【裁判員制度】 国の目的は?   

1十二人の怒れる名無しさん2008/12/08(月) 04:17:09ID:8VLtxFpc
国民の皆様に裁判に参加して頂く為ですよね?

2十二人の怒れる名無しさん2008/12/08(月) 04:20:31ID:f1DVfNYL
>>1
国民皆兵

3十二人の怒れる名無しさん2008/12/08(月) 14:46:26ID:kEnnWJi+
過去の事例で起訴しても無罪になるケースや、
検察控訴に不利な状況を有利に持ち込む材料にでもするのか?

裁判員の意見も控訴後の判決に影響を及ぼすのは間違いないであろう


4十二人の怒れる名無しさん2008/12/08(月) 14:52:54ID:hPctkFm3
>>3
そうなるみたいだ。

控訴審は一審の結論尊重 最高裁、裁判員制度へ報告書
http://www.asahi.com/special/080201/TKY200811110321.html

5十二人の怒れる名無しさん2008/12/08(月) 21:49:37ID:/twygqZY
協力しない非国民の洗い出しだよ

6十二人の怒れる名無しさん2008/12/09(火) 00:44:01ID:G9Nmx/tY
一億総非国民で結構!w

7十二人の怒れる名無しさん2008/12/09(火) 02:35:48ID:ivhtBZ6i
>>4
おおおっ、じゃあ、仏教徒である事を隠して裁判員になって
死刑制度を批判しても良いのね?

8十二人の怒れる名無しさん2008/12/09(火) 04:45:33ID:vlKxP3zy
>>7
良いです。

9十二人の怒れる名無しさん2008/12/09(火) 10:04:21ID:gdKHkS7P
アメ公へ忠誠を示すのが目的

10十二人の怒れる名無しさん2008/12/10(水) 02:49:33ID:1t50bA5J
アメ公の目的は何?

11十二人の怒れる名無しさん2008/12/10(水) 03:06:57ID:7py82Wrd
>>2

 このような諸改革は、国民の統治客体意識から統治主体意識への転換を基底的前提と
 するとともに、そうした転換を促そうとするものである。統治者(お上)としての政
 府観から脱して、国民自らが統治に重い責任を負い、そうした国民に応える政府への
 転換である。こうした社会構造の転換と同時に、複雑高度化、多様化、国際化等がよ
 り一層進展するなど、内外にわたる社会情勢も刻一刻と変容を遂げつつある。このよ
 うな社会にあっては、国民の自由かつ創造的な活動が期待され、個人や企業等は、よ
 り主体的・積極的にその社会経済的生活関係を形成することになるであろう。
 http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/report/ikensyo/iken-1.html

ふんだんに美辞麗句をたれ流しているが、要するに、権力をかさに着て、身近な人々を
告発し裁くのが当然というプチ警察官に国民を仕立て上げたいわけだ。



国家総動員法復活orz

12十二人の怒れる名無しさん2008/12/10(水) 19:19:36ID:BPEaKDdc
目的は明らかだろ。

層化幹部が罪に問われるような事態が起こった場合、
裁判員を全員、層化信者で固めて、量刑を軽くするために決まっている。

13十二人の怒れる名無しさん2008/12/12(金) 02:52:50ID:SYphiwDl
陪審員の条件に年収制限ってありますか?

極端な話、無職の人、全員が陪審員になることもあり?

14十二人の怒れる名無しさん2008/12/12(金) 03:00:06ID:ck26z3jp
>>13
>陪審員の条件に年収制限ってありますか?
ない
>極端な話、無職の人、全員が陪審員になることもあり?
あり

なんでそんなこと気になるの?

15十二人の怒れる名無しさん2008/12/12(金) 14:08:07ID:ksTaY29v
裁判員制度

今までの判決は、甘いのが多かった
というか、国民一般からは本音では語れない部分で、そうなっていたと思う


しかし、裁判員制度になれば、マンパワーというか多数派が、選ばれるウエイト高いので
判決を重くできる利点がある
これは、誰もわあkっていても指摘できないと思う

裁判員制度も根本的な狙いは、ここにあると俺は思う

普通に考えて、犯罪なんて犯すやつは、社会の邪魔なんだよ。
それを甘い判決しかだせない状況を、世論の力よもっとダイレクトに反映できていいと思う

裁判官では色々と限界あるけど、これでまともな判決だせると思う

相手が、見えない圧力をかけるなら、こっちも対抗してバランス是正する時期だと思う

16十二人の怒れる名無しさん2008/12/12(金) 15:53:27ID:lz35erF1
>>13

年齢制限はないけど、70歳以上の人は特別な理由がなくても辞退できる
そうです。

17十二人の怒れる名無しさん2008/12/12(金) 15:57:06ID:lz35erF1
>>13
ん、陪審員? 裁判員でしょ?
外国の陪審員のことは知らん。

18十二人の怒れる名無しさん2008/12/13(土) 23:19:06ID:2h3Or2PX
ホームレスは裁判員にはなれない。
住所不定だから。

19十二人の怒れる名無しさん2008/12/14(日) 10:27:43ID:i1tUGc4Y
目的なんか無。コ鼠のアメ真似にすぎない。

20十二人の怒れる名無しさん2008/12/14(日) 10:29:45ID:QT2Habng
この愚劣な制度を廃止させるには、衆院選挙といっしょに実施される
国民審査で竹崎博允を罷免するのが、いちばん手っ取り早いと思う。
史上初の罷免裁判官になって大恥をかくがいい。

国民審査では、竹崎博允に必ず×を!!


 竹崎氏は岡山市出身で、東大卒。最高裁の経理局長や事務総長、
 名古屋高裁長官などを歴任し、07年2月から東京高裁長官を
 務めていた。事務総長の時、裁判員制度の制度設計に大きく
 かかわった。

 
http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008112501000882.html

21十二人の怒れる名無しさん2008/12/14(日) 18:23:57ID:WOiWeXJF
罰金稼ぎ

22十二人の怒れる名無しさん2008/12/17(水) 09:24:02ID:hxSgXWmi
判決に対する責任の所在をあいまいにすること。
今までは裁判官が判決に責任をもっていた。
これからは「裁判員の総意だから、わたしゃ知らん」と言い逃れができるようになる。

23十二人の怒れる名無しさん2008/12/17(水) 09:37:51ID:AoPFk+XC
つまり責任の分散だな。

24十二人の怒れる名無しさん2008/12/17(水) 10:23:37ID:1uJt5EOf
徴兵制のシミュレーション 

25十二人の怒れる名無しさん2008/12/17(水) 10:32:15ID:QEEj2XMY
Q.以前からネットをはじめ各方面から批判され、与党もこんな制度にこだわっていても ますます支持率が下がる
  だけで本当に誰の得にもならないかと思うんですけど、 今からでも撤回しようとしないのは何故なんでしょうか?
   マスコミの報道も不自然ですし、やらせタウンミーティングとか…そこまで必死になる意味あるんですか?
  裏で変な圧力でもかかっているのでしょうか? この制度に関する全ての流れが不自然に思います。

A.この「不自然さ」こそが、裁判員制度の最大の問題点といえます。
  国民を強引に拘束するという重大な問題を含む制度なのに、原則的に全政党が賛成している不透明な翼賛体制。
  何らかの「政治的意図」があって「国民に無理矢理押し付けよう」という政治家達の魂胆が見え見えなので、
  国民も「この制度を実情に合うように改良しよう」などとは思わず「即廃止してくれ!」と訴えるわけです。

26十二人の怒れる名無しさん2008/12/17(水) 10:52:58ID:yk6f1AyS

277 名前:十二人の怒れる名無しさん 投稿日:2008/12/14(日) 22:17:29 ID:lvTbHKg1
裁判員辞退申入書を送りつけてやったぞ。
個人情報だけ伏せてpdfにしたから参考にしてくれ。
http://sugar310.dip.jp/cgi/upload/source/up14806.pdf

27十二人の怒れる名無しさん2008/12/17(水) 19:28:51ID:62sFeaU4

社会保障費を捻出するのに四苦八苦の舛添大臣、本当の心は
きっと「裁判員制度なんか無くしてこちらへ財源廻してくれよ」
と言いたいのでしょう。

http://www.mof.go.jp/singikai/zaiseseido/siryou/zaiseib201015/03.pdf#search='財務省%20裁判員制度関連'

広告費 これだけ有れば・・・

28十二人の怒れる名無しさん2008/12/19(金) 00:32:25ID:F/j/12Cm

★★★裁判員制度は国家による不当な拘束!!参加はボイコットしましょう!!★★★

★2009年導入予定の裁判員制度は、国民生活に重大な障害を与えるにもかかわらず
国民投票等の公正な審判を経ていない密室政治の産物であり、不当な拘束を禁じる
日本国憲法を侵した重大な憲法違反です!国民の実に8割以上が導入に反対しています。

★参加拒否は10万円以下の量刑が化せられるとの恫喝的発表がなされていますが、
開始直後に全国で大量に違憲訴訟が実施されるので、それらの訴訟全てに決着が着く
数年の間は支払いを強制することができません。(その間に必ず制度が改正されます)

★すでに多数の市民団体・地方弁護士団体などが実施反対を表明しており、
「法律ができたから辞退不可」ではありません。民意を反映しない悪法は
国民の手により破棄されねばなりません。

★制度の強制参加は、国民生活を理不尽に拘束するのみならず、精神性疾患の悪化や
議論による怨恨の発生、労働現場の生産性の低下など、実に様々な「実害」が発生します。
それに対し、裁判の公正さや周知といった裁判員制度導入の本来の実利・効果は極めて
限定的・懐疑的内容です。一部では徴兵制導入を最終目的とした国民拘束の一里塚で
しかなく、司法制度改革はその口実に過ぎない、との指摘も成されています。
次の世代に負の遺産を残さぬためにも、不当な制度には断固として反対しましょう!!

29十二人の怒れる名無しさん2008/12/20(土) 11:23:16ID:KXBJG1lh
>>26
この制度、一般人を小馬鹿にしてますよねw
他人様に生まれて初めての苦役を強いるのに身分保障を考えていない、
トラブルは想定外であってその時は自分で守れで一万円以下なんて酷過ぎ。
正当な文体で大変参考になりました。

30十二人の怒れる名無しさん2008/12/20(土) 11:54:25ID:hbK5Zqoc
民主主義は、天から降ってくると思っている
めでたい人が多いね日本は..
もともとアメリカから押し付けられたものだからな。

31十二人の怒れる名無しさん2008/12/20(土) 14:50:12ID:8wMratFW
戦後日本は社会主義でしょ。
世界で最も成功した社会主義国家って歴史の教科書にも出てる筈。
有罪率99%の刑事裁判って世界一の暗黒司法なんでしょ。
旧ソ連を崩壊させたノーメンクラトゥーラがまだ生き残っている国でもある。

32十二人の怒れる名無しさん2008/12/20(土) 19:47:42ID:Sa0Uz/4Y
某カルトの日本支配。

33十二人の怒れる名無しさん2008/12/20(土) 20:00:57ID:8uAK+0RV
>>31
そんな妄言はカルトウヨが信奉してる教科書と、2ちゃんねるにしか出てきませんw

まともな教育を受けてない>>31は消えろ。

34十二人の怒れる名無しさん2008/12/20(土) 20:02:26ID:8uAK+0RV
>>11
この裁判員制度、戦前にもあったわけだけど、当時導入された目的もまさに
相互監視の常態化が狙いだったんだろうね。

いやだいやだ。

35十二人の怒れる名無しさん2008/12/20(土) 20:10:34ID:EaAi+vYk
判例に捕われない判決を出すのが目的?
レイプ犯のチンコをチョン切るのも可能かな

36十二人の怒れる名無しさん2008/12/20(土) 20:23:42ID:9039uAO0
>>34
戦前に裁判員制度なんてねーよ

37十二人の怒れる名無しさん2008/12/20(土) 21:13:25ID:oD6wvgNh
最終目的は「徴兵制度」
アメ公のご機嫌取り。

38十二人の怒れる名無しさん2008/12/20(土) 21:57:58ID:eTMJCBJZ
決めた奴ら、何様のつもりだよ マジで死ねばいいのに

39十二人の怒れる名無しさん2008/12/20(土) 22:44:27ID:NU3b12NJ

【日本国憲法第18条】

何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、
その意に反する苦役に服させられない。

40十二人の怒れる名無しさん2008/12/23(火) 06:10:23ID:iRfv1pLT
>>39
団鬼六先生の世界を否定する日本国憲法は改正すべきだ。

41十二人の怒れる名無しさん2008/12/24(水) 03:51:26ID:DFc8Xa68
【裁判員制度】辞退希望など10万9000通返送  30万人中11万人−約40%が裁判員拒否


来年5月に始まる裁判員制度で、最高裁は19日、候補者に辞退希望などを尋ねた調査票に対し、
15日の期限までに約10万9000通の回答が返送されてきたと発表した。
期限後にも届いており、約29万5000人の候補者のうち、約40%が回答してきたことになる。

調査票は、自衛官や警察官など裁判員になれない場合▽70歳以上や学生で1年を通じて辞退できる
場合▽裁判員になることが難しい特定の月がある場合−などを尋ねるもの。当てはまらない場合は
回答する必要がないため、返送した候補者の多くが、何らかの事情を申し立てたとみられる。
なかには「受け取り拒否」と書かれたものもあったという。

来年5月以降、個別の事件についての裁判員候補者に裁判所から呼出状が届けられるが、この段階
でも辞退を申し立てることができる。今回の回答で辞退が認められた場合には対象から外される。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/081219/trl0812192149023-n1.htm

42十二人の怒れる名無しさん2008/12/24(水) 04:43:56ID:dBmkh3Wq
この愚劣な制度を廃止させるには、衆院選挙といっしょに実施される
国民審査で竹崎博允を罷免するのが、いちばん手っ取り早いと思う。
史上初の罷免裁判官になって大恥をかくがいい。

国民審査では、竹崎博允に必ず×を!!


 竹崎氏は岡山市出身で、東大卒。最高裁の経理局長や事務総長、
 名古屋高裁長官などを歴任し、07年2月から東京高裁長官を
 務めていた。事務総長の時、裁判員制度の制度設計に大きく
 かかわった。

 
http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008112501000882.html

43十二人の怒れる名無しさん2008/12/27(土) 08:15:35ID:DHhUCqlO
史上初の罷免裁判官現るってのはたしかに笑える。
本人も歴史に名が残ると喜ぶかも。
しかし、そいつが罷免になっても裁判員という制度はなくならないと思う。
もうできちまった制度ってもんは言いだしっぺがその後どうなろうと関係ないとこへ行っちまってるんだ。
麻生政権はもうすぐ死ぬが、3年後の消費税アップが実現するのと同じことだ。

44十二人の怒れる名無しさん2008/12/28(日) 13:21:29ID:KOwfCcA8
この竹崎って野郎は、最高裁判事になる能力も無いくせに、裁判員制度導入で手柄を立てて最高裁
長官にまでなったんでしょ?結局は無能官僚の出世のネタって事!

45十二人の怒れる名無しさん2008/12/28(日) 13:57:13ID:gg31SjJf
裁判所に呼び出されるすべての人が裁判員にならないところがポイント

すなわち、一部は別目的で呼び出される。特定人物の情報収集のため

46十二人の怒れる名無しさん2008/12/30(火) 05:57:13ID:NwFpXn2x
ミニ裁判員はすでに実施されていた・・・・
どこまでも司法は信用されていないんだぁー。これって刑事事件だけ?

http://news.ohmynews.co.jp/news/0/16352
http://www.courts.go.jp/kensin/kensatu_sinsakai.html

47十二人の怒れる名無しさん2008/12/30(火) 06:42:04ID:NwFpXn2x
裁判員でも検察審査会でも行政相談員でもそうだが自分達業務の
領域で障害が多く煩雑な接点の所だけ民意又はボランティアと
いって委嘱などしてくる。
公務員が成り手が少なかった過去ではお上のため国家のためと
お手伝いの風習が有ったが今の公務員余りの状態(部分的には
忙しい所も有る)のときこそ公務員自身で国民に理解ある
相談窓口の増設などを行い公務員自体が積極的に民意を勉強する
という考えに発想を変えなければならないのでは? 
肝心な部分を民に任せてしまっては何時までたっても官は民を
理解できない。
公務員は公務員の為にあるのでは無いと思うが・・・

48十二人の怒れる名無しさん2008/12/31(水) 23:56:06ID:bSYpH5hz
水が淀めば手段は目的化すんだよ

49十二人の怒れる名無しさん2009/01/02(金) 08:04:14ID:3RhhWE+E
淀むような政治を行う事故政権はダメだと云う事だな。

50十二人の怒れる名無しさん2009/01/04(日) 06:44:17ID:xsuq00qL
何方かこの制度は死刑制度廃止を目指しているのではないか、
と言ってみえたが何かそんな気がして来た。

国連は死刑制度廃止を求めている。国連で常任理事国になって幅を
利かせたい政府は直ぐにでも国連の言うことを聞いて立場を有利に
したい筈だと思う。
方や国民は色々大きな話題の犯罪が有り厳罰化を求めている風潮。
と云うことはこの制度で国民を裁判に参加させ死刑宣告の重みと責任を
経験させギブアップさせて死刑制度廃止へ世論を持って行きたいが為の
布石と考えたのではないだろうか?
特に国民新党の亀井さんは死刑廃止論者、厳罰化の裁判員制度なら
表だって反対しても良さそうだが制度については殆どノーコメント、
推進側が将来の死刑廃止予定を国会議員に宣伝していたとすると異常に
皆黙りこくっているのも何となく理解できる。
始めからそう考えたのでは無いだろうが議員達はまたまた推進側の策に
はまってしまったのではないか。

と考えてしまった。

51十二人の怒れる名無しさん2009/01/04(日) 06:46:28ID:ZWuSqPDD
>>50
当たってるよ。

52十二人の怒れる名無しさん2009/01/04(日) 09:22:53ID:xsuq00qL
もしも真実ならば死刑廃止の是非は別として又政府はこの
裁判員制度の愚を繰り返し国民を欺き本当の狙いも説明せず
将棋の駒(ならまだ良いが実験用のネズミ)のように国民を操り
権力者、大企業などのための政策を実行しようとしている。
また国会議員もその過程における色々な弊害も考えず甘言に
コロリと騙されている。
常任理事国は武力に頼らず常に世界の人々の事を真に考えて
行動して置けば他の国はほかって置かないだろう。
常任理事国になってまた一段と米国ベッタリの子分化が進み
金と武力を要求されるなど真っ平御免蒙る。

なんちゃって・・・・

《こんなのも有りました》
http://www.bekkoame.ne.jp/i/ga3129/420anpori.htm

53十二人の怒れる名無しさん2009/01/04(日) 22:23:54ID:f0mnDHYc
>>50
それはありえんわ。
国民への恫喝の手段として
権力者である官僚や保守系政治家が
死刑制度を手放すなんて
ありえんから

54十二人の怒れる名無しさん2009/01/05(月) 03:09:27ID:tzUZhL2j
この制度、そんなに考えて創ったものじゃないでしょ。

単純に、裁判の短縮だけですよ。

それ以外に言われていることは全部後付です。

裁判官が時間をかけて審理していたものを
裁判員の多数決で時間を掛けずに結論を出す。

本来なら裁判官になる人材を増やす教育政策に
もっと力を注ぐべきなのに
裁判官が増えてからもし、裁判件数が減ると、困るでしょ、裁判官が!
そうなったら裁判官の給料が減りますよ間違いなく。

裁判員なら裁判ごとに裁判員制度を適用するかどうか決められるので、
裁判の件数が変動してもどうにでもなるんですよ。
裁判員制度は裁判官の身分保障ために、裁判官の数と裁判件数の需給バランス調整に
国民を利用する制度です。



55十二人の怒れる名無しさん2009/01/05(月) 06:30:59ID:PeLJd6td
>裁判官なら職業的覚悟にもとづいて死刑判決を下せるだろうが、
一般市民はそのような心理的訓練を受けていない。
裁判官だけで下した判決であれば死刑になっていた判決が、
裁判員を入れたために懲役刑に減刑されるケースが出てくる
可能性は高いと私は思う。
もし「厳罰化」を求めて裁判員制度を導入したのだとしたら、
そのもくろみははずれるだろうと私は思う。
有期刑の量刑はどうなるかわからないが、死刑判決は激減する
はずである。


★公明党は死刑制度廃止に熱心である。裁判員制度も公明党は熱心
である。厳罰化なら相反するこの事実は>50の様に考えるのが妥当。
上記の考え方を裏手に取り国民を弄ぶ制度がこの制度の一つの
目的ではないのか、他人の考える事は判らないが警戒して置くのも
必要

★因みに関連の超党派議員連盟としては「死刑廃止を推進する
議員連盟」常任理事国入り等を目指す「国連改革議員連盟」が有る。
他にも多数の議員連盟があり多分殆ど超党派、だからこれらの
連盟の課題は党の区別が無いのも理解できる。
(真に国民の為を思っての組織なら良いが手柄、名誉だけの意識
だったら国民意識と離れた結論になる)

http://blog.tatsuru.com/2008/07/09_1349.php

56十二人の怒れる名無しさん2009/01/05(月) 19:51:55ID:lNv3A/32
裁判員制度で裁判は短縮されません。
短縮されるのは公判期日。

57十二人の怒れる名無しさん2009/01/05(月) 20:05:55ID:gVKQ5MMM
この愚劣な制度を廃止させるには、衆院選挙といっしょに実施される
国民審査で竹崎博允を罷免するのが、いちばん手っ取り早いと思う。
史上初の罷免裁判官になって大恥をかくがいい。

国民審査では、竹崎博允に必ず×を!!


 竹崎氏は岡山市出身で、東大卒。最高裁の経理局長や事務総長、
 名古屋高裁長官などを歴任し、07年2月から東京高裁長官を
 務めていた。事務総長の時、裁判員制度の制度設計に大きく
 かかわった。

 
http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008112501000882.html


58十二人の怒れる名無しさん2009/01/05(月) 20:49:38ID:tzUZhL2j
>>54,56 裁判の短縮

反する意見のように見えますがどちらも正しいですね。
裁判官から見れば、公判期日が短縮されるということは
その裁判に掛かる時間が短縮できるということですから。

一般人に人生を決める一生に一度あるかないか分からない裁判ですが
裁判官は“何件こなした”って感覚になってしまってるんじゃないでしょうか?

59十二人の怒れる名無しさん2009/01/05(月) 21:45:18ID:PzAyTozn
>>54=58
正しくない。
裁判所は、
旧来の公判期日に加えて、
公判前整理手続を行っているため
作業量が減ったといえない

60十二人の怒れる名無しさん2009/01/05(月) 22:35:20ID:tzUZhL2j
公判前整理手続には裁判官ほとんど
関与しませんよね?

61十二人の怒れる名無しさん2009/01/05(月) 23:38:56ID:tzUZhL2j
>>60
思いっきり関与して公判計画を立てるみたいね

62十二人の怒れる名無しさん2009/01/06(火) 00:32:01ID:w+FD+3g6
憲法やその他いろいろを知らない人が適当に話してもまわりを混乱させるだけですね

63十二人の怒れる名無しさん2009/01/06(火) 01:15:00ID:CAU1ZZEv
公判前整理手続ってほとんど時間かからないジャン


64十二人の怒れる名無しさん2009/01/06(火) 01:54:07ID:CAU1ZZEv
憲法を知っていればより理解できる話だと思いますが

65十二人の怒れる名無しさん2009/01/06(火) 05:35:27ID:3uHrD+Tg
>公明党は死刑制度廃止に熱心である。
裁判員制度も公明党は熱心である。
厳罰化なら相反するこの事実は>50の様に考えるのが妥当。

どうしたのかなー?

66十二人の怒れる名無しさん2009/01/06(火) 05:39:37ID:3uHrD+Tg
平成元年に国連で死刑廃止条約が決議された。小泉司法改革時代
並行して死刑廃止について世論調査が行われており圧倒的に
死刑存続が多かった。
何とか死刑廃止し国連の常任理事国入りを目指したい政府は
策を講じた。
丁度司法改革で参進制か陪審制かで論議していたがあえて国民に
刑の重圧を感じて貰うよう量刑も伴う裁判員制度に決定したのでは?

最近は死刑執行も性急に行われ氏名まで発表されるようになった。
AMラジオでは刑場の音も放送されたという。
法務委員会のメンバーも刑場を視察したりしている様だ。
国民に重罰化の風潮が強まる中死刑は残酷のイメージを起こ
させるに躍起のようにみえる。
死刑廃止も人間社会としてどうなのか、世界の状況はどうなのか、
死刑以外に被害者家族、国民が納得する考え方はどうなのか等
もっと正攻法でPRして欲しいと思う。
(国連の常任理事国入りして他国へ行って戦うようになったら
本末転倒だ)
死刑制度は自分がもし家族が殺されたら許せないだろうと思う
気持とそれでは昔の敵討ちと一緒で考えを延長すれば武力で
排除に繋がる・・・・難しい!

自衛隊を裁判員から除いたのは裁判員の場合と逆で人の命を
考えて貰っては戦えなくなるからではないのか。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sikei.htm#死刑についての世論調査

67十二人の怒れる名無しさん2009/01/06(火) 07:50:22ID:okbPVlVP
裁判員制度で、国民の知的格差の差別化
ようするに、裁判員になれなかった人は「日本人として、馬鹿」が確定!
つまり、キチガイである。

68十二人の怒れる名無しさん2009/01/06(火) 08:53:44ID:Jo8bjxlt
国会中継

「代表質問」2009/01/06 13:00 〜 2009/01/06 15:04 (NHK総合)

鳩山由紀夫(民主党・無所属クラブ) 保利耕輔(自由民主党) 井上義久(公明党)
 佐々木憲昭(日本共産党) 辻元清美(社会民主党・市民連合) 下地幹郎(国民新
党・大地・無所属の会)〜衆議院本会議場

【NHK実況板】
http://live23.2ch.net/livenhk/

69十二人の怒れる名無しさん2009/01/06(火) 18:30:35ID:CAU1ZZEv
裁判員制度は死刑制度と結びつけて考えられたものでは無い。

ただ、これによって、死刑制度についての議論が活発になるとうい
ことが予想できる。
議論が活発化すれば、おのずと国際社会との関係で死刑制度は廃止の方向になるだろう。


70十二人の怒れる名無しさん2009/01/06(火) 19:55:39ID:nXy95+KH
(´・ω・`) ふーむ、裁判員として召集し、その中で自分達の判決に都合
の良い人達を選別して行けば、時間は掛かるが最終的に死刑廃止まで持っ
ていけるよね。
なんせ、厳罰重視又は死刑推進論者を排除すりゃええわけだ。
そーすっと、裁判員で任命される人たちはカルト信者が大半になるとも考
えられるな(笑)

71十二人の怒れる名無しさん2009/01/06(火) 22:03:05ID:Q5eorGaW
>>69
断定してみえるので関わった人ですね。結局は同じ事を云って
居る様に思います。
もしも死刑制度を念頭に置いて居なかったと云う事ならば
逆に不自然、「裁判員制度は死刑制度と結びつけて考えられた
制度では無い」だけだと返って「そうだ」と肯定して居る様
なので個々に否定してみせて下さい。
始めからでは無くても裁判員制度を利用し国民を騙して死刑廃止
を狙ったと云う事なれば大変な背信行為、信じたくないので
納得出来るように否定して貰った方が安心です。

72十二人の怒れる名無しさん2009/01/06(火) 23:55:56ID:P8kNphPD
単純に国民の思想信条の調査のためと思っていた

73十二人の怒れる名無しさん2009/01/07(水) 00:26:33ID:6gu3OvSs
裁判員制度は徴兵制に繋がるといって反対する人もいますね。
そうゆう流れ(軍国化)なら死刑廃止にはならず、
むしろ罪のない人まで処刑されるようになるのでは?

私は裁判員制度も死刑制度も反対です。
裁判員制度が刑制度の廃止につながるとは考えてません。


74十二人の怒れる名無しさん2009/01/07(水) 00:29:25ID:EhpheIJV
この愚劣な制度を廃止させるには、衆院選挙といっしょに実施される
国民審査で竹崎博允を罷免するのが、いちばん手っ取り早いと思う。
史上初の罷免裁判官になって大恥をかくがいい。

国民審査では、竹崎博允に必ず×を!!


 竹崎氏は岡山市出身で、東大卒。最高裁の経理局長や事務総長、
 名古屋高裁長官などを歴任し、07年2月から東京高裁長官を
 務めていた。事務総長の時、裁判員制度の制度設計に大きく
 かかわった。

 
http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008112501000882.html

75十二人の怒れる名無しさん2009/01/07(水) 06:04:12ID:1v11nfoX
>>73
同じ裁判員制度廃止の方でしたら議論したくは有りませんが
徴兵制まで話がいきましたね。
下記は色々な事情が有るでしょうが死刑を廃止している国と
徴兵制を敷いている国で両方有るのはドイツ、スウェーデン、
デンマーク、オーストリア、フィンランド、ノルウェー、スイス、
カンボジア・・・が有りますね。

国が何らかの戦争に巻き込まれた時、起こした時、起きてしまった
とき等は勝つためには油断していると法律なんかあっと云う間に
変えてしまいますよ。
又国民もそれに上手く載せられてしまうことがあるかもしれません。
シビリアンコントロールもコントロールする人が軍人よりも
タカ派なら意味なしです。
いずれにしても絶対は有りませんのであらゆることを想定して
置くことが必要です。
因みに私は死刑廃止に反対している訳ではありません(灰色) 
常任理事国を目指しての事が主目的であれば国民を騙したことに
対して許せないと云っています。
ただあの首相で無かったら考えていなかったでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B4%E5%85%B5%E5%88%B6%E5%BA%A6#.E5.BE.B4.E5.85.B5.E5.88.B6.E3.82.92.E6.96.BD.E8.A1.8C.E3.81.97.E3.81.A6.E3.81.84.E3.82.8B.E5.9B.BD.E5.AE.B6

http://homepage2.nifty.com/shihai/shiryou/abolitions&retentions.html

76十二人の怒れる名無しさん2009/01/08(木) 19:57:53ID:cAccJyHU

【3兎を追うものは1兎をも得ず】

早く裁判員制度を切り離して廃止にしないと他の死刑廃止も
常任理事国入りも火の粉を被り全部潰れてしまうよ。
折角ポチの親玉が誘ってくれているのに・・・

http://sankei.jp.msn.com/world/america/071108/amr0711081203009-n1.htm

77十二人の怒れる名無しさん2009/01/08(木) 22:55:15ID:MdnOx0Yn
>>76 
オバマになってもこの方針は変わらない?

まず、裁判員制度と死刑制度を切り離して論じるべきだ。


78十二人の怒れる名無しさん2009/01/09(金) 19:35:34ID:8Cu92CzR
>>77
>オバマになってもこの方針は変わらない?

多分オバマだったら変わるでしょうね。ただ>76は当時のトップが
取り込まれていて常任理事国入りに熱心ではなかったか?
との意味です。

>まず、裁判員制度と死刑制度を切り離して論じるべきだ

?? 同じ意見なんですが・・・死刑制度廃止を裁判員制度を
利用して目的を達成しようとしているのではないか?と
云っているのです。
常任理事国入りを含めそれぞれ別に切り離して正々堂々と
国民に問い、PRすれば良いのです。
ただ、その為には公明党の厳罰化の裁判員制度と死刑廃止を
同時に訴える不合理を説明して欲しいと云うことです。
(死刑が少なくなる事を見越しての裁判員制度なら国民の心理を
利用し騙したと云う事になります)

79十二人の怒れる名無しさん2009/01/09(金) 21:57:56ID:J4aRbEkC
裁判員制度は憲法違反の可能性があります。
「意に反する苦役」に当てはまりますね。
「精神上の重大な不利益」を理由に辞退できるかも!

979 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 21:44:33 ID:UecF22Ho0
第十八条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。
又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
裁判員制度で裁くのは、殺人、傷害致死、強盗致死傷、
危険運転致死、現住建造物等放火、
保護責任者遺棄致死、強姦致死傷、身代金目的誘拐です。
問題なのは、証拠として「死体の写真」を見なければならない事です。
さらに、参加した裁判員の一部が死刑判決に反対しても、
最終的に多数決で死刑が決まる事もあり、精神的苦痛も残る。
自らが死刑の判決に関わる事が「精神的なトラウマ」になると考えられる人は
『精神上の重大な不利益』を強いられるわけです。
つまり、裁判員制度は「精神的苦痛」を前提にしたもの。
これは「苦役」だと思う。

980 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 21:46:51 ID:UecF22Ho0
そういう大事件では審理が長期間にわたることが珍しくありません。
被告人が罪状を否認している場合は、平均2週間以上も裁判所に引っ張られて、
仕事も家族の世話もできず、朝から夕方まで法廷に座っていなければなりません。
そして悲惨な事件の証人尋問を延々と聞かされ、
どこの誰とも知らない人と一緒に不愉快な議論をさせられ、さあお前の意見を言えと迫られ、
そしてどんなにつらくても、裁判員として経験したことは一生誰にも話してはいけない、
もし誰かに話したら罰金か懲役だ、などというのは、誰が見ても「意に反する苦役」でしょう。
これが苦役でないのだったら、もう徴兵でも労役でも、なんでもアリになってしまうでしょう。
司法書士より
コピペでスマン。いちおう俺です↑

80十二人の怒れる名無しさん2009/01/10(土) 10:47:04ID:ZfLDlLcm
>>78 公明党の厳罰化の裁判員制度と死刑廃止を同時に訴える不合理

死刑が廃止され懲役150年!とか判決が出ちゃう世の中を目指しているんじゃない?
海外であるでしょ、こういうふざけた判決が!


81十二人の怒れる名無しさん2009/01/11(日) 13:47:02ID:tqbImuC/
裁判員制度は層化が仕掛けた国民への罠と言う事だな。
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1185885890/

82十二人の怒れる名無しさん2009/01/12(月) 06:18:45ID:Y4h8RjtN
>死刑反対を訴える公明党と日本弁護士会が、素人の裁判員が
死刑判決宣告の重圧から回避しようとして、無期判決をすることを
期待して、実質的に死刑廃止をしようとしていることを・・・

★やはりそうだった。真に人道的に死刑廃止を望むのなら
死刑執行に対しても抗議しているはず、公明党が抗議したと
聞いた事が無い。

http://blog.goo.ne.jp/mutouha80s/e/da3b7031f604194af18d08e30388bf24

83十二人の怒れる名無しさん2009/01/12(月) 06:31:49ID:+YSthFkr
【裁判員制度】   選ばれたらどうする?
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/employee/1227820488/l50

84十二人の怒れる名無しさん2009/01/12(月) 16:08:11ID:QDS3RBMU
>>素人の裁判員が死刑判決宣告の重圧から回避しようとして、無期判決をすることを
期待

こんな不確実なことに期待するのか?

85十二人の怒れる名無しさん2009/01/12(月) 19:42:52ID:wTReTVs3
だから口迷党なのでは?

86十二人の怒れる名無しさん2009/01/12(月) 22:37:10ID:d52Dhh+P
はたして戦闘員制度はまだかな?

87十二人の怒れる名無しさん2009/01/13(火) 02:58:32ID:1gUTVzre
【追悼】小泉政権の犠牲となった英霊たち(‐人‐)

この国の闇は深い。真相解明は、次の世代まで待たなければならないかもしれない。しかし、我々日本人は、彼らを決して忘れない。

◎石井紘基(1940年11月6日〜2002年10月25日)民主党議員。政治家や官僚の腐敗を追及し、怖れられていた。
右翼を名乗る男に刺殺される。享年62。重要な情報を手に入れていたという噂があり、死亡直前に「これで与党がひっくり返る」などと発言していたという。
◎平田聡(1965年?〜2003年4月24日)会計士。りそな銀行の監査責任者。マンションの12階から転落死。享年38。
◎香田証生(1979年11月29日〜2004年10月29日?)イラクで自衛隊撤退を求める勢力の人質となる。小泉首相が「テロには屈しない!」のワンフレーズを繰り返す中、無残な斬首死体となって発見される。享年24。
◎野口英昭(1968年?〜2006年1月18日)エイチ・エス証券副社長。ライブドア事件のキーマンの1人と言われる。沖縄のホテルで、フロントに助けを呼びつつ割腹自殺。享年38。
◎山口剛彦(1941年12月30日〜2008年11月18日?)。厚生官僚。享年66。年金制度改正に携わり、小泉厚相の下、厚生事務次官を務める。
温厚な人柄で慕われていたが、退官後、自宅にて夫人とともに惨殺される。近く、野党が証人喚問を行う予定であったと言われる。

 ※ 他 多 数

88十二人の怒れる名無しさん2009/01/13(火) 11:34:44ID:T2R6aBLi
国民全員投獄
一部は自殺かお礼参りで死亡

89十二人の怒れる名無しさん2009/01/14(水) 12:33:38ID:l3+V9H1O
次の事実を他スレにも広めてやってください↓

裁判員制度シンボルマークは、ナチス・ドイツが使用していた
鉤十字(ハーケンクロイツ)を半分に割って中心をずらし、
グラデーションをかけたものであることが判明しました。

裁判員制度シンボルマーク
http://www.saibanin.courts.go.jp/symbol_catchphrase/img/index_symbol.jpg
これを複製して90度回転させて重ね合わせると・・・
http://sugar310.dip.jp/cgi/upload2/source/sugar0653.png
ハーケンクロイツと合成してみる
http://sugar310.dip.jp/cgi/upload2/source/sugar0654.png

90十二人の怒れる名無しさん2009/01/24(土) 05:10:33ID:VewF2i7L
>82
そんな高尚な話じゃ無くて自己チュだけの話の様だ。

91十二人の怒れる名無しさん2009/01/24(土) 11:01:18ID:iHBF2qgC

裁判員制度って、裁判官の保身と責任逃れの制度だ。
 裁判の素人「国民」に重大事件犯が裁けるはずが無い、素人には筵ろ窃盗、詐欺、
 及び軽犯罪犯を扱うべきだよ。

92十二人の怒れる名無しさん2009/01/28(水) 10:38:22ID:QmOPDNVb
いまや老人福祉や障害者福祉なんかの聖域まで財源減らされてる世の中。
当然、刑務所だって経費削減しなくちゃってことなわけで・・・

国は死刑廃止なんて腹の中では考えてないと思うよ
むしろ凶悪な犯罪者なんかは無期懲役より死刑にしちゃったほうが金かかんないし。
まぁ、情状酌量の余地ある奴は執行猶予を増やす方向にして、凶悪なのは民意をあおって
無期じゃなく死刑にもっていきたいんだろう

93何か不思議2009/01/28(水) 12:25:16ID:Kq/gustA
司法に携わっている方々って結構裕福なイメージなんですが…
大工さんがよくわからない素人に手伝ってもらってお金がもらえますか?
料理人が近所の人に味付けしてもらってお金が取れますか?
どのような仕事でもプロがいい仕事してそれに見合ったお金をもらう。
責任や市民感覚に不備があるなら報酬は減らされるべきでは?
もしかしたらそうなってるの?

94十二人の怒れる名無しさん2009/01/28(水) 14:48:16ID:btFf2DV+
国が任命した裁判官がバカな判決を連発して轟々たる非難を受けているから、
カタチだけでも一般人にやらせて、非難を和らげようというだけのこと。
全く話にならない制度になっているのは、すぐに廃止にして、「一般人が
やってもこんなにダメじゃないか?」ということにするわけ。
以後、非難されても「一般人の裁判員制度でもダメだったじゃないか?」と、
開き直るためだよ。

95何か不思議2009/01/28(水) 15:43:17ID:Kq/gustA
えっ!!結局皆さんの結論はもしかして。司法・立法・行政ひっくるめて この国もうダメ的な事になる?

96十二人の怒れる名無しさん2009/01/28(水) 17:23:45ID:QmOPDNVb
裁判員制度に対する賛否はそれぞれだと思うけど、
人を裁く人間は、いつか必ず裁かれるってことを忘れずに。

あ、宗教的な意味じゃないからねw

97十二人の怒れる名無しさん2009/01/28(水) 19:08:39ID:DzlowSdm
刑務所の半数だとかが薬物犯だと聞いた。
最近は厳罰化のために刑務所に入る人が増えたとも聞いた。
要するに刑務所に入れなくてもいい人を入れているから満杯になっている。
無理矢理仕事を増やして裁判も多くなっている。
人を殺すことよりも刑務所に入れることの方が悪いことなのに。
刑務所で更生することはありえない。
更生する人間は執行猶予にしても更生する。
むしろ一度刑務所に入れば悪くなるだけだ。

98十二人の怒れる名無しさん2009/02/04(水) 19:35:51ID:HtSZsnLC
裁判官の時間を作るため、公判を手短にする制度だよ。
裁判官3人に裁判員6人と説明されていて、実際は
ほとんどの公判が裁判官一人、裁判員4人で行われることは
あまり知られていない。
公判前整理手続きでほぼ決まっているので、裁判員なんかの意見が
判決に影響することはないと思っていい。
公判はセレモニーのようなもの。裁判員は立会人のようなもの。

99十二人の怒れる名無しさん2009/02/05(木) 07:32:56ID:NhD+F2ba
クソぼけ、アホ、カスと批判されてきた裁判官への風あたりを弱めようというだけだよ。
クニにとって、制度の中身なんかどうでもいいんだ。
シロウトにやらせてみて、裁判はシロウトには無理だろ?批判なんかするな!と
いうことにするためだよ。
だから本当に一般の常識が必要な事件は絶対に扱わせない。シロウトがトラウマになったり
PTSDを発症して、何人も自殺者が出ることをクニは切に願っているんだよ。

100十二人の怒れる名無しさん2009/02/05(木) 17:14:45ID:H5RPovkS
100

101十二人の怒れる名無しさん2009/02/05(木) 17:15:43ID:H5RPovkS
101

102十二人の怒れる名無しさん2009/02/06(金) 11:31:54ID:XyNB1pjp
法曹分子が裁判員を人間の盾にする

103十二人の怒れる名無しさん2009/02/09(月) 11:12:30ID:q2/MvGhb
お上が共謀罪法(案)の仲間を増殖

104十二人の怒れる名無しさん2009/02/12(木) 20:10:41ID:bqZERYAX

裁判員制度の運用等に関する有識者懇談会(第1回)・・
あ〜〜ぁ、またまたj又又マタマタの無駄遣い!
(ストレスが溜まるだけだから見ない方がいいよ〜) 
それでメンバーはどうなの?

http://www.courts.go.jp/saikosai/about/iinkai/saibanin_kondan/pdf/giji_09_01_15.pdf

105十二人の怒れる名無しさん2009/02/12(木) 22:17:57ID:8jXAqyQq

真の目的は明白。



法曹一元制を回避して、≪司法官僚制≫を維持、発展させるため。


民心を裁判に反映させるためだとか、国民の自立を促すためだとか、表向き色々言われているが、大嘘。
法律の専門家たる裁判官と素人の一般市民が対等に対話などできるはずがない。
裁判員はよほどの経験と度量のあるものでない限り、お上を体現する裁判官の意向に逆らえるはずがない。
体よく説得され、納得させられるのがオチダ。結局は今までどおり官僚裁判官の判決がまかり通るだけだ。
素人の一般国民を騙して、形式上民意を反映させたかのように見せかけることで、
裁判所に<民主主義>のお墨付きを与えるところに本当の目的がある。
こうすることにより、従来どおりの、否、従来以上の、官僚体質の維持、増殖が可能になるのだ。
司法の本質には何の変わりもない。<官僚国家日本>が、さらに確固たるものになっていく。
これが裁判員制の実態だ。





106RAO2009/02/15(日) 23:45:26ID:tortgtpM
一度、国民投票で裁判員制度の是非を問うては。
日本の主権者は国民だよ。
最高意志決定機関は、国民にするべきだ。

直接民主政治到来 OCN PAGE ON PARK
法治国家、民主国家
http://www8.ocn.ne.jp/~tao1229/

107十二人の怒れる名無しさん2009/02/16(月) 11:37:50ID:pMAh83+W
政府与党、官僚いわく「国民全員殺処分」

108十二人の怒れる名無しさん2009/02/18(水) 20:53:51ID:pUic8XVQ
>メタボ健診では受診率や保健指導率、減少率の目標が設定され、この達成度に
よって後期高齢者医療制度に対する各保険者の支援金が10%の範囲で増減
されるというペナルティーが科せられる。
国の健康管理政策に懲罰的手法が導入されるのは初めてのことだ。
世代間の連帯を、懲罰を背景に調達する制度なんてありえない
《社民党HPより》

◆ウヮー、パンフレットには何も書いてなかったので知らなかったが
これも結局保険者にだけど懲罰が絡んでいるんダ!
もう罰、罰、罰でファシズム国家誕生ダァー 
オレの脂肪はなァ 派遣切りに会って食いはぐれたときのために自己責任で
貯めているんじゃー こんなものにまで金で釣るなー 
こんな事より公務員改革を真剣にやってくれ、
これを決めるのなら市民参加してもいいぞー

109十三人目の怒れる名無しさん2009/02/18(水) 22:08:15ID:O8yhRivz
国民を赤紙(裁判員登用制度)の恐怖と心的ストレス 障害(PTSD)に陥らせる為 もう一度この制度に対し 国民投票を!

110十二人の怒れる名無しさん2009/02/19(木) 08:30:37ID:fJdTWK88
殺人事件には民意が反映できるが、
仮に自衛隊の海外派遣や死刑制度は憲法違反などという訴えが出されても、
その裁判に裁判員は参加できないという事実

111十二人の怒れる名無しさん2009/02/19(木) 10:25:28ID:hXGXoNBt
人手が足りないからテキトーに選ぶから手伝えって
それじゃあ例えば産婦人科で人手が足りないからって
手伝えるか?
それと一緒
自分たち、プロだろ?
自分のことは自分でしなさいってママが言わなかったか?

112十二人の怒れる名無しさん2009/02/19(木) 20:04:21ID:pLkCItyI
【「さらに立証を重視」 検事総長訓示 事件広報も丹念に】

 全国の高検検事長、地検検事正らが集まる検察長官会同が18日、
法務省で開かれ、5月に迫った裁判員制度の施行に向け、森英介法相、
樋渡利秋検事総長が訓示を行った。
 ともに訓示では裁判員制度を一連の司法改革の総仕上げと位置づけ、
森法相は「国民が進んで参加し、その常識と感覚が反映された裁判が
実現されるよう尽力してほしい」と要請した。
樋渡総長は「偽証、証拠隠滅等の司法の機能を妨害する罪について、
従来よりも積極的な姿勢で捜査・処理を」「迅速な裁判の要請に
とらわれるあまり必要な立証をおろそかにしてはならない」などと
指示。樋渡総長はさらに、「検察自身も、国民により身近で開かれた
存在に」と強調。事件広報では「(マスコミを通じて)国民に
語りかけるような気持ち」を求め、犯罪被害者への対応でも
「捜査処理・公判遂行を丹念に説明することにより理解と信頼を
獲得するよう努めてほしい」などと述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090218-00000129-san-soci

◆国民の意見に耳を傾けることも親しまれる司法、開かれた司法に
大切なことと思います。

113十二人の怒れる名無しさん2009/02/19(木) 23:31:53ID:i2z2S0CN
税金払って、なぜ裁判官の仕事をしなければならないんだ?
そのうち、警察、消防、役所などなど、下働きに狩り出されるんじゃ?

114十二人の怒れる名無しさん2009/02/21(土) 06:16:00ID:CSR4VKGt
●政治家始め官僚、司法、マスコミなど権力側が皆黙ってしまった。これだけ
国民の殆どが反対し憲法違反も疑われる欠陥の多い制度をいくら?でも
何人かは反対の狼煙を上げても良さそうだが皆無である。
これだけ権力側の意志統一出来るのはそれだけの大義が無ければ不可能なこと
(大義が???な目的であっても)、それはやはり【死刑制度廃止】ではないか。
(理由はこのスレの始めに書いて有る事と同じ) きっとこの制度を検討すると
き始めは死刑制度廃止は念頭に無かったのだろうが裁判員制度を決める時点で
こうでもしなければ多くの国民は死刑制度廃止に同意しないのではないか? 
と考え導入したと推測する。(推測ですよ) 
もしそうであればこんな姑息なことを考えずにもっと正攻法でいくべきである。
以下、理由を思いつくまま羅列

@国連から死刑廃止を求めれていること。(常任理事国入りも目指している)

A裁判員制度導入に積極的に関わった公明党が死刑廃止を目標にしていること。

B別の板、などネット上で死刑廃止を訴えている者が急激に増えた。
しかも日中も張り付きカキコに忙しい。

C死刑執行が増えマスコミも大きく報道し恐怖を与え死刑に対する市民の
疑問視を狙う。

D死刑を疑問視させるため裁判が残虐性を必要以上にアピールする様になった。

E死刑を疑問視させるため裁判により公平性を欠く判決を行い国民の感情に
揺さぶりをかけてきた。(長崎など)

F国会議員のうち疑問を呈していた党、人物も黙ってしまった。
(死刑廃止で誰かに説き伏せられた)

Gマスコミも強力な推進協力者で積極的にアピール(死刑廃止とαで取り込み)

H死刑時の音声をわざわざラジオで公開し残虐性をアピール。

I制定当時陪臣制などではなく死刑判決に抵抗を感じるように量刑まで決める
裁判員制度にした。

J死刑を含む重大犯罪に限り第一審だけにした。(目的は裁判員に恐怖を
与えるだけでよいから)

K死刑制度に関する調査は裁判員制度制定時まで(きっとこの次は2〜3年後)

K他にも多数兆候有り

K関連 http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sikei.htm#死刑についての世論調査
G関連 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090215ddm001040081000c.html

115十二人の怒れる名無しさん2009/02/21(土) 06:39:08ID:CSR4VKGt
死刑廃止を人道的立場で真剣に考えている人は少ないように感じる。
後は違う目的があって廃止を訴えている人達がいるように思える。
今まで自分は考えとして中立にいたが死刑は必要だと思うように
なってきた。
日本は「武士道」の国、間違ったことは許せない国民性です。
死刑廃止を唱えるのなら被害者家族の「何故?」に明確に答えられ
なければならない。
(但し、私は国民新党じゃないが亀井先生は好きですよ)

権力者は裁判員制度とか死刑制度廃止とかを言う前に犯罪が起きない
社会を目指すのが先じゃーないですか?

116十二人の怒れる名無しさん2009/02/21(土) 11:52:24ID:51a/LTRM
お上は「素人に裁判は無理だから批判するな」
と考えてるだろうけど、
批判やめないし、下げる頭もない。
庶民から文句言われるのが嫌いなんて
お上も法曹分子も子供と同じだよ。
こんな三下が裁判員制度を作ったんだから
まさに失敗作だ。

117十二人の怒れる名無しさん2009/02/21(土) 16:33:38ID:/X1+bOor
お上は「素人に裁判は無理だから批判するな」
と考えてるは>>116の考えwww
批判を避けたかったら、目立つことをしない。
裁判員制度は全く逆ですよ。
>批判やめないし、下げる頭もない。=子供
>失敗作だ
これは言えそうですけど。
考え方はめちゃくちゃでも結論だけ正解www

118十二人の怒れる名無しさん2009/02/21(土) 17:01:24ID:d5Ww270Y
失敗じゃない。一般人をヒドイ目に合わせて裁判員制度をさっさと廃止するのが
クニの狙いだ。その狙い通りのムチャクチャで最悪と言って良い制度になっている。
我々一般人がアホバカとコキ降ろす裁判官が作るんだから、当然、アホバカな制度に
なる。こんなモノを裁判員制度と呼んで、やってみて、一般人がトラウマになり、
PTSDを発症し、自殺者が続出すれば、クニは万々歳で裁判員制度を廃止して、以降、
どんなアホバカな判決を出そうとも、批判、非難には一切耳を貸さないと宣言するわけだ。
要するに、もっともっとクニに都合の良い、腐り切った司法にするために仕組んでいる
見せ掛けだけの一般による裁判の試行であるわけだ。

119十二人の怒れる名無しさん2009/02/22(日) 05:46:45ID:W8m0hX/+

【仮説】裁判員制度は短期間の裁判でしかも争点だけ先に決める
公判前整理手続方式で行う。冤罪を少なくすると云っているが
今までの精査する方式に比べて果たして冤罪が少なくなるだろうか?
もしも主に人道的に死刑廃止を訴えているものでなく他の目的が
主であれば冤罪というのは望む望まないに関わらずその〈他の目的〉
を達成するのを助長するのではないか? 
要するに冤罪が判明する度に世論は思う方向に傾くのではないか。

絶対、冤罪は出してはいけない!

本当に裁判員制度は大丈夫なんですか?

120RAO2009/02/23(月) 15:11:32ID:QAut9x0k
裁判員制度は世界でも珍しい、強制、強要の制度なのでは?
いやがる人をムリムリ裁判員にしても、役目をはたせないのでは?
権力者は国民の声を聞くべきだ。
国民投票で、直接、国民に判断させて欲しい。
選挙では、ダメ。
日本の主権者は国民なんだよね〜〜〜〜?

直接民主政治到来 OCN PAGE ON PARK
法治国家、民主国家
http://www8.ocn.ne.jp/~tao1229/

121十二人の怒れる名無しさん2009/02/25(水) 06:31:59ID:qEstzThk
パッと見ただけだといかにも子供達の為に良さそうな教育だが国に都合の良い
民衆を育てるために利用されるのでは、と考えると教職員が国旗をどうの
こうのという話よりもずっと恐ろしい事だと感じる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090221-00000765-yom-soci

122十二人の怒れる名無しさん2009/02/26(木) 02:13:52ID:ubdmQsqF
悪名高き年次改善要望書にあった事を想起すべし
正義の行使のためには、身の危機を代償としても闘うべし。
という価値観はどこから来たのか。
最終的には自警団組織の形成と正当防衛のための銃器保持の一部容認まで行くのかもしれない。
陪審員制度とは違うが法整備としては徐々に近づいている感じだ。
法科大学院整備で訴訟大国化に備える流れも。
まさか小学校英語の流れもその布石?
州法にバリエーションがあるという程度の…国にならなければよいが…

123十二人の怒れる名無しさん2009/02/27(金) 20:00:45ID:IuefK7gx

◆@ 裁判官・・・裁判員を盾にして国民の批判を和らげる事ができる。
判決に対しても裁判員と責任の分担が出来身軽になる。

◆A 検察・・・残虐性をより強くアピールする事により被害者参加制度と
併せ裁判員を検察側に有利になるよう取り込む。
将来弁護士に鞍替えも有り

◆B 弁護士(日弁連)・・・裁判員(将来の顧客)に自分達の有能性?をアピール
できる。裁判を有利に進めるため民主化の美名の基に裁判員から評議などの
情報を求める。裁判員に自分の事務所のパンフレットを渡すことが出てくる
かもしれない。
http://www.wakaben.or.jp/saibaninseido.htm

◆C マスゴミ・・・何とか法の隙間を狙い弁護士と同じ民主化の美名の基に
裁判員から記事のネタを引き出す。新聞が売れテレビの視聴率が上がれば良い
だけで裁判員は実質芸能、スポーツネタと同等に扱われる。
役所の広告料収入、地デジとの取引、そして今回の裁判員の安全、意志、
プライバシーを無視した記者会見、偏向報道など国民を散々裏切っておいて
儲ける事ならかなりの事でも手を出し、表の顔と裏の顔が違う組織。
ペンという武器を持っているだけにレールから外れるともっとも性質の悪い組織

◆D 裁判員・・・自己中心的な司法、マスゴミに弄ばれ裁判員は・・・・
安い日当・疲労・裁判結果の後悔、ストレス・被害者側、被告に恨まれる危険
だけの残骸が残る。勿論自分の本来業務も遅れる。
お役にたった、勉強になったと錯覚し訴訟社会の一員に知らない内に巻き込まれ
ていき弁護士のよいお客さんとなり思う壷となる。

124十二人の怒れる名無しさん2009/02/27(金) 23:37:14ID:l3S4MlL6
>>122
年次改革要望書に裁判員制度の要求はありません。

125十二人の怒れる名無しさん2009/03/01(日) 08:57:54ID:TrG3+oo/

層化と新聞印刷などでベッタリの毎日、この時期にわざわざ反発が予想され
制度運用にブレーキと成りかねない記者会見を何故発表するのか? ・・・・
裁判員が少なくなっても絶対数が居れば別に彼らは関係なし。
何処かで書いてあったように裁判員の層化が占める割合が増してくる。
記者会見できれば視聴率があがる。死刑判決だったら記者会見で裁判員に
プレッシャーをかけられる。よってプレッシャーをかけられると予想する
一般の裁判員は刑の軽い方を選択する。
(層化、マスゴミが狙っている死刑廃止に向けて)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000033-maip-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000145-mai-soci

★従って>114に1項目追加

L裁判員をマスゴミによって晒す事により死刑判決にプレッシャーをかける。

126十二人の怒れる名無しさん2009/03/01(日) 09:05:31ID:TrG3+oo/

結局は行き着くところは此処。順調に進む

総体革命、バンザーイ!!!

○○大先生、バンザーイ!!! 



127十二人の怒れる名無しさん2009/03/01(日) 12:43:42ID:vvIrHK0q
パチンコをやめろ/高山正之(ジャーナリスト)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090220-00000001-voice-pol

 マッカーサーは戦後の日本で過去に例のない専制と独裁政治を展開した。

 彼はまず罪を犯した米兵への裁判権を日本に放棄させ、新聞が米兵の犯罪を報道することも禁止された。おかげで米兵は強姦
も強盗もし放題、殺人も構わなかった。調達庁の調べでは占領期間中2500人が殺された。

 彼の占領政策の柱は、日本人の誇りを奪い堕落させ2度と白人支配の脅威にならないようにすることだった。そのために東京裁判で日
本を侵略国家に仕立て、A級戦犯はわざと皇太子殿下の誕生日に死刑を執行した。横須賀港にあった戦艦三笠はいかがわしいダンスホ
ールに改造された。

 日本では賭博は禁止だったが、マッカーサーは朝鮮人が国に帰還するまでのあいだ、パチンコ屋をやることを日本政府に認めさせた。


 賭けごとは日本人の堕落を促すと読んだためだ。さらに彼は、軍歌いっさい厳禁のなかでパチンコ屋に限って軍艦マーチを流すことを認
めた。どこまでも日本を貶めた。

 パチンコで日本人を堕落させる計画は彼の期待以上にうまくいった。なぜなら朝鮮人は帰還しないでパチンコとともに日本に居座ったか
らだ。経営者の95%が朝鮮人という業界は、日本人の射幸心をあおっていまも年商20兆円を稼きだしている。

 対支那のODA総計6兆円をはるかに凌ぐ上がりは南北朝鮮を潤し、社民党への献金から北の核開発までを支えてきた。

 一方、日本ではパチンコ屋の駐車場で子供が蒸し殺される悲劇が続く。3年前の一斉巡回で56人の乳幼児が蒸し焼き寸前で救出され
た。借金漬けの主婦が売春に走り、景品交換所では強盗殺人事件が後を絶たない。

 松戸市の市営住宅で火事があり、3人の子供が焼け死んだ。23歳の母はそのときパチンコに熱中していた。マッカーサーの思うとおり日
本人は堕落した。百害あって一利もない違法パチンコはまだ廃止もされず、悲劇を生みつづけ、南北朝鮮だけが笑っている。

128十二人の怒れる名無しさん2009/03/01(日) 17:39:45ID:CNFL83o/
ガリレイの相対性原理が完全に間違っていることは、
支配原理(支配の法則・速度の法則)が完全証明する。
必然的にアインシュタインの相対性理論も間違っている
ことになる。
http://hwbb.gyao.ne.jp/cym10262-pg/fenomina.html

129十二人の怒れる名無しさん2009/03/08(日) 13:11:31ID:zcZt+cKt
【国策捜査】
>この用語は、特捜検察、主として東京地方検察庁特別捜査部が政治家、
経済人、著名人などのかかわる刑事事件において、一方的な捜査情報を
マスメディアの検察担当記者にリークし、それを「関係者の話」として
新聞・テレビ等によって逐一報道し意図的に世論を誘導することで、
政府にとって望ましい政治・社会状況を作り出すことを目的として行われる
捜査を批判する際に用いられる。
あるいは社会・国家において彼等自身の考える「正義」を実現することを
目的として恣意的に行われる捜査を批判する場合にも用いられる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AD%96%E6%8D%9C%E6%9F%BB

■何か今起きて居る事にピッタリ当てはまる様な気がする。「政府にとって
好ましい」事は国民にとって良い事とは限らない。
今度の件は国策と云うより党策か閣策と呼ぶ方が当てはまるのでは・・・
いずれにしてもこれからどうなるか判らないがこんな状態で裁判員制度に
突入するのは制度としても国民としても好ましくないと思われる。
この制度は政治、経済が安定するまで延期し見直した方が良いのではないか。

130十二人の怒れる名無しさん2009/03/08(日) 13:28:48ID:i2kJ4jKc
日本の経済活動の阻害が目的とか?

131十二人の怒れる名無しさん2009/03/08(日) 17:45:47ID:v8D/CuEV
国民「国民の常識が裁判に反映されていない。」
関係者「国民参加は、量刑判断のない事実認定だけの陪審制で行きましょう」
国民「もっと国民の意見を反映させろ。」
関係者「では量刑判断も出来る裁判員制にしましょう」
国民「なぜ量刑判断までさせる。」

関係者「取り扱い事件は限定しないようにしましょう。」
国民「量や負担が多い。」
関係者「では重大事件に限定して、負担を減らしましょう。」
国民「窃盗とか軽い犯罪を外して、なぜいきなり重大事件に参加させるのか。」
関係者「軽い刑だけにしましょう。」
国民「重大事件になぜ国民の常識が反映されないのか。」

132十二人の怒れる名無しさん2009/03/09(月) 04:58:01ID:SBoLvVvb

もうすぐ゛始まる「裁判員制度」、民主党の小沢党首は見直しに言及
していたからねー。推進している党や組織は面白くないだろうね。
今度の国策はそれらの人々にとって一挙両得じゃー無くて一挙、1、2、
3、4、5・・・・数えきれない・・・一挙∞得位と考えていたのだろう。
オンゴールも有ったがこれだけの国民の反発は予想外だっただろう・・
テレビに出た権力側の政治家の目線は皆下向き加減で少し異常に感じた。
生き生きしていたのはマスゴミ関係、コメンテーター、共産党

http://japanc.exblog.jp/9462444/

133十二人の怒れる名無しさん2009/03/09(月) 12:55:25ID:/pDdkVYT
死刑の数増やしたいんだろ?
国が死刑執行したら一部の国民が騒ぎだす。

国民に死刑判決させたいだけだね。
多いに結構!
よっぽどの理由でも無い限り1人殺しただけで死刑にすればいい。
鳩山はよくやったと思うね。

134十二人の怒れる名無しさん2009/03/09(月) 14:10:14ID:Iln/wz/i

出ていけ・キチガイ・ネズミ講の創価学会のクソ野郎

出ていけ・キチガイ・ネズミ講の創価学会のクソ野郎

創価学会・公明党の選挙出馬はキチガイ・詐欺師の候補者

創価学会・公明党の選挙出馬はキチガイ・詐欺師の候補者

キチガイが選挙活動・創価学会・公明党

キチガイ候補の・創価学会・公明党

キチガイ・狂信宗教・ネズミ講の集まり



池田大作を狂信するキチガイの集まり

135十二人の怒れる名無しさん2009/03/09(月) 21:42:23ID:acZdRuF2
>131
成るほど、どうせなら法律を作らず200年くらいエンドレスで小田原評定
続けていて欲しかったね。

ところで「国民の常識が政治や行政に反映されていない。」と国民に
文句言われても政治家や役人は「ジャーお前らやってみろ!」なんて
裁判官様のように言わないものねぇー  偉いものだ。  
まぁ、取り得はそれだけだけど・・・・・

136十二人の怒れる名無しさん2009/03/18(水) 21:56:29ID:k7FueyS8

今日も相棒とか色々刑事ものをテレビでやっている。番組表を見るとかなりの
数にのぼる。裁判員制度に向けて国民を慣れさせておく目的も有るかもしれない。
その内にコンバットの日本版のようなのが多く出てきたらもう直ぐ戦争が近いと
思ったほうが良いかも・・・
確かに第3者的に見ていれば面白いと思う所がミソですね。

137十二人の怒れる名無しさん2009/03/19(木) 00:18:17ID:B6D/nywi
<沖縄県警>時効成立の男性逮捕…検察、裁判所も気付かず
3月18日22時6分配信 毎日新聞


 沖縄県警は18日、公訴時効が成立していた40代の男性を宜野湾署が
強制わいせつ容疑で誤って逮捕した、と発表した。送検先の那覇地検沖縄支部は
誤りに気づかず逮捕から3日後の今月11日に拘置請求し、沖縄簡易裁判所も拘置を
認めたが、直後に地検支部が誤りに気づき、男性は同日中に釈放された。容疑者の身柄拘置に
かかわる警察、検察、裁判所の3者ともに誤る異例の事態となった。

 逮捕容疑となった事件は03年8月3日未明、沖縄県内でタクシー運転手が駐車中の車内で、
客の女子高生に抱きつくなどわいせつな行為をしたとされた。現場に残された遺留物などから、
宜野湾署が男性を強制わいせつ容疑で全国に指名手配。逮捕状の更新を繰り返して捜査していた。

 男性は3月8日、神奈川県内で警視庁捜査員に逮捕され、宜野湾署に移送された。

 強制わいせつ罪は05年の刑法一部改正で、罰則が最高懲役7年から10年になった。これに伴い、
公訴時効も5年から7年に延長されたため、県警は時効が成立していないと判断した。
しかし、刑法6条は「犯罪後の法律によって刑の変更があったときは、その軽いものによる」と定めており、
男性の場合、刑は改正前の最高懲役7年、公訴時効は5年で、08年8月2日午前0時で時効が成立した。

 逮捕状請求の際、県警は犯罪事実や時効などを一覧表で点検する。このケースは宜野湾署の幹部3人が点検したが
気づかなかったという。県警刑事部の石新政英(いしあらせいえい)参事官は18日夜、県警で記者会見し
「当事者に申し訳ない」と話した。

 県警は今後、指名手配事件の時効成立を入れた一覧表を作成し、県警本部でもチェックするなど再発防止策を定める。
【三森輝久】



事件がどうとか言う権利はないが、制度前に検察や裁判所がこういう失態を
おかしてそれでもまだ制度を見直すこともなく負担や良識ばかりを国民に
押し与えてくる制度なんて糞だ

138十二人の怒れる名無しさん2009/03/19(木) 11:40:04ID:Huzc+scn
くじ引きで裁判員を選んでいるっていうのは嘘っぱちで
選任手続を利用した、特定の人物の思想調査が目的だったりして

139十二人の怒れる名無しさん2009/03/19(木) 11:47:31ID:gXHIjcYl
国民全員を死亡者、逮捕者、トラウマ患者に
追いやるなんて、まさに第一次官民大戦だ

140十二人の怒れる名無しさん2009/03/22(日) 19:20:40ID:Ch44rYOj

ペルー提督の黒船以来約150年、米国様には色々お世話になっております。
一体何処まで年貢をお渡しすれば許していただけるのでしょうか?
納めても納めても年貢を要求されますがひょっとしたら途中で無く
なっているのでしょうか?
それとも特定の場所に形を変えて戻されているのでしょうか?

http://www.tokyo-jc.or.jp/2005/studymeeting/studymeeting0420_report.html

(関係スレが無くなってる・・・)

141十二人の怒れる名無しさん2009/03/22(日) 19:23:05ID:Ch44rYOj

宮内氏が司法制度改革を提言した1994年は、まさに第一回の「年次改革要望書」
が米国から日本に提示された年だったのです。そしてその要望書には独占禁止法
の改正と民事訴訟手続の改善という要求がセットで盛り込まれていました。
以後、米国は日本に司法制度改革の圧力をかけつづけてきたのです。
(国富消尽より)

http://www.jotc.jp/blog/2007/05/post_721.html

ひょっとしたらアメリカ様が好きな郵政の宮内氏は英語で書いて有った提言を
和訳した単なる郵便屋さんの役目をしただけだったりして・・・・www

142十二人の怒れる名無しさん2009/03/22(日) 21:01:51ID:p9l5tOEy
【事前調整型社会から事後調整型社会へ】

しかし日本の国民は本当にそんな社会を望んでいるのでしょうか?・・・
社会の混乱や無用の摩擦を未然に防ぎ、予見可能性を担保する民族の
知恵だったと思うのです。
日本的な協調や共生の精神から育まれた叡智といってもいいでしよう。
米国社会は何でも裁判で決着をつけ、カネに証せて有能な弁護士を
雇って勝ったほうの理屈がまかり通っていくという、まさに強者の
論理が支配する社会です。
はたして、そういう剥きだしの弱肉強食の論理に、日本の一般庶民は
耐えられるでしょうか?(国富消尽より)

http://kishida.biz/column/2006/20061013.html

http://www.sankei.co.jp/seiron/koukoku/2004/0408/ronbun1-5.html

143十二人の怒れる名無しさん2009/03/22(日) 21:53:43ID:1Mh99iu9
たまにはまったりとしにおいで
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/hotel/1233734258

144十二人の怒れる名無しさん2009/03/23(月) 03:20:37ID:iCEKXmH3
http://www.youtube.com/watch?v=ZWNwmJSRbqw
高知白バイ衝突事故の冤罪(警察による犯罪)
被害者の片岡氏がと うとう収監されてしまいました。
「なぜ私が収監されるのか」 〜高知白バイ事故の真相〜

145十二人の怒れる名無しさん2009/03/23(月) 06:33:13ID:F91JyT4p
検事歴30年という検察幹部が現職のまま逮捕された。
それが検察の組織ぐるみの「ウラ金作り」を実名で告発する動きを見せたゆえの“口封じ”だった。
元大阪高等検察庁公安部長の三井環氏。

http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2003_07_02/index.html
↑内容がすごい。
日本の検察官僚は日本を潰す。

146十二人の怒れる名無しさん2009/03/24(火) 10:02:52ID:EJcG8AXq
【日韓】池田大作SGI名誉会長が泰安郡の名誉郡民に … 在日参政権への積極的取り組みなどを評価 [02/27]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1235919491/

147十二人の怒れる名無しさん2009/03/24(火) 20:50:47ID:w1Oz0S3F
>>145
ひどい話があったもんだねェー考えてみると政治献金というのは
まだ両方がある程度ナットクしてると思うんだが「裏金」というのは
片方(国民)が了解して居ないおカネ(税金)ですよねー。
これはもっと悪質のような気がするけど・・・・
それにお金を返せばOKって話よく聞くけど泥棒さんと何処が違うのか
サッパリ判らないよー

148十二人の怒れる名無しさん2009/03/26(木) 15:21:04ID:SchhY5f9
困るなぁ

149 ◆x8LGYhgcnY 2009/03/26(木) 17:10:14ID:B+nJRCQx
t

150 ◆TViopw.wZs 2009/03/26(木) 17:12:34ID:B+nJRCQx
l

151 ◆DGkmsDQ0y2 2009/03/26(木) 17:17:38ID:B+nJRCQx

152 ◆Squ.eG5ml6 2009/03/26(木) 17:20:06ID:B+nJRCQx

153 ◆Squ.6Jk4vU 2009/03/26(木) 17:21:24ID:B+nJRCQx

154十二人の怒れる名無しさん2009/03/29(日) 21:31:18ID:LIimVdQQ
小鼠鈍一郎一派を裁けるのならやりたいねぇf^^;

155tyrone2009/03/30(月) 12:26:17ID:3uFvnqem
fuckin nigga shit i don give a fuck i drop yo ass with my flock i got the mac10 i blast yo punk ass nigga suck my dick foo i get all the hoes and got da $$$ dont fuck with me or u get pistol whipped nigga

156十二人の怒れる名無しさん2009/04/01(水) 20:05:38ID:fMHiI3Ow
裁判員なんて何の意味も持たないだろう
裁判官と一緒に評議→この段階で適当に丸め込まれるな
表決→陪審員のように全員一致の必要がないから多数意見にすれば良いので誘導は楽
   万一裁判官の意に反する結果になっても多数決のときの決定権は裁判官にある
   裁判員は評議や表決などの結果を一切口外できないのだから
   裁判官の思い通りの判決を下せる
   口外すれば処罰が待ってるから、裁判員になったことで自由な発言は一切できなくなる
   絶対な安全を考えれば犬を一匹混ぜておくだけで十分だし

国民の皆様のご意見を取り入れてますから皆様の望む公正な裁判が行われていますって
言われても何も証拠は提示できないから反論は一切できなくなるだけのこと

157十二人の怒れる名無しさん2009/04/03(金) 21:32:51ID:Mrr810zw

司法改革の原点に戻ると米国からの要求で日本は「事前調整型社会」から
「事後調整型社会」への変換を求められたと有るがこの論議は十分された
んだろうか? 国民はそれで了承したのだろうか? 嫌でもアメリカ様の言う
ことだから聞かざるを得ないのか・・・・
聞けば米国自身は、事後調整型の訴訟社会の弊害を骨身にしみて感じていて、
反省機運から訴訟を抑制する方向で改革しているらしい。

国会議員の皆さん、この点は十分論議されましたか?
こんな国の根幹に関わる事、国民は何時、誰が決めたのかも判りません。

158十二人の怒れる名無しさん2009/04/05(日) 13:23:04ID:Dj/14UlH
裁判員制度は『事前調整型』そのものではないか

アメリカは「先行独占カルテル社会」
日本は「事後調整カルテル社会」
技術の進歩とその汎用化速度の高速化で
先行独占の旨味を享受できなくなったどころか
彼等のカルテル外の先行や独占が台頭してきたために
旨味が薄くなってしまったから、「アメリカの先行独占」を
今後も維持し続けたい、他の参入は許さないこの世の全ては
アメリカの占有物だということ

「アメリカ人は世界中を何の制限も受けず自由気儘に安全に闊歩・行動する
権利を有する」というのが彼等の基本的な考えなのだからな

159十二人の怒れる名無しさん2009/04/07(火) 06:01:34ID:d/n3S5Rm

160十二人の怒れる名無しさん2009/04/07(火) 11:30:56ID:x9Ef1K+o
♪盗んだ税金無駄遣い 使い道も分からぬまま

161十二人の怒れる名無しさん2009/04/07(火) 22:03:26ID:i+nCoMbi

「裁判員制度」反対派がこれだけの予算と人員を動員すれば今頃制度は
跡形も無く消えているのに・・・

http://www.jbaudit.go.jp/report/all/pdf/0401-01.pdf#search='模擬裁判員募集%20人材派遣会社'

162十二人の怒れる名無しさん2009/04/08(水) 00:24:17ID:L6eTOWT2
今まで庶民の前にお上風を吹かせていた最高裁が、手の裏を返すように
、あんなに熱心に「兎に角、制度をやらしてください」と一生懸命になる
理由を教えてください。本音は何なのですか。

163十二人の怒れる名無しさん2009/04/08(水) 10:32:27ID:Ry/5FGnZ
>162
最高裁いわく「国民皆殺し」

164十二人の怒れる名無しさん2009/04/08(水) 18:36:58ID:L6eTOWT2
国民の牙を抜いて、それからどうしようと言うわけ?

165十二人の怒れる名無しさん2009/04/08(水) 19:51:22ID:R6mCpVWL
朝鮮人、部落、行き過ぎた人権意識が産んだ化け物

166十二人の怒れる名無しさん2009/04/08(水) 20:14:48ID:Zl9jqBnj

>裁判員制度は、司法の民主化を希求し、司法に人権擁護を期待する勢力
が考えてきたものとまったく違います。その導入の政治的な狙いは、
「司法に対する国民総動員」です。
有事立法により国民を戦争協力に総動員する。
裁判員制度により国民を人権抑圧に総動員する。
二つはまったく同じ発想の総動員法です。同時に浮上しているのが
「共謀罪」です。いろいろなところで警察権限が強化され、生活安全条例
など警察の取り締まりの網の目も強まっています。
それらの状況を背景に、国民を形式的に裁判に参加させて国民の間に
ある体感治安意識などを裁判に利用する攻撃的な道具の一つとして、
裁判員制度が位置づけられています。
国家の論理は突き詰めると軍事の論理になりますが、軍事がもたらす
人権抑圧を公認して国民の合意を会得すること、それが裁判員制度の
端的な意味合いです。
(小田中聰樹教授の言葉、「裁判員制度はいらない」から)

167十二人の怒れる名無しさん2009/04/08(水) 20:21:47ID:Zl9jqBnj
>166
なーる程、つまり国家権力に都合の良い国民を作っていくため裁判を
通じて教育すると云う事ですね。裁判官はその事を承知なのかどうか
判らないが直接の先生になる訳ですね。
「市民の常識を・・・」なんて云ってたけど何のこと無い逆にシッカリ
国家思想を教え込まれるんだ。
例えば戦後、戦いとか血を見る事が少なくなったからドンドン残酷な
ものを見せて慣らしていくと共に国家的な正義感?を養うため厳罰を見せ
つけ世界の保安官のシッポについていく為の教育制度なのかもしれない。
(シッポなら未だ良いが先陣を仰せつかるかもしれない)
・・・・そう考えると、このいい加減な制度をなぜ必死になって推進
しているの辻褄が合ってくる気がする・・・・
(但し、各々思惑が違うのでは、弁護士会とかマスコミとかSなど)

168十二人の怒れる名無しさん2009/04/08(水) 20:36:42ID:Zl9jqBnj
連投スマン!
補足ですが最近、政治でもネットでも勇ましい言葉が飛び交って
いるので余計に上記の思いを強くしました。

169十二人の怒れる名無しさん2009/04/08(水) 22:57:28ID:IqnRFVV2
つまり、この制度による死体写真とか残虐的な部分を見せることによって、
果ては戦地に行って引き金を引けということですね。

170十二人の怒れる名無しさん2009/04/09(木) 00:45:39ID:rGWWoZMC
166さん、ありがとうございました。裁判員制度の本当の正体が分か
りました。

171十二人の怒れる名無しさん2009/04/09(木) 06:02:21ID:k7E5//7o
>166 追加です。
現代思想10月号より、裁判員制度を考える(3)ー「司法はポピュリズム
の暴風にさらされている」※前後(1)〜(6)まで有りますよ。

http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-86.html

【裁判員制度の導入の目的−−社会秩序維持に国民の動員】
>・・・・国民はいつから統治客体をやめて統治主体となったので
しょうか?代議制民主主義における国民主権とは、国民に選挙権が
与えられているだけで、統治主体は選挙された議会・政府であり、
国民はあくまでも統治客体であることに変わりはなく、ここに
代議制民主主義のごまかしの秘密があるのです。
国民が統治客体であるからこそ、憲法によって統治主体=政府の専制
を防ぎ、基本的人権によって、統治客体=国民の権利を守らなければ
ならないのです・・・・

http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Japanmilitarism/japn080430.htm

172十二人の怒れる名無しさん2009/04/09(木) 06:09:55ID:Lb/855bi
これが目的だったら賛成
その目的とは陪審員制度というものを通して
自分の意志を持つことの大切さを知る為、ということなら賛成

173十二人の怒れる名無しさん2009/04/09(木) 10:13:50ID:VPj0yVLU
【仮想政党】生活と政治をつなぐ活動【民 和 党】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1236612498/

174十二人の怒れる名無しさん2009/04/09(木) 15:28:29ID:v/ON7aOt
>>172
裁判員は陪審員ではありませんよ
陪審員:行政の行動の正否を判定する
裁判員:行政と司法の行動には間違いが無いと盲判を押す

175十二人の怒れる名無しさん2009/04/09(木) 17:56:16ID:wb4lF/Zu
軍医療の考え方とりいれるべきだ。

176十二人の怒れる名無しさん2009/04/10(金) 16:29:07ID:77g9iMyv
>>162
これも

この大迷惑な裁判員制度の元凶はこれじゃないか?
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/saibanin/1231354127/

177十二人の怒れる名無しさん2009/04/11(土) 12:00:43ID:pzyJH6m4
お上なんて国民をいじめるにしても
頭が悪いし、能率が低いじゃないか。
裁判員制度にしても、
年金改悪にしても、
後期高齢者医療制度にしても、
母子加算廃止にしても、
これらのまねをチマチマ繰り返すなら、
「全国民は日本から出ていってください」
って言えばいいのに。意外にも言う通りに
するかもよ。

178十二人の怒れる名無しさん2009/04/11(土) 12:43:06ID:/+G/1l7O
自分たちも国民だということを忘れているのか
都合よく処理できるから逃れられるのか

それとも、ただの

馬鹿なのか

179十二人の怒れる名無しさん2009/04/11(土) 12:43:38ID:FN/NXvy/
この制度、選挙の立会人みたいにすればいいのに。

どうせ公判前手続きでシナリオは出来てるんだろうし、
「一応国民の皆さんにも納得してもらいました」っていうためのお飾りにしかならん気がする。

選挙みたいに立会人を10人くらい、応募制でもいいし、役所や会社や自治会なんかから出してもらってもいい、
もちろん手当ては十分に出すようにしてさ

そんで、これは見逃せない不当判決だって時に、たとえば半数が認めれば裁判をチャラにしてやり直させるとかさ。

これで「偏った人が集まるかも」って心配するんなら、選挙の立会いも信用できんってことになるわな。

180十二人の怒れる名無しさん2009/04/12(日) 08:20:25ID:xqlHFk2W
【司法制度改革審議会】
>「このような諸改革は、国民の統治客体意識から統治主体意識への
転換を基底的前提とするとともに、そうした転換を促そうとするもの
である。統治者(お上)としての政府観から脱して、国民自らが統治に
重い責任を負い、そうした国民に応える政府への転換である」

◆司法制度改革における強制力と罰則満載の裁判員制度が統治客体意識
から統治主体意識への象徴ならば
国防における統治主体意識は・・・やがて治安維持法・・・
そして憲法改正(9条)・・・・・学習無く又もと来た道へ・・・
(ゴメン!もうすでに入り口に入っていたようです)◆

181十二人の怒れる名無しさん2009/04/12(日) 08:37:12ID:xqlHFk2W

この裁判員制度は国民の統治客体意識から統治主体意識への変換を
促しながら思い切り国民を無視し「客体」に見立て「主体」側だけの
勝手で作った思い上がりの象徴のような制度。
(あの元首相が作らせた制度だから・・・判るでしょう?)

182十二人の怒れる名無しさん2009/04/12(日) 19:12:17ID:K1IaJzbo
〔中坊公平に聞く〕
○>内閣や、官僚が本当にやる気なら、委員の任期は残っていたのだから、
意見書を具体化する司法改革推進本部に移行する手だてをちゃんと講じる
はずなのにやらなかった。
推進本部での立法作業には余り期待はできんね。
意見書には詰められていない分野が多いので、推進本部は重要だが、
日本全体が怪しげな状況になってきたので、司法改革に力を注ぐには
よほどの構えと覚悟が、日弁連にもいりますわ。
http://www.mmjp.or.jp/machi/50/50-nakabou.htm

○住管機構問題で検察は上手に中坊弁護士を使い捨てにした・・・権力に
踊らされた・・・(中坊弁護士の起訴猶予処分の意味)を検索

★結局、中坊さんも司法改革では立法の段階で自分の思う所と違って
くるだろうと予測していた様な発言をしている。
権力側も始めは違う事を唱えていたらしいが裁判員制度が法案作成の
段階で自分達に有利に出来る目安がついたから制度に賛成したのでは・・
・・と思える。
こちらでも中坊さんは上手く使い捨てにされたのではないか?
(と素人の推測)
確かに権力さんは頭がいい!悪く言うとズル賢い・・・・

183十二人の怒れる名無しさん2009/04/12(日) 19:14:00ID:K1IaJzbo
裁判員制度は、司法制度改革の副産物?ですが、
中軸の思想は、「統治主体意識論」です。
これは、”自己責任論”に通ずる、
新自由主義経済体制と同方向のモノです。

新自由主義経済とは、
福祉国家の実現や国家による
経済への過度な介入主義を批判、
個人の自由と責任に基つ”く
 競争と市場原理を重視する。

そのことは、国営企業の民営化、リストラ、
緊縮財政を伴う結果として、
農民等、一般市民労働者などの
社会的、経済的弱者への打撃が大きくなることです

http://blue.ap.teacup.com/una3310/396.html

184十二人の怒れる名無しさん2009/04/13(月) 13:16:18ID:6BUWUQxc
社会主義経済は人の平等と性善説を仮定条件とした空論である
ありえない基礎条件に基づいた空論を実行すれば失敗するのは
当然でありそれは既に証明された

新自由主義経済(どこが新なのかまったく分からない)もまた
個人の自由と責任を説き個人と組織の性善説に立脚するが
これもまた非現実的な仮想であって実行すれば失敗は明らかである
そして、社会主義同様失敗であることが証明されてしまった

これからはどんな主義に基づいて行動したら人類は救われるのであろうか
全体主義は既に否定され、証明されたかの様に言われる
しかしながら、人以外の生物を見渡せば個々の種は全体主義的構造・行動を
取らないものは一つとしてない

となれば、人もまた自然に習い全体主義に移行というより回帰すべき時が
やって来たといえるだろう
しかしながら、現在基本としている人の性善説を採用すれば破綻は必定である
性悪説に立脚し、この性悪の部分を徹底的に排除する必要がある
このための手段として三権分立という考え方が存在する
しかし残念ながらこれを確立運用している国家は存在しない
日本などは酷いもので、三権分立どころか全権官僚集権という有様だ

完全な三権分立と三権間の構成員相互移動禁止が必須条件だろう
国民の選挙で個別に選出するべきだろう
行政府の長、必要なら各省庁の長も
最高裁裁判官
国会議員

天皇制と矛盾する?
別にそんなことはなかろう
三権の長から、国民の象徴である天皇陛下に向かって宣誓したり
自分達の仕事の結果を報告することは国民に対して行うことであり
憲法が基本とする趣旨に最も適合する手法だ

どこかの国のように恐竜的特定宗教に縛られるという愚をも排除できる

185十二人の怒れる名無しさん2009/04/15(水) 21:04:18ID:r2CyP4q4
> 改革審の内部では、当初から、陪審制に対する見解が分かれていた。
出身母体で言えば、労働団体、主婦連、弁護士、大学出身の委員が陪審制を
主張し、それに対して、裁判官、検察官、経済界、法律学者など出身委員が
陪審制に消極的な主張を行っていた。
その陪審制の導入の可否をめぐる見解の相違は、第三十二回審議会および
中間報告のとりまとめを受けて二〇〇一年に具体化された、裁判員制度構想
の中身をめぐる議論にも表れていく。
裁判員制度とは、それゆえ、陪審制に関する委員間の対立を避けつつ、他方で
★改革審設置法の趣旨を守る要請などに迫られて、訴訟手続への何らかの国民
参加制度を具体化する必要から、名を捨てて身を取る苦肉の策として生み出さ
れたものと解することができる。その抽象的方向を示した点で第三十二回
審議会は重要だった。この審議方法は、法曹一元の名を捨てて実質議論を
行った裁判官制度改革に通じるものがある。
(19頁)その成立経緯から、他面において、裁判員制度は、実質は陪審制と
参審制の混合物に近いものであるにもかかわらず、新たな制度として審議
されたため、その元となっている陪審制と参審制の機能および適用領域など
がしっかりと踏まえられないまま制度設計が行われたように映る。
 法曹三者では、最高裁が、二〇〇〇年九月の時点で評決権なき参審制を
唱えていたが、その意見は改革審では採り入れられず、二〇〇一年に入って
から評決権ありの参審制を提唱するに至った。法務省も、二〇〇一年の時点
で参審制を肯定する見解を示し、最高裁をリードし同調する形になった。
 最高裁および法務省の見解の変更は、いわゆる主要紙のスクープの形で
初めて公表されており、それらの新聞は、結果的に、両者のスポークスマン
としての役割を果たしたことになった[6]。
一方、日弁連はほぼ一貫して陪審制導入を中心とする見解を示しており、
参審制のみを肯定する最高裁、法務省と対立する構図になっていた。

http://www.geocities.jp/judicialization/saibaninn001.html
http://homepage1.nifty.com/yk/newlaw/sihoukaikaku9906.htm

186十二人の怒れる名無しさん2009/04/16(木) 05:38:00ID:JVo0w5TT
★同法案に対して、吉野正芳氏(自由民主党)は、「これからは、競争原理
を導入して、事後監視型の社会をつくっていかなければならない。競争原理
によって活力を生む、これが日本病を治していく原動力になると私は思って
います。…まさに司法制度改革が、これから大きな、公平な土俵をつくって
いくためのルールづくりになる、司法制度改革こそがこれからの再生日本を
つくっていくことになるんだというところまで学ばせていただいたわけで
あります」と、賛成しています(「衆議院法務委員会」11月8日の会議録から)。

★ 同法案に対して、反対の立場をとったのは福島瑞穂氏(社民党)です。
同氏は「法科大学院連携法案第二条『法曹養成の基本理念』が、基本的人権
の尊重や法の支配ではなく、規制緩和路線の一環として位置付けられている
という点が極めて問題です。そもそも法曹養成の基本理念について大変疑問
のある法案となっております」と、将来についてかなりの危惧感を表明しま
した(「参議院法務委員会」11月28日の会議録から)。

★ 国民は「事後チェック・救済型社会」への転換を望んでいない。内閣は、
ロースクール設置の理由を「規制緩和」に求めました。しかし、「弁護士数
の増加」の要求は、私たちの社会の中から出たわけではありません。
98年の米国政府の日本政府に対する「要望書」からです。

★「司法改革」は、裁判所(裁判官)、法務省(検察官)、日弁連(弁護士)
が「当事者」でしたが、「同改革」は、私たちの慣れた社会、そのものの
仕組を変えました。すべて「自己責任」になりました。胴元の米国が
つくった市場に委ねる事態になっております。中坊氏は、ミッションが完了
すると、かつての仲間であった権力に叩かれて、舞台から去っていきました。

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/YU35.HTML

187十二人の怒れる名無しさん2009/04/16(木) 05:46:20ID:JVo0w5TT
>司法制度改革は、明確なルールと自己責任原則に貫かれた事後チェック
・救済型社会への転換に不可欠な、重要かつ緊急の課題であり、利用者で
ある国民の視点から、司法の基本的制度を抜本的に見直すという大改革です。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sihou/index.html

★国家的に言えば大昔から、個人的に言えば小さい時から「根回し」による
事前調整によって無用なトラブルを避けてきた日本人が国民的了解もなく、
いきなり「明日から事後調整型の社会にするから自己責任でやってくれ」
と言われても感覚的に出来るはずが無いし事後調整はどちらかと言えば
「後は野となれ山となれ」だから日本人には無責任と感じるような気がする。
国土や資源が豊富にある国(過去植民地も含め)の「失敗しても次があるから」
との考えと「失敗したら迷惑かける、次が無い」と思う小国とは根本的に違う。
違うのに良さそうな所だけ見て同じようにしようと云うのを「猿真似」と
いうのではないか?猿真似だけで済むのなら未だ良いが『相手』を利する事に
なる。
【 箸は省資源に反するし国際的にも合わないので日本人は明日から便利で
長持ちするフォークとナイフを使おう、使わない人は罰金だ。】
・・・なんて言われたら・・・

188十二人の怒れる名無しさん2009/04/17(金) 19:43:16ID:N19wO/eh
平和・自立・調和の日本をつくるために[69]
【緊急提言】麻生内閣のソマリア沖への海上自衛隊派遣は憲法違反で
ある。憲法違反の海上自衛隊派遣を阻止しなければならない

★「戦争は小銃の偶発から始めることができる。ところが、戦争を終結
させることは、経験豊かな国家指導者でさえ容易なことではない。
流血をとどめるのは、ただ理性だけである」(フルシチョフ)★

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C04986.HTML
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-1092.html

国内では最近、「裁判員制度」「テポドンの異常なお祭り騒ぎ」、
国外ではイラク、アフガン、ソマリア沖などの海外派兵、国益という
美名の基に急速に全体主義国家へと変わりつつ有る。
国益とは云うものの結局は海外の日本の大企業を守るためが殆どで
新自由(心中)主義において格差で貧乏人を増産し、その上自分達を
守らせるために貧乏人を徴兵(半志願)する時代が直ぐにやって来そう
だ。戦争をやらせようとする人達は「これから何処何処と戦争します」
なんていう事は言わず巧妙になし崩しに序々に巻き込んでいく
(巻き込まれて行く)
http://alternativereport1.seesaa.net/article/93305639.html

189十二人の怒れる名無しさん2009/04/21(火) 18:34:10ID:djf9XNQ5
全体主義そのものは悪いものではないし理想だな
現在進行中の変化は、専制主義国家への道だな
専制と言えば専制君主を思い浮かべるかも知れないが
今の世の中は世界的に資本専制主義化が急速に進行中だ
資本家専制主義なら資本家という人間が相手だから
交渉の余地もあるのだが、資本という無人格のものが
主人公だから交渉は不可能だ
無人格であってもスカイネットのようなシステムなら
攻撃・破壊することも出来るだろうが資本という概念だけで
その全体を表す実体が存在しないから攻撃も破壊も出来ない
多分資本を集積しようとする人の行動が続く限り
資本専制主義は消滅しないだろう
この資本専制主義を打倒出来るのは人全体による全体主義しかないだろう

190十二人の怒れる名無しさん2009/04/26(日) 15:38:06ID:RzZKYFXe
『裁判員制度はいらない』
http://no-saiban-in.org/index.html

●いよいよむき出しになった「裁判員制度」のねらい
 
「江東区バラバラ殺人事件」で、検察側は「被害感情」の立証として、
被害者の生前の姿とバラバラになった遺体をスライドやビデオ映像を執拗に流し、
傍聴席の遺族や被告人がパニック状態に陥る異様な法廷となりました
(検察は死刑を求刑。無期懲役の判決を不服として控訴)。
東京地検は「裁判員制度に向けてこの方法をますます進める」と言い切っています

191十二人の怒れる名無しさん2009/04/29(水) 05:16:11ID:eu3T9elP
国も本音は裁判員制度を止めたいんだ
との話も聞いた事があるんですが・・・

本当に進めたいのは何処の何方でしたっけ・・・?

192十二人の怒れる名無しさん2009/04/29(水) 05:33:06ID:Ynp35J9j
>>191
この大迷惑な裁判員制度の元凶はこれじゃないか?
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/saibanin/1231354127/

193十二人の怒れる名無しさん2009/05/03(日) 06:07:01ID:DcAG7tnO
【司法改革と三権分立】

◆それにしても、三権の一つである行政が他の三権の一つである司法につき
その改革の必要性を公言するのみならず、自らがその推進をすることは、
上記のように三権分立に反する違憲行為であると言うべきなのに、当の司法界
(裁判所、弁護士会)はもちろん法学者、マスコミからさしたる批判的、
啓蒙的意見が表明されないのは、一体どうしたことなのだろうか
(憲法違反だとする見解として「世界」2000年5月号85頁)。
司法改革が推進されるなら、その手順については目をつむろうと考えられて
いるのだろうか。もしそうだとすれば、余りに近視眼的であり、改めて権力
分立の由来を想起してみるべきであろう。
目的は手段を正当化するものではないし、われわれは、自らの人権保障の
仕組み擁護のため不断の努力をする義務を負っているはずではないか。

◆ このように、司法制度の改革は、内閣ではなく国会により行われるべき
であるが、現実の問題として、内閣が手を引くことは、今回は困難である
とすれば、国会が審議の場において、上記の原則を明確にしたうえで、
十分の審議を尽し、実践の道筋を示すべきであろう。
司革審の意見は、審議期間が限られたこともあって、拙速の感が否めない
のだから。
(2001年9月13日)
http://www.jlf.or.jp/jlfnews/vol11_2.shtml
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sihou/enkaku.html

★以前から警告してみえる方がみえました。
その国会で素通り・・・・・いいえ、必ず国会の責任においてストップ
させます。・・・・・・・・・・・・
なんて頼もしいニュースが伝わって来ないかなぁー。

194十二人の怒れる名無しさん2009/05/03(日) 20:53:03ID:/coczClP
今、改憲の動きを無理矢理自民党が起こそうとしていますが、
自民党が提示している憲法案では軍事法廷設置が唱えられており、
しかも自衛軍で構成された『裁判員』導入を昨年から企んでいることが
明らかになりました。

どうして、裁判員には多数の罰則や生涯に渡る守秘義務が設けられているのか・・・
不気味なほど説明がつきます。

裁判員制度は国民のための制度では無く軍事法廷の実験台に過ぎません!

空自が軍事法廷研究 改憲と連動 民間人処罰も視野
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-05-13/2008051301_01_0.html
>同裁判所は裁判員制度の導入を提言。職業裁判官一人に、
>自衛隊内から無作為に抽出した四人の隊員による裁判員で構成するとしています。

195十二人の怒れる名無しさん2009/05/03(日) 21:27:09ID:OSUh0cbm
成る程、そいで軍事法廷と掛け持ちは出来ないので自衛隊員は
今回の裁判員候補から除外されているってことなんですね。

クーデターでも起こされたら・・・・

196十二人の怒れる名無しさん2009/05/04(月) 12:06:09ID:4VVHlDYT
国民をPTSDにさせてキチガイ大国にするため

197十二人の怒れる名無しさん2009/05/08(金) 06:09:13ID:WZ0cErV2
★裁判員制度と徴兵制(上)
http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=1668

★裁判員制度と徴兵制(下)
> 「悪いことをした」人間なら「殺してもいい。死刑もやむなし」という
国民感情が法の下に醸成されれば、そのすぐ向こうに「悪いことをした国
なら攻撃をしてもいい。戦争もやむなし」という社会的・心理的な土壌が
育つ。これは相対的に命の価値を下げる思想である。
戦争行為へのハードルを下げる役目も果たす。

> 裁判員制度と同じような要領で、「平和維持制度」という擬似的な徴兵制
ができると仮定しよう。民主主義への国民参加は促進されるべきである。
そのとき政府はこう言うだろう。
「平和および平和維持軍に対する国民の理解と信頼の向上を図るため」と。
くじ引きでめでたく「国家を守る」幸運に恵まれる。
そして、辞退できないのである。             
http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=1670

198十二人の怒れる名無しさん2009/05/08(金) 06:20:20ID:WZ0cErV2

【裁判員制度】
>日本の刑事裁判の基本理念は、かつて世界に誇れる進歩的なものであった。
その思想は、20世紀を通じて、牧野英一の提唱した「教育刑主義」の理念
が法学者に受け継がれてきたが、1980年代末、中曽根政権あたりから
右傾化が始まり、戦前の強権主義へと向かう潮流が生まれたのである。
天皇制独裁復活・強国覇権主義を夢見る中曽根康弘政権によって反動傾向が
著しくなり、最高裁メンバーの人選も民主主義を軽視し国家統制主義を
重んじる国粋主義者ばかりが選ばれるようになった結果、徐々に民主主義・
教育刑主義の理念が浸食され、報復刑主義に取って代わられる反動的事態に
至っている。

以上の理由によって、裁判員制度の真の目的は、国家が国民から理性を
見失わせ、感情の奴隷となる愚民化を強要することにより、奴隷的飼育
管理に向かおうと意図したもの以外のなにものもないのである。

この30年の自民党政府による右傾化、格差社会化の施策の流れを見る
ならば、国民は自らのアタマで考えることなく、スポーツや芸能などの
遊技を上から与えられ、興じることで、政治に対する無関心を育成し、
経済格差を拡大して、国民に支配階級と被支配階級の決定的な対立を
持ち込んだ。
それらの最終的な仕上げとして、国民から理性を奪い、刑罰の恐怖に
よって馴致する制度を確立するために裁判員制度が設けられたと断言
してよいだろう。

http://www.tokaiama.com/yoti/diary/diary.cgi?no=249

199十二人の怒れる名無しさん2009/05/09(土) 19:50:08ID:MDMidGZw

「裁判員制度を根源から問い直す──後世に禍根を残さないために(上)」     
        
http://www.news-pj.net/npj/kimura/010.html

200十二人の怒れる名無しさん2009/05/11(月) 15:55:03ID:CJNiZC80
もうすぐXデーだ。

201十二人の怒れる名無しさん2009/05/13(水) 21:08:04ID:eafJBT0w
1.司法制度改悪の動きと現状

自民党司法制度特別調査会で基本的方向性を決められた司法制度改悪は、
「迅速化、効率化」の名のもとに、日本の司法制度を国家権力とブルジョアジー
(資本家階級)に奉仕するものへと転換する攻撃である。
政府は、出口の見えない大不況の中で拡大する労働者や市民の怒りを抑えつけ、
他の帝国主義国に対抗して新たな侵略戦争へと労働者・市民を動員していく
テコとして、司法制度を「国家の基本的インフラ」(特別調査会報告)、
「政治部門と並ぶ『公共性の空間』を支える柱」「行革、財政改革など
『この国のかたち』の再構築に関わる一連の諸改革の『最後のかなめ』」
(司法制度改革審議会意見書)と位置づけ、「その成功なくして21世紀社会
の展望を開くことは困難」(同)と危機感をむき出しにして攻撃を強めている。
それは、「自己責任の原則に貫かれた事後監視・救済型の社会への転換」と
称して、

◆◆建て前ではあれ市民の権利擁護機関としてあった司法の役割を全面否定し、
司法を、名実ともに歯止めなき支配と搾取を支える機関、労働者・市民に
対する抑圧機関、動員機関へと転換していくのである。◆◆  

(つづく)

202十二人の怒れる名無しさん2009/05/13(水) 21:12:37ID:eafJBT0w

司法制度改革推進の背景には、日本の刑事司法に対する国際的批判の
高まりと特許権などをめぐる国際的紛争、企業間紛争の増大の中で
日本の国益を守る司法、使いやすい司法を求めるブルジョアジーの
意向があるが、現実の司法改悪では、後者のみが追求されている。
とりわけ、

◆◆刑事手続の改悪の中で特徴的なことは、国際的に問題とされた
被疑者、被告人、受刑者の人権の問題がまったく無視され、逆に
否定されていることである。そもそも、一連の報告の中に被疑者・
被告人の権利という概念は、言葉としてもあげられていない。
無実であろうと否とを問わず、被疑者・被告人に、迅速かつ効率的に
刑を宣告し、執行することのみが目指されているのである。◆◆

http://www.jca.apc.org/kokubai/natugassyuku03.htm

203十二人の怒れる名無しさん2009/05/14(木) 16:26:52ID:o6580AxK
2、3日前の読売新聞で読んだんだが、裁判員制度を導入したのは自民党なんだな。
自民党の法務官僚上がりか裁判官上がりの議員が法案を出して強行採決したんだろう。
国民に裁判に文句を言うならお前らがやったらどうなるかわからせてやるという
発想で実現した制度で、国民のための制度でないのは明らか。

204十二人の怒れる名無しさん2009/05/14(木) 20:25:17ID:tLGuBC7J
裁判員制度が広まれば、犯罪は低下すると思う
国民全員が悪を裁く立場にあるという自覚が生まれるからだ

205十二人の怒れる名無しさん2009/05/14(木) 21:02:09ID:pbIbkBRU

《戦前の強権主義へ》

> 日本の刑事裁判の基本理念は、かつて世界に誇れる進歩的なものであった。
その思想は、20世紀を通じて、牧野英一の提唱した「教育刑主義」の理念が
法学者に受け継がれてきたが、1980年代末、中曽根政権あたりから右傾化
が始まり、戦前の強権主義へと向かう潮流が生まれたのである(既出)
http://www.tokaiama.com/yoti/diary/diary.cgi?no=249

★何か難しく書いてあるが要するに戦前の帝国主義の復活を夢見て覇権を
握ろうとする政治家、大企業の人々が居るということではないか。
これらの為政者がその思想のもとに作ってきた色々な強権的な要素を持つ
法律を見直し間違いがあれば改めるか廃止する必要があると思う。
そしてこの「裁判員制度」も含めこれからネット規制、共謀罪の復活、
憲法改悪等々が待ち構えている。
完成させ権力者、大企業の思い通りに成るかどうかは私たち国民の健全な
政治意識の中に有るように思う。

http://kihachin.net/klog/archives/2008/06/netkisei.html

206十二人の怒れる名無しさん2009/05/14(木) 23:58:49ID:jugEqRvw
そもそもこの裁判員法は公明党創価学会が提唱したもの。
民衆が裁判に参加すれば死刑が減ると勘違いしている模様。

事実、裁判員広報の中には創価学会員が入り込んでいる。
裁判員広報ビデオの漫才コンビ「ナイツ」の出身校や経歴を調べてみろ。
バリバリの創価学会の広告塔だぞ。

ナイツが語る「これが裁判員制度なのだ!」
http://www.youtube.com/watch?v=dOG9eSRPyoQ

↓彼らの正体

ナイツによる公明党創価学会広報ビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=NMUUwpowhv4

207十二人の怒れる名無しさん2009/05/15(金) 05:06:14ID:+lePfFew
>>205
要するに真面目で「カイカク」等、ワンフレーズの言葉に酔いやすい
国民性を利用し「市民のため」「市民に開かれた」との言葉で裁判所
へ動員し将来の最終目標のため地ならしする、と云うことですね。


カイカク! → 市民に開かれた、市民のため → 国民のため 

→→(知らぬ間に)→→→ 【国家のため!!!】   

208十二人の怒れる名無しさん2009/05/15(金) 05:59:46ID:KgTOX1mI

209十二人の怒れる名無しさん2009/05/15(金) 14:22:34ID:8MNRK6fQ
参加したら裁判官並みのギャラくれるん?

210十二人の怒れる名無しさん2009/05/16(土) 03:45:23ID:vpRRzQ0Z
アメリカで裁判員になった人間のトラウマが、常態化してきている。
残虐な殺害遺体写真と、当時の再現、証言。しかも、外部には一切話せない。特に若い女性は鬱を発症する。
これはわかっていて意図的になされている。この裏には、製薬会社と政府のズブズブの関係がある。
年々増加する精神障害と、製薬会社の利益は一致する。常に薬がなければ、精神が保てないという誘導を、精神科医が誘導する。
一度精神科医にかかると、死ぬまで薬漬けだ。自分で騙されていると気がつくまでは

211ケンメン調書2009/05/16(土) 09:50:11ID:cx1VlluO
刑事訴訟法321条1項2号―特信情況
? 検察官面前調書(同条1項2号)
検察官の面前における供述を録取した書面は、次の各場合に証拠能力が認められる。
「2号書面」、「検察官調書」、「検面調書」とも呼ばれる。特に、後段の規定により、
証人が公判で捜査段階と異なる供述をした場合に、
検察官が捜査段階の検察官調書を提出することができることは、実務上重要な意味を持つ。
1. 供述者の死亡・心身故障・所在不明・国外滞在により、公判期日・公判準備期日に供述できないとき(同号前段)。列挙されている事由は例示列挙であると解され、
一般的に供述不能の場合を含むと考えられている。例えば、被告人の近親者が供述拒否権(147条)を行使した場合は法律上の供述不能にあたる。
2. 供述者が公判期日・公判準備期日に、前の供述と相反するか、若しくは実質的に異なった供述をしたが(実質的相反供述)、前の供述を”信用すべき特別の情況”
(特信情況)のある場合(同号後段)。
実質的相反供述とは、異なった事実認定を導くおそれのある供述をいう。「前の供述を信用すべき特別の情況」とは、検察官の面前における供述に信用性の
情況的保障があるというということでもよいし、逆に公判廷での供述に信用性を疑わせる情況があるということでもよい。実務上問題になることが多いのは後者である。
>>>
つまり、検事面前調書は、裁判官の有罪の自動販売機と言うことだ。

212十二人の怒れる名無しさん2009/05/17(日) 08:24:26ID:q9CHsTms
Q1 全司法大運動って何?

A1 全司法が毎年とりくんでいるもので、“裁判所をもっと当事者や国民に
開かれた、利用しやすいものにしよう”という運動です。そうした「国民の
ための裁判所」 を実現していくためには様々な課題がありますが、まず何よりも
「裁判所の人的 ・物的充実」、つまり繁忙な職場には職員を増員して、当事者にも
ていねいな対応ができるようにすることや、法廷や和解室等の施設も充実させる
ことが不可欠です。
そのために全司法では、国会において、裁判所の人的・物的な充実を求める
請 願の採択を目的とした署名行動をとりくんできており、これが全司法大運動
の大きな柱となっています。全司法大運動は今年度で10年目を迎えますが、
過去9 年連続で衆参両院での全会一致による請願の採択を実現しています

http://www.zenshiho.net/undo/02.html

★もう直ぐ「招かざる客」である裁判員がお邪魔致しますのでお手柔らかに
お願い致します。
無駄といえば今の欠陥裁判員制度そのものが無駄なのではないですか?
その予算分、裁判所の人的・物的な充実に使用し目標どおりに進めば
かなり改善出来国民に望む開かれた司法に一歩近づくものと思われます。
(ただ大事なのは物より心)

213十二人の怒れる名無しさん 2009/05/17(日) 12:02:16ID:LyCOQU6F
皆さん法律的な観点から話されている方ばかりなので、全く別の観点
から書き込みます。
極端だと言われるのは承知ですが、これは国民へ徴兵の義務が課せら
れる、前段階じゃないでしょうか?
国家が何も落度のない国民たちを国家の都合で呼びつけるということ。
全く関係のない分野から、それを徐々に慣らさせようという意図が見
えかくれしていると感じるのは私だけでしょうか。
なにやかやと裁判員として裁判に参加することを拒むことの出来る人
たちも、国家に例外として認められてはいますが、基本的には、裁判
員制度は拒否不可なわけですから。
同じように、例外はあっても基本は強制参加な徴兵制度を作ろうと、
政治家や官僚たちが考えたとき、いきなり国民に対して、お隣韓国の
ように一兵士として出頭して下さい、なんて言っても反発必至です。
(徴兵制度そのものの成立に対しても同じですが)
裁判員としての出頭ですら国民には受け入れがたいものだというのに、
徴兵なんて…となるのは確実です。今回の件では、どの程度そういった
反発が出るのかをじかに確認しようとする政治家たちも、ひそかにい
たりするかもしれません。
穿ちすぎなのでしょうが、私には、そういう考え方をする政治家がいて
もおかしくないと思っています。
因みに私自身は、法律関係者でも左翼関係者でもありません。
ただの民間企業のOLです。ただ、国にいいように利用されるのを拒む
大多数の国民のうちのひとりです。

214十二人の怒れる名無しさん2009/05/17(日) 13:26:14ID:qMSjkvxH
>>213

西野喜一氏(『裁判員制度の正体』講談社現代新書、2007)が同じことを言っているね。

215十二人の怒れる名無しさん2009/05/17(日) 14:08:01ID:N9RWyvPP
国の目的は、精神病理者を増やすこと。
組織員を法律から守ること。
この二点

216十二人の怒れる名無しさん2009/05/17(日) 14:24:36ID:Y/qez4kE
国の冤罪に因る国家賠償訴訟法の回避

217十二人の怒れる名無しさん2009/05/17(日) 21:00:55ID:lZTvK6RM
裁判員制度と徴兵制 (4件)

>さらに、裁判員制度は国家主義、全体主義的思想を醸成する。
どんな指示があっても、個人のことより国家の目的が優先される。
国民は国家に協力する。国家が命じ、鉄砲担いで戦場に行け、
ということと同じ。すでに報道規制が現実化し、マスコミは広報の
役割を担い、御用報道一色になっている」

http://www.news.janjan.jp/living/0809/0809157240/1.php
http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=1670
http://okigunnji.com/cat18/200/post_231.html
http://www.tokaiama.com/yoti/diary/diary.cgi?no=249

218十二人の怒れる名無しさん2009/05/20(水) 06:22:18ID:ieodS90H

明日制度が施行となれば権力者、大企業、マスゴミ、カルトなどは自信を
倍増するだろう。これからも権力と国民の税金であるカネを使いまくり
国民を苦しめる法律の増産体制にはいるのではないか。
何しろ国民の8割が反対する悪法を翼賛体制で大きな反対運動も無く見事
騙し運用させてしまったのだから・・・もう怖いものは無い。
憲法改正、形を変えた治安維持法、徴兵制等々司法で言えば死刑廃止なんて
同じ方式でやれば簡単、あっと云う間に成立だ。
準大日本帝国の再来もそんなに遠いことではないかもしれない。
お金のある人は何処か平和でまともな国へ移住した方が良さそうだ。

(政権が変われば少しの間は良いかもしれないが権力を持つと色々な
欲望を持った人が手を変え品を変え擦り寄り結局は同じような体質に
なってしまうもの)

219十二人の怒れる名無しさん2009/05/20(水) 07:27:01ID:NE0UKSaN
裁判員制度に反対する者は竹崎博允を不信任にせよ!

◆この愚劣な制度を廃止させるには、衆院選挙といっしょに実施される
国民審査で竹崎博允を罷免するのが、いちばん手っ取り早いと思う。

国民審査では、竹崎博允に必ず×を!!

 竹崎氏は岡山市出身で、東大卒。最高裁の経理局長や事務総長、
 名古屋高裁長官などを歴任し、07年2月から東京高裁長官を
 務めていた。事務総長の時、裁判員制度の制度設計に大きく
 かかわった。

http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008112501000882.html

220十二人の怒れる名無しさん2009/05/20(水) 07:51:41ID:ieodS90H
>218
これからも権力と国民の

これからも権力は国民の

221十二人の怒れる名無しさん2009/05/20(水) 22:33:16ID:x3LVjjgf
日本人には自覚はないけど裁判員(陪審員)制度がある国からすると
無い国は非民主的な後進国に思えるらしい

222十二人の怒れる名無しさん2009/05/21(木) 12:08:26ID:T2c2jB6L
はいはい推進派工作員乙

223十二人の怒れる名無しさん2009/05/21(木) 12:12:42ID:36TJ+O1v
第一回の裁判員は有名人になるな

224十二人の怒れる名無しさん2009/05/21(木) 12:19:19ID:mda0t4h7
国民の従順さ検定のはじまりはじまり〜

225十二人の怒れる名無しさん2009/05/21(木) 21:37:37ID:mfShPIuP
そろそろ武装して公務員どもと戦う時代なのかなぁ
頭を武装放棄から武装蜂起に切替えないと
国家に食いものにされてしまう

226十二人の怒れる名無しさん2009/05/21(木) 22:38:51ID:/kKFUyvX
>>1

さあ!!!裁判員になれたらドンドン死刑連発だぜ!!!裁判員拒否する奴も別件でパクって!社会の大掃除!!!

227十二人の怒れる名無しさん2009/05/22(金) 02:11:03ID:Hl2CXPmD
私の見立てですが。
裁判員制度は要するにアメリカの年次改革要望書の一貫と言えなくはないですよね。
これと派遣労働拡大が両輪だと睨んでいます。
ゆくゆくは弁護士も派遣にして、米並の訴訟社会到来みたいな。
単に弁護士増員だけでは弱いから目眩ましに
刑事に裁判員を導入しましょうよ〜と。

228十二人の怒れる名無しさん2009/05/22(金) 04:28:51ID:jwxRum6X
弁護士はもともとフリーランスだから
派遣みたいなものじゃん
企業内弁護士は別だが

229十二人の怒れる名無しさん2009/05/22(金) 04:34:33ID:jwxRum6X
確かにアメリカ並みの訴訟社会にして
高コストな負担が日常化することで、国際競争力、ひいては経済力自体を疲弊させる目的はあるだろう

些細な揉め事にまで訴訟が絡めば、社会全体が信頼と寛容で成り立たなくなるからな
そうすれば金と精神的ストレスが異様にかかるようになる
これは相当な目に見えないコストだよ

230十二人の怒れる名無しさん2009/05/22(金) 09:24:54ID:eYt8geoc
実際は死刑減るだろ

231十二人の怒れる名無しさん2009/05/25(月) 05:49:37ID:uD2XKryB

●判決のばらつきが被害者参加で増幅される恐れ

232十二人の怒れる名無しさん2009/05/26(火) 05:25:11ID:3SK3BU34
裁判なんて頭のキレる奴等だけでやればいい。
俺筆頭に頭の悪い高卒以下は除外すべきだ。

裁判員の条件:
@短大卒以上又は頭のキレる高卒
A一般常識の有る方
B声がごもらない方
C独身

※以上4つの条件全てを満たしている方のみ強制的に裁判員候補となる。

233十二人の怒れる名無しさん2009/06/02(火) 21:30:53ID:mNWEqE/2
単に判事と法務省の責任・批判回避狙いなだけじゃね?
特に死刑とか批判されたら、自分は無期懲役って主張しましたとかいうつもりなだけじゃね?
まあ、アメリカ人どもに言われたからってのはあるかもね。

>225さん
武装放棄から武装蜂起
こりゃまた玄妙な言い回しで。あなたは落語家にでもなってくださいまし

234十二人の怒れる名無しさん2009/06/04(木) 06:36:29ID:0Y/zdtmT
弁護士の力量や事実認定で量刑が異なってくることが判らない奴らが
やれ東京裁判の判決は不当だ、なんだと騒ぐから出来た制度だな。
裁判に参加させりゃ、少しは学習すんだろが狙い。

235十二人の怒れる名無しさん2009/06/04(木) 18:17:00ID:E2shtzAF
裁判員制度で冤罪を防ぐことが出来るのですか?

236十二人の怒れる名無しさん2009/06/07(日) 15:08:55ID:iz8Y0Q4e
裁判員制度は、責任の一端を国民におしつけるためにあります

冤罪がおきにくくなるとかではなくて、冤罪がおきたときのための予防策です

今回の足利事件も、裁判員裁判だったら、最初の一、二審の裁判官はここまで叩かれなかったでしょう(それでも池本は叩かれたでしょうが)

237十二人の怒れる名無しさん2009/06/07(日) 17:45:16ID:s5Reac7T
裁判官って人の人生を破滅させてる自覚はないの?
判断って何?証拠がなかったら無罪にすべきじゃないの?
現在日本の有罪率 99.7%で世界1位。
証拠もない相手を警察や検察が拷問で自白させて
裁判官は証拠もないのに有罪判決を下しています。
日本の警察や司法には一片の信頼もありません。

238十二人の怒れる名無しさん2009/06/10(水) 18:05:32ID:0bCwO7hn
責任逃れ(国民への責任押し付け)それだけ

239十二人の怒れる名無しさん2009/06/13(土) 11:00:54ID:erjnMrq5
広く国民の参加できる裁判。
しかし、判決に関して、事件に関しての情報は今までとは違う。個人が口外しない前提であるため、国民全体にはむしろ隠蔽。
これこそが目的

240十二人の怒れる名無しさん2009/06/15(月) 16:40:49ID:zfBdgdG0
裁判員制度に賛成の奴らはなぜか外国人参政権には反対なんだよな
裁判に参加する権利は主張するのに参政する権利を拡大することは嫌う
自分には権利をよこせと言うのに他人には権利を与えるなというのは難しいだろ

241十二人の怒れる名無しさん2009/06/25(木) 02:11:32ID:Gpd0TZRi
一審の短縮化。

242十二人の怒れる名無しさん2009/06/25(木) 11:49:41ID:3yER0m6Z
>>235
冤罪が発生したら、その時のメンバーを逮捕してまた裁判

243十二人の怒れる名無しさん2009/06/25(木) 11:51:02ID:3yER0m6Z
>>238
PTSDによる精神科医繁盛と薬屋ボロ儲けもプラスして

244十二人の怒れる名無しさん2009/07/07(火) 12:19:52ID:hQ6YEJf8
裁判員制度は裁判官を守る制度だ、 [裁判員はガ−ドマン]。

245十二人の怒れる名無しさん2009/07/07(火) 15:39:28ID:5zyXl8mx
http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/k1/1246593116/

8jYIBabw0.ht1XQ2OC0.Yd0M5ppR0.iYR1P5Vc0.pU8JvtqH0.fHXpd/2r0.aEcFrSks0
aCouHK/L0.ivRgCcSW0.lBc+HHz00.2/8Y8fGrO.+0N4alpX0.498/lXi+0.Z8A9Ebcl0
ij2oDYzO0.DU+bIpSR0.zSlGoiru0.i9Is2jHf0.nrnJmJ/z0
↑これだけのIDを持った2ちゃんに命を懸けてるヘタレブタニートw

まさに驚愕のキチガイヘタレブタニートだねw

http://a.pic.to/wu0lk
http://o.pic.to/12hlyz
http://d.pic.to/x02vu
http://l.pic.to/txyhx

246十二人の怒れる名無しさん2009/07/08(水) 11:53:05ID:Wd91myX7

■大阪講演会「創価学会」
http://datal3.sevenload.com/data64.sevenload.com/slcom_2/tv/gy/fimjgge/xszpifbcimlg.flv
■学習会「在日裏社会」
http://datal3.sevenload.com/data64.sevenload.com/slcom_1/zd/xo/lmpkgge/rsrjddcekmlg.flv
■創価の集スト妄想患者 → 在特会・新風 → 統一協会の奴隷化
http://datal3.sevenload.com/data51.sevenload.com/slcom_2/ev/ry/nqjccfe/cmgwpmnqpiig.flv
■ヤメカルト2「統一協会」
http://datal3.sevenload.com/data64.sevenload.com/slcom_1/sz/vb/jkehife/rbigmonhknjg.flv
■学習会「児玉誉士夫」
http://datal3.sevenload.com/data83.sevenload.com/slcom_2/sz/vb/jkehife/rbigmonhknjg.flv
■東京講演会 「郵政民営化と年次改革要望書」
http://datal3.sevenload.com/data64.sevenload.com/slcom_1/yc/wm/jehplge/vfuwohijkomg.flv
FLV再生ソフト(無料)
http://youtube.orz-jp.com/2009/02/flvflvp201.html
Media Player Classic Homecinema(Vista対応マルチプレイヤー無料)
http://mikasaphp.net/mpchmc.html









247十二人の怒れる名無しさん2009/07/09(木) 13:31:50ID:I4VKe0SP
責任逃れはもちろん、官僚の、最終的に裁判員制度を廃止したい目論見もあると思う。
・誰が政治家になろうと、官僚は圧力かけて官僚に都合良い法律を作らせられる。
・民事裁判に関わるような法律は結構民衆の反対が多いのだが、力で押し切っている。
・つまり裁判員制度が民事裁判にまで適用されると困る。
重い刑事事件のプレッシャーで民衆は音を上げるだろうから、
ほらやっぱり裁判員制度はない方がいいんだよ、という世論を作れる。
裁判員制度は刑事裁判でなく民事裁判にすべき。まず筋が通っているし、色々な意味でね。
まあ当面は、法律制定は民衆が選んだ者、その法律による裁きも民衆の決定、
すなわち表向きの国の責任を一切消して、官僚裏支配を強化したい狙いが明確。

248十二人の怒れる名無しさん2009/07/10(金) 19:58:05ID:dRux6LWh
反日韓国人撃退マニュアル
http://yy54.60.kg/test/read.cgi/otoshidama/1238896795/

249十二人の怒れる名無しさん2009/07/12(日) 15:24:40ID:L3A7pKcp
【科学】道路に軍手が落ちているワケ、名城大研究チームが突き止める[09/07/11]

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/hidari/1225537555/

250十二人の怒れる名無しさん2009/07/23(木) 21:16:07ID:Zh1eSmfp

■裁判員制度は裁判の死だ
>そもそも現在推進されている「司法改革」なるものは、その登場の経緯が
ものがたっているように、帝国主義列強の弱肉強食の争闘にのぞむ財界の
強力な要請を奇貨とするものでした。戦争と大失業の時代における人民の
抵抗と反乱への恐怖と危機感をつのらせる支配階級、4名の死刑囚の再審
無罪に示される日本の刑事裁判の実態の露呈に危機感を抱く国家権力、
御用学者が結託して「司法改革」の名をもってあたかも司法の現状が
変えられることによって少しでも改善・改革されるかのような幻想を
ふりまきながら、あわよくば「良心派」もとりこんで一気に戦時司法への
転換を成し遂げてしまおうと狙ったのが「司法改革」にほかならないのです。
その証拠に、司法制度改革審議会(司法審)意見書ではえん罪の根絶と
基本的人権の確立・強化にむけた反省も決意もかけらすら目にすることが
できません。眼目は「(国民は)統治客体から統治主体へ意識の転換をせよ」、
つまり「実体として社会の主人公になるのではなく意識だけ統治者と一体に
なれ」ということであり、個の主体性は捨て去り下僕根性・奴隷根性の塊と
なって「お上に仕えろ」とあからさまに要求しています

無実の富山さんの再審無罪をかちとる会から
http://www4.ocn.ne.jp/~tomiyama/news/n2002/n163.htm
http://www4.ocn.ne.jp/~tomiyama/index.htm

ここにも長い期間冤罪で苦しんでる方がみえます。

251十二人の怒れる名無しさん2009/07/24(金) 06:20:01ID:CO3Vhwro
日本の司法の制度は、もともとはヒドイ物ではないんだけれど、現場が
すべてを腐らせている。
冤罪を奨励する警察、それに加担する検察、そんなバカがデッチ上げたものを
『暖かく』見守り、唯々諾々とマトモにチェックすらしないサイバンカン。
税金で給料をもらっているだけの無能サラリーマンどもが日本の司法を
殺している。

252十二人の怒れる名無しさん2009/07/24(金) 12:04:33ID:pwjORxRK
>244
ただし使い捨てで、この世からいなくなる

253十二人の怒れる名無しさん2009/07/26(日) 07:32:59ID:hQFW4IaE
現実社会ではこういう裏犯罪女が世渡り上手な話

682 名前:傍聴席@名無しさんでいっぱい :2009/07/22(水) 06:11:28 ID:

318 :マジレスさん:2007/07/15(日) 12:41:19 ID:

会社の人がもう閉鎖されている掲示板に社内から書き込んだ写しです。
下の方には男の人の名前や住所などの履歴書のような個人情報と画像までありました。
非常に嫌悪感をいだきました。醜い内容です。私一人でこの秘密を抱え込むのは
心苦しいのでこの写しをのせることにしました。
写し
職場に何か気に入らない男がいました。
私と不倫相手と仲間で社内いじめを徹底的にしてやりました。
偶然その男に社内での不倫現場を見られてしまいました。
その後不倫相手は退職してしまいました。きっとこの男のせいです。
仲間と相談して、私がこの男からセクハラを受けていると嘘の申告をしました。
私が泣いて演技しただけで皆信じてくれました。
上司も協力してくれて、知り合いの医師に、この男を統合失調症の診断をしてくれるようにしてくれました。
上司と医者がこの男に脅迫までしてくれて、ようやく冤罪をかぶせることに成功することができました。
念のため、この男の中傷を広めました。この男は泣き寝入りで退職してくれました。
自殺させられなかったのが、残念ですが、私たちのしたことは、もう時効ですよね。
ばれなければいいんでしょ。
写し
まだ死んでなかったの?
こっちには仲間がいっぱいいるのよ あんたは一人
警察に逮捕させちゃうよ 
あんたの言うことなんか誰も信じないよ〜ぅぅぅぅぅ
また病院送りにしてやるわよ!
統合失調症とお〜ぉぉぉぉっ みんなが 認めちゃってるう〜ぅぅぅぅぅ
死ぬまで続けるからね!死ね死ね死ねぇぇぇぇぇ

254十二人の怒れる名無しさん2009/07/27(月) 22:56:30ID:U7INilZa
現憲法には無い、国民徴用を義務として既成事実化し、次の憲法改正で正式に義務化する気だろ。
そしてその徴用には、徴兵が含まれるとし、徴兵制をなし崩し的に実行する気だろ。

255十二人の怒れる名無しさん2009/08/01(土) 22:00:22ID:4pyhIEbx
著者 雨宮惜秋 ■恐怖の裁判員制度■ より 
                    
>雨宮惜秋は「裁判員制度」が、司法の問題を超えた日本という国家のこれから
を左右しかねない深刻なことがらであることを、私たちに訴えようとして、
この「小説 恐怖の裁判員制度」を書いた。たしかに、最高裁判所のホームページ
や広報などにおいて、「裁判員制度」は日本の裁判制度をより理想的な形にして
ゆくための最善のシステムであることを強調している。
しかし、それらの情報が、果たして本当に「裁判員制度」のすべてを詳細かつ
フェアに報じているのかどうか。残念ながら「否」と言わざるを得ない。
作者・雨宮惜秋はその事実に、憤りを感じ、この「小説恐怖の裁判員制度」
を世に問うことを決意したのだ。「裁判員制度」がどういうものなのか、
私たちは正確に知らされているだろうか。おそらく、きちんとした説明も
受けず、理解、消化もせずに、テレビや雑誌、新聞などの情報によって
「仕方ないけれど、まあ参加するか」という、まるで他人事のような感覚で、
ことの重大さにはほとんど無頓着な様子で受け止めている--というのが現実
であろう。実は、「裁判員制度」が戦前の赤紙と同じように「国家の命令は
絶対的」というファシズムの時代への序章であることを、おそらく多くの人は
知らないであろう。
http://www.turu-syoin.com/books/9784434120695.html

256十二人の怒れる名無しさん2009/08/02(日) 10:28:55ID:ouRTHoQI
アメリカが日米安保条約を見直そうと言ってる模様。

257名無しさん2009/08/02(日) 10:42:32ID:X5t1mAHU
218番さん、ぼくもあんたの意見に同感する。
ぼくからは「国会・内閣・裁判に宗教団体または信者を介入してはいけないと
書いた法律を早急に作れ!」といわざるを得ない・・

258257の書き直し2009/08/02(日) 10:46:22ID:X5t1mAHU
218番さん、ぼくもあんたの意見に同感する。
ぼくからは「国会・内閣・裁判そして政党に宗教団体または信者を介入しては
いけないと書いた法律を早急に作れ!」といわざるを得ない・・

259僕の細道 2009/08/04(火) 23:01:37ID:RTGBcUqw
裁判に宗教団体がからむとヤバいな。

260十二人の怒れる名無しさん2009/08/04(火) 23:43:49ID:X0QZezr1
あれ、こんなスレがあったんだ。
もうスレに書いてあったんだけど
オウム事件の裁判が長かったとはいえ
なんで裁判員制度が始まったのかと
思ってたけど
アメリカからの圧力なのかね??
裁判員制度がもっと広まれば
企業が訴えられて日本の企業が大ダメージとかあり得るし
うーん考え過ぎ?
それともそうならないように
重大刑事事件のみ裁判員制度にしてるのかな・・・??
これは考え過ぎですか?

261十二人の怒れる名無しさん2009/08/05(水) 00:00:47ID:Xf2i+pWb
マジレスすると
>>1の言ってることは違うと思う。
ニュースで言ってることや、裁判員法に書かれてることも違うと思う。

裁判はもともと被告人の量刑をきめるためにあるんでしょ?
で、それが出来るのは刑罰権を持つ国家だけなんでしょ?
だったらその権力が濫用されてないかどうかを国民が監視する仕組みが必要になる。
それが裁判員制度。
というのが自分の考え

262十二人の怒れる名無しさん2009/08/05(水) 05:29:11ID:VP504i8t
はあ?なんで国民がそんなこと強制されなきゃいけねえんだよ
裁判官が襟ただせばすむことだろがボケ

263十二人の怒れる名無しさん2009/08/05(水) 05:37:37ID:k87lrCs2
>>261
>だったらその権力が濫用されてないかどうかを国民が監視する仕組みが必要になる。

そういう仕組みは必要だが、残念ながら裁判員制度は全く違う。

264十二人の怒れる名無しさん2009/08/05(水) 05:43:22ID:VP504i8t
国民が監視してどうすんだよボケ
んなグダグダな仕切りを国民に押し付けんな
脳わいてんじゃねえのかテメエ

265十二人の怒れる名無しさん2009/08/06(木) 06:51:14ID:+wem8Gja
>>261
裁判員制度は一般国民が国家権力側に都合よく利用される制度、
サッと国のPRを見ただけだと騙されそうになるが掘り下げて聞いたり
調べたりしているとよくも厚かましくこれだけ国民を愚弄した制度作った、
と感じると思う。

266十二人の怒れる名無しさん2009/08/06(木) 15:40:43ID:052/A087
重大事件について裁判員制度を適用すると言っているけど、今回の事件って重大事件なの?

単なる近隣住民トラブルで、さほど大きな問題をはらむとも思えなかったのだが。
まあ、いろんなタイプの事件でサンプル的に裁判員制度を適用して、
一般国民の意識を裁判官に知らせるという意味でサンプル適用なのなら
わからなくもないが。押尾事件なんかは、裁判員制度にしたら面白そう。

267十二人の怒れる名無しさん2009/08/06(木) 17:09:50ID:RRYthfDv
>>266

殺人だから十分、重大事件な気がするんだが…
人殺しても、全然重大じゃないって感覚の方がよくわからん><

268十二人の怒れる名無しさん2009/08/06(木) 18:34:42ID:YjtyVmZB
男性差別
日本人に対する逆差別です

2692612009/08/06(木) 23:20:51ID:9f6KV8h3
なんか書いてみたらみんな食い付いててワロタwww

自分は>>261に書いたような意見をもってるし、>>265にも賛成って感じ。
日本の裁判員制度は国民じゃなくて上が作ったものだから目的がはっきりしないけど、
本来あるべき姿は>>261のようなもんだと信じたいよ。
あと裁判員法やニュースでは「国民が司法に参加を〜・・」って言ってるけど、
その言い方に違和感を覚えるんだよね。
まるで今までの司法が未完成だったのは国民のせいだったみたいな言い方で。
国家はこれまでどうだったのかと問いたい。

270十二人の怒れる名無しさん2009/08/08(土) 12:09:59ID:n4H8H+Ri
「冤罪」を納得させる事
判決を下したのは、選ばれた裁判員自身、
裁判所には何の責任も無い、と言う
日本独自の、責任所在のウヤムヤが目的

この国の制度を俯瞰してみれば分かるが、
責任所在の分散こそが重要

271十二人の怒れる名無しさん2009/08/08(土) 20:34:56ID:l5vGV6aL

@ 国は国民に「統治客体」から「統治主体」の変革を強要し゛自己責任で
生きろ゛と云う
A しからばと「統治主体」になり自己責任で三権の不備に意見を云おと
すると「お前らは文句言わずに国に従え」と脅すか無視する。
B 一体どちらが本当なんですか?
C 国の要求は、ある時は「統治主体」になりある時は「統治客体」になる。
D つまり国が都合よく国民を利用したい時は「統治主体」、国民に云うこと
聞かせたい時は「統治客体」・・・・
E 裁判員制度で云えば今の時点は「客体」で云う事を聞け、の段階で
安定してくれば(ならないだろうが・・)首にクサリを付け「主体」になれ、
と云うこと。
F では自分達は「統治主体」であるかと云えば豚でもで精々「統治軟体」
くらいである。(落ちなかった?)

272十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 05:38:24ID:glNge8l9


      裁判員達の写真が新聞に載った。

      そんな事が許されるの?



273十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 15:17:27ID:6hDAPOsa
麻生太郎内閣の森英介法務大臣 状況証拠のみで死刑執行!
確・実・に 冤罪
TVで見て,インターネットで事件を検索
何とも云えない。
http://www.youtube.com/watch?v=UhiObodkCQ8

http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/iidukajikenn.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%A1%9A%E4%BA%8B%E4%BB%B6

274十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 15:51:12ID:Pe8XitLu
DNA捜査の予算欲しさに2人の冤罪事件で犯人にした科警研。

そして、足利事件の再鑑定がされた頃にすぐ久万さんの死刑が強引に決定
され、任期から1ヵ月しか経ってない森法務がそれを許可し、ついに執行
されてしまった・・・そして当時の裁判官など11人はその事実を黙殺し、
現在もまだその人たちが裁判をしているという恐ろしい事実。

まず、裁判員制度をやる前にこういう人たちを辞めさせるべきだと思う
のだが、既に警察官も官僚も腐敗してるからどうしようもないね..orz

久万さんには本当に気の毒というか、この人たちに殺されたんだと思う
と、とてもじゃないけどこんな制度は御免だね、たとえそれで殺されて
も・・・。

275十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 19:27:02ID:dVUt/klv
冤罪を黙殺している人たち

福岡地裁第二刑事部1999年9月29日判決
陶山博生、重富朗、柴田寿宏

福岡高裁第二刑事部2001年10月10日判決
小出ロ一、駒谷孝雄、松藤和博

最高裁第二小法廷2006年9月8日判決
滝井繁男、津野修、今井功、中川了滋、古田佑紀

この人たちを野放しにすることは「今後の冤罪も封殺される可能性」
があることを多くの裁判員は知っておくべき(又は知らせるべき)
だと思う。

276十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 20:21:45ID:p2Zif9YV
ttp://www.a-kitazume.comが冤罪だと叫び!
8月5日に東京高裁が逃げ切れなくなった為に!
無罪にしたが!
冤罪者が声を上げられなく!
する為である。

277十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 20:38:17ID:I8KFcA9B
司法は間違い無い!と国民に訴える手段!
検事や判事は六法全書を枕に育った人間。
犯罪者を作る為に仕事してる訳じゃ無い!と検事。
むち打ち症は気持ちの持ちよう!
と法定で述べた裁判官もいる。
同じ犯罪なら量刑も統一すべき!司法は間違いだけ!

278十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 21:53:26ID:2HFuoIiL

殺した側も殺された側も創価の場合、集団ストーカーは裁判員に
どちらに味方するように圧力を掛けるのか???


>・裁判員制度導入決定 暴力団や集団ストーカー団が大儲け予定 
> 闇の圧力で機能しない予定 犯罪者の天国になる予定(2004年)
>  →『根古田観音丘殺人事件』では、集団ストーカーの主婦3名が殺されている。ググって頂きたい

みんなは、サマヨイザクラを読んだ事があるかな?ググって頂きたい。


279十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 21:57:11ID:2HFuoIiL
グッドウィル(最近ラディアホールディングスに社名変更?)が
創価企業という噂があるよ。

矢野氏が最近出版した本(文庫本)に創価学会がつきまとい行為をしていると
書いてあるよ。

アルゴス殺しの創価学会にとっては住民票の移動が1回で済むのだから
同日選挙の方がありがたいんじゃないかな?

人事顧問のクレトレス卿も怒っています!

ソース:
http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/AntiSouka/souka.htm

行徳 創価 集団ストーカー の検索結果 約 1,560 件中 1 - 10 件目 (0.36 秒)
グッドウィル 創価 の検索結果 約 193,000 件中 1 - 10 件目 (0.26 秒)

創価 F票 の検索結果 約 6,120 件中 1 - 10 件目 (0.26 秒)
行徳 集団ストーカー の検索結果 約 9,870 件中 1 - 10 件目 (0.36 秒)
創価 フレンド票 の検索結果 約 12,200 件中 1 - 10 件目 (0.23 秒)
創価 神崎武法 の検索結果 約 36,400 件中 1 - 10 件目 (0.17 秒)
創価 浜四津敏子 の検索結果 約 53,500 件中 1 - 10 件目 (0.35 秒)
創価 勇者 の検索結果 約 159,000 件中 1 - 10 件目 (0.20 秒)
創価 集団ストーカー の検索結果 約 192,000 件中 1 - 10 件目 (0.17 秒)
グッドウィル 創価 の検索結果 約 193,000 件中 1 - 10 件目 (0.26 秒)
創価 選挙違反 の検索結果 約 337,000 件中 1 - 10 件目 (0.19 秒)
創価 住民票 の検索結果 約 641,000 件中 1 - 10 件目 (0.30 秒)

280十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 22:06:10ID:2HFuoIiL

建設作業員の人には申し訳ないけど、行徳の集団ストーカーは建設や建築や工事と関係があるよ。

ヒントは東風(とんぷー)や林檎館。

>ストーカー=朝鮮人
>奴らのしつこさは異常

決めつけるのは良くないね。

集団ストーカーって、ビジネスでやっている人達もいるからね。
悪徳興信所とかも関わっていると言われているし。 これ、重要です。
『集団ストーカーは警察による犯罪』というコピペをよく見かけますが、
警察関係者になりすまして暴力による反撃を防ごうという工作ですね。

小生の観察によれば、行徳の集団ストーカー団には食えない外人さんも
関わっているよ。アジア系とか中南米系ね。

アメリカ人やイギリス人や黒人さんは、関わっていないみたい。
彼らには英語を教えるというメシの種もあるし、プライドもあるのだろう。

小生は現役時代になかじにヤマケイの管理の課長?が行徳に住んでいると
聞いた事がある。なんと、我々が住んでいた寮の斜め前の家だった。

この件は、行徳の集団ストーカーと繋がりがあると思われる。

281十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 22:18:30ID:2HFuoIiL

雲孤さんは集団ストーカーされて、『日本中にヤクザの情報網があるから
どこに逃げてもわかってしまう』と諦めて、中国の大連に逃げたんだよね。
弱虫だよね…。(´・ω・`)

企業相手のトラブルなどが原因で集団ストーカーされて、海外に逃げる人は
大勢いると思われるのです。

そうでなければ、もっと裁判が起きているはず。

信者さんを一人騙したり買収するだけで、信者全体(公称1000万人)を
ストーカー行為に無料で動員できるのですか???


282十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 22:25:19ID:2HFuoIiL

君たちは『集団ストーカー』をネタだと思うかもしれないが、事実ですよ。

東西線を利用している人なら、電車の中で英語の歌を歌っている
『レミゼおじさん』を見た事があるだろう?

彼は、集団ストーカーされて頭がヘンになってしまったんだよね…。(´・ω・`)
でも、海外に逃げてはいない。

『レミゼおじさん』の家を知らない行徳人はモグリ。 胡禄神社と同じくらい有名だよ。

頭がヘンな『レミゼおじさん』の方が、実は雲孤さんよりも強いんだよね。


283十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 22:35:24ID:2HFuoIiL

英国人講師のリンゼイさん殺人事件について、
行徳の集団ストーカー団が何か情報を持って
いると思う。持っていないわけない。

この10年以内に行徳駅で快速に飛びこんだ人もいたよね。

千葉県警は行徳の集団ストーカー団の組織を
解明する必要があるよ。


>人が死んでないから警察もなあなあ。

5年前?10年前? 行徳駅で快速に不審な飛びこみ(未解決)
8年前?     行徳駅前四丁目で不審死?(未解決)
5年前?10年前? 市川塩浜駅で傘で目を突かれて殺された人が(未解決)
10年前?20年前? 行徳にて中学生?が行方不明に(未解決)
10年前?20年前? 行徳にて主婦?が行方不明に(未解決)

まだまだあるんじゃない???


284十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 22:43:17ID:2HFuoIiL
国策捜査で小沢を潰したのは創価と自民党のスガじゃないの? 池田大作先生の
反撃が始まったのかな???

創価を叩けなければ、小沢は笑われ舐められて政治力を失うとオモワレ。

■「総体革命」の威力と忍びよる全体主義■
「総体革命」は「天下取り」のための布石である。
今や創価学会は、官庁や有力組織の内部に浸透して拠点をつくり、
幹部会員をネットワーク化することで、”いざ鎌倉”のときに備えているという。
「総体革命」の最優先ターゲットは、法務省と外務省であり、検事になった会員は、すでに100人に達している。
在外公館職員の4分の1は学会員であり、自民党員の3分の1も命綱を握られている。
その下に、社会の下層を構成する伝統集団が位置し、芸能界や自衛隊にも隠れ会員が大量にいて、
組織力はあらゆる業界に広がっているのだ。
http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/478.html

■国会の歴代法務委員長は公明党が独占(週刊ポスト)■
国会でも公明党・学会の司法支配はさらに進んでいた。
別表は戦後、新憲法制定後の歴代の参院法務委員長をリストアップしたものだ。
法務委員会は刑法や民法をはじめ法律改正全般にかかわり、法務省と検察庁、裁判所の予算を審議する。
わかりやすくいえば、衆参の法務委員長が首を縦に振らなければ、法務省は法律一つ、予算一つも通せない。
そうした司法行政に決定的な影響力を持つ参院法務委員長ポストを、過去38年間にわたって公明党が独占してきたことがわかる。
http://www.asyura2.com/0411/senkyo6/msg/1045.html

■参院法務委員会の歴代委員長(公明党議員=創価学会が支配)■
http://www.asyura2.com/0510/idletalk16/msg/1039.html

285十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 22:44:58ID:2HFuoIiL
最近の公明党(アルゴス殺しの創価学会)の実績:

・届かなかった地域振興券。盗まれまくり?定額減税の方がマシと
 さんざん叩かれた。(1999年)
・労働者派遣法改悪(製造業の派遣解禁、紹介予定派遣の法制化など) (2004年)
・坂口力厚生労働大臣(公明党)、製造業への派遣を解禁!(2004年)
・裁判員制度導入決定 暴力団や集団ストーカー団が大儲け予定 
 闇の圧力で機能しない予定 犯罪者の天国になる予定(2004年)
  →『根古田観音丘殺人事件』では、集団ストーカーの主婦3名が殺されている。ググって頂きたい。
・坂口力厚生労働大臣(公明党)、研修医制度医療改革を断行!(2004年)
 現在の医師不足の原因と言われている。
・2004年の新大綱、中期防衛力整備計画時に射程300キロの巡航ミサイルの導入が検討されたが、
 公明党の反発により見送られている。日本の周辺では、中国、ロシア、韓国、台湾が
 巡航ミサイルを保有している。
・労働者派遣法改悪(派遣受入期間の延長、派遣労働者の衛生や労働保険等への配慮)(2006年)
・財務、財務 池田大作先生の名誉学術称号220個到達を記念し、衛星中継(2007年10月8日)
・IMFに10兆円捨てる(2008年)
・クラスター型兵器の全廃を決め、自衛隊の主力装備(MLRS:多連装ロケット弾発射機)を
 鉄屑にした 廃棄費用6000億円以上?(2008年)
・DNA検査なしの国籍法可決。自己申告と写真があればOK 中国の属国化決定?(2008年)
・自己満足の定額給付金2兆円(2009年) 3年後には年間35万円の増税?
ソース:
http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/AntiSouka/souka.htm

286十二人の怒れる名無しさん2009/08/09(日) 22:51:54ID:2HFuoIiL
なんと、大連の占い師は、蟹江の事件は警察もグルと霊視しました!
警察は犯人が自首してくるのを恐れていると聖なる声が聞こえたそうな!

蟹江の事件の登場人物が全員創価で、事件を内々に処理しようとしたと推測すると
全て説明できないかな?アリバイを証言している人も警官も創価学会信者かも?

【創価学会会員が起こした事件】批判ビラをまく婦人に集団暴行(その1)
(ソースは 『創価学会・公明党の犯罪白書』著者:山崎正友 
  出版社:第三書館  ISBN4-8074-0115-7 定価:500円 の8ページから11ページ)

 舞台は、江戸川区の小さな商店街のはずれである。(略)びっくるするほど遠くから
やってきている。ウチは女世帯ですので抵抗することができない……』と、民家の主の
深澤皐月さんはこぼした。
 全国各地からやってきた学会員たちによる二十四時間の監視。執拗きわまりない尾行。
いやがらせ。悪罵。とぼけ。威嚇。中傷。あまつさえ盗聴疑惑。深澤さん一家に対して
繰り広げられた脅迫行為はすさまじい。(略)
 彼らは『学会青年部の者だ』と答えて一枚のビラを取り出した。
『(深澤が)こういうものをまくから(監視・強迫・強迫を)やっているんだ。その
どこが悪いんですか。徹底的にやってやる』
 続けて、彼らは驚くべきことを口にした。
『警察も承知している。何なら警察(葛西警察署)に聞いてくれよ』
(略)
 それにしても、彼らが『警察』を恐がらないのはなぜか。
『あなた方は、深澤一家に対する学会員たちの異常な監視と強迫行為を本当に"承認"
しているのですか』
 葛西警察署にそう問うた。ムニャムニャ。漠然とした返事しか戻ってこない。

(基本的に原文ママですが、一部を縮めました。)

287十二人の怒れる名無しさん2009/08/14(金) 07:45:12ID:ihF1XPSM


      裁判員達の写真が新聞に載った。

      そんな事が許されるの?




288十二人の怒れる名無しさん2009/08/24(月) 08:59:29ID:8jwW7pkO
次回総選挙の国民審査で以下の裁判官に「×」をつけよう
名前はタケタケナスコンと覚えよう

× 竹崎博允 裁判員制度を導入した実績だけで長官に出世した
× 竹内行夫 外交官あがりで司法試験に合格していない
× 那須弘平 佐藤優の上告を棄却した
× 近藤崇晴 植草教授の上告を棄却した

289十二人の怒れる名無しさん2009/08/29(土) 09:21:17ID:VwDLvtXu
いやだ!最高裁の裁判官全員に×をつける運動に変更しろ!
違憲の裁判員制度をやめるまで、最高裁裁判官を誰ひとり信任しないぞ!!

290十二人の怒れる名無しさん2009/08/29(土) 10:39:12ID:kjTHUPz5
>>289
乗った!

291十二人の怒れる名無しさん2009/09/01(火) 20:07:51ID:28Wx9IUO
全×してもだめだったねw

292十二人の怒れる名無しさん2009/09/01(火) 20:15:51ID:TGXAR7gU
はじめから分かっていたこと。
国民審査や国会議員だのみはダメなことは明らか。
マジで裁判員制度を廃止たかったら、自分が出頭を拒否するしかない。
呼び出し者100人のうち出頭が30人を割れば制度を廃止するしかなくなる。

293十二人の怒れる名無しさん2009/09/01(火) 21:23:27ID:N+Vx2bHV
私が最も気になるのは性犯罪の被害者の事だ。
大勢の素人裁判員の前でどのように性的暴行を受けたか話されてしまうん
でしょ?
例えば 「犯人に膣に指を突っ込まれ激しく指ピストンされ潮吹きさせられ
・・・・」とか

「マングリ返しにされ膣と肛門を2穴同時責めにされ、最後に精液を顔にたくさん
ぶっかけられた」とか性的暴行の様子を詳細に大勢の素人裁判員の前で検事?
か誰かに公けにされてしまうんでしょ?

性的被害者は大勢の前で非常に恥ずかしい思いをするのでは?
あなた方はどう思う?

294十二人の怒れる名無しさん2009/09/01(火) 22:02:33ID:vemsI2s8
裁判員制度で「裁判を身近なものにする」というのなら、同じ論理で、

 「交通取締りを身近なものにする」ために、「速度取締り員」を徴集するとか、

 「医療を身近なものにする」ために、「手術員」を徴集するとか、

 「消防を身近なものにする」ために、「消火活動員」を徴集するとか

いろいろやってもいいよね。

裁判員制度の最終目的は、やっぱり、本物の赤紙(徴兵制)かな?


「」


295十二人の怒れる名無しさん2009/09/01(火) 22:19:21ID:N+Vx2bHV
もしかしたら創価学会が絡んでいるのでは?

296十二人の怒れる名無しさん2009/09/02(水) 00:35:33ID:6xqhUQM7
>>292
>マジで裁判員制度を廃止たかったら、自分が出頭を拒否するしかない。
>呼び出し者100人のうち出頭が30人を割れば制度を廃止するしかなくなる。

今日の青森地裁の裁判は、最初の呼び出し100人のうち最終出頭が34人だから
もう裁判員制度は風前のともしび。この制度は意外と早く潰れそうだね。


297十二人の怒れる名無しさん2009/09/02(水) 14:00:38ID:zY7MfpiJ
マジで1日も早く潰れてほしい。

298十二人の怒れる名無しさん2009/09/02(水) 20:27:45ID:JylKTXNR
裁判員にからんだ殺人事件とかが起きない限り無理っぽいな

299十二人の怒れる名無しさん2009/09/02(水) 21:41:27ID:6xqhUQM7
そんなことはない。出頭率がめちゃくちゃ低くなれば潰さざるを得なくなるよ。

300十二人の怒れる名無しさん2009/09/04(金) 19:51:03ID:IjpHzekV
国の目的…

天下り先の確保、天下り役人の雇用対策

1.女性のヒステリーパワーを利用して、現時点では軽微罰でも厳罰化をはかり、
それを理由に性犯罪等を取り締まりを行う民営会社を設立する。
児童ポルノ法等による、アダルトマンガ・写真所持の違法化もこれの一環。

2.厳罰化をはかり民営刑務所をより多く設立する。

3.軽犯罪の厳罰化により、罰金による収入を増やす。


つまり、開発や生産業務につける能力のない後ろ向きな役人どもを雇用する場所。
本音は、犯罪は減って欲しくない。むしろ増えて欲しい。犯罪者Welcome。
犯罪者が少なければ、対象範囲を広げて犯罪者を生み出しましょう。

その為には国民のお墨付きがいる。それが裁判員制度。

簡単なことです。

301十二人の怒れる名無しさん2009/09/04(金) 20:25:01ID:IjpHzekV
>>293
女性からすれば怒るしかないでょう。
だから厳罰になりやすいかと。裁判ではできるだけ裁判員を挑発する能力が
もっとも求められる力です。当然、えげつない表現を使用するでしょう。

もし、それを行わなかった場合どうなるか?

仮に同等レベルの罪と思われる人が、検察側・弁護士・裁判員の能力差、
もしくは男女の比率差で、片方が死刑で、片方が無罪となった場合、明らかに
平等ではありません。

しかし裁判所の考えとしては「平均したら平等」という発想になります。

今回の裁判員に関わっている人々は、平均と平等の区別がつかないようです。

小学校からやり直す必要があると思いますが、
そもそも公立学校でこのようなことを教えるような器量を持った人がいるか?
…教育がバカなので、大人もバカであるか、それともその逆か?

どこから見直せばよいかは色々と考えさせられる一件かと思います。、

------------------------------------------------------------------
裁判所の見解

Q:候補者は,男女の分け隔てなく均等に選定されるのか?
A:候補者は,くじで無作為に選ばれることになっており,
女性を除いたり,逆に男女同数になるよう調整することもない。
くじの結果によっては,性別や年齢構成に多少の偏りがみられるようなこと
はあるかもしれないが,公平性の面から無作為で行うのが望ましいので,
特定の6人ということでは偏りが出ることになりますが,
全体としては人口構成を反映したものになると思われます。
------------------------------------------------------------------

http://www.courts.go.jp/nara/about/osirase/mini_forum.html



302十二人の怒れる名無しさん2009/09/04(金) 20:25:19ID:NXjGFvfl
なるほど、一理ある。

303十二人の怒れる名無しさん2009/09/08(火) 23:39:57ID:AcsD0s9g
akaの不正請求に加担する関東信越厚生局千葉事務所
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/antispam/1250075512/

【偽医療】AKA 関節運動学的アプローチ【インチキ医療】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/body/1211885077/

千城台クリニックのAKA療法による不正請求返金
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/healing/1207056268/

医療法人榎会千城台クリニック
http://qb5.2ch.net/saku2ch/kako/1208/12083/1208346578.html

304十二人の怒れる名無しさん2009/09/24(木) 08:37:04ID:cn4fc1bi
女性党の正体
http://www.nicovideo.jp/watch/sm751724

母体の化粧品会社は帰化朝鮮人が経営者で元創価信者

305十二人の怒れる名無しさん2009/09/24(木) 10:56:00ID:/nVc/8Xd
背景がさっぱり分からない。
何を「茶番」だと思ったんだ?
事件の詳細、「茶番」に至った裁判の経緯は?

ま、男の正体が何も報道されていないところをみると、報道が裁判に影響を与えない様に、情報統制されていると見るべきだな。

ま、裁判員制度は、基本、犯罪者の罪を重くする為のものだから。
要するに見せ物そのもの、犯罪者に対するお仕置きの追加ですよ。

裁判員裁判してもその後絶対に上告するだろ?

それでも、民意が一審だから、二審、最高裁に影響はあるさ。
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1252917325/l50

306十二人の怒れる名無しさん2009/09/25(金) 06:08:50ID:g4gIy48t
222222222222222222222222222222222222222222222222222

それより不必要に高規格な道路やめれ
真っ平らな農地と農地の間を何キロものびる道路なんて
土を20-30メートルも積み上げて高くする必要まったくなし。
3-5メートルでじゅうぶん
それで工費は半分以下になるんじゃないのか?

同様に公共建物や公舎がきわめて豪華すぎ
これも半額でじゅうぶん

さらにどうでもいいはこもの建てれば
担当者と受注企業が賠償することになる。
「なんタラ博物館」とか地域に建てるのやめろ

それから元建拙症事務次官で参院比例代表で当選しているようなやからには
議員辞職勧告決議を出すべき

222222222222222222222222222222222222222222222222222

307十二人の怒れる名無しさん2009/10/11(日) 06:17:43ID:ZXYbBYFb
千葉法務大臣殿

新政権は国民の安全と日本国の信用のため世界主要各国がカルト危険団体
に指定している創価学会の構成員にあたる法曹関係者および法務省職員につき
テロリスト予備軍と見做して該当者全員を資格剥奪のうえ免職にしてください。
さらに裁判の公正と安全のため創価学会員が裁判員に選ばれないように法整備
をしてください。

マインドコントロールが解けて正気に戻った凶悪殺人カルトの被害者(一般
創価学会員)はさっさと下記を使うべし。

★★★創価学会脱会届★★★
脱会用紙テンプレ(Ver.1.14)
………………………  例 文  ………………………………
        脱会届

平成××年 ×月 ××日 (※文書を書いた日付)
東京都新宿区信濃町32番地
宗教法人  理事長 正木正明 殿

私こと○○○○○は宗教法人創価学会を脱会いたします。
今後、私が了解しないかぎり、入会勧誘、及び、支援政党の票依頼等を目的にした、
創価学会員による自宅来訪を一切拒否いたしますので、地域幹部の方々にも、その旨
よろしくご指導のほどお願い申し上げます。ただちに名簿からの削除等、脱会手続きの
迅速な処理を執行願います。

所属組織名(※壮年部、婦人部、男子部、女子部程度でOK)
東京都世田谷区○○町○○丁目○番○号(※ご自分の住所)
×田○策 印(※氏名)
………………………  例 文   ………………………………
☆★必ず『内容証明郵便』および『配達証明』を使うようにしてください★☆
詳しくは↓参照。出す前に一度目を通しておきましょう。
>>http://www.tantei-sodan.com/proof/

308VsshGvPJtI2009/10/23(金) 11:14:08ID:6JYRDyHB
Now, if you or I tried to get this E. ,

309十二人の怒れる名無しさん2009/10/23(金) 11:36:20ID:VOTx8Pb4
金が目的

と最初は考えていたがどうやら違うようだ。

つまり、裁判官らが理想とする良人のような人材を形成するための制度でありその手段

なんだなと思えてきた。

ある種の洗脳、宗教に近い。腐。

310十二人の怒れる名無しさん2009/10/23(金) 13:30:28ID:LS7McHq4
「裁判員裁判」にするか否かを決めるのは
誰の権限?

同じような事件でも、
裁判員が裁いたり裁かなかったりでは、
不透明で不公平。

311十二人の怒れる名無しさん2009/11/05(木) 08:45:02ID:GHRsk6c8
なぜ街宣右翼は日の丸切り裂き民主党に積極的な抗議活動をしないの?

312◆82SSORBSMo 2009/11/07(土) 19:35:45ID:IEC7ULr6
おそらく国民のストレスを増やすことが目的だろう。

そうでなかったら検察の裏金問題から国民の関心を逸らすための
森山法務大臣の悪あがきだったのだろう。

313十二人の怒れる名無しさん2009/11/08(日) 08:20:34ID:vqSbeEBj
最近の傾向か?可視化?
取り調べは、利益誘導と恫喝の事実が分かって来ている。
最近の本では、「刑事裁判の真実」をAMAZONでゲット・・・
がリアルで凄い。
裁判員になるなら知識としては、何冊かは、読んで出廷しないと恥をかくだろう。

314十二人の怒れる名無しさん2009/11/28(土) 17:23:09ID:REohlAGx
そもそも国民の司法に対する不満や批判の大半は
長すぎる裁判期間とか、政治家・権力者の脱法行為や
政治的問題に対してだんまりを決め込む裁判所の
及び腰などに対するものであり、刑事事件の裁判や判決に
対していちいち文句なんかつけることは少ないいんではないか?
また長すぎる裁判期間の問題では裁判期間を短縮する努力を
司法関係者がそれぞれの立場ですればいいことである。
もし、裁判員制度を本当に国民の立場で改善しようとするんであれば
刑事事件で死刑かどうかなんてきわどい判決に市民が関わるんではなく
政治家の脱税問題や、権力犯罪にこそ一般の市民的感覚・常識を反映
させるような制度にするべきだと思う。

315十二人の怒れる名無しさん2009/11/28(土) 22:20:59ID:keHSibN2
ようするに今までが遠すぎたんだよ。
だからそれを近くさせようというのが最初の意図だったとは思う。

が、よくもまあコロコロと都合よく変えられて制度の一貫性が見えてこない。
所詮身近なものというのは無理な話。

むしろ関係者が身近な考えや思考を今まで持っていなかったほうのが問題。
それを市民や国民に押し付けようとするのは国家権力の行使だ。

俺から見れば、関係者の生活や家庭のために何で国民が手を貸さないといけないの?って思う。
じゃお前らが俺らの生活や家計を支えてくれるのか?

自分たちが国民の代表で正義だと胡坐かいてる姿は父親ではない。

316十二人の怒れる名無しさん2009/11/30(月) 20:40:46ID:KOejaw1r
>>314
鳩山や小沢の献金問題なんかも
市民感覚からすればいっちゃってると
思ってる人、沢山いるでしょうね。

317十二人の怒れる名無しさん2009/12/04(金) 22:03:30ID:NEr1azgY
裁判員に迷惑かけた分を上乗せして罪を重くするため。

318十二人の怒れる名無しさん2010/01/20(水) 20:43:07ID:ME28wWzl
わいせつ物頒布罪が、裁判員制度下で、わいせつの法解釈を変更することで無罪にできそうだから、そういう使い方をして欲しい。
アメリカで、かつて禁酒法違反者を無罪にしたように。
既出のように、現状は「裁判員でも死刑判決を下すからいいでしょ」って、外圧への弁明ですね

319十二人の怒れる名無しさん2010/01/24(日) 05:29:08ID:SMT9mTvv
ある特定団体の関与を疑っています

裁判官がその団体に所属する人でない場合→裁判員制度 無作為といいつつ、その団体構成員優先
裁判官がその団体構成員の場合→裁判員制度 それ以外の一般人(欠席率が高い)

こうなると、どちらのケースでも、その団体の意向が有利になるということで。
例えばその団体にとって敵と見なされる人を捕まえたとして、
その後の処遇にその団体の意向を通すために、最も効率的な方法として用いられるのではないかと。

なんせ、宗教で一国を支配しようと企む連中ですからね

320十二人の怒れる名無しさん2010/01/24(日) 16:39:26ID:URFkL2o8
反日活動家の人権屋が変な裁判ばかり起こして地裁でたまに勝つ

同志のデマ屋が「画期的な判決が出ました!」と宣伝する(最高裁でひっくり返ってもスルー)

名前を売った人権屋が比例代表で出馬


しかし裁判員制度ができたので、市民の常識で人権屋は負けてしまう

変な裁判ばかり起こしてしょっちゅう負けてるバカ人権屋は選挙で落ちる


これが国の目的

321十二人の怒れる名無しさん2010/01/24(日) 18:53:48ID:vvy3oqC9
ぎゃくでしょう。
裁判員候補のうち、まともな人は辞退を申し出て、ほとんど認められる。

自分から進んで裁判員になりたがるのは、プロ市民運動家(人権屋)ばかり。

マスコミのインタビューで顔と名前を売って、総選挙に立候補。

日本をアメリカ並みの訴訟社会=個人主義社会にする。これが国の目的。

322十二人の怒れる名無しさん2010/02/14(日) 22:28:59ID:v8oAPTwi

323十二人の怒れる名無しさん2010/02/16(火) 01:33:21ID:294VelWR

324十二人の怒れる名無しさん2010/02/20(土) 12:13:46ID:raoK6egw
わいはいてすと


325十二人の怒れる名無しさん2010/02/22(月) 15:32:47ID:0iZNc/AX
がんがん闘え、がんがん送れ
戦いは数だよ。一日一通でも

各府省への政策に関する意見・要望
ttps://www.e-gov.go.jp/policy/servlet

首相官邸 ご意見
ttps://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

326十二人の怒れる名無しさん2010/07/24(土) 06:47:16ID:yPcS6H+8
目的は死刑廃止。
二人の強盗殺人で無期判決が出た。

複数強盗殺人で初の求刑は無期 「同情の余地、遺族も求めてない」 裁判員 鳥取地裁
2月26日12時24分配信 産経新聞

鳥取県米子市で昨年2月、会計事務所社長ら2人が殺害された事件の裁判員裁判で、強盗殺人罪などに問われた元経理担当者、影山博司被告(55)の論告求刑公判が26日、鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)で開かれ、
検察側は「被告は当時、まとまった金がどうしても必要で強盗目的は間違いない。だが、追いつめられた挙げ句の犯行という側面もあり、一定の同情の余地がある。遺族も死刑までを求めていない」などと無期懲役を求刑した。

犠牲者が複数の強盗殺人事件は裁判員裁判では初めてで、
死刑求刑の可能性もあったが、検察側は被告に有利な事情などを考慮し死刑求刑を回避した。

裁判員らが量刑を判断する評議は同日の公判終了後から開かれ、判決は3月2日午後に言い渡される。

公判は、強盗目的だったかどうかが最大の争点。
検察側は「犯行当時、事務所の資金繰りは危機的状況で、事務所の支払いに自らの借金を充てていた被告の経済状況も破綻(はたん)寸前だった」など、強盗殺人罪が成立するのは明らかだとしていた。

これに対し弁護側は、「経営危機は犯行直前に始まったことではない」と反論。
動機は公私にわたり社長らに隷属的な扱いを受け、その状況から逃れるためだったと強盗目的を否定し、影山被告も「偶然、財布やキャッシュカードを見つけ、預金を引き出そうと考えた」と述べていた。



327十二人の怒れる名無しさん2010/07/24(土) 07:22:07ID:f79786Cc
求刑が無期だからじゃねえの
有期刑の場合は1,2年ぐらい上回ることはあっても、死刑と無期の壁は厚いからねぇ
求刑を超えて死刑は考えにくい

328十二人の怒れる名無しさん2010/07/24(土) 11:07:00ID:gb9KMxjZ
裁判員制度の国の目的は徴兵制と徴用制に決まってるだろ。
国民を国家権力の行使に直接動員することを目的としている。
じっさい裁判員制度に対する国民の反応をみてると
徴兵制が敷かれても、法律で国民の義務だといわれたら
大きな反対も無く、かなりの国民が出頭しそうな悪寒がする。

329ネット弁護士・ロックファイター2010/07/25(日) 12:53:29ID:st9/F23B
こんにちは、めっちゃ久しぶりですね。
必要ないと訴えておられてます?お教え下さいまし。

330十二人の怒れる名無しさん2011/01/30(日) 05:58:10ID:lmWDCMX1
実をいうと、『エンプロイー(従業員)』という概念は、
近代になって生み出されたもので、時代を超越した社会慣行ではない。
本来ならば強い意思を持つ人間を、従順な従業員に変えるために、
二十世紀初頭にどれほど大規模な努力がなされ、
それがどれほど成功したかを見ると、マルクスを知らなくてもぞっとする。
近代商工業化社会の職場が求めるものを満たすために、
人間の習慣や価値観を徹底的につくり変える必要があった。

 ・ 生産物ではなく時間を売る
 ・ 仕事のペースを時計に合わせる
 ・ 定められた間隔で食事や睡眠をとる
 ・ 同じ単純作業を繰り返す

これらのどれ一つとして、人間の自然な本能ではなかった。
したがって、『従業員』という概念が(また近代経営管理の教義の他のどの概念であれ)
永遠の真実という揺るぎないものに根ざしていると思い込むのは危険である。

                             経営の未来 P163


331十二人の怒れる名無しさん2011/01/30(日) 16:55:22ID:kFSTeW2s
今の現代社会を見てると、追い詰められて
生きてる人がいて、哀しい。でもそういう人らを制度を持って
一般人が裁くというのは異常だしナンセンスだ。

332十二人の怒れる名無しさん2011/01/31(月) 05:21:39ID:yiWrDb3f
司法試験は丸暗記型のテストだからね。もちろん国家資格にも溶接工とか建築士みたいな試験はあるよ。
でも司法試験は暗記型なんだ。六法全書片手に解けば誰でも満点が取れるタイプのテスト。
覚えて当てはめるだけの仕事では優秀なだけど、深く理解して、柔軟に思考するという能力がまるでない。
下級審ほど世間の感覚と全くズレた判決を乱発するのもそのせい。
だから裁判員というのは日本にこそ必要な制度だと思う。

333十二人の怒れる名無しさん2011/01/31(月) 09:16:18ID:HTg+WLkP
黙っててくれない?

334RFさん2011/03/18(金) 11:57:32.40ID:ojRcAMkn
議員には、資格は無くても立候補とか出来てたんですね・・・

335十二人の怒れる名無しさん2011/05/04(水) 18:25:34.80ID:spomrss7
是非これを見てください。

ダーク・サークル~プルトニウム症候群
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14221456
核の危険性を描いた1982年のドキュメンタリー映画。
悪性の脳腫瘍に悩む元作業員、幼くして癌で死んだ娘の骨から
大量に検出される放射性物質、くちばしや足の奇形で
卵から出られないヒナたち、など、核兵器製造プラントの周辺で
長年に渡り生活し、被曝に苦しむ人々への取材を通して
健康被害の事実を認めようとしないアメリカ政府の実態に迫っていく。
スリーマイルや原子力発電所への言及も多数。
このフィルムには我々の10年後、20年後の姿が写されている。
ロッキーフラッツの近所の12歳くらいの少女がプルトニウムの
原因で骨肉種で死にました。骨からも検出されたけど 正式には認められていません

336十二人の怒れる名無しさん2011/05/16(月) 22:05:56.83ID:pTiknNiR
【裁判員制度】 国の目的は?

責任逃れ。ただそれだけ。

337十二人の怒れる名無しさん2011/05/16(月) 23:23:52.02ID:77CEe8/p
【裁判員制度】 国の目的は?

徴兵制への国民の抵抗感をなくすこと。それだけ。

338十二人の怒れる名無しさん2011/05/17(火) 23:25:52.05ID:wGcSdjO6
2009年5月21日にはじまった裁判員制度が2011年で3年目を迎える。
だが、今年1月までの裁判員裁判の実施状況では、候補者のうち53%が辞退を認められていた。
さらには、裁判員として刑事裁判に参加したくないという人が1年目よりも増えている。
社民党の又市征治参議院議員が5月16日の決算委員会で、このように指摘した。
裁判所が2011年4月に発表した裁判員制度の実施状況についての統計を見ると、2010年に裁判員に選ばれた人は8673人。
1事件あたりの平均では、裁判員候補者として約84人が選ばれ、このうち53.0%(約45人)の辞退が認められている。
事前の辞退が認められた人を除いた約32人が、裁判所で行われる選任手続きを済ませ、この中から、くじで6人の裁判員が決まる。

最高裁判所が2011年1月に実施した意識調査(有権者2050人)では、「裁判員として刑事裁判に参加したい」と「参加してもよい」を合わせると、
前の年よりも3.5%減って15.0%。反対に、「あまり参加したくないが、義務なら参加せざるを得ない」と「義務であっても参加したくない」を合わせると、
前の年に比べて3.8%増加して84.0%だった。

339十二人の怒れる名無しさん2011/05/20(金) 20:46:44.41ID:MTp9hfje

340十二人の怒れる名無しさん2011/05/21(土) 11:43:49.56ID:isXOOmop
裁判員制度あす施工2年:
本質的な問題と運営上の問題がある。本質的には腐敗した戦後の司法を健全化するに
は国民の血を入れるしかない。運営上は、裁判員に法の意義を教えることである。
無知が力になることはない。判断には過去の日本民族の掟がある。
民族の掟の上に法がある。一カ月位は教育すべきである。
人の運命にかかわる判決をするのだから。
http://pub.ne.jp/surugasankei/


341サイバー弁護士のRF2011/07/08(金) 11:46:34.23ID:lPeSztu4
確かあと1年で…

342十二人の怒れる名無しさん2011/07/15(金) 17:18:32.54ID:r+E0zoAG
中鶴裕文さんか

343十二人の怒れる名無しさん2011/08/21(日) 22:12:03.53ID:r4U+6jNs
知識や教養もない一般市民に裁かせるなんてみっともない、そして限りなく無駄な意味のない制度だ!!早い話は多数決だろ??それも究極に低レベルな!!

344十二人の怒れる名無しさん2011/08/21(日) 22:28:17.12ID:r4U+6jNs
戦後の裁判の記録を参考にまずは被告人に情状酌量のよちがあるのかないのかを見極め、Sランクを一名含むAランク以上の裁判官3名を集め7日間徹夜で議論をし、そこで出た結論をDスペクターを含む5人のsランクの裁判官に報告し4名以上が納得をした答えを判決とする。

345十二人の怒れる名無しさん2011/08/21(日) 22:36:23.32ID:r4U+6jNs
ただし、いかなる時もDスペクターの意見が一番正しいと言う事だ!分かったか??おおさわひろしくん!お前も男だ♂!

346十二人の怒れる名無しさん2011/10/06(木) 00:42:35.72ID:lgKiE1wj
jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp
jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp
jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp
jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp
jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp
jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp
jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp
jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp
jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp jare.jp

347十二人の怒れる名無しさん2011/11/08(火) 23:19:00.37ID:v8oxsjEY
あの日から初めて、見直す事を来年にするって!

348十二人の怒れる名無しさん2011/11/09(水) 13:28:33.76ID:moYe4Zhb
www.nicovideo.jp/watch/sm16119941

349十二人の怒れる名無しさん2011/11/14(月) 11:30:58.24ID:Gz2tYLF1

気になるか?
まあ、お前ごときどうせ株なんか知らんだろうし、どうにも出来んし説明してやろう。

崩壊してんのは、株取引のほうだ。
すでに年金すら韓銀砲で溶けてる。今なお溶かし続けてる。
後、多分だが金持ってる外国人や富裕層はとっくに韓国から亡命(まあ似たようなもん)してる
どこまで持ちこたえるか知らんが、ウォンは貧弱だから安くなりすぎても、高くなりすぎても死亡
すると紙クズと化したウォンを、ハゲタカファンドに捨て値でおもちゃにされてゲームオーバーだ


そしたらまず銀行が閉鎖されて、預金が降ろせなくなるだろうな。
そこからがパニックの引き金になるだろ、あとは想像に任せる。まあしたくもないくらい地獄だろうが

韓国がIMF入り以外で、自力で浮き上がろうとしたら、これら問題をどうにかする必要があるのだが
首脳陣がそこまで脳ミソ使ってるのかまでは、知らん。


あとそうなったらおそらく円持ってる在日強制召還。これはお前らの問題だな、日本人?復興にいそがしいからまた今度な
これくらいだな、まあ後は勝手に調べてくれ。


気になるか?
まあ、お前ごときどうせ株なんか知らんだろうし、どうにも出来んし説明してやろう。

崩壊してんのは、株取引のほうだ。
すでに年金すら韓銀砲で溶けてる。今なお溶かし続けてる。
後、多分だが金持ってる外国人や富裕層はとっくに韓国から亡命(まあ似たようなもん)してる
どこまで持ちこたえるか知らんが、ウォンは貧弱だから安くなりすぎても、高くなりすぎても死亡
すると紙クズと化したウォンを、ハゲタカファンドに捨て値でおもちゃにされてゲームオーバーだ


そしたらまず銀行が閉鎖されて、預金が降ろせなくなるだろうな。
そこからがパニックの引き金になるだろ、あとは想像に任せる。まあしたくもないくらい地獄だろうが

韓国がIMF入り以外で、自力で浮き上がろうとしたら、これら問題をどうにかする必要があるのだが
首脳陣がそこまで脳ミソ使ってるのかまでは、知らん。


あとそうなったらおそらく円持ってる在日強制召還。これはお前らの問題だな、日本人?復興にいそがしいからまた今度な
これくらいだな、まあ後は勝手に調べてくれ。








350十二人の怒れる名無しさん2011/11/19(土) 20:45:44.13ID:v92jPNZO
裁判員制度はもともと国家に
捕まった民間活動家を救出するための制度だ
だからこそ国民の権利なのだ
単なる裁判への参加なら裁判官に楽をさせる制度だろうし
また被害者の恨みを加害者にぶつける制度にすぎない

351十二人の怒れる名無しさん2011/11/19(土) 22:07:45.83ID:JkHs3I9k
>>350
被告人の要請で被告人を救出するために開催されるのはアメリカ式陪審員制度です。
日本の裁判員は被告人の無罪を証明するためではなく、逆に被害者救済制度とともに
被告人に厳罰を与えるための大衆によるリンチ制度です。
しかも国民の権利ではなく、逆に国民を国家権力に強制動員するファシズムです!



352十二人の怒れる名無しさん2011/12/12(月) 17:09:20.98ID:QEvB4r02


自身が聞いた情報によると、もうじき中国はバブルがはじけて昔の貧乏な中国に戻るんだぜ
もう経済は破綻してて、取り戻すのは無理なんだそうだな


その世界ではやたら有名な政府関係者筋から聞いた確かな情報だな

まあお前ら頭の良い連中には、今さらなくらいのネタだ、
お前らからすればもう常識的なくらいの知識だろうぜ





353十二人の怒れる名無しさん2011/12/24(土) 17:59:08.45ID:L5wGeA22
「裁判員に選ばれてから、死刑制度を考えたんじゃ遅いんだよ!」

                      小説「金賞の風景画」より

http://big-hug.at.webry.info/201112/article_4.html

http://www.ne.jp/asahi/secret-info/world/pentohouse.htm

目的わからん

355十二人の怒れる名無しさん2012/05/06(日) 15:07:37.88ID:/efmuEUe
民主党に、ここ3年の間でやめらーせって伝えてたか?

356十二人の怒れる名無しさん2012/08/11(土) 12:33:09.73ID:wo2wZ1cs
他スレのレスコピーして置きます。
俺んちの田舎、在日朝鮮人学校があるんだわ。で、そういうところって必ず朝鮮人部落ってのがあるんだよね。
朝鮮人なんかが犯罪犯してそこに逃げ込まれると、警察も手出しが出来ないくらいの暗黒街なんだわ。
親から『あの近所には絶対近づくな。どうしてもあの近所に用があるときは、包丁でもなんでもいいから、必ず武器を持っていけ』
って言われたくらいだからね。俺が小学校高学年の時かな。

下校途中の中学生の女の子が、在日朝鮮人学校の生徒にレイプされる事件があったんだよ。
たまたま一緒にいたクラスメートの男子が助けに入ったんだけど、彼はバットか何かで頭を殴られてしまったんだ。

女の子の方は、部落に引きずり込まれてさんざん嬲られた挙句、あそこに電球つっこまれて、それが中で割れちゃっててひどい事になっていたらしい。

結局、頭を割られて血まみれになったクラスメートの男子と一緒に、ほとんど全裸で通りに放り出されていたのを通行人に助けられたんだ。
頭を割られた男の子は、頭蓋骨陥没骨折と脳挫傷で3日後に死亡、
女の子もレイプされたショックから立ち直れず、半年くらい後に、『お母さん、ごめんなさい』
って遺書を書いて自殺しちゃったよ。

俺はその時、子供ながら
『何で、あの女の子が“お母さん、ごめんなさい”なんて書いて自殺しなきゃなんないんだ?悪いのはみんな在日朝鮮人だろう!!』
って、物凄い怒りを覚えたよ。

警察も動いたけど、結局、部落には踏み込めなかったよ。
最後に警察が掴んだ情報は、『犯人は総連にその日のうちに保護されたもよう、2〜3日後に総連の保護のもと、北に逃げたと思われる。』
という情報だけだったそうだ。

女の子が自殺して二年くらい経った時かな。
被害者の遺族あてに差出人不明のいやがらせの手紙が届いたんだ。
内容は『お前達の息子を殺し娘を犯した者達はわが祖国で労働英雄となった。いい気味だな日本人』という内容だったそうだ。

結局、被害にあった家族はみんな町を捨ててどこかに引っ越していった。
(例の日本人小学生を斧で殴った朝鮮人も無罪になりました。)

357十二人の怒れる名無しさん2012/08/17(金) 11:26:11.85ID:ov0o2owz
歯が痛いのになんで歯医者にくるのよ・・
クレーマーさん
  .   ___       _ ,-、
  .   |)__)    . / `{.0.}、
  .  / ー -\    / . _ノ `ー’ヽ
   / (●) (●)  | ( ●) (.●)  歯が痛きゃ精神科に行けよ・・・
  . |   (__人_.).| . |   (__人_.)i  盗人猛々しいクレーマー野朗・・
   \___`⌒´,ノ  . |   `⌒´ ノ
   ./ ,   ゙ヽノ⌒i    ヽ,___  _,/
   |ーi,  / ̄7┤  / .   Y ^ヽ
   ヽ、二/_とノ .. | .|   ゚|  | .|







(´・ω・`) お医者さんが申合せて創る病気なのね・・


大学病院の怪
http://www.youtube.com/watch?v=OyH67Yi30wM

358名無しさん2012/09/06(木) 19:14:59.62ID:GKfod2/D
創価死ね
創価死ね  
創価死ね 
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね 
創価死ね  
創価死ね 
創価死ね
創価死ね
創価死ね  
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね  
創価死ね 
創価死ね

359十二人の怒れる名無しさん2012/11/18(日) 07:47:26.00ID:SNim4M+B
在日は金を日本人から脅し取ったり・騙し取ったりして金を持っているからね。
イトマン事件の許永中は、20歳の時には超貧乏学生だった。それが30過ぎたなら兆単位の金持ち。
韓国領事館にポンと6億円を寄付したりしている。その間に数十人の日本人が殺されたと言われて居る。
ただし自殺で、

360十二人の怒れる名無しさん2012/11/18(日) 10:54:53.60ID:Ek2u6/4a
開かれた司法をアピールしたいだけ
というか、「凶悪刑事事件で刑量の過多」のみ判断する裁判より、民事訴訟に裁判員裁判採用した方が、一般市民の感覚を取り入れるという当初?の目的は100倍役に立つだろう

361十二人の怒れる名無しさん2012/11/18(日) 11:00:19.52ID:Ek2u6/4a
>>360
過多×
寡多○
m(_ _)m

362十二人の怒れる名無しさん2013/02/20(水) 00:32:51.28ID:FcLOCxMq
イエスはオウムの麻原と比較されるよね。愛されて育っていない奴ほど悪人に成るからね
イエスは、ユダヤの聖書には「不倫の子で始めヨゼフは引き取りを拒否したが最後が引き取った」と書かれてる
麻原(松本ちずお)は、在日で6人兄弟として生まれたが親が手当目的で盲学校に弟と一緒に入れられた、愛されてないよね。
それと麻原は「われは神なり、空中に浮ける」として信者を集めた。イエスは「我は神なり池の上を歩ける」として信者を集めた。
そうしてイエスは当時の支配者ローマ帝国から最後は、婦女暴行・殺人・強盗・詐欺等の罪で指名手配された。

363十二人の怒れる名無しさん2013/03/02(土) 13:52:21.09ID:IjRqg528
国の目的は?
裁判員というよりは裁判制度が法廷で語られる情報だけで
判断しようという流れになっている
昔の供述調書を読み上げて、判断してください、と手渡すやり方ではなくなった
昔のは密室で取り調べられた結果なため冤罪が発生しやすい問題があったから
(可視化の問題が発生しているのも、このせいだしね
裁判員制度で弁護士同伴で被告が反論や意見を言える意味は大きいだろう

でも法廷に第三者が存在しなければ密室裁判と同じになってしまう
それでは意味がないから
半強制的に第三者である市民を集めて最初から最後まで裁判に参加させ
(第三者な傍聴人というのは最初から最後までいるとは限らない
公正な裁判であることを証明させよう、というのが、国の目的


判決に関して言うなら裁判員の存在意義はないのが実情だしな
裁判官3人の裁判員6人で過半数に達すれば、とあるが
その過半数に裁判官がいなければ、裁判員の意見は全部無視されるだけ
逆をいえば、判決が出たということは裁判官も同意しているということ
判決の責任は裁判官が背負う、ということでもある

量刑に関しても同様で
量刑の判例データを見せられるわけだが
同じ罪に対しては同じ罰であるべき、というのが法に基づく判断なわけ
(最初に宣誓させられる
例えば同じ罪に対してA裁判で懲役5年、B裁判だと懲役20年みたいに
一年や二年ならまだしも、差が開きすぎたらおかしいだろ
だから量刑は似通ったものになる
メディアは七掛け八掛けと手抜きだ、と主張するが、
むしろ似通ったものにならない方が
法に基づかない私的感情入りまくりでおかしい量刑ということになる

つまり判決・量刑共に裁判員は要らない
だから、それ以外で必要な要素が求められているのだろう

364十二人の怒れる名無しさん2013/10/19(土) 16:33:23.40ID:zw7SP22X
斎藤裁判長を讃える歌
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/010/138214729200137875228_DSC_0131.JPG
http://www.youtube.com/watch?v=XwuNmRGYKlw&feature=youtu.be

傍聴席にざわめき。「国民が見ているぞ!」との傍聴席からの叫び。

斎藤犯罪者らは、青い顔をして下を向いたまま早口で「結審」?を告げるや否や、
予定していたかのようにこそこそと退廷して逃亡。
RKは「原告に発言の機会を与えないのか!」と絶叫。
斎藤犯罪者は、焦りまくって何を言っているかわからない。
「結審します」と言いたかったらしいが。脱兎のごとく逃げてしまったので、不明。

傍聴席の誰かが「不当裁判だー」と絶叫。

物凄い怒りの渦。怒号。
「売国奴」「売国奴」「売国奴」のシュプレヒコールが自然発生。
憎しみを込めた「斎藤」「斎藤」も。
裁判所の保安要員15名ほどが外に待っていて「写真を撮るな」などと制止。
斎藤犯罪者の部署に詰めかける独立党員。党員と警備員が問答。
予めこうなると分かっていたが故の警備員配置。こんな裁判見たことない。
日本の裁判史上、おそらく前代未聞の事態。
現場にいた人は、歴史的場面に立ち会えた幸運の持ち主。

不正選挙の隠蔽に加担した斎藤犯罪者らは、
不正選挙を通じて自民公明に政権を取らせたテロリストと同罪である。
よって、99条内乱罪を適用すべきであり、最高刑は死刑である。
info/201310/article_135.html

365十二人の怒れる名無しさん2014/06/26(木) 08:52:46.66ID:GkCOhoyg
他スレコピー
「従軍慰安婦問題は韓国人妻を持つ朝日の記者、植村隆 が作ったねつ造」
従軍慰安婦問題は、元々、吉田清治の小説による創作であり、
韓国右翼を嫁に持つ、朝日新聞の植村が火を付けた捏造です。
植村記者は金学順さんも加わっている訴訟の原告組織「太平洋戦争犠牲者遺族会」の
リーダー的存在である梁順任常任理事の娘の夫なのです。つまり、原告のリーダーが
義理の母であったために、金学順さんの単独インタビューがとれたという
カラクリです。 朝日新聞の最初の報道はただ部数を伸ばすためだけでなく、
記者が自分の義母の裁判を有利にするために、意図的に「キーセンに身売りした」と
いう事実を報じなかったという大捏造犯罪なのです。

「従軍慰安婦」造語の生みの親、朝日新聞社の植村隆記者の
 義理の母「梁順任」詐欺で摘発
「日本から補償金」3万人だます 韓国の団体幹部ら摘発
 産経新聞 2011.5.9 09:43

【西岡力】「従軍慰安婦」問題は決着済みだ
http://www.youtube.com/watch?v=i-9KVBrUm-A
朝日新聞社 植村隆記者の売国捏造記事

366十二人の怒れる名無しさん2014/08/24(日) 06:11:40.66ID:siKPlZfs
佐世保の女子高生殺人事件の犯人の女子高生の父親は在日朝鮮人の統一教会員だね。
しかも始めっから弁護士を目指した訳じゃ無く大学卒業後に弁護士に成り佐世保が儲かると言う事で後から佐世保に入って来た成り金。
母親は多分だけれど信者だった東大卒の日本人だと思う。佐世保の教育委員に成り5回の農薬を給食に混入させた我が子の犯罪を隠ぺいしたみたい。

367十二人の怒れる名無しさん2015/08/09(日) 15:51:55.41ID:By5e5sN7
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
安倍政権は雇用の改善を強調し、アベノミクス効果を高らかにうたう。
しかし、希望する正規の職がなく、やむなく非正規雇用を選ばざるを得なかった労働者は国内で300万人以上に上る。
政権の後ろ盾となっているデータ通り、果たして就労環境は改善されているのだろうか。非正規社員の職場を歩くと、悲鳴の声が上がっていた。
自民党は格差を作り上げて現状も正規は増えずに非正規雇用を
国策的に増やしている割に、非正規雇用の待遇の改善を
行わない無責任政党

http://jiyugaichiban.blog61.fc2.com/blog-entry-151.html
派遣業は現代の口入れ屋、廃止すべき

人材派遣制度は、格差社会を助長するものと、私は見ている。
現在の口入れ屋に過ぎない。やくざ稼業と言えよう。
人材派遣業はピンハネしていると聞く。
はけん110番で見ると
http://www.asahi-net.or.jp/~RB1S-WKT/qa3240.htm
非正規雇用は世界的にも類を見ない多さ
消費支出はもはや大恐慌レベル
そして手遅れの少子化

→2015総務省の推計
→15歳未満の子どもの数は、過去最少だった去年よりも16万人少ない、約1617万人(34年連続の減少)

→2015年厚生労働省速報
→婚姻数 47,389件 (前年同月 −13,431件)

売国奴の安倍によって日本は終焉を迎えた現実を直視すべき
http://i.imgur.com/jhHVMog.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/tsubuyaitaro_2014/imgs/4/5/4570aaba.png
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

368十二人の怒れる名無しさん2016/03/06(日) 02:48:47.33ID:7apgPoKF
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/ftax/1292000344/326
        ↑ ↑ ↑  ↑ ↑ ↑ 

369十二人の怒れる名無しさん2018/03/21(水) 10:22:26.27ID:Kl9bf07g
>>3
【誤判】命や金を奪う裁判官の制裁方法【冤罪】

裁判官は不正裁判をしても罰せられたり償わされないため権力犯罪だらけです。
裁判所は出世のために不正裁判をする裁判官で成り立っているという説もあります。

殺人や強盗や知財のような難易度の高い事件ほど能力不足の裁判官が事実に反する不正な誤判や冤罪などを発生させています。
特に最高裁や高裁は思考回路の劣化した反科学的で無責任な退官予定の老害裁判官ばかりです。

犯罪裁判官は職権を濫用して不正に命や金を奪い放題ですから国民が厳重に監督しなければなりません。
国民は出世のために不正や犯罪をして悪儲けする裁判官に知恵で対抗しなければなりません。

不正裁判で失った命や金を賠償請求する方法はありません。
裁判官に命や金を奪われる犠牲をなくすために不正裁判を行う裁判官に制裁を与える方法を考えましょう。
せめて正義のために裁判官提訴や国家賠償や人事評価活用や罷免制度活用だけでもすべきです。

不正裁判被害者の会
事務局
wrong_judge@outlook.jp

370十二人の怒れる名無しさん2018/03/21(水) 10:23:23.20ID:Kl9bf07g
【誤判】命や金を奪う裁判官の制裁方法【冤罪】

裁判官は不正裁判をしても罰せられたり償わされないため権力犯罪だらけです。
裁判所は出世のために不正裁判をする裁判官で成り立っているという説もあります。

殺人や強盗や知財のような難易度の高い事件ほど能力不足の裁判官が事実に反する不正な誤判や冤罪などを発生させています。
特に最高裁や高裁は思考回路の劣化した反科学的で無責任な退官予定の老害裁判官ばかりです。

犯罪裁判官は職権を濫用して不正に命や金を奪い放題ですから国民が厳重に監督しなければなりません。
国民は出世のために不正や犯罪をして悪儲けする裁判官に知恵で対抗しなければなりません。

不正裁判で失った命や金を賠償請求する方法はありません。
裁判官に命や金を奪われる犠牲をなくすために不正裁判を行う裁判官に制裁を与える方法を考えましょう。
せめて正義のために裁判官提訴や国家賠償や人事評価活用や罷免制度活用だけでもすべきです。

不正裁判被害者の会
事務局
wrong_judge@outlook.jp

371孔雀 ◆yvcytaqvOAPM 2018/03/27(火) 10:01:00.07ID:/JS4VQiD
   第一二三節

 わたしの主著(続編・第四七章)で説明しておいたとおり、国家は本質的に単なる防衛施設である。
対外的には国全体を外的の攻撃から守り、対内的には個人がおたがいに攻撃しあうことをふせぐための
施設なのだ。以上のことから結論されることは、国家が必要なゆえんは、つまるところ、天下周知の人
間の不正にあるということだ。人間が不法なことをやらなければ、国家など考えられもしないだろう。
そうなれば自分の権利をおかされはしまいかと思う人もなくなるわけだし、たんに野獣の攻撃をふせい
だり天災を避けたりするためのただの団体というのだったら、国家と似ても似つかないものになるはず
だからだ。大げさな美辞麗句を使って、国家こそ人間存在の最高の目的であり精華であるなどと述べた
とて、俗物根性讃美まるだしにしている似非哲学者どもの馬鹿さかげんと平板さは、この観点からすれ
ばはっきりわかる。

372孔雀 ◆yvcytaqvOAPM 2018/03/27(火) 10:01:19.45ID:xhj3HaBe
   第一二四節

 もしこの世に正義が行なわれていれば、家を建ててしまえばそれでじゅうぶんで、明白な所有権以外
に、べつだん防衛を必要としないことになろう。ところが不法がまかりとおっているから、家を建てた
人はそれを守るだけの力をもつことが要求されるのだ。力がなければ、その人の権利は事実上、不完全
ということになる。侵略者は強者の権利をもっているからだ。強い者は暴力をふるう権利をもっている
というのが、ほかならぬスピノザの法概念だ。彼は他の権利を認めないで、「各人はその有する力の量
に応じて、それだけの権利を有する」(『政治論』第二章・第八節)と言い、また「各人の権利はその有
する力によって規定される」(『エティカ』第四部・定理三七、注一)と述べている。――こういう法概
念の手引きをスピノザにあたえたのは、ホッブス、とりわけその『市民論』第一章・第一四節であるよ
うに思われる。この個所でホッブスは、神さまが万物に対して権利をおもちなのは、なんといってもそ
の万能の力によるのだ、という奇妙な説明をつけ加えている。――市民社会では、こういう法概念は理
論面でも実践面でもすでに廃棄されたが、政治の世界では、理論的に葬られたとはいえ、実践面では
依然として通用している。現に最近、北アメリカ人のメキシコ掠奪行によって、この法概念は輝かしく
も実証されたばかりだ。もっともこれをはるかに凌駕するものに、フランス人が首領ボナパルトのもと
に全ヨーロッパを掠奪した昔の例があるけれども。ただこうした征服者は、掠奪行そのものよりもはる
かにしゃくにさわることの多い、例の公式の嘘で事態を言いつくろったりしないで、むしろ堂々と厚か
ましくマッキャヴェッリの学説を採用すべきであろう。というのは、この学説から引きだせることは、
個人どうしのあいだでは、また個人に対する道徳や法学では「他人が汝に加えることを欲しないことは
他人になすなかれ」という原則が通用するけれども、政治においては、その逆の「ひとが汝に加えるこ
とを欲しないことこそ他にむかってやるべし」という原則が妥当するからだ。屈服するのがいやなら、
機を見て、つまり相手の弱みにつけこんで、ただちに隣のやつを制圧せよ。

373孔雀 ◆yvcytaqvOAPM 2018/03/27(火) 10:02:56.56ID:xhj3HaBe
というのは、もしきみがその機を逸する場合、いつの日か、それは敵陣に寝返りを打って、隣のやつの好機
となり、きみが制圧される羽目に追い込まれるからだ。もちろん好機を逸したいまの世代の罪のつぐないは、
次の世代が背負うことになるわけだ。このマッキャヴェッリ的原則は、大統領演説なんかに見られるみえす
いた嘘のトリックなどより、掠奪をくるむ覆いとしては、はるかに品のよいものだ。ましてや、兎のほうから
犬に襲いかかったという有名なお話に帰着するようなまっかな嘘などより、礼節にかなっている。要するに
すべての国家は他の国を、好機到来と見るやただちに襲いかかる強盗の集団と見ているわけである。


   第一二五節

 ロシアなどの農奴制度とイギリスあたりの大地主制度の違い、一般に農奴と小作人・借家人・抵当
権設定者などとの違いは、実質よりも形式にある。百姓そのひとが農奴として自分のものであろうと、
小作人が食ってゆく土地そのものが自分のものであろうと、あるいは鳥とその餌、果実とその木のどち
らが自分の所有に属しようと、本質的にはあまり違いがない。現にシェークスピアもシャイロックに言
わせている。

  わたしの食ってゆく手段をおとりあげになれば、
  あなたはわたしの生命をおとりあげになることになる。

 自由な百姓はいくらも広い世間へ出かけられる利点はあるものの、農奴や「土地に所属した奴隷」の利
点はおそらくさらにこれを上まわるものがある。つまり不作とか病気とか、年をとって働けなくなれ
ば、主人のほうがその面倒をみなければならなくなるからだ。だから、不作の年ともなれば、農奴にパ
ンをくれてやる手だてをあれこれ考えて、主人のほうが眠れない一夜を輾転反側するのに、農奴自身は、
高枕で寝ていられるのだ。だからすでにメナンドロス(ストバイオス『抜粋』第二巻三八九頁、ガイス
フォルト編)も言っている。

  自由な身空で みすぼらしく みじめに暮らすより、
  よい主人に身を寄せたほうが よっぽどよい。

374孔雀 ◆yvcytaqvOAPM 2018/03/27(火) 10:03:52.40ID:xhj3HaBe
 自由人のもう一つの取りえは、なにがしかの才能によって、いくらかましな境遇に移れる可能性があ
ることだが、奴隷にもその可能性がまったくないわけではない。奴隷が比較的高級な種類の仕事をやり
とげて、その主人にひけをとらないようになれば、やはり主人扱いを受けることになる。現にローマで
は、手工業者・工場長・建築家、それどころか医者までがたいがい奴隷だったし、現代のロシアには農
奴で大銀行家になっている人もあるという話だ。またアメリカでよくあることだが、奴隷もその稼ぎで
自分を買いうけて自由になりうるのである。

 貧困と奴隷とは同じ事態の二つの形式にすぎない。いや、ほとんど名前だけが違っているのだといい
たいくらいのものだ。その事態の本質がどこにあるかといえば、その人間の力が大部分は自分自身のた
めには使われないで、他人のためにふりむけられるということだ。このことから、労働の荷重というこ
とも起こってくるし、自分の欲求をみたすことが乏しいということにもなる。というのは、自然はよく
したもので、自分にさずかった力を適当に働かせて、自分の食いぶちを大地からかちとるだけの力しか
人間にはあたえておらず、だれでもありあまる余力などもって生まれてはいないからである。ところで
人類の相当部分のものが、人類が食ってゆかねばならぬという共同の重荷をまぬかれれば、それだけほ
かの人たちの荷が勝つことになり、悲惨になるわけだ。こうしてさしずめ、奴隷とかプロレタリアート
といった名のもとで、いつでも人類の大多数の者に重荷がのしかかるというあの禍が起こってくる。
その遠因は贅沢だ。つまり二、三の少数の者がなくてもすむもの・余計なもの・洗練されたものをもつ
ことができ、それどころか、ひとひねりしたような欲求を満たすことができるために、現在高がきまっ
ている人力の大部分がそんなことにふりむけられ、したがって不可欠なものを生産するという肝心かな
めの必要なことには手をぬくということになる。

 何千という労働者が、自分の掘っ建て小屋も建てられ
ないのに豪荘な邸宅の建築に従事したり、自分や家族のために粗末な布地を織るかわりに、金持ちの
ために精巧な絹のものやレースまで編むわけで、一般に彼らは富める者らを満足させるために、くさぐ
さの贅沢品をつくっているのである。都会の人口の大部分は、こういう贅沢品の生産に従事する労働者
からなっており、百姓はためにこの都市労働者や、またこういう贅沢品を注文する連中の肩がわりをし
て、耕作したり、種をまいたり、放牧したりしなければならず、けっきょく自然がもともと彼に課した
以上の仕事をもつことになる。そのうえ彼はその力と土地を、穀物・馬鈴薯・牧畜にふりむけるより
は、むしろ葡萄・蚕糸・ホップ・たばこ・アスパラガスなどに割かねばならない。さらに、砂糖・コー
ヒー・茶などを輸入するために造船業や航海に従事する要員をそろえる必要から、たくさんの人間が耕
作から引きぬかれてゆく。こういう余計な品物の生産は、何百万という黒人奴隷の悲惨の原因となる。
彼らがその生国から強引に拉し去られるのも、彼らの汗と苦役によってあの嗜好品を生産させるためな
のだ。これを要するに、人類の力の大半は、少数の者のためにまったく余計でどうでもいいものを調達
するために、万人にとって必要欠くべからざるものの生産活動から引きぬかれてゆくのだ。したがって
一面において贅沢が行なわれているかぎり、他面においてはプロレタリアートの貧困という名のもとで
あれ、奴隷制度の奴僕という名のもとであれ、必然的に過重労働と粗末な生活が存続せざるをえない。
奴隷とプロレタリアートの基本的違いは、奴隷のほうが暴力にその発生原因があるのに対して、貧乏人
は策略にその原因を帰さねばならぬということだ。社会のきわめて不自然な状態、悲惨をまぬかれよう
とする一般的戦い、多数の人命を犠牲にする航海、錯雑した商業上の利害、最後に以上すべてのことが
機縁となって起こる戦争――これらすべての唯一の発生源は贅沢にある。しかも贅沢は、これを享受す
る人を絶対に幸福にするどころか、むしろ病的に不機嫌にするのである。したがって人間の悲惨を軽減
する最も有効な手段は、贅沢をへらすか、さらには贅沢をやめることであろう。

375孔雀 ◆yvcytaqvOAPM 2018/03/27(火) 10:05:13.20ID:xhj3HaBe
   第一二六節

 主権在民の問題はつきつめたところ、およそだれかが根源的に、ある国民をその意志に反して支配す
る権利をもちうるかどうかという点に帰着する。そういうことが筋を通して主張できるとはわたしは思
わない。ともかく国民に主権はある。しかしこの主権者は永遠に未成年の主権者を、いつまでたっても
後見を受ける必要があり、自分で自分の権利を行使すれば、かならず無限の危険をまねく。とりわけこ
の主権者は、すべての未成年者と同様、扇動政治家とよばれる術策にとんだぺてん師に簡単に乗じられ
るのである。――

 ヴォルテールは言う、「最初の王は運のいい兵隊だった」と。

 もともとすべての君主はなるほど常勝の将軍であった。そしてこの特性を生かして長いあいだ支配し
てきたのである。常備軍をもつようになると、彼らは国民を、自分ならびにその兵士たちを養ってゆく
手段とみた。つまり面倒をみるのは、毛や乳や肉をださせるためといった一種の畜群と見ていたわけ
だ。これは(次の第一二七節で詳論するように)もともと、つまり本性上、この世で幅をきかすのは正
義ではなくて暴力的権力ということ、第一占有者の特権はあらゆる正義に優先するということに
もとづく。

 したがってこの権力は絶対に破棄できず、この世から片づけるわけにはいかないもので、い
つでもこれを代表する者がなくてはならない。権力が正義の側に立って、これと結びつくというような
ことは、ただ要望できるだけである。そこで君主はこう言うのだ。「わたしはおまえたちを支配する。権
力によってだ。わたしの権力は他のすべての権力を排除する。なぜならわたしは、わたしの権力となら
ぶいかなる権力にもがまんできないからだ。外からやってくる権力であろうと、国内において甲が乙に
対して有する権力であろうと、わたしは甘受できない。おまえたちは権力をこういうものとして納得せ
よ」と。こういう仕上げができてしまうと、時の進むにつれて、王権はまったく別のものになってしま
い、暴力的権力といった概念は背景にしりぞいてしまって、たまにそれがちらつくと亡霊のように見ら
れるまでになる。暴君といったイメージに取ってかわって、国君、すなわち国の父という概念があらわ
れる。かくて国王は、あらゆる法的秩序、したがってまたすべての人の権利がそれに支えられることに
よってのみ存続できるといった、確固としてゆるぎない大黒柱になってしまう。さてこういうことがで
きるというのも、国王には生得の特権があるからにほかならない。この特権は、いかなる権威も匹敵で
きないような権威を、国王に、しかも国王にのみあたえる。この権威を疑ったり攻撃したりすることは
できない。いやそれ以上に、すべての人が本能的にこれに従うのだ。さてこそ君主が神の恵みを受けて
「天佑を保全する」とよばれるのは当然であり、つねに国家において最も役立つ人物であり、どんな無
鉄砲な王室費を計上しようとも、その功績にむくいるにはじゅうぶんではないということになるのだ。

376孔雀 ◆yvcytaqvOAPM 2018/03/27(火) 10:07:41.17ID:xhj3HaBe
 これに反して、北アメリカの合衆国では、こうした恣意的基礎をすべて完全に排除して処理しようと
する試み、すなわちまったく混ぜもののない、純粋・抽象的な法を施行しようとする試みがなされてい
る。しかしその成果はかんばしくないのだ。というのは、この国は物質的に繁栄しているにもかかわら
ず、低劣な功利主義が支配的志操としてのさばっており、これにはかならずつきまとう相棒の無知が、英
国教会的な偏狭な頑信、おろかなうぬぼれ、ばかばかしい女性崇拝と組んだ残忍な粗暴さといったもの
のお先棒をかついでいるのである。さらにもっと始末のわるいことが一般的に行なわれている。すなわ
ち、罰あたりな黒人奴隷制、奴隷に対する極端な残酷、自由な黒人に対する不法な抑圧、リンチ法、頻
発するにもかかわらずしばしば処罰されないで終わる暗殺、ひどく残忍な決闘、ときには公然たる法の
無視、公債の支払い拒絶、詐欺同然の腹立たしいくらいの隣接した州の政治的接収、その結果として起
こる富める隣国への貪欲な掠奪行、それをまた最高の筋が、その国のだれもが嘘と知っていて笑ってい
るような出まかせで弁護すること、いよいよ高まってゆく衆愚政治、右に述べたような上層部の法の無
視が一般の道徳性に及ぼす結果としての堕落といったことどもである。

 そういうわけで、この地球の裏側における純粋な法形態の見本は、共和国の肩をもつものでなく、いわ
んやこれを模倣したメキシコ、グァテマラ、コロンビア、ペルーにとってはさらに黒星である。共和国と
いうものにつきまとうまったく特別な、いわば逆説的な不利のひとつは、共和国においては卓越した頭脳
の持ち主が高い地位につい直接政治力を及ぼすようになることが、君主国におけるよりは困難であるとい
う点だ。というのも、偏狭・薄弱・平凡な頭のやつらが、それこそ断然、いつもあらゆる場合に、そして
あらゆる関係において、卓越した頭脳に対して天敵同然に謀反をおこし、あるいは本能的に結託し、すぐ
れた人物に対するその共通した恐怖によって大同団結をむすぶからである。このつねに多数を占める馬鹿
者どもの集団には、共和体制の場合、卓越した人物たちを抑圧し閉めだし、これらすぐれたものたちに凌
駕されまいとすることは、容易に成功するであろう。なにぶんここではもともと同権で、しかもつねに五十
対一となるからだ。これに反し、君主政体では、どういう場合にも当然おこるこの団結、すなわち愚かな者
がすぐれた者に対して徒党を組むということが、あることはあるけれども、それはたんに一方的に、下から
起こるだけで、上からは理性と才能が自然なとりなしと保護者を見いだすのである。というのは、まっ
さきに君主そのひとの地位はあまりに高くかつ堅固であるから、およそだれかと競争しなければならな
いといった心配はいささかもいらない。そのうえ君主自身は国家に奉仕するにあたって、自分の頭だけ
ではじつに多方面にわたる要請にとうていこたえることはできぬから、その頭脳よりもむしろその意志
を働かせるのである。すなわち君主はつねにひとの頭を使わねばならない。そして当然のことながら、
自分の利害が国の利害としっかりからみあい、不可分・一体となるように顧慮して、自分にとっていち
ばん役に立つ道具である最上の頭脳を優先的にえらび、これに目をかけることになる。ただしそれは人
材を見つける能力あっての話であるが、誠実にさがせば、これはたいして困難なことではない。

377孔雀 ◆yvcytaqvOAPM 2018/03/27(火) 10:09:38.61ID:xhj3HaBe
 同様に大臣たちも声望のある為政家たちをいちだんと抜いているゆえ、これを嫉視するはずもなく、君主
の場合と同様の理由から、すすんですぐれた頭脳を抜擢し、その力を利用するために活躍させるであろう。
このようにして君主政体では、悟性が、いたるところにいるその仇敵、すなわち愚昧さをおさえる好機を、
共和政体よりも見つけやすいのである。これはしかし大きな長所だ。

 一般に君主政体のほうが人間には自然な政治形態だ。蜜蜂や蟻・空を渡る鶴・移動する象・掠奪のた
めに群をなして集まった狼・そのほかすべてなにか事をなす場合に、一匹だけを先頭に立てる動物に、
この形態が多く見られるのとほとんど同じといってよい。そのうえ人間の場合も、すべて危険を伴う企
図、たとえば行軍とか船舶はかならず一人の指導者に従うのである。どのような場合も、指導する意志
は一つに限られねばならない。動物のからだでさえ、独裁君主的体制をもっている。つまり頭脳だけが
すべてを牛耳る支配者、ヘゲモニーを握る指導者なのである。たとえ、からだ全体が存立してゆくには
心臓・肺臓・胃がはるかに寄与するところ多いとはいえ、これら俗人どもに比すべき器官は、なんら指
揮・指導することはできぬのである。それは頭脳だけの問題であり、すべて指揮はただ一つの点から出
発しなければならぬ。太陽系でさえ独裁体制をもっている。これに対し共和体制は人間にとって自然に
もとるものであり、いちだんと高い精神生活、つまり芸術や科学にとっても不都合なものである。以上
すべてのことに応じて、古今東西、全地球上において、文明が進んでいようと野蛮であろうと、あるい
はまたその中間段階にあろうと、いろいろな民族がいつでも君主体制で支配されているのが見いだされ
るのである。

   多頭政治は便利なものではない。唯一の支配者、
   ただひとりの王があるべきだ。
                    (ホメロス『イリアス』二の二〇四)

378孔雀2018/03/27(火) 10:17:40.69ID:xhj3HaBe
tes

379孔雀2018/03/27(火) 10:17:54.93ID:xhj3HaBe
 君主体制的本能が人間にもともとあって、ただひとりの人を自分たちにふさわしいものとして君主に
祭りあげるということは、もしなかったとしたら、何百万、いな億という人たちが、あらゆる時代に、
いたるところの国で、たったひとりの男に服従し、ときにはたったひとりの女性、暫定的にはたったひ
とりの子供にさえ唯々諾々として従うなどということが、どうしてありえようか。なぜなら、これは考
えてできたことではないからだ。どこでも王はひとりときまっており、しかも普通は王位は世襲的に継
承される。王はいわば全国民の人格化、あるいは頭文字であり、王において国民は個性をもつようにな
るのだ。この意味で王は「国家、それはわたしである」と言って当然なのである。だからこそシェーク
スピアの歴史劇においても、イギリス王とフランス王はたがいにたんに「フランス」あるいは「イギリ
ス」と呼びかけ、(『ジョン王』第三幕・第一場では)オーストリア公に「オーストリア」の一語で話し
かけているのが見られるのであって、いわばたがいに自分をその国民性の権化と見ているのである。こ
うして君主制はまさに人間の本性に適しているのだ。だからこそ世襲君主は、自己とその家族の安全を
国家の安寧と不可分なものと見るのである。これに反し選挙による首長の場合は、たいがい二つが分か
れるのである――教会国家を見よ。シナ人は君主制しか知らず、共和制がどんなものであるか、ぜんぜ
ん理解できないのだ。一六五八年、オランダ公使がシナに赴任したとき、オランイェ公をオランダ王と
して説明せざるをえない破目になったものだ。そうしないとシナ人は、オランダなど首長をいただかな
いで生活している海賊の巣とでも思いかねなかったからだ。(ジャン・ニュホフ著『シナ帝国派遣諸国
連合東洋商会の使節』ジャン・ル・シャルパンティエ訳、一六六五年ライデン発行、第四五章参照。)
――ストバイオスは「君主政体が最上のものであること」という見出しをつけた独特の一章で、古代人
が君主政体の長所を説明した最上の個所をいろいろと集めている。共和政体はまさに反自然的であり、
人為的にこしらえたもの、反省に由来するもので、したがって全世界史をつうじてまれな例外とし
て出現するだけである。すなわちギリシアの小型共和国、ローマおよびカルタゴがそれで、これらはす
べてその人口の六分の五、ひょっとすれば八分の七までが奴隷だったという特殊事情がつけ加わる。共
和国アメリカ合衆国も一八四〇年に一千六百万の人口に対し、三百万からの奴隷をかかえていたではな
いか。そのうえ、古代の共和国の存続期間は、王政のそれにくらべれば、非常に短かったのである。
一般に共和政体は打ち建てるのはやさしいが、維持するのは困難であり、君主政体にはまさに逆のこと
があてはまるのだ。

 ユートピア的計画を求められるなら、わたしはこう言おう。この問題の唯一の解決は、最も志操の高
い男性たちを最も賢明にして才気煥発の女性たちと結婚させ、生殖の方法によって生みだされた真のア
リストクラシー、生粋の貴族に属する聡明で高貴な人たちが専制政治を行なうことであろう、と。この
提案はわたしの「理想郷」であり、プラトンのそれに相当するわたしの「国家」である。

380孔雀2018/03/27(火) 10:24:00.09ID:xhj3HaBe
    第三二章 狂気について
         (本章は正編第三六節の後半と関係する)


 精神の真の健全さは、追憶が完全であるという点にある。追憶が完全であるとはいっても、もちろん
これをわれわれがすべてを記憶にとどめているという意味に理解してはならない。というのは、来し方
を顧みる旅人には、たどり来った道もその空間が収縮するように、われわれの人生行路も、たどり来っ
たあとではその時間が収縮するからである。個々の年を区別するのが、ときとしてわれわれには困難に
なる日になると、たいていは知るよしもなくなってしまう。しかし事の真相は、まったく同じ出来事が
何度も繰り返され、その像がいわば重なりあって記憶のなかで合流し、個々に識別することができなく
なるにすぎない。これに反し、なにか独特の、あるいは重要な出来事なら、どういう出来事でも記憶を
さぐればふたたび見つけだすことができるに相違ない。もっともこれは、知性が正常で力があり、まっ
たく健全な場合のことであるが。――わたしは正編で、記憶というものは、このように内容がますます
空漠としたものになり、ますます不明瞭なものになりながら、むらなく継続するものであるが、この
記憶の糸の寸断されたものが、すなわち狂気にほかならぬと述べておいた。次の考察が、その確証に役立
てば幸いである。

 健全な人間の記憶は、彼がその目撃者であった出来事に関して、それが確実であることを保証する。
そしてこの確実性は、現に彼が或る事柄を眼前に見聞きしているのと同じぐらい確実で動かしえないも
のと見なされる。そこでこの出来事は、彼が誓言すれば法廷で確認されることになる。

これに反し、狂気ではないかと疑われるだけでただちに、証人の陳述は無効になる。すなわちここに、精神が
健全かそれとも発狂しているかを判断する基準がある。わたしが、自分の記憶している出来事が実際に起こっ
たかどうかを疑うやいなや、わたしは自分自身に狂気の疑いをかけているのである。もっとも、それが単
なる夢でなかったかどうか自分に確信のない場合は別であるが。他人が、わたしが目撃者として語って
いる出来事の真実性を、わたしの言葉に嘘のないことを信じながら疑うならば、彼はわたしを気違いだ
と考えているのである。がんらい自分が捏造した事件をなんども繰り返して話すうちに、ついに自分自
身の言葉を信ずるようになれば、その人はほんらい、この一点ですでに狂っている。気違いにも、気の
きいた思いつきとか、ひとつひとつをとってみれば賢明な考えとかあるいは正確な判断さえ不可能でな
いことは認めてもよいが、過去の事件に関する彼の証言だけは認めるわけにはいくまい。周知のように釈
迦牟尼の伝記である『普曜経』には、釈迦生誕のおりに、全世界の病ある者はすべて癒え、盲たる
者はすべて物が見えるように、聾せる者はすべて音が聞こえるようになり、狂せる者はすべて「その記
憶を回復した」と語られている。記憶の回復に関しては、二個所にもわたって述べられている。

381孔雀2018/03/27(火) 10:24:52.91ID:xhj3HaBe
 これは、わたし自身の多年にわたる経験から推測するようになったことであるが、狂気は、俳優の場
合に比較的もっともひんぱんに現われる。じっさいまたこの連中は、彼らの記憶をなんと濫用すること
であろう。彼らは毎日、新しい役を覚えこむか、古い役を思い出さねばならない。ところがこれらの役
は、すべてなんの関係もなく、それどころか相互に矛盾撞着することさえあり、彼らは毎晩まったく別
な人間になるために自分自身を完全に忘れ去ろうと努力している。これがまさに狂気にいたる道を開く
のである。 われわれの利害や誇り、あるいは願望をひどく害する事柄を考えるのが、われわれにとっていか
にいやなことであるか、こうしたことを自分自身の知性でいっそう厳密かつ真剣に調べてみようと決心す
ることがわれわれにとっていかに困難であるか、ところが無意識のうちにそこから飛びだすか、あるい
はこっそり逃げだすほうがわれわれにとっていかに容易であるか、またこれと逆に、愉快な事柄はまっ
たく自然にわれわれの心に浮かび、追い払えばまたしても忍び寄ってきて、そのためわれわれが数時間
もそのことを反芻することがある、などということを思い出せば、狂気の発生に関して正編で述べてお
いたことが、いっそうよく理解できるであろう。意志は、自分の心に染まぬことを知性によって照らし
だすことに抵抗するのであるが、この抵抗が、狂気が精神に襲いかかることのできる場所である。すな
わち、新しい出来事はどんないやな出来事でも、知性によって同化せられねばならないとしても、つま
り、その出来事のために、いっそう満足な事柄が、その事柄のいかんを問わず追いだされねばならない
としても、われわえの意思とその関心に関係のあるもろもろの真理の体系のなかに、このいやな出来事
も席を獲得しなければならない。これがなされてしまえば、この出来事の与える苦痛は、はるかに減少
する。ところがこの同化の操作そのものがしばしば非常に苦しいもので、しかもそれがたいてい、抵抗
を受けながらおもむろにしか逆行しない。ところで、この操作がそのつど正確に遂行される場合にか
ぎって、精神が健全だと言いうるのである。これに反し、或る特殊な場合に、認識した事柄の受容にた
いする意志の抵抗ともがきが激しくなりかの操作が障害なく遂行されなくなると、そのため或る種の出
来事や事情が知性に完全に隠蔽されることになる。それは、意志がそれを見るのに堪えることができな
いからである。そしてつぎに、このために生じた空隙が、関連が必要なため勝手に埋められることにな
る。

 ――こうして狂気が現われる。というのは、知性が意志の歓心を得るためにその本性を放棄したか
らである。人はいまや、ありもしないものを想像する。とはいえ、こうして生じた狂気が、いまは、忘
れがたい苦悩を忘却させるレーテの河となる。狂気こそ、苦悩を性とするもの、すなわち意志にたいす
る、最後の救治療であったのだ。

 ついでながら、わたしの見解にたいする注目すべき証拠を、ここで述べよう。カルロ・ゴッツィは、
戯曲『トルコの怪物』第一幕・第二場で、忘却をもたらす魔法の飲料を飲んだひとりの人物を登場させ
ているが、この者の所作を見れば、まったく狂人同様である。

382孔雀2018/03/27(火) 10:29:53.02ID:xhj3HaBe
 そこで以上述べたところに従って、なにか或る事柄をむりやり「自分の頭から叩きだす」ことが狂
気のもとである、と見ることができる。ところがこの「自分の頭から叩きだす」のは、なにか或る他の
事柄を「自分の頭のなかに押しこむ」ことによってのみ可能なのである。これより稀なのは、経過が逆
になることである。すなわち、「自分の頭のなかに押しこむ」のが第一で、「自分の頭から叩きだす」の
が第二になる。しかし、こういう経過をたどるのは、そのために発狂するにいたった誘因となるものを
つねに念頭に置き、それから脱れることができない場合である。たとえば、多くの恋狂い、色情狂の場
合がそうである。この場合には、誘因となったものが終始頭にこびりついて離れない。また。とつぜん
生じた驚愕すべき出来事から起こった狂気の場合もそうである。こういう患者は、一度思いこんだが最
後、偏執的にそれに執着し、そのため、ほかの考えが、少なくともそれに対立する考えが、どうしても
思い浮かばないのである。しかしこの二つの経過を見ても、狂気の本質は同じである。すなわち、追憶
がむらなく連なりあうことが不可能なのである。ところでこのような追憶が、われわれの健全な、理性
的な思慮の基礎である。――ことによると、ここで述べた、狂気の起こり方に見られる対立は、よく判
断して用いれば、真の妄想を鋭くかつ深く分類するための証拠の代わりにならぬものでもあるまい。

 ところでわたしがこれまで考察してきたのは、もっぱら狂気の精神的な起源、すなわち、外的・客観
的な誘因によって生ずる起源であった。しかし狂気はそれよりも、純粋に身体的な原因、すなわち、脳
やその外皮の畸形、あるいは局部的な解体とか、また他の病的に衰弱した部分が脳髄に及ぼす影響な
どにもとづく場合のほうが多い。まちがった感覚的直観や幻覚が現われるのは主として、のちにあげた
種類の狂気の場合である。しかしこれら両種の狂気の原因は、たいていは互いに関係しあい、とくに精
神的原因は、身体的な原因を伴う。これは自殺の場合と同様である。自殺が外的な誘因のみによって生
ずるのは稀であって、或る種の肉体的な苦痛が自殺の根底にあり、この苦痛が達する程度に応じて、必
要とされる外部からの誘因が大きくもなれば小さくもなる。苦痛が最高度に達した場合にのみ、外部か
らの誘因がまったく不必要となる。したがって、どれほど大きな不幸であっても、すべての人に自殺を
決心させるとはかぎらず、また、どれほど小さな不幸であっても、それだけでもう自殺へ導く場合があ
る。わたしがここに述べたのは、狂気の精神的な発生で、少なくとも外見上はどう見ても健全な人間の
場合に、大きな不幸によって生ずるたぐいのものであった。ところが、身体的に狂気の強い素質をもっ
た人間の場合には、非常に些細な不満でも発狂するのにじゅうぶんである。たとえば、精神病院へ入れ
られたひとりの男をわたしは覚えているが、その男は兵士だったが上官から「あなた Er」呼ばわりさ
れたために、狂ってしまったのである。肉体的な素質が決定的な場合には、この素質が熟しさえすれ
ば、発狂する誘因はまったく不必要となる。単に精神的な原因から生じた狂気は、思考の歩みを無
理に逆転させることから生じ、そのため逆転によって、どこかの脳髄の部分に一種の麻痺やその他の変
敗を起こし、これは、早いうちに除かないと、永くあとに残ることになる。したがって狂気は、初期に
は治療が可能であるが、かなり時がたてば不可能である。

383十二人の怒れる名無しさん2018/03/29(木) 09:53:53.46ID:xlDZ1fGQ
【死刑か皇室どっちか廃止】 戦争犯罪者の天皇が死刑にならなかったのに国民が死刑になるのはおかしい
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1522243062/l50

384十二人の怒れる名無しさん2018/04/06(金) 04:47:19.53ID:GVl25gr3
日本だって裁判のテレビ中継をすべきだ。

裁判は公開が原則。
なのに裁判所に行けて傍聴できる者のみ、というのがおかしい。

裁判をテレビ中継することで、「裁判員制度は廃止」してよい。

・法律を勉強する学生の教材として。

・国民の裁判への関心。

・キチガイ判決を下す不良裁判官のチェック→地裁・高裁の裁判官も国民審査の対象へ。

・放映権を売ることで法務省の独自財源化。

・家庭内で子供とみることで、悪い事すると罰せられるという教育効果。

・犯罪者予備軍に、裁判で自分お醜態が世間に晒されるという恐怖心から犯罪を思いとどまらせるという、「犯罪抑止」効果。

※もちろんレイプ事件など録画中継にして、被害者の個人情報は「ピー」音で隠す配慮はする。
裁判所にはマジックミラー越しにテレビカメラを入れ、裁判官と犯罪者に心理的圧迫感は与えないようにする。

385十二人の怒れる名無しさん2018/04/21(土) 14:59:15.46ID:7duY1Tem
【マイトLーヤと無執着】 『向こう見ずの復讐を慎んで』  (^^)  『それは心を蝕んでいきます』
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1524274753/l50

386十二人の怒れる名無しさん2019/05/27(月) 18:56:05.04ID:IuwkTPLg

新着レスの表示
レスを投稿する