なつぞらのラスト予想

1名無しか・・・何もかも皆懐かしい2019/05/15(水) 21:38:41.50ID:???
(なつぞら)のシチュエーションがようやくわかってきました。白蛇伝の時に気づくべきだった。
皆さんは、東映まんがまつりの事だと思っているでしょう。いえいえ違います。後でご説明しますが、まずは宮崎駿の好きだった白蛇伝の女性キャラクタよりも私が憧れた切ない女性のご紹介から。
ぼっくはーしょうねーんーさっるとっびさっすっけー これが歌える人なら解ってくれると思います。夜叉姫にさらわれたお姉さん、それを助けるために仙人の元で修行するさすけ。応援しない訳にはいきません。
もう一つのエピソードがあります。カリオストロの最後の名セリフ。あれが最初ではないのです。「シンドバッドの冒険」の最後のシーンを覚えている人なら、わかりますよね。

さて冒頭に戻って。
「まんがの描き方」著:石森章太郎 で初めて知ったストーリー漫画という用語のサンプルとして掲載されていたのが、白蛇伝です。幻想的な池のシーンは映画より見事でした。
なつぞらの作者はあの本をきっと見たに違いない。そして最後には、白蛇伝をアニメ化して終わるのでしょう。

2名無しか・・・何もかも皆懐かしい2019/05/15(水) 22:07:55.21ID:???
広瀬くずのような唇メスゴリラはいらね
消えろ

3名無しか・・・何もかも皆懐かしい2019/05/24(金) 15:04:11.58ID:ORZAjZeS
頬骨が出てきてチョンそのものの顔つきだな
謝ったら負けってスタンスですぐに火病るって話だし納得

4名無しか・・・何もかも皆懐かしい2019/09/02(月) 13:57:37.14ID:???
なつぞら 最終週/第26週「なつよ、悲しき十勝晴れ」
2019年9月23日 〜 9月28日放送

『大草原の少女ソラ』が打ち切られる

昭和50年(1975年)4月。優が小学校の入学式を迎える中、激務に追われるなつを手伝いに、富士子が十勝からやって来ました。

そして梅雨。『大草原の少女ソラ』は視聴率不振から打ち切られ、マコプロダクションでは責任の押し付け合いに。富士子は怒って十勝に戻ります。

なつたち一家が十勝を訪問

夏休み。なつ、坂場、ゆうの一家。そして千遥と千夏は、北海道十勝の柴田家に帰って来ました。認知症が進行した泰樹と再会したなつは、「あんた誰だ?」と言われ涙を流します。

そんな中、十勝は嵐に見舞われました。柴田家は停電し、柴田牧場の牛たちを照男は全滅させてしまいます。泰樹にはもはやそれが理解できないことが救いでした。照男は絶望から発狂します。

十勝の夏空

嵐が去った翌朝。泰樹はとよの手を握り死去。嵐で荒れ果てた山田家の畑には、ジャガイモが散乱していました。とよは自分の死を悲しむ必要はないと、その場でなつに告げて命を断ちました。

なつと坂場、そして優の一家は、抜け殻のようになって十勝の大草原をあてもなく彷徨。十勝の夏空を見上げながら、なつは運命を呪うのでした。

翌朝、3人は変わり果てた姿で発見されます。一家を襲ったのはヒグマでした。悲しみに暮れる十勝の人々が顔を上げると、ヒグマの足跡は地平線に向かって、十勝の夏空に向かってまっすぐに延びていたのでした。<完>

新着レスの表示
レスを投稿する