核兵器対中性子兵器だったらどっちなの? [無断転載禁止]©2ch.net

1格無しさん2017/01/20(金) 18:43:06.45ID:Sq9+ZHaP
核兵器と中性子兵器戦ったらどっち勝つの?

2格無しさん2017/02/03(金) 20:05:00.45ID:CnDAIA2o
>>1
2ゲット
精子

3格無しさん2017/02/17(金) 10:59:33.90ID:3sJHgmnE
オカマ

4格無しさん2017/04/16(日) 18:52:26.03ID:zaGA7xmR
中性子爆弾が勝つ
核爆弾の爆風を中性子爆弾でかき消してしまえる

5格無しさん2017/05/12(金) 22:19:22.22ID:Hi3foh/T
中性子

6格無しさん2017/10/17(火) 11:37:56.61ID:a7EJSL4k
>>4
無効化出来るの?

7格無しさん2017/12/06(水) 04:35:04.41ID:qBftHuf4
唐澤貴洋

8格無しさん2018/02/07(水) 12:25:03.37ID:rXXH1lSu
確実にどんな人でも可能なパソコン一台でお金持ちになれるやり方
念のためにのせておきます
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

6J7QO

9格無しさん2018/03/24(土) 06:40:15.43ID:SFNpoSP+
唐沢貴洋

10格無しさん2018/06/04(月) 02:30:08.88ID:PhASvYBu
TMX6R

11格無しさん2019/06/29(土) 15:16:29.96ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。yureg

12格無しさん2019/06/29(土) 15:16:50.28ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。jfrzdl

13格無しさん2019/06/29(土) 15:17:10.48ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。bgtakcd

14格無しさん2019/06/29(土) 15:17:32.76ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。nkdtcq

15格無しさん2019/06/29(土) 15:17:53.24ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。vtkmra

16格無しさん2019/06/29(土) 15:18:12.74ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。btkdvy

17格無しさん2019/06/29(土) 15:18:32.98ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。jevnt

18格無しさん2019/06/29(土) 15:18:53.21ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。jbkfcmr

19格無しさん2019/06/29(土) 15:19:15.92ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。nercky

20格無しさん2019/06/29(土) 15:19:46.91ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。kcropd

21格無しさん2019/06/29(土) 15:20:08.72ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。dkbaqi

22格無しさん2019/06/29(土) 15:20:34.86ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。vrles

23格無しさん2019/06/29(土) 15:20:54.22ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。dlqnt

24格無しさん2019/06/29(土) 15:21:13.82ID:24Ha6qBp
耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで緞帳の洗浄作業が行われた。
開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、
劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。


同館は2工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で
保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。


最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗川島織物セルコンが実施。
作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの
吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 
大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏が
北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は
白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。


同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さんは十二分に汚れている状態だったが、
クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができると話していた。ydbrd

新着レスの表示
レスを投稿する