佐川うぜー [無断転載禁止]©2ch.net

1格無しさん2016/12/23(金) 11:16:25.26ID:agDcQpN8
さっきまで話中だったくせにいま電話掛けたら出やしねぇ
さっさと持ってこいや22日配達が20日から保管中になってんだぞ

2格無しさん2016/12/23(金) 11:18:43.33ID:agDcQpN8
尼のプライムで買ってもなぜ佐川なのか 佐川切ったって聞いたんだが

3格無しさん2016/12/24(土) 21:02:10.57ID:eyFDB9Hb
【衝撃の動画】 佐川急便が配達中の荷物を投げる蹴る・・・・
https://www.youtube.com/watch?v=Ej4DEBQfJNw


佐川の荷物がよく潰れている理由が解ったわ・・・

ストレス発散のはけ口になってる。

4格無しさん2017/01/03(火) 20:15:11.50ID:2+/75OQJ

5格無しさん2017/03/15(水) 17:59:34.62ID:bCXbw3ha
情弱乙
いまでもヤマトが引き受けないover sizeは佐川だよ。
嘘だと思うならAmazonのヘルプから配送業者の一覧見てみな。

あんまり文句言うならデリバリープロバイダの刑に処すよ!笑

6格無しさん2017/03/16(木) 21:07:33.31ID:OpJVCiEl
 


 


アベノミクスは物価を上げる経済政策だなどと経済詐欺の朝鮮語をしゃべるな!

万博だ、五輪だ、工事だ、公共投資だ、財政出動で経済がよくなるなどと経済詐欺の朝鮮語をしゃべるな!
デフレあるいはデフレ不況が問題となるのは失業者が急増している場合だけだ、現在の日本は人手不足。
むしろデフレならば、不正通貨安誘導せずとも安価に製品輸出が可能となる。

企業の株価が上がるのは、企業が人件費など合理化努力を行ってコストを削減した場合だ。
GDPが経済成長するのは、企業が人件費など合理化努力を行ってコストを削減した場合だ。
日本政府は、企業間競争を促進させなければならない。

日本企業で正社員が技術流出を故意に行って巨額の不当利益を上げ、日本のテクノロジー産業が崩壊した。
米国テクノロジー産業は契約社員しかいない、技術流出しない旨の罰則規定とともに社との契約を結んでいる。
日本政府は解雇規制を完全撤廃して、労働移動を促進させなければならない。


 


 

7格無しさん2018/02/07(水) 16:14:35.09ID:rXXH1lSu
確実にどんな人でも可能なパソコン一台でお金持ちになれるやり方
念のためにのせておきます
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

05T43

8格無しさん2018/03/24(土) 02:04:19.61ID:KToPL6vm
   .//(((  ))))ノ ヽ
   | ./ ̄ヽノ ̄ ̄\ |
   | |  _) _  | .|
   V/ ノ二   二ヽ V/
   (リ=[ -・-八-・- ]=リ)
    |    ̄/    ̄   |
    |   (__)   |
    | ヽ ノ  |  ヽ / | ごにょ
    ヽ__   〜   __ノ  ごにょ・・・
    / ヽ___ノ  ̄\
    |   VLΛ/_   |
    | |  V |/    | .|

    松井一郎 容疑者

9格無しさん2018/06/04(月) 02:30:32.59ID:PhASvYBu
ZZELW

10格無しさん2019/06/28(金) 04:10:14.64ID:qHxSfE1y
国営諫早(いさはや)湾干拓事業(長崎県)をめぐり、最高裁で初めて開門を認めない判断が確定した。
潮受け堤防が閉め切られてから22年。開門の是非を問う訴訟が繰り広げられる中、一つの司法判断が示された形だが、
開門を命じた確定判決の効力は失われておらず、国は「開門義務」と「開門差し止め義務」の板挟みが続く。
国が漁業者に開門を強制しないよう求めた請求異議訴訟で今後、最高裁が下す判断によっては、
法廷闘争に道筋が示される可能性もある。
干拓事業は農地確保と低地の高潮対策を目的に行われ、平成9年に全長約7キロの潮受け堤防で湾を閉め切った。
漁業者側は「干拓事業による赤潮などが原因で漁業被害が生じた」と主張、訴訟に発展した。
漁業者らが排水門の常時開門などを求めた訴訟で佐賀地裁は20年6月、開門を命じ、福岡高裁も22年12月、
「判決確定から3年以内」の猶予をつけた上で5年間の開門を認めた。当時の菅直人首相が上告を断念する
政治判断をしたことで、最高裁の判断を仰ぐことなく判決が確定した。
これに対し、干拓地の営農者らは「開門されれば農地に被害が出る」と長崎地裁は25年11月に請求を認めた。
それぞれの裁判所が、開門するまでは漁業者に、開門した場合は営農者に、制裁金を支払うよう国に義務づけたため
国は開門してもしなくても制裁金を支払わなければならない異常事態に陥った。
事態が動いたのは29年4月だった。長崎地裁が開門差し止めを認める判決を言い渡したが、国は控訴権を放棄。
「開門しない」という姿勢を明確にした上で、和解での解決に意欲を見せたが、漁業者側との和解協議は決裂した。
双方の歩み寄りが難しい状況の中、国の姿勢に司法が苦言を呈したこともある。27年9月、漁業者側の開門請求を
退けた福岡高裁判決は「法治国家でありながら確定判決を履行しておらず、大きな問題だ」と異例の付言をした。
最高裁は7月26日に弁論を開く。 gytery

11格無しさん2019/06/28(金) 04:10:45.97ID:qHxSfE1y
国営諫早(いさはや)湾干拓事業(長崎県)をめぐり、最高裁で初めて開門を認めない判断が確定した。
潮受け堤防が閉め切られてから22年。開門の是非を問う訴訟が繰り広げられる中、一つの司法判断が示された形だが、
開門を命じた確定判決の効力は失われておらず、国は「開門義務」と「開門差し止め義務」の板挟みが続く。
国が漁業者に開門を強制しないよう求めた請求異議訴訟で今後、最高裁が下す判断によっては、
法廷闘争に道筋が示される可能性もある。
干拓事業は農地確保と低地の高潮対策を目的に行われ、平成9年に全長約7キロの潮受け堤防で湾を閉め切った。
漁業者側は「干拓事業による赤潮などが原因で漁業被害が生じた」と主張、訴訟に発展した。
漁業者らが排水門の常時開門などを求めた訴訟で佐賀地裁は20年6月、開門を命じ、福岡高裁も22年12月、
「判決確定から3年以内」の猶予をつけた上で5年間の開門を認めた。当時の菅直人首相が上告を断念する
政治判断をしたことで、最高裁の判断を仰ぐことなく判決が確定した。
これに対し、干拓地の営農者らは「開門されれば農地に被害が出る」と長崎地裁は25年11月に請求を認めた。
それぞれの裁判所が、開門するまでは漁業者に、開門した場合は営農者に、制裁金を支払うよう国に義務づけたため
国は開門してもしなくても制裁金を支払わなければならない異常事態に陥った。
事態が動いたのは29年4月だった。長崎地裁が開門差し止めを認める判決を言い渡したが、国は控訴権を放棄。
「開門しない」という姿勢を明確にした上で、和解での解決に意欲を見せたが、漁業者側との和解協議は決裂した。
双方の歩み寄りが難しい状況の中、国の姿勢に司法が苦言を呈したこともある。27年9月、漁業者側の開門請求を
退けた福岡高裁判決は「法治国家でありながら確定判決を履行しておらず、大きな問題だ」と異例の付言をした。
最高裁は7月26日に弁論を開く。 iberewv

12格無しさん2019/06/28(金) 04:11:15.18ID:qHxSfE1y
国営諫早(いさはや)湾干拓事業(長崎県)をめぐり、最高裁で初めて開門を認めない判断が確定した。
潮受け堤防が閉め切られてから22年。開門の是非を問う訴訟が繰り広げられる中、一つの司法判断が示された形だが、
開門を命じた確定判決の効力は失われておらず、国は「開門義務」と「開門差し止め義務」の板挟みが続く。
国が漁業者に開門を強制しないよう求めた請求異議訴訟で今後、最高裁が下す判断によっては、
法廷闘争に道筋が示される可能性もある。
干拓事業は農地確保と低地の高潮対策を目的に行われ、平成9年に全長約7キロの潮受け堤防で湾を閉め切った。
漁業者側は「干拓事業による赤潮などが原因で漁業被害が生じた」と主張、訴訟に発展した。
漁業者らが排水門の常時開門などを求めた訴訟で佐賀地裁は20年6月、開門を命じ、福岡高裁も22年12月、
「判決確定から3年以内」の猶予をつけた上で5年間の開門を認めた。当時の菅直人首相が上告を断念する
政治判断をしたことで、最高裁の判断を仰ぐことなく判決が確定した。
これに対し、干拓地の営農者らは「開門されれば農地に被害が出る」と長崎地裁は25年11月に請求を認めた。
それぞれの裁判所が、開門するまでは漁業者に、開門した場合は営農者に、制裁金を支払うよう国に義務づけたため
国は開門してもしなくても制裁金を支払わなければならない異常事態に陥った。
事態が動いたのは29年4月だった。長崎地裁が開門差し止めを認める判決を言い渡したが、国は控訴権を放棄。
「開門しない」という姿勢を明確にした上で、和解での解決に意欲を見せたが、漁業者側との和解協議は決裂した。
双方の歩み寄りが難しい状況の中、国の姿勢に司法が苦言を呈したこともある。27年9月、漁業者側の開門請求を
退けた福岡高裁判決は「法治国家でありながら確定判決を履行しておらず、大きな問題だ」と異例の付言をした。
最高裁は7月26日に弁論を開く。 nuvrxsr

13格無しさん2019/06/28(金) 04:11:34.72ID:qHxSfE1y
国営諫早(いさはや)湾干拓事業(長崎県)をめぐり、最高裁で初めて開門を認めない判断が確定した。
潮受け堤防が閉め切られてから22年。開門の是非を問う訴訟が繰り広げられる中、一つの司法判断が示された形だが、
開門を命じた確定判決の効力は失われておらず、国は「開門義務」と「開門差し止め義務」の板挟みが続く。
国が漁業者に開門を強制しないよう求めた請求異議訴訟で今後、最高裁が下す判断によっては、
法廷闘争に道筋が示される可能性もある。
干拓事業は農地確保と低地の高潮対策を目的に行われ、平成9年に全長約7キロの潮受け堤防で湾を閉め切った。
漁業者側は「干拓事業による赤潮などが原因で漁業被害が生じた」と主張、訴訟に発展した。
漁業者らが排水門の常時開門などを求めた訴訟で佐賀地裁は20年6月、開門を命じ、福岡高裁も22年12月、
「判決確定から3年以内」の猶予をつけた上で5年間の開門を認めた。当時の菅直人首相が上告を断念する
政治判断をしたことで、最高裁の判断を仰ぐことなく判決が確定した。
これに対し、干拓地の営農者らは「開門されれば農地に被害が出る」と長崎地裁は25年11月に請求を認めた。
それぞれの裁判所が、開門するまでは漁業者に、開門した場合は営農者に、制裁金を支払うよう国に義務づけたため
国は開門してもしなくても制裁金を支払わなければならない異常事態に陥った。
事態が動いたのは29年4月だった。長崎地裁が開門差し止めを認める判決を言い渡したが、国は控訴権を放棄。
「開門しない」という姿勢を明確にした上で、和解での解決に意欲を見せたが、漁業者側との和解協議は決裂した。
双方の歩み寄りが難しい状況の中、国の姿勢に司法が苦言を呈したこともある。27年9月、漁業者側の開門請求を
退けた福岡高裁判決は「法治国家でありながら確定判決を履行しておらず、大きな問題だ」と異例の付言をした。
最高裁は7月26日に弁論を開く。 nytrxrlzt

新着レスの表示
レスを投稿する