また起きたバックで暴走、原因は? [無断転載禁止]©2ch.net

1くるまのメカおたく2017/02/09(木) 11:30:03.55ID:TaGjmr6R
 車2台の接触事故の処理中、巡査の指示で、そのうち1台の軽乗用車がバックしたら、
急発進し、後方にいた巡査ともう1台の車の運転手をはね、そのうち運転手が死亡した。
 はねた側の運転手は、アクセルとブレーキを踏み間違えたと話しているそうです。

 しかし、バックするように指示されて、ブレーキを踏んでバックできますか。
 正しくは、アクセルを踏んでバックします。
 その結果、バックできたのだから、アクセルとブレーキの踏み間違いではないです。
 
 疑問は、@どうして急発進したか?
 そして、Aどうして急ブレーキを踏めなかったか?です。

 @は、AT車は、MT車のように摩擦クラッチを滑らして、
エンジンの回転力をユルユルと車輪に伝える事ができません。
 AT車は構造上、バックの時、意に反して、ガツンとショックを伴って
エンジンの回転力が突然車輪に伝わり、急発進することがあります。
 
 Aの答えは、車が急発進したから踏めなかったのです。
 パニックに陥ったかもしれませんが、冷静であっても、
バックで急発進する瞬間には、アクセルから足を浮かす事は、
至難の業です。従って急加速時、急ブレーキを踏むのは、極めて困難です。
 なぜなら、加速中は力学の慣性の法則に従い、体はもとより、
足先にも荷重がかかるから、意に反し、アクセルを強く踏み込んでしまいます。
 したがって、加速的に暴走するのです。

 何はともあれ、運転手は自動車運転死傷処罰法違反の疑いで
現行犯逮捕されました。
 
 教訓として、車の進行方向の至近距離に人を立たせない事です。
 また、立たない事です。
 

2十二人の怒れる名無しさん2017/02/27(月) 23:43:06.98ID:zOL7GUkf
150万円程度の中性子線測定器で正常値が0.00μSv/hのはずの中性子線が特定個人の元ではか不明だが測定されてしまう
https://www.youtube.com/watch?v=8R0luOy8ce8

新幹線の中やその付近でも27万円程度の測定器で正常値が0.058μSv/hのはずのガンマ線が特定個人の元ではか不明だが最大測定値を上回る形で測定されてしまう
https://www.youtube.com/watch?v=41lQN7rF3fQ

ベータ線(ガンマ線)を一つ計測すると、一回"ピィ"と鳴る測定器で正常値が約55カウント/min程度のはずが観測者の自宅では大きくそれを上回ってしまって測定されてしまう
https://www.youtube.com/watch?v=4veAJaorl1s

新着レスの表示
レスを投稿する