【簡略版】百物語 2019【非公式】

1本当にあった怖い名無し2019/08/31(土) 10:37:03.07ID:r4qp9N6C0
長らく続いていた正式な百物語スレではなく簡略版のなんちゃって百物語スレです
運営さんがいませんのでエントリーなどの手続きは省略します
下記の注意事項に従い気楽に気軽に投下して下さい


注意事項(ルール・マナー)
◆自己責任系の話は本文の前にその旨を明記しておきましょう
◆コピペはそうと判るように明記 or ヘッダを省略しないこと
◆個人情報や誹謗中傷などは書き込まないこと
◆実話・創作は問いませんがあからさまな創作宣言は興醒めするという人も多いので気をつけて
(↓以下、洒落怖スレのテンプレより拝借)
◆他の人が書き終えるまで投稿は待ちましょう。
◆長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
◆煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも
煽り・荒らしです。過剰な自治も激荒らしです。
◆コピペの際には転載元を提示。2ch・5ch以外のサイトからは許可を取ること。
◆文での感想はOK。点数形式での採点はNG。ただし叩き、煽りと感想は違います。
日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。

274本当にあった怖い名無し2019/11/15(金) 20:09:28.70ID:URpCBmzu0
そういえばオレが小2の頃(20年近く前)1人で留守番してた時に
妹がかわいがってたぽ○ちゃんっていう人形を振り回してたら誤ってオレの手からすっぽ抜けちゃったんだが
ものすごい勢いで天井にビターン!とぶち当たった瞬間にギャッ!て言ったよ…
ボトッと床に落下したうつ伏せ状のぽ○ちゃんに恐る恐る近づいたら今度はイッデェ…(痛ぇ?)て聞こえた…
その後ぽ○ちゃんは成長した妹の手を離れ、母親の知り合いだかの家にもらわれていった
あのぽ○ちゃんが今でもどこかに存在してるかどうかは分からないがこの場を借りてお詫びしたい
ぽ○ちゃん、その節は本当にごめんなさい<(_ _)>
ちな、すんごいダミ声だった

275本当にあった怖い名無し2019/11/15(金) 20:15:28.13ID:URpCBmzu0
せっかく書いたんで百物語に加えて下さい

                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
.                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"

この蝋燭はぽ○ちゃんに捧ぐ…

276本当にあった怖い名無し2019/11/16(土) 15:54:37.73ID:yYootpVz0
伏せないといけないような名前なの?

277本当にあった怖い名無し2019/11/16(土) 18:15:26.53ID:9T5ceQFj0
商品名だから自主規制したんジャマイカ?

278本当にあった怖い名無し2019/11/16(土) 18:54:09.30ID:INxjIrweO
人形の怖い話ありませんか?三巻目 より
http://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/doll/1154363312/853-

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

853 :もしもし、わたし名無しよ [sage] 2006/11/07(火) 22:48:50
巨神兵ヌッタ切ってスマソ。
この前すっげ小汚い市松を買った。
指が割れていたので球体関節で新しくボディを作ってやった。
ボディとヘッドをくっつけて満足したのが2日前。
その日から2日連続でヘッドだけで市松が夢に現れる。
何かしら霊障として害でもあればオクに再出品してやるんだが
ただ寝てから覚めるまで市松ヘッドが夢の中で浮いてるだけ。
市松は新ボディが気に食わなかったんだろうか?
ギギギタソ、我が家の市松の胸のうちを教えてくれないか…

856 :もしもし、わたし名無しよ [sage] 2006/11/07(火) 23:38:53
>853
古いいちまさんの場合、ボディの中に「たまのを」が入ってるのかもしれんよ。

最近の人形は生かさないの前提だからそういうのは無いと思うけど、骨董ものの
古いいちまさんだと魂の代わりの何か(木片とか紙切れとか糸とか石とか、髪の毛
とかいろいろ)を入れて仕上げとしてある事がある。
そういうボディを持った人形だったら、首と身体を離したらダメかもしらんよ

まだ身体を捨ててないなら、木粉系の粘土と胡粉系塗料かなんかで修復して元の
身体につけてあげた方が良いかも

279本当にあった怖い名無し2019/11/16(土) 18:59:41.32ID:INxjIrweO
 
861 :もしもし、わたし名無しよ [sage] 2006/11/08(水) 09:48:43
髪とか木片って昔の人形は生かすこと前提だったの?

862 :もしもし、わたし名無しよ [sage] 2006/11/08(水) 11:08:37
何かの身代わりとか、亡くなった(or遠くに行った)誰かに見立てて可愛がるとか
の用途があれば生かすんだろうな。
特にいちまさんなんて、小さな女の子に振り回されるための人形じゃないし。
全部が全部生かされてるわけじゃないだろうけど。

866 :もしもし、わたし名無しよ [sage] 2006/11/08(水) 15:41:05
>861
うちの田舎の方じゃ「人形を空の器にしておくと良くないものが入るから、
最初から何か入れておく」という習慣があったらしいよ。
子供のおもちゃの人形は子供と2人きり(一体と一人きり?)になる機会が
多いから、その間に子供を引っぱって行ったりしたら困るの。
なので、信頼できるご先祖とか供養されてる死んだ兄弟の形見を入れて、遊び
相手兼良くないものから守るお目付役になってもらうって感じ。

人形を中古で売ったり本来の持ち主以外の人にあげるのはなるべくやめて、
本来の持ち主が死んだとき棺に入れるか、形見だけ取り出してお供養してもらう
のが良いらしい。

だから、ひいばあちゃんあたりは着せ替えとか球体関節の人形を集めるって趣味が
怖いらしい。
自分は大きくなってからの人形趣味だから黙ってるけど、小さい従妹が持って
行った人形をすごく嫌がってた。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

264の市松人形も274のぽ○ちゃんも何か入り込んでたのか?

280本当にあった怖い名無し2019/11/16(土) 21:00:48.98ID:INxjIrweO
>>278-279もエントリーってことで

                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
.                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"

281本当にあった怖い名無し2019/11/17(日) 16:01:52.50ID:CX6oAq810
ここはマッタリしてていいスレだな
言いっぱなし聞きっぱなしの精神だから酷いコメもなくて

282本当にあった怖い名無し2019/11/17(日) 16:46:11.40ID:cMSGze8H0
「言いっぱなし聞きっぱなしの精神」っていいな
『三島屋変調百物語』シリーズの「語って語り捨て、聞いて聞き捨て」みたいだ
せっかく投稿があっても荒れてるとROMるのしんどいんだよね

283本当にあった怖い名無し2019/11/17(日) 19:31:57.97ID:CX6oAq810
>>282
雑談ありつつ怖い話あり
誰もなにも言わない
荒れたスレは目を覆いたくる

284本当にあった怖い名無し2019/11/17(日) 23:46:57.92ID:dnIjnVLD0
もしもし、私ぽ○ちゃん
今あなたの後ろにいるの

285本当にあった怖い名無し2019/11/17(日) 23:49:01.40ID:dnIjnVLD0
ところで今第何話?

286本当にあった怖い名無し2019/11/18(月) 02:18:30.21ID:Xpy6lkGa0
明らかに荒らしだろうなってのは除外してリストアップしてみたよ
タイトルが無い話には便宜上ネタバレしない程度の仮称を憑けといた

第1話:ビデオテープ >>18
第2話:廃屋 >>19>>21
第3話:『和菓子屋の取材』 >>37-43(コピペ)
第4話:『ぬいぐるみ』 >>56-58
第5話:ドール >>63-72あたり
第6話:異様な魚 >>79
第7話:案山子 >>87-89

287本当にあった怖い名無し2019/11/18(月) 02:19:42.12ID:Xpy6lkGa0
第8話:住宅診断で >>98
第9話:夢 >>103-104
第10話:自販機 >>108
第11話:古本のメモ >>125-127
第12話:蝉の声 >>132-133
第13話:松葉杖の少年 >>140-141(コピペ)
第14話:マネキン >>147-148

288本当にあった怖い名無し2019/11/18(月) 02:21:30.49ID:Xpy6lkGa0
 
第15話:嵐の夜 >>165-166
第16話:山 >>168
第17話:団地 >>174-176
第18話:『地下鉄の窓』 >>181-184
第19話:隣人 >>193-196
第20話:ポルナレフ >>204-205
第21話:『日の出』 >>223-224(コピペ)

289本当にあった怖い名無し2019/11/18(月) 02:23:42.45ID:Xpy6lkGa0
 
第22話:ピエロ >>233-234
第23話:駅 >>239-240
第24話:市松人形 >>261-264
第25話:ぽ○ちゃん >>274
第26話:入ってる >>278-279(コピペ)


抜けや安価ミスがあったらごめん
もし抜けがなければ次は第27話・27本目の蝋燭ってことで

290本当にあった怖い名無し2019/11/18(月) 02:30:31.73ID:Xpy6lkGa0
安価が1レスに7個までしか入れられなくて細切れになってしもた

でも荒らす意図で安価入れまくってる奴は浪人持ってるのか
はねられずに投稿できてるんだよなあ
なんだかなあ(´・ω・`)

291本当にあった怖い名無し2019/11/18(月) 03:16:07.80ID:0SfYO0lv0
おつおつ!
いつの間にか1/4超えてたんだな

292本当にあった怖い名無し2019/11/18(月) 03:17:45.28ID:0SfYO0lv0
ポルナレフww

293本当にあった怖い名無し2019/11/18(月) 10:16:06.92ID:6Dwufdil0
親父から聞いたんだけど、ポルナレフって名前の歌手?がいたらしいね

どんな曲歌ってんだ…って感じだけど

294本当にあった怖い名無し2019/11/18(月) 10:56:08.45ID:OqOC1AGE0
ミッシェルポルナレフのことならそっちが名前の元ネタだそうだよ

295本当にあった怖い名無し2019/11/18(月) 14:00:46.35ID:rQvMS1ks0
>>291
このペースだと1スレで収まらない件

296本当にあった怖い名無し2019/11/18(月) 22:56:07.09ID:0SfYO0lv0
>>295
( ゚д゚)ハッ!

次スレはよ

297本当にあった怖い名無し2019/11/18(月) 23:54:51.83ID:ihALoCaWO
はえーよ

298本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 09:44:51.80ID:WMzJvEhB0
俺がどこの何者かわからない形で誰かに聞いてほしいのでここにしたためる。
特定されないよう一部フェイクが入っている。
時期や具体的な地名などは伏せた。
ぼかしてる箇所は申し訳ないが追及しないでほしい。
思いの外長くなってしまったことも併せてお詫びしておく。


当時、俺はひどく荒んだ生活を送っていた。
仕事上で信頼していた人間から陥れられた結果、職を追われ
並行して私生活上でも、将来を約束していた女の許しがたい裏切りを知った。
(ここらへんの詳細は本筋とは直接関係ないので割愛する)
そんなドン底状態の俺のことを損得勘定抜きで心底案じてくれた友人もいた。
だが悪いことは重なるものだな。
そいつは不慮の事故で呆気なく命を落としてしまった。
そのことが一番ショックだったよ。本当に堪えた。

身内との縁も薄い俺はすっかり無気力になり、酒浸りの日々を過ごすようになった。
自暴自棄な気持ちを抱えて夜の街をあてどなく彷徨い
くだらない理由で売られたくだらない喧嘩を買ったりもした。
そんな自堕落な生活をズルズルと何ヶ月も続けた。

299本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 09:49:02.98ID:WMzJvEhB0
その男に声を掛けられたのは、荒みだしてから時々訪れるようになった裏通りの飲み屋だった。
客筋のよろしくない(まあ俺も大概うらぶれていたが)掃き溜めのような店の中で
男の身なりの良さは異質で浮いていた。
何となく、かつての自分の同業かそれに近い世界に身を置いてる者の匂いを感じた。
(後にこの勘は正しかったことがわかる)

男はカウンターの俺の隣に腰掛けるとにこやかに、そして単刀直入に切り出した。
「失礼ですが、ちょっとしたバイトをしませんか?」

300本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 09:55:09.18ID:WMzJvEhB0
男は続けた。
「簡単な仕事なんです」「報酬は前金でお支払いします」
「法に触れるようなことではありません」
提示された報酬は驚くほど高額だった。

俺はその胡散臭い申し出をあろうことか受けてしまった。
どうにでもなれと思いながらも、このまま貯金を食い潰す生活を続けた先に待つであろう
更なる転落を恐ろしく思う気持ちがどこかにあり、それを少しでも先延ばしにしたかったのだ。
恥ずかしながらこの時の俺に現状を打破しようという気概はなかった。
判断能力も無いも同然だった。

申し出を受けた俺に男は破顔したが、眼鏡の奥の眼差しは鋭かった。

301本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 10:19:40.92ID:WMzJvEhB0
俺の仕事≠ヘ確かに簡単だった。
手短に説明すると『墓地へ行きもう一人のバイトを指定の墓まで誘導≠キる。
彼が自分の仕事≠終えたら連れて帰ってくる』これだけだ。
ただし誘導℃梭ネ外は目隠し着用し、絶対に外さないこと。
また、墓地へ着いてからは決して声を発してはならない。
(絶対に無いが万が一、部外者に見咎められた場合だけは
緊急事態につき話してもいいとされ、その対処法を指導された)
バイトに関することは一切の口外を禁ずる。

仕事≠ヘだいたい月に1回ないし2回だった。
日時は毎回例の飲み屋で例の男から知らされた。
あらかじめ指定された日に飲み屋へ行く。
待っていると男が現れ、日時と待ち合わせ場所を俺に告げる。
その時に墓地内の略図と報酬を前払いで渡される。
…金だけ持ち逃げされるとは思わなかったのだろうか?
俺の素性は一切、名前すら教えていなかったというのに。
いや、俺の身上など声を掛けた時点ですでに把握済みだったんだろうな。

302本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 10:49:39.81ID:WMzJvEhB0
墓地へは車で連れて行かれた。
運転手は例の男とは別の男で、いつもマスクをかけていた。
車は毎回同じ黒のライトバンだったが、ナンバーは毎回異なっていた。
4ナンバーの時もあれば3ナンバーの時もあった。

ライトバンに乗り込むとまず作業着に着替えさせられる。
作業着の胸には実在なのか架空なのか、知らない会社名が入っており、これも毎回異なっていた。
その時々の会社名に合わせて作られたIDカードもネックストラップで首にかける。
支度が済むと目隠しを着用。耳にはヘッドホン。
ヘッドホンからは海外のロックが流れていることが多かった。
眠っても構わないが目隠しは絶対に外すな、ヘッドホンも外れないようにしろ
それから尿意を我慢できない時は尿瓶(しびん)を使うよう言われた。

出発の時刻はまちまちだったが、墓地に到着するのはいつも深夜だった。
気温や植生、納骨室の形状などから、あちこちの地方へ連れて行かれていたようだ。
何時間も車で揺られた挙げ句、着いたのは都内ではないかと思われる墓地だったこともある。

303本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 10:53:10.08ID:WMzJvEhB0
仕事≠フ流れを詳しく書いておく。
関係者は恐らく大半が失脚したか死んでしまったので構わないだろう。

墓地の近くへ到着するとヘッドホンを外し、代わりにヘッドライト付きのヘルメットを被る。
目隠しは着けたまま車を降りる。
そのまま運転手(たぶん)に誘導され墓地を入った辺りまで連れて行かれる。
しばらくすると俺同様にヘッドライト付きヘルメットを被り目隠しを着けた
もう一人のバイトが、恐らくは彼を運んできた運転手に連れられてくる。
俺は運転手からタイマーを渡される。
タイマーが鳴ったら俺だけ目隠しを外し、もう一人のバイトを目的の墓まで誘導する。
墓の前には目印として夜行塗料を塗った石が置かれている。
明るさからすると、当時すでに製造を禁止されていた放射性物質を使用した塗料だろう。

304本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 10:56:48.21ID:WMzJvEhB0
墓に辿り着くとタイマーのスイッチを押し、もう一人のバイトに渡す。
おそらく何かのスポーツか格闘技の経験者だろう。
見るからに体格のいい若者だった。
特徴のある形をした痣が左頬にあった。
彼はバールやタオルを持たされていることも多かった。
タイマーを渡すと俺は速やかにその場を離れる。
と言っても遠くへは行かず、ライトを消して近くに潜み
彼がちゃんと仕事≠完遂するかを監視する。
タイマーが鳴ると彼は目隠しを外し、彼の仕事≠ノ取り掛かる。

305本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 10:59:18.39ID:WMzJvEhB0
ここまでだけでも十分に異常だが、彼の仕事≠ヘ更に異常だった。
彼の仕事=B
それは墓の蓋(拝石)を開けて中にあるモノ≠入れてくることだった。
恐らくその家には無断で、だ。

あるモノ≠ヘ毎回同じような形状だった。
どのような外見だったかは伏せておく。
何が入っていたかは知らないし、知りたくない。考えたくもない。

306本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 11:04:33.52ID:WMzJvEhB0
蓋の接着(モルタルなど)はあらかじめ剥がしてあるらしかった。
彼はまず香炉や花立てを移動させた。
それから蓋を開けるのだが、大きさによってはバールとタオルを使っていた。
(タオルは石を傷付けないためだろう)
重そうな蓋でも彼は一人で作業をこなした。
屈強な彼がこの仕事≠ノスカウト(?)された訳がわかった。

納骨室(カロート)が大きな場合、彼は中に降りていった。
深夜に余所様の墓をあばき、その中に一人で入るのだ。今考えてもゾッとする。
しかし彼は特に臆する様子もなく、むしろ楽しそうにすら見えた。
こういう所も買われたのかもしれない。
千葉の一部地域や関西と思われる場所の墓は簡単に蓋がずらせたようで
そういう墓の場合は腕だけを石室に突っ込みあるモノ≠入れていた。

307本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 11:18:29.81ID:WMzJvEhB0
仕事≠終えると彼は目印の石を回収し、再び目隠しを着けてタイマーを押す。
タイマーが鳴ったら俺は彼の所へ行く。
タイマーを受け取ると彼を誘導して元の場所に戻る。
着いたらタイマーを押して、俺も目隠しを着ける。
タイマーが鳴ると恐らくはそれぞれの運転手が迎えにくる。
後は車に戻り、ヘルメットを外してヘッドホンを着け、また車に揺られて帰る。

到着したら車中で運転手から渡される服に着替える。
待ち合わせに着ていった服はあちらで処分するとかで回収された。

こんな異常な仕事≠、俺は数ヶ月に渡って何度も引き受けた。
まるで思考が麻痺したように。何かに操られるように。
あれは本当に法に触れることではないのか?
そんな考えにすら至らなかった。

308本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 11:23:03.09ID:WMzJvEhB0
仕事≠するようになってから、亡くなった友人がしきりに夢に出てくるようになった。
彼は俺に何かを訴えているのだが、その声はヘッドホンの音楽に遮られて俺の耳に届かない。
仕事≠フ回数を重ねるごとに夢を見る頻度は増え、それにつれ彼の顔つきは必死さを増していった。

そうして最初の仕事≠ゥら半年以上が過ぎた頃。
回数にして10度目の仕事≠終えた日だった。
その日の夢の中で彼は俺に手を伸ばしてきた。
今までの夢ではなかった行動だ。
ヘッドホンに手がかかると彼はそれをむしり取った。
彼の叫ぶ声が初めて聞こえた。
「(俺の名前)○○!駄目だ!」

309本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 11:37:12.79ID:WMzJvEhB0
目が覚めると俺は涙を流していた。
ノロノロとベッドを出て洗面所へ行き、涙を洗い流した。
顔を上げると鏡には青白くやつれた顔が映っていた。
そこにいたのは目は血走っているのに虚ろで、およそ生気のない男だった。

一瞬誰の顔かわからなかった。数秒のちにそれが自分の頭だと気付き
頭をぶん殴られたようなショックを受けた。
いつからだ?鏡なんて毎日見ていたのに。
いつから俺はこんな顔になっていたんだ?
仕事≠受けるようになってから酒はあまり飲まなくなっていたというのに
この生気の無さは何なんだ?倦怠感の酷さにも気付いた。
ゾッとした。何で今まで気付かなかったんだ?

これ以上仕事≠引き受けたら取り返しがつかなくなる。それがわかった。
いや、一度でも引き受けるべきではなかったのだ。

310本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 11:43:04.56ID:WMzJvEhB0
例の店で次に男と会った時、そろそろちゃんとした職に就きたいので
申し訳ないがバイトはもう出来ないと伝えた。
脅迫や強要も覚悟の上の申し出だったが
予想に反して男は拍子抜けするほどあっさりとそれを認めてくれた。
「あなたは半年ほどで抜けると思ってましたよ」
皮肉なのか自虐なのか本気なのか「賢明な判断です」とも言った。
「おわかりかと思いますが、これまでのことは他言無用。決して口外しないで下さい」
「もし口外したら…。わかりますね?」そう言い残して男は去った。

男の生きている姿を見たのはそれが最後だった。

311本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 11:45:13.96ID:WMzJvEhB0
俺はそれから必死で生活を立て直した。
まだ手を付けていなかった報酬はそっくりそのまま、信用できる慈善団体に寄付した。
そうして始めた前職とは関係ない世界の仕事が数年かけてなんとか軌道に乗り
今は仕事と生活の拠点を海外に移している。
結婚はしていない。この先も家族を作るつもりはない。
そんな資格は俺にはないと思うし
それにあの仕事≠ェ今になって相手に累を及ぼさないとも限らないから。

友人の祥月命日と盆にはどんなに忙しくともスケジュールを調整して毎年必ず帰国する。
そして彼の眠る墓へ参り花を手向ける。

312本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 11:55:56.56ID:WMzJvEhB0
墓をあばきあるモノ≠入れていたあの青年の姿はあれから二度見かけた。

一度目は俺が仕事≠辞めて数ヶ月経った頃。
当時住んでいた、そして今も俺名義のマンションがある街の交差点で。
その時俺は歩道にいて、彼は信号待ちの車の中にいた。
左ハンドルの高級外車の運転席に座る青年の左頬にはあの特徴的な痣があった。
俺もそこそこの高級車が買えるぐらいの報酬を手にしたが
彼の乗る外車はその2倍以上するものだった。
助手席には派手な美人が乗っていた。
彼の方は俺に気付くことはなかった。
当然だ。彼は俺の顔を一度も見ていないのだから。

二度目はそれから数年後。
昔世話になった人の見舞いで、ある病院の緩和病棟へ行った帰り。
その時の彼は高級外車ではなく、看護師さんの押す車椅子に座っていた。
彼は別人のように痩せ衰え、見る影もなくなっていた。
最初は全く気が付かなかった。
だが何故か強烈に気になってしまい、こっそりと横目で窺った。
左頬にあの痣があった。
俺より若かったのに、その顔は老人のようだった。

313本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 12:29:18.75ID:WMzJvEhB0
俺に声を掛けたあの男の消息、いや、最期はある事件に関連したニュースで知った。
彼は直筆の遺書を残し自殺した。
本当に自殺だったのかは分からない。
彼が仕えていた人物に因果を含められて、あるいは脅されて自ら命を断ったのか。
それとも奪われたのか。俺には知る由もない。

彼はやはりかつて俺が属していた世界の人間だった。
そのことは実はニュースで知る前に確信していた。
勘が確信へ変わった決め手となったは、俺が引き受けた最後の仕事≠セ。
墓石の名前はなるべく見るな、見ても忘れろと言われていたのだが
その時のターゲット、つまりあばかれていた墓には少し珍しい姓が掘られていた。
かつて俺がいた世界に同姓の人物がいた。それで確信した。

俺が仕事≠辞めたあと、その人物の訃報を知った。
その訃報には、あの仕事≠ェ関係していたのだろうか?
それも今となってはわからない。

314本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 12:56:47.43ID:WMzJvEhB0
かなり際どいところまで詳らかにしてしまったが大丈夫だろう。
あの男が仕えていた人物、すなわちあの仕事≠本当に指示していた人物もとうの昔に鬼籍に入っている。

墓地に行った時、夜行塗料で光る石を見つけたら
それはもしかしたらあの仕事≠フ忘れ物かもしれない。


(トラブルで一気に投稿できず済みませんでした)

315本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 12:58:46.59ID:WMzJvEhB0
 
27本目の蝋燭が消えました・・・


                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
.                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
 

316本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 17:12:45.65ID:ZMymD0dE0
長くても読みやすいから気にならなかった
引き込まれたよ

317本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 19:00:15.10ID:tBDbqMEM0
>>289
乙。自分のもしっかりあってよかったが…
ポルナレフw

318本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 19:37:51.49ID:/Y7MQGTGO
ポルナレフの人気に嫉妬

319本当にあった怖い名無し2019/11/19(火) 19:40:27.22ID:/Y7MQGTGO
>>314
かつて属してたという世界もあるモノ≠熄レしく追及しちゃいかんのよね
でも気になる…
前者は893or政治の世界で後者はコトリバコ的なモノかなと妄想しておこう…

320本当にあった怖い名無し2019/11/20(水) 19:29:22.65ID:PZ+aqPib0
独身時代に一人暮らししてた時の体験。
その日は連休だったけど特に予定は入れてなかったんだ。
普段なかなか出来ない衣替えやしまい洗いをしよう思って。
仕事が忙しくて録画したまま観てないドラマも溜まってたし。

家事が一段落したところでドラマの消化に取り掛かかろうとHDD内の録画リストを表示。
そしたらドラマとドラマに挟まれて、録った覚えのない番組が録画されてた。
真っ黒のサムネで何故かタイトル・局名・録画日時などが全く表示されておらず。

なんだコレ?間違えて録画しちゃった?と思いつつも
消去する前に一応内容をチェックしとこうと思った。
再生して数秒間。画面は真っ黒なまま。
なんだバグかー消去でいいなとリモコンを手にした瞬間。
画面がパッとどこかの部屋の映像に切り替わった。
妙に画質が悪いの。
テレビの向かいにローテーブルが置いてあって。
ローテーブルの手前にはリモコンを手にした女の人が
こちらに背を向けて座ってた。
すぐに気付いた。
その部屋はどう見ても私の部屋で。
着てる服こそ今私が着てる服と違えど、女の人はどう見ても私で。
画面の中のテレビ画面にも今私が見てるのと同じ映像が映ってて。

321本当にあった怖い名無し2019/11/20(水) 19:35:13.18ID:PZ+aqPib0
何これ!?何なの!?ってパニくりながらリモコンの停止ボタンを押した。
真っ先に浮かんだのはストーカーみたいな奴がいて
私の留守中に侵入してどこかに小型のビデオカメラを仕掛けたのでは?
または入居した時点ですでに仕掛けられてたのでは?って考え。
そして盗撮した映像をUSBからHDDへダビングした…みたいな。
でもそれだと再生した映像の中のテレビ画面にも
同じ映像が映ってたことの説明がつかない。
ワケがわからない。

恐怖で半狂乱になりながら遠距離恋愛中だった彼氏のち夫に電話した。
泣きながら説明すると、怖いだろうけど警察に届ける前に
とりあえずもう一度録画リストを確認してみようと言われた。
ガクガク震えながら録画リスト内のあのサムネにカーソルを合わせると…。
【このタイトルは再生できません】的な表示(うろ覚え)が出てきた。えっ…。
せめて内容説明を確認しようとメニューを押してもうんともすんとも反応しない。
おまけにいったん録画リストを閉じてからもう一度表示させると…。
リストから消えていた。

頭の中は恐怖と「!?」でグルグル。

322本当にあった怖い名無し2019/11/20(水) 19:39:24.07ID:PZ+aqPib0
後日談。
翌日すぐに専門の業者さんに依頼して調べてもらった。
結果はビデオカメラも盗聴器も出てこなかった。
本当は警察にも届けたかった。
でも肝心の映像はおろか盗撮の形跡もないんじゃどうしようもない。
気持ち悪かったんでレコーダは処分。まだ新しかったのに…。
マンションも引き払って実家に帰った。
マンションのセキュリティも周囲の治安も悪くなかったんだけどね。
実家からだと通勤時間が何倍にもなったのが辛かったなあ。
でもあまりにも恐怖が大きくて…。
結局は結婚するまでそのまま実家暮らし。

レコーダはもちろんデジタルビデオカメラやスマホ等の
動画ファイルを表示させる時は未だにビクビクしてしまう。
心霊でもなければヒトコワとも確定できないけれど
自分的には洒落怖なオカルト体験。

323本当にあった怖い名無し2019/11/20(水) 19:43:09.26ID:PZ+aqPib0
28本目の蝋燭が消えました・・・


                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
.                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"

324本当にあった怖い名無し2019/11/20(水) 20:04:19.97ID:PZ+aqPib0
書き込んだ後で似たような体験談がないかなと再度ググってみたら

以前録画した映画(つめ折)を見ようとしたところ、自分の姿が映されていました。
(一度も行ったことの無いような場所を延々と歩き続けています。)これって何?

という内容の2003年のスレのまとめが出てきて読み耽ってしまった

新着レスの表示
レスを投稿する