃から、私達がいないと何もできないとからかわれる
・葉山参戦、雪乃反論
・自分一人で姉を越えるまで葉山とは復縁しないと宣言
・姉を越える=生徒会長 or 恋人
・雪乃が八幡と由比ヶ浜に弁明
・八幡呆然また車に引かれる


5つ星のうち1.0作品の主張と結論そのものが間違っている作品

この作品、とことん主人公の外部やら他者やらを無能やクズとして書き、矮小化して否定しまくるんですね
でも主人公自身は実は善・正義・有能として書く、いわゆる俺TUEEEハーレムラノベの代表格
そんな主人公をヒロインもリア充君も褒めまくり、持ち上げまくります

そして作品のテーマとして「人間関係とは?」みたいなことについて考察をしてるようなんですが、
驚くべきことに、結局主人公の結論は、

「自分の周りの何も言葉を交わさなくても分かってると思い合えるほんのわずかな『本物』だけいればいい」

ほんと笑っちゃうし意味わかんないんですけど、主人公が本当にこう言ってるんですよ
ただ他人から逃げて、疑って、見下し、限りなく都合よく接してくれる人間だけを求めてるだけの主人公
そんなコミュ障の馬鹿に本物認定される奴こそいい迷惑だわ
恐ろしく閉鎖的で選民思想的な考えです

しかもこの主人公は、そんな理想の関係を作り上げるために努力とか何もしないのです
話しかけない、誘わない。いつも向こうから誘ってもらって「やれやれ」みたいな糞みたいな態度で遊びに行く
自分の周りの関係が失われそうになっても維持する努力もしない
普通、周りの人間関係を作って深めるために努力するのが人間でしょう?
この主人公はそんなことしないんですよ

周りのリア充連中とかに心の中で「そんなにせものの友達関係とか欺瞞だ」とかグチグチ言ってたら、そのリア充たちが勝手に相談に来てくれるのです
そして彼らリア充の悩みを上から目線で分析して解決してやるという、ご都合展開によってのみ話が進むのです
どこまで甘ったれた非現実的な妄想なんだと思いますよ
その結果として今やってるのはただのよくあるハーレムラノベ的などっちのヒロインを選ぶのみたいな話だし
よくもまあこの程度の事をこんな意味ありげに大ゲサに引っ張れるなと思いますね

作品の結論そのものが幼稚で不快な近年まれにみる最悪のラノベだと思います

270本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 14:51:39.45ID:kX4FARUN0
>>267
マジかよワトソン最低だな!

271本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 15:12:13.31ID:4LWhS8Aw0
>>267
ロザリンド・フランクリンはDNA構造発見にノーベル賞が送られる前になくなってるわけだから
功績が評価されていてもノーベル賞は取れなかったな
また論文が短い、というがその簡潔な論文に
・二重らせん構造
・A-T、G-Cの塩基対の一対一関係
・その塩基対による二重らせんが解けたのちの複製の仕組み
と重大な理論がいろいろ含まれているのだから功績は十分。
ぐだぐだ長けりゃいいってものではない

272本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 17:32:05.42ID:7zAy5Bfy0
ロザリンド氏の死因は何だったんだ?
もしかしたら、功績を奪われたことの心労のせいかもしれない
または、勘繰りすぎかもしれないけど、功績を奪った三人によって暗殺されたとか

273@無断転載は禁止2017/09/20(水) 20:02:20.01
人類が増えすぎた精液をオナホに移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。
チンコの周りの柔軟な人工ホールは人類の第二の故郷となり、人々はそこにチンコを入れ、ピストンし、そして果てていった。
宇宙世紀0079、地球から最も遠いオナホ都市サイド3はぺぺ公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。
この一ヶ月あまりの戦いでぺぺ公国と連邦軍は総人口の半分をオナニーに至らしめた。
人々はみずからの行為に恐怖した。
オナホ挿入は膠着状態に入り、八ヶ月あまりが過ぎた。

274本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 21:44:39.10ID:hx9p0ZCw0
>>273
トミノっぽくてワタラw

275本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 21:47:38.53ID:hx9p0ZCw0
>>273
0079年のとこも、君のセンスで変えたらもっと面白いかもしれない

完成した名作なのに、不粋な口出しなんかしてすまない

276本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 22:24:38.62ID:TDgba2lR0
>>272
研究のためX線撮影で放射線を浴びまくったからだと言われている
放射線で細胞が破壊されるとか認識されていなかったから遮蔽物なしで撮影しまくったんだろう
DNAの概念がなかった時代だから当然だわな

277本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 22:28:56.40ID:0NU3KFdI0
そーいやキュリー夫人の棺は鉛製だって聞いた事があるわ
かなり放射線を浴びて、遺体はかなりヤバイレベルだったとかで

278本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 23:22:04.94ID:vOb9Pqh30
怪談のシーハナ聞かせてよ#13
https://abema.tv/now-on-air/special-plus

279本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 01:06:09.44ID:T7d6i0Kz0
>>277
それどころか、研究施設やその備品もヤヴァい
全部保存されていて、一部は展示されてるんだけど、当然
手に取ることはもちろん一定距離以上近づくこともできない

そして、キューリー夫人は放射線の害悪に関しては具体的な
理論立てて説明こそできなかったが、経験則としてかなり初期
から気付いて、結局無駄に終わったとはいえ自分や一部関係者に
関しては対策を試みていた
なお、この事実は基本、他言無用で研究に差し支えるため、実務に
携わる助手などには伝えられず、またラジウムを始めとした放射性物質を
利用した工業製品の生産者に対しても注意喚起は全くしなかった
その結果、夜光塗料の塗布工を中心とした労働者の多くは、ガンを発病
して死ぬこととなった…

280本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 01:13:20.82ID:T7d6i0Kz0
まあ、同業者も理解の差こそあれ、放射線がヤヴァいことは
気付いていたはずなんで、夫人のみが責められるのはアレ
かもしれない
でも、彼女は実際にそれで金銭的な実利と名誉を他者とは
比較にならないレベルで受けていたんで、ちょっとくらいは
放射線のマイナスな側面に関する啓蒙に注力しても良かった
んじゃないかと…

281本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 01:53:56.49ID:TAUQUYxL0
昔の日本で、偉い殿様からの依頼で立派な城を建てることになった大工がいた
城の完成が近付く中、大工は建築中の城が少し傾いているような気がして不安を感じていた
それでも大工は建築を続け、ついに城が完成した
すると、その城を見た大工の妻がこう言った
「でも、何だか少し傾いてますね」
その言葉を聞いた大工は、自分の建てた城から飛び降りてしまった

実は、城が傾いたのは土地の地盤が緩かったためであり、大工には何の落ち度も無かった
それなのに大工は自責の念から自ら命を絶ってしまったのである

282本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 04:32:50.89ID:y4pJ6L1D0

283本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 07:27:29.22ID:Hl5dBFRV0
富野「ガンダムが世間に対して教訓や現実的な打撃になるほどの評価がされていないことが無念だ。
これはオフレコにして良いです。改憲論者が平気で出てくることを阻止できなかった自分が辛い」

BS2『ロングインタビュー 富野,吠える』より

284本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 13:06:44.62ID:mhmR3+5i0
>>276
じゃあ、文字通り命を削ってまで研究したのに、その功績だけを奪われたわけか
ロザリンド可哀想。浮かばれんわ

285本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 15:24:17.04ID:Uj1TTJCH0
エイリアン大解剖 Ep.2

https://abema.tv/now-on-air/documentary

286本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 17:58:03.59ID:nQ0uzZYr0
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13179670123
「全て」だなんて完璧主義になるのはやめましょう。
なんでそんなに全てと言うことにこだわる人が多いんでしょうか?
全部じゃなくても大半が当てはまればそれでいいでしょう
多数決に従うならいろんな意見は出ません。
それに色々な質問が出るとも言えます。
どうして嫌な気分になったほうを責めるの?
どうして嫌な気分にした人には何も言わないの?
嫌がらせされても嫌がるほうが悪いの?
「嫌なら質問しなければいい」という類の発言はこれ以上や
めてください。
だったらそういう回答した人に批判する人がいることも仕方ないです。
どうして私のような人がいることについては否定するの?
だったら質問する人だっています。
嫌なら質問するなとか嫌がらせされた側が責められるのに納得できません
じゃあ私も回答者に気を使う必要ありませんよ
もっと回答者が気に入らない意見書きましょう

287本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 21:12:49.58ID:eBZA3kOQ0
父親「悲しい顔してどうしたんだ?」
息子「イジメられてる……」
父親「誰にイジメられてるんだ?」
息子「クラスの女子たち」
父親「無料で!?」

288本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/22(金) 01:11:26.98ID:Ln17NUsS0
家族乗っ取り系は本当に心が痛む


413 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/07/28(金) 00:11:28.78 ID:JYEvD/+c0.net
まあまあ

>>407みたいな話は結構多い
実話だと、著書「殺人者はいかに誕生したか」で有名な、ママ友に家を乗っ取られて息子を殺させられた母親の話
それと>>408も書いてる北九州事件や、尼崎の一家洗脳事件
一人暮らしの大学生なんかだと、発覚しにくいから狙われやすい

創作だと安部公房の闖入者あたりが有名かな
ジョジョ作者が描いている魔少年ビーティーという作品にも、一家乗っ取り物が出てくる
乗っ取りと洗脳がセットのパターンも多く、>>407の姉妹と主従の交差点も典型的な乗っ取り→洗脳コンボのパターン
藤子Aのヤドカリ一家なんかもそうだね。家族が抵抗できなくなってしまうパターン

問題は、日本の司法制度に乗っ取りを防ぐ手立てがない事
家に押し入られて勝手に住み着かれても、闖入者が「この一家と知り合いだ」と主張すれば、警察も民事不介入で手出しできない
だから乗っ取り→洗脳のパターンは意外と簡単に成立してしまう
おそらく今この日本にも、家を乗っ取られてしまった不幸な人が現在進行形で存在するのだろう



434 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/07/29(土) 00:28:15.62 ID:lZclmr0E0.net
>>413
乗っ取りで思い出したけど、大学生が急に学校に来なくなって、心配になった親が警察に通報したら
ネットで知り合った中年男性がその大学生の部屋に住み込んで、大学生を奴隷として使ってたなんて話もあったな
結局親を交えた話し合いで、中年が大人しく出て行って解決したわけだけど、一歩間違ったら>>413で書かれてる事案の仲間入りだったな

289本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/22(金) 01:11:46.46ID:K6gguCF20
地元ローカル局で「新五捕物帳」って古い時代劇やってて、
いわゆる岡っ引きものなんだけど「めでたしめでたし」で終わらないことが多く、
良くいえばリアリティがあるわけだがとにかく後味悪い。
この間見てひどいなと思った話

ある大店が強盗に襲われ皆殺しに遭い、一人だけ助かった老人の従業員が下手人として捕まってしまう。
老人は正直で働き者だと近所の皆が知っているし、本人も
「当日は店のつかいで離れた所に行っていた。途中別の大店の入り婿とすれ違った。
彼が顔を見ているはずだから証言してもらってくれ」と主張するが
岡っ引きと役人たちは聞き入れず、激しい拷問がくり返される。

ただ一人老人の証言を信じた新五がその入り婿のところに聞き込みに行くが、
「そんな人とは会ってないし、第一その日はそんなところへは行っていない」という。
じつは入り婿には結婚前からの愛人がいて、店になにかと理由をつけては
いまだにその女の家に通っていて、その日老人とすれ違ったのもそこへ行った帰りだった。

290本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/22(金) 01:12:13.65ID:K6gguCF20
間もなく新五はそれをつきとめ、入り婿と、直接その愛人のところへも出向き
無実の老人のために証言してくれと説得を続ける。
愛人は悪い女ではなく、しだいに老人が拷問を受けていることが心苦しくなってきて
「いっそなにもかも打ち明けてしまいたい、
あなたは店を追われ二人して江戸にはいられなくなるだろうけど、
無実の人を死罪に追いやるよりはまし、無一文でも二人どこかで暮らせばいい」
などと入り婿に言うようになる。

そんなある日(※途中雑談しながら見ていたのでエピソード抜けてるかも)
野放しだった真犯人が、今度は入り婿の店を襲う。
牢にいた老人は嫌疑が晴れ、ボロボロになりつつも解放される。
だが今度は、また愛人のところへ行っていてたまたま難を逃れた入り婿に
嫌疑がかかってしまう。
愛人のところから帰ってこない入り婿に腹を立てた新五が
愛人の家へ駆けつける途中で入り婿とばったり。
「やい、こんどはてめえに容疑がかかってるんだ、
(愛人)さんに証言してもらわねえとてめえが死罪だぞ!」
と怒鳴りつける新五に、ただ泣き崩れる入り婿・・・

じつは、愛人に自首されてなにもかも失うかもしれない恐怖から
入り婿はほんの数分前に、愛人を殺してきたところだった・・・

新五の「てめえ、まさか、まさか・・・」
のセリフを最後にざくっとエンディングへ(笑)
いや上手いっちゃあ上手いんだが、見てるほうは
「えぇ・・・」ってなったまま目の前を出演者名が流れていくのがなんとも。

291本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/22(金) 06:21:00.88ID:dhW7wUiY0
入り婿は死刑で

292本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/22(金) 16:11:10.73ID:7ytiqErV0
不倫するような男は牛裂きの刑でお願いします

293本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/23(土) 03:03:55.92ID:Eo7y2Mhd0
超お金持ちで、顔もかなりいい男と3年近く付き合ってた。
ある日、大切な話があるといって呼び出され、
「ついにプロポーズかな?」と胸をトキメかせたものの、いつもは高級レストランなのに、 
その日はなぜかファミレス。
他愛もない話を少しして、彼が突然こう切り出してきた。
「実は事業が失敗して、かなりの額の借金を抱えてしまったんだ」
幸せ一杯だった私の頭はパニックを起こし、それ以降の彼の言葉を全然覚えてないよ。
帰宅後、彼から電話があり、これからも変わらず付き合っていけるよね?
と聞かれたけど、私はなんだか怖くなって
「今は私のことより事業を立て直すことに専念して欲しい」 
と思わず言っちゃった。
それ以降彼とは疎遠になり、結局別れてしまった。

それから2年くらいして、友達からその彼が結婚したのを聞いた。それよりショックだったのは、
彼の事業は順調そのもので、失敗などしていないと聞いたことだった。

私もしかして試されてたのかな?(つд∩) ウエーン
好きだったのに、どーして支えてあげようと思わなかったんだろ。
でも、こんなのってヒドイよ!

新着レスの表示
レスを投稿する