不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part104 [無断転載禁止]©2ch.net

1本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 14:54:03.09ID:anMCbVryO
ありえない場所、もう会えない人、今ではない時間、
幼い頃の不思議な記憶、見えるはずのないもの。
そんな、怖くはなくても奇妙な経験を書き込むスレッドです。

◆煽りは放置。点数・論評つけもやめよう。
◆気のせい、勘違い等の根拠の無い一行レスは控えましょう。
◆夢ネタは専用スレへ
「夢」で検索すればその種のスレが山ほど出てきます。
◆金縛り・幽霊はなるべく別スレで。
◆次スレは>>980が立てること。

※神社仏閣板の有名荒らしヨウニン・キムベン・聖染、スピ・占い関連板の荒らしヒス婆(キチガイ詐欺占い師の竹下宏)の書き込み禁止。

※まとめサイトのリンクを貼ると荒れる原因になるので各自でググって下さい。

前スレ
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part104
http://mao.2ch.net/test/read.cgi/occult/1499224290/

2本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 15:01:12.18ID:anMCbVryO
保守

3本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 15:11:38.69ID:anMCbVryO
保守

4本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 15:16:23.64ID:anMCbVryO
保守

5本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 15:21:16.76ID:anMCbVryO
保守

6本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 15:26:09.20ID:anMCbVryO
保守

7本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 15:41:35.57ID:anMCbVryO
保守

8本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 15:54:51.81ID:anMCbVryO
保守

9本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 16:07:46.50ID:anMCbVryO
保守

10本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 16:12:18.84ID:anMCbVryO
保守

11本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 16:26:55.42ID:anMCbVryO
保守

12本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 16:35:29.10ID:anMCbVryO
保守

13本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 16:41:48.46ID:anMCbVryO
保守

14本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 16:47:04.99ID:anMCbVryO
保守

15本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 16:55:35.67ID:anMCbVryO
保守

16本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 17:00:20.90ID:anMCbVryO
保守

17本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 17:18:20.73ID:anMCbVryO
保守

18本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 17:25:49.81ID:anMCbVryO
保守

19本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 17:31:12.10ID:anMCbVryO
保守

20本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 17:45:53.17ID:anMCbVryO
保守

21本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/07(木) 18:02:13.85ID:IaTptkXF0
>>1

22本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 04:08:20.61ID:ForfDQRH0
>>1乙、ありがとう

23本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 06:27:19.60ID:4hTxNCz/0
稲の話はアニメ「蟲師」のような感じの話
むしろアニメ蟲師はこのスレを参考にしていたのかも
CSで再放送してたのを何話か見たが、地上波でやるには陰鬱な感じだと思ったが

本放送時はいわゆる深夜アニメというものだったんだな

24本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 07:35:13.11ID:q0WiGAZhO
前スレの稲の話、良かったな
怖いわけではなく(農家にとっては幽霊より怖いかもだが)
真っ青な青空の下、一面青々と広がる稲穂の中に、一本だけ頭一つ高く、金色に輝く稲
舞台となる情景が絵画的で、よく目に浮かぶ

また、その異分子稲が悪い奴なのではなく、周りが勝手に影響されて悪くなってしまうってのが
含蓄の深い良い話だった

人間社会でも同じような例があるな
一人のカリスマの周りに頭空っぽの取り巻きや信者が群がってる光景
もちろん本当は青いのに、自ら金色に塗りたくって周りを欺くのもいるが
大抵は、異分子稲自体は無意識に金色で、周りが勝手に悪くなっていくんだよな

25本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 07:37:51.79ID:q0WiGAZhO
あ、>>1

異分子稲の話、自分はブラッドベリのSF短編みたいだと思った

26本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 08:22:34.93ID:7I3xMJaL0
先月から室内30cm水槽で、青メダカ4匹、ミナミヌマエビ2匹、稚エビ2匹飼ってます。青メダカが毎週死んで行きます。今までに計20匹は☆になってます。水槽には最大4匹しかいれてません。
初めの頃は、病気持ちで死んでた様ですが、最近は見た目も元気そうで体も糞にも異常はなさそうです。エビは1匹も落ちてません。これはなにが起きているんでしょうか?

27本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 12:06:29.22ID:G1MtYm3t0
>>26
それ4匹ってホント?偶然だけど四重呪のマジナイになっちゃってるよ
今すぐ処分したほうがいい

28本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 12:24:17.55ID:j53mzC5R0
>>27
なんだよその訳のわからないアドバイスw
まじない厨ってこれだから嫌われるんだよ

29本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 12:50:53.14ID:NgJT1aSQ0
>>26
アクアリウムスレで聞けよ
どう考えても残ったメダカが単に丈夫だっただけだろ

30本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 13:42:12.27ID:LtjL7/4k0
前スレ>>985です。
こちらでよいようでよかった。ありがとう。
昔から趣味でいろんな人に話きいて集めてるんだけど、手持ちにはあんまり怪談! てほど怖い話がなかったもんでw

31本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 21:59:53.20ID:epZPGHb/0
稲の話、久々にenigumaらしい話って感じで面白かったよ
また面白い話あったら書き込んでくれるとありがたい

32本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 22:10:48.63ID:nycs+DMa0
>>23
普通に考えて蟲師の話を改変して書き込んだんだと思うけど・・・

33本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 22:36:12.76ID:4hTxNCz/0
やはり蟲師感強い話だったなw

34本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 22:46:17.89ID:Q0/XT6Cu0
蟲師って祖父母から聞いた話がネタになってたりするからなー

35本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 23:12:08.42ID:xxzYt1FU0
「蟲師って祖父母から聞いた話がネタ」だってことになっていたりするからなー

36本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/08(金) 23:59:09.43ID:UIpn0V4v0
蟲師の作者はジジババに言い伝えとか寝物語とか取材してるからな

37本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/09(土) 00:18:25.52ID:DpQCuJwT0
つまりはこのスレenigmaと同じことをやってるんだな

38本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/09(土) 05:40:05.25ID:Xpi2C6wn0
>>35
日本語おかしいで

39本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/09(土) 11:14:17.68ID:Ah8Lou6I0
何年か前の体験?なんだけど。
用事があって普段乗らない電車に乗ろうとして、ホームにあるベンチに
座ってたら、私が乗るのとは別の電車が来て人がそこそこ降りて来た。
そしたらその中に、全身血まみれというか怪我まみれで包帯まみれの
中学生くらいの男の子が降りて来た。

男の子は体操服で、でっかいスポーツバッグを持って思いっきり足を
引きずりながら歩いている。
とにかく全身に怪我をしていて、包帯が頭をはじめ色んな所に巻いて
あったけど血が滲んでるし、とれかけてゆるゆる、巻いてない所も細かい怪我って状態。
イジメでつい先ほどリンチに遭いましたとか、車に轢かれましたってくらい生々しい傷。

思わずベンチから立って「大丈夫!?どうしたの!?」ってほんとに
声をかけそうになった、
けど声が出る直前にすごい違和感を感じた。
何故か周りの誰もその男の子を見ていない。
男の子の後ろから来る人も前から来る人もそこそこたくさんいる。
チラッとでも男の子が視界に入ったら、信じられないくらい怪我まみの
男の子を絶対ちょっとは見るはずなのに、本当に誰もチラッとも見ない。
もしかして私にしか見えていない?って思った瞬間怖くなって、声をかけれなくなった。

今も時々あれは生きてる人だったのかなーって思う。
ちなみにきさらぎ駅かもで有名な?浜松市の赤電のどっかの駅です。

40本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/09(土) 11:33:51.22ID:4yRjMhrB0
>>39
俺が電車内で大量にゲロ吐いた時に周りの人間には俺の事見えてない感じだったぞ
関わりたくないだけ

41本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/09(土) 12:35:32.36ID:uORSlepx0
>>39
声かけない理由は君も体現してる
皆関わりたくないだけ

42本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/09(土) 16:28:36.72ID:nEL2tf1s0
てか幽霊じゃないほうが怖くね?

43本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/09(土) 17:27:34.03ID:w8Sb5dXr0
あら、蟲師に同じような話がありました? これは失礼。
では別の話でも。といって、こちらもありがちといえばありがちですが。


今度は同僚がしてくれた話。
彼女が街で遅くまで遊んだ帰りの電車内でのこと。

空いていた席に落ち着いた同僚。
隣では30歳前後のサラリーマン風の男性が、大きく仰け反ったような体勢で寝ている。

アゴまで突き上げたようになっている隣人の様子に内心苦笑していると、おかしなことに気付いた。
男性の顔が二重になっているのだ。
仰け反った体勢のまま天井を向いている本来の顔の上に、投影された立体映像のようなもうひとつの顔が貼り付いており、
それが無感情にこちらを見つめている。

おどろいた同僚は即座に目を逸らしたのだが、しかしその顔はやがて彼女に言葉を発し始めた。

「なあ、なあ、」
「つまらん、つまらんなあ」
「なあ、つまらんなあ、つまらんなあ……」

同僚は初めこそ恐怖をおぼえたものの、延々繰り返されるボヤキを聞く内だんだん哀れに思うようになり、
いつしかお互い大変だよなあ――などと同情していたそうだ。

しばらくすると、電車は快速待ちのためホームで停車した。
もうひとつの顔のボヤキは続いたが、不意に生気が灯ったかと思うと、
「はあ……」と深く溜息をついたのを最後に、滲み込むように消えた。

とたん隣人はふがと鼻を鳴らし、一拍遅れて飛び起きたかと思うと、
ちょうどやってきた快速電車に乗り込んでいったそうだ。

44本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/09(土) 18:54:09.96ID:m53DbbkY0
前スレの稲の話だけど子どもに語る昔ばなし212話の66番目の弥八じいさんの麦と
非常に似通ってるね

九州地方の話で簡潔に説明すると、
弥八という働き者のおじいさんがある時自分の畑にずば抜けて大きな麦の穂を見つける
その日の夜に夢でその大きな穂がみるみるうちに畑中に広がる
おじいさんはその夢の通りにその麦を何年もかけて増やしていく
そしてついに畑中にその麦を増やしたところで噂を聞いた村人が種を分けてもらいに来る
おじいさんは優しいので村人に種を気持ちよく分けた結果、村中にその麦が行き渡る
弥八おじいさんはつつましい一生を終えたが、食べるととても大粒でおいしいその麦はその後、弥八麦と呼ばれ日本中に広まったとされるお話

もしそれがその麦に近いものだとしたら、それはおそらく伝説の稲なのかもしれないね
そして今度見つけたら時間かかるけどこの方法で増やしてみて欲しいと伝えて欲しい

45本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/09(土) 23:37:43.14ID:5g7l+lsv0
…?

46本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/10(日) 06:36:52.45ID:mVz4y0rv0
刈り取らないと他の稲に影響が出ちゃうんじゃなかったっけ?

47本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/10(日) 11:44:08.33ID:18CcUpt60
四国って野良犬多いんだけど
歩き遍路してる時に野宿してた、場所は銭形のある辺り
そろそろ日もくれるって時に野犬の群れが来た
襲って来たりはしないんだけど
荷物荒らされたら困るし、怖い
10頭くらい居て、急に走り寄って来て唸ったりして
ほんとに怖いなーって思ってたら
黒犬が来た
黒なんだけど、普通の黒毛ではなく逆光で見たみたいにシルエットというか輪郭がチリチリ光ってるように見えた
その犬が来たら他の犬はピタッと動かなくなって唸ったり吠えたりするでもなく黒犬の方を見てた
黒犬も野犬達の方に向かって立って、睨み合いみたいな感じが1、2分くらい続いてたんだけど
黒犬が山の方にスッと歩き出したら野犬が1頭残らずみんなついて行って2度と戻ってこなかった

48本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/10(日) 12:47:01.82ID:Wxy8UAZe0
犬神やないの?

49本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/10(日) 15:55:08.00ID:sFJqc/xx0
わんちゃんかわゆ

50本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/10(日) 22:19:36.08ID:aHkAOrIA0

51本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/11(月) 00:51:30.73ID:qzC7K+Dr0
>>39
そりゃあ幽霊だろう

52本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/11(月) 00:51:47.60ID:lF6mm8Kp0
>>46
刈り取らないと他の稲に影響が及ぶのなら
他の稲がないこの稲の種だけを育てる畑を用意して増やす

科学的に考えるなら突然変異の稲でこいつに他の稲全部栄養吸われてるかもしれん
高麗人参みたいに隔離して育てるならいけるはず

なお、高麗人参は薬効が高いのは土地の栄養全部吸ってるからで
この稲を食べると長生きするのもそこにあるかも

53本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/11(月) 17:12:32.57ID:9R0TAHry0
以前「マジメに働いている」という不可解なアフォ話で
地元大企業関連で不当解雇になった。

余りのバカ事件で関係者は「知らん」と言い張り
地元のヤツもバカバカしく僕本人に事情を言えない

その大手企業はバカ話の隠蔽に必死

その大手企業検索結果に 大アホ隠蔽事件がズラと上位表示
グーグル先生は賢いネ

「鳥取市 リコー」「リコー鳥取工場」検索笑えるな

54本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 18:09:06.28ID:kaCSdF3u0
かなり変な話なんだが書いてみる

2年前に84歳で死んだうちのジイちゃんなんだが、戦後の闇市を生き抜いてきた世代で、
背中には見事な不動明王の入れ墨があった。まあこれは本題には関係ない。
このジイちゃんが死ぬ3年ほど前から半ボケ状態になって、自室で寝たきりで過ごすことが多くなった。
暴れたり徘徊するわけではないし、トイレには自分で起きてくるのでそんなに手はかからない、
食事の世話は俺の嫁がやっていたが、食はどんどん細くなっていったな。
それがある朝、家族がキッチンで朝食をとっているところに、
背筋をのばして大股で歩いてきて、突然「鏡を買ってきてくれ」と言い出した。

「ジイちゃん、鏡は部屋に掛けるのか。なんなら鏡台を持っていこうか」と聞くと。
首を振って「庭にすえる」って言う。続けて、
「俺はもう長くないから、あれが入ってこようとしている。ひっ返させねばならん」
こんな話になてらちがあかない。
「あれって何だい?何が来るって?」 「・・・・」
「鏡くらい いいけど。どんくらいの大きさ?」
ジイちゃんは少し考えた後、手で50cm四方くらいを示したんだ。
でまあ、それでジイちゃんの気が済むのならいいかと思って、
その日の仕事帰りにホームセンターで壁に掛ける用の鏡を買ってきた。

55本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 18:10:14.47ID:kaCSdF3u0
そしたらジイちゃんは、包装をといた鏡を両手で抱えて外に出ようとした。
これは外はもう暗いし転んでもしたら大変だと思って、
俺が鏡を持ってジイちゃんといっしょに外に出たんだよ。
うちは田舎なんで庭はけっこう広い。門から数m敷石が続いていて、いろいろ庭木が植えてある。
ジイちゃんはその敷石から外れた、ちょうど1階のベランダの前に来て、
「ここに鏡を立てろ」って言う。そんなことをしたら庭の景観が台なしになてしまうが、
あまりにしつこく訴えるので、土を少し掘り、ゴロタ石を支えにしてその場所に鏡を立てかけたんだよ。
これをやり終えると、ジイちゃんは鏡の前に出て映った自分の姿をためつすがめつ見ていたが、
にっこり笑って家に入っていったんだよ。

それから、夕方ころにジイちゃんは鏡をボロ布で磨くようになった。
鏡は雨ざらしだから、どうしても雨滴などで曇ってしまう。それを拭いてたんだな。
それである日、ジイちゃんは家の中に入ってくるなり「あれだけではダメだ、常夜灯を買ってきてくれ」
とさらに要求を出した。よくよく話を聴いてみると、鏡の近くにスポットライトのようなのを設置して、
夜の暗い中でも、鏡に映った姿を見られるようにしたいってことらしかった。
何がなんだか皆目わからないが、どうせついでだと思ってそれもジイちゃんの言うとおりにしたんだよ。
でもまあ、鏡も常夜灯もずっとあるだけで、特別変わったことはないと思ってた。
そのうちにジイちゃんの容態が悪くなって、市内の大学病院に入院した。

56本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 18:12:48.42ID:kaCSdF3u0
死ぬ前はかなり意識が朦朧としてたんだが、いよいよ臨終というときに、
酸素マスクを自分で外して、「あの鏡、俺の四十九日が終わるまで片づけるなよ」みたいなことを言ったんだよ。
それでジイちゃんの葬式が終わって四十九日も過ぎて、さて鏡を片づけようかとしたときに、
嫁が変なことを言い出した。「あの鏡、ほんとうに片づけても大丈夫かしら」って。
「えー何で?」 「私、こないだ10時ころに外に出たときに見ちゃったのよ」
「何を?」 「うずくまったままの状態であの鏡の前まで歩いてきた女がいたのよ」
「どんな女?」 「それが全体的に薄汚れてボロボロの服を着た若い女で、頭にはスカーフをかぶってた。
その女が鏡を覗き込むと。ヒッという声を出してパッと消えたの」
「どういうこと?」 「あの鏡がその女を追い返したんじゃないかと思う。
おじいちゃんは何か知ってたんじゃないかしら」まあこんなことがあって、
鏡はしばらくそのままにしておいて、こないだやっと撤去したんだよ。

57本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 18:34:50.86ID:jPkyJpth0
ほえ〜おもしろい
その鏡は爺ちゃん亡き後は磨いたりとかしなかったの?
鏡にお爺ちゃんの姿を焼き付けて追い払ってたのかな

58本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 18:41:53.45ID:UiJzG/Af0
>>56
うずくまったままの状態であの鏡の、のところを読んだ瞬間、向こうから「ヒィーーー」っていう女の人の声みたいな音がして心底びっくりした('A`)

59本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 19:22:02.68ID:0zeJRiPW0
後日談を知りたい

60本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 19:35:27.83ID:kaCSdF3u0
>>59
後日談は何もないよ
その女の正体を調べようと古いアルバムとか引っ張り出しても
ジイちゃんの若い頃の写真なんて1枚もないんだ 
親戚も知らないって言うし、ジイちゃんは男だけの3人兄弟でその人たちもみんな死んでるし
やだ嫁が言うには、庭に来た女は笠置シヅ子とかの終戦直後の服装みたいだったらしい

61本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 19:39:36.15ID:XeQoWZOd0
もしかすると四十九日が終わったらとっとと片付けてその女も解放してやらなきゃならなかったのに、置いたままだから女も毎日やってきては追い返されるを繰り返していたんじゃあ

62本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 21:05:58.44ID:dcA93Fmk0
いやー面白かった
オカ板でこんなに充実した気分になるのは久しぶり

63本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 21:36:45.75ID:/wShqC+P0
私は今年43歳になるしがないサラリーマンの営業職です。
中学生の娘と小学生の息子がおります。
つい3日前の出来事です。・・・朝、目が覚めると寝室のカーテンの隙間が開いていて、
そこからキラキラした光の束が差し込んで、ちょうど布団の胸のあたりにあたっていたんです。
「あれ、変だな」と思いました。
これまでそんなことはなかったですから。そもそもその窓は東向きじゃありません。
起き上がろうとしたら、耳元で「今日一日よろしく頼むぞよ」という声が聞こえました。
驚いてあたりを見回しましたが誰もいません。
家内はもう起きて、朝食のしたくをしているようでした。

窓のそばに寄りカーテンを開けると空は晴れていましたが、
やはり日があたっているということはありません。
今の声といい不思議でしたが、そのとき自分の体に力がみなぎっていることに気がついたのです。
これが普段なら、あーまた1日外回り仕事だ、かったるいなあと思うところなのですが、
そのときは何というか、強力なドリンク剤でも飲んだような感じで、
胸の底にやる気があふれかえっていたのです、
「うおー」と叫びながら洗面所に突進し顔を洗うと、
ダイニングに行って大声で「おはよう!」と言い、朝飯を茶碗で3杯食べました。
普段は茶碗に半分程度でしたので、家内が目を丸くしていましたよ。

64本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 21:37:12.34ID:/wShqC+P0
そのうち息子と娘が起きてきましたので、
あいさつのしかたが悪いとひとしきり説教してから会社へと向かいました。
社内に入ると私に会う人、会う人がまぶしそうに目をしばたかせました。
そして「いや、◯◯さん、なんか今ねあなたの後ろが光ったように見えましたよ。
後光が差してるような感じで・・・」こんな意味のことをいいました。
ああ、私は見てのとおり髪はフサフサですから、悪い冗談などではないと思います。
それでその日の仕事なんですが・・・まあ内容をくどくど説明してもしょうがないでしょうが、
スゴイ成果があがったんです。回っていく取引先、取引先で注文がありました。
もうね、それまで1年分以上の受注がその1日だけであったんですよ。
驚きました・・・が、どこかで今の私なら当然という気もしたんです。

昼過ぎにちょっと変なことがありました。
取引先は社用車で移動してるんですが、ある会社の駐車場に車を停めたときに、
近くの道を歩いていた婆さん3人が車のほうへ全力で走ってきて、
アスファルトにうち伏したんです。
そして涙をはらはら流しながら運転席に向かって手を合わせて拝んでるんですよ。
何だろうと思い車から出ますと、婆さんたちも立ち上り私の体をぺたぺたさわりながら、
「ありがたや、ありがたや」と口々に言うんです。
なんとか振り払って取引先に入りましたけどね。
で、夕方ですね。社に戻ってその日の成果を上司に報告したらひじょうに喜びまして、
「いやすばらしい。やはり君はやるべきときにやってくれる人だと思っていたよ。
ご苦労だった、今日はもう上がってもいいから。ゆっくり休んでください」
こんなふうに言われたんです。

65本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 21:38:51.87ID:/wShqC+P0
2本ほどいつもより早い電車で帰りました。
駅からの道を歩いていると、自分の息子くらいの少年がとぼとぼやってきました。
見ると手に新聞で包まれた何かを持っていて、その少年は声を出さずに泣いていたんです。
それが私を見るなりぱっと顔を輝かせ、私の前にひざまずきました。
そして手に持ったものをうやうやしい感じでこちらに差し出しました。
新聞紙には血が滲んでいるように見えました。
気味が悪かったのですが、「何だい、これ」と言ってちょっとさわったとたん包みがにゅんと動き、
中から生きた猫がするっと抜けだして地面に立ったんです。「わ〜生き返った」少年が叫び、
もう喜色満面で、猫を抱きかかえると私に向かって何度も何度もおじぎをしたんです。
ずっと私が見えなくなるまで立ち止まって、おじぎをくり返していました。
・・・家に戻ると、家内が「早かったですね」と驚いたような顔で言いました。

背広を脱ごうとしたところ、家内が「あら、後ろに何か・・・」と言って私の背中にさわり、
一枚のお札のような細長い紙を手渡してよこしました。
それには「一日神」と筆字で書かれていたんです。
「何だこりゃや」と思いながら丸めて捨てました。
家内に今日一日の活躍や、上司にほめられたことを話しているとどっと疲れが出てきました。
それで早めに風呂に入って、発泡酒をいつもより何本か多く飲んで寝たんです。
そして夢を見ました。
夢の中で私は神社のような建物の前にいました。急に扉が開いて金色の光があふれてきました。
その中から声がしました。
「今日一日の務め、ご苦労であった。
この功徳によりお前の寿命を40年ほど削った。感謝するがよい」

66本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 21:39:11.44ID:/wShqC+P0
気がつくと朝になっていました。
・・・体が重くて起きられませんでした。それで会社を休みタクシーで病院に向かったんです。
そしたら長い検査のすえ、緊急入院ということになってしまいました。
ただ病棟にすぐ空きはないらしく、いったん家に帰って入院の支度をして、
その足でここに来たんですよ。
・・・みなさん、いったい私の身に何が起きたんでしょう。
どなたかわかる方おられますかぁ?

67本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 22:03:49.05ID:+0iQz3hU0
はい嘘松

68本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 22:11:08.52ID:K62ENBO70
四十年も削られるなら前もって言ってくれよ

69本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 22:18:14.71ID:XeQoWZOd0
万が一創作じゃなかったとしたら、とんでもなくタチ悪い神様だよね

70本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 22:26:11.49ID:wry/E0jL0
>>66
もうすぐ死ぬってことだろ
良かったな

71本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 22:42:23.35ID:XeQoWZOd0
何年分の寿命がぬこに譲り渡されたのだろうか

72本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 22:43:01.92ID:4o+QqUVG0
8年ほど前、俺が高校生でまだ実家にいた頃のことだけどな。
夜中の2時近くだったから家族は全員寝てて、俺だけゲームやって起きてたんだよ。
すると玄関のチャイムが鳴ったような気がした。
俺の部屋は階段をあがってすぐなんでよく聞こえる。
それで、こんな時間にだれか来たんだろうかと思って降りていったんだ。
そのときは怖いという気持ちはまったくなかったな。行ってみると、
玄関の曇りガラスの戸ごしに外にだれかが立っているようにも見える影がある。

で、インターホンで「どなたですか?」と尋ねると、やや間をおいてから、
「・・・ご当主様ですか」という声がした。
インターホンを使ってるんじゃなくガラス戸ごしにしゃべってるんだけど、
大声ではないし、今思い出しても男か女かもわからなかった。
俺が「いいえ息子ですが、何でしょうか?」と返すと、
「・・・跡継ぎの方ですね。・・・もうすぐ24年前に出した荷が届きます。第一便です。
 ここで待っていますか?」そう言ってふっと気配が消えた。

73本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 22:43:44.73ID:4o+QqUVG0
「おっかしいな・・」と思って外に出てみようとしたら、ダガーン!とすごい音がした。
驚いてサンダルを履きかけてたのを脱いで廊下に上がった。
二つの丸い光が、ガラス戸ごしに近づいてきて一瞬で玄関が壊れ、
目の前に小型トラックが飛び込んできた。俺は後ろにひっくり返るように倒れ、
そのあと記憶がない。・・・気がついたら病院にいた。
脳震盪と右の足首の骨折、それから下半身のあちこちにガラスによる切り傷。

あとで聞いたところでは、居眠り運転のトラックが一度電柱に激突して、
それから俺んちに突っ込んだみたいなんだ。
運転手もかなりのケガをしたらしかったが命に別状はなく、
後でそこの会社の社長が謝りにきた。
玄関はすべて相手持ちで弁償してもらって新しくなった。

74本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 22:44:18.50ID:4o+QqUVG0
入院中に「なんで玄関にいたんだ」と両親に聞かれたんで、
あったことをそのまま話したら、親父は、
「寝ぼけたんじゃないか」みたいな反応だったけど、
母親は24年前という俺の言葉を聞いてちょっと顔色が変わった。
けど何も言わなかったな。その後、俺は大学に進学して実家を出、
そっちで就職した。あれは何だったんだろうといまだに不思議だけど、
特に「第一便」という言葉が気になる。
これまでのところは、俺も実家のほうもなんともないが・・・。

75本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 23:00:58.16ID:XeQoWZOd0
相手は「ご当主様・跡継ぎ」しか確認してないのに、唯一反応を示してるのが母親ってのが気になるね
第二便が届く前に母親を問い詰めておいたほうがいいんじゃないか?

76本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 23:12:20.91ID:VREEJoFI0
これはあるSNSから拾った話で自分の体験ではありません

77本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 23:15:08.24ID:VREEJoFI0
ちょっと差し迫った話があるんで聞いてもらえるかな。
思えば昨日の会社の帰りから始まったんだと思う。
俺は電車とバスを乗りついで帰宅するんだが、
バスの下り口で料金箱に回数券を入れたとき、運転手がこちらを見るともなしに、
「あと17時間ちょっと」と小声で言ったんだよ。
そのときは俺に言ったんじゃなくて、なんかのひとり言だろうと思った。
目も合わせないし、あとに言葉が続いたわけでもなかったから。
時間は8時ちょっと過ぎくらいだったと思う。

それで家に帰って飯食ってから下の子を風呂に入れてたら、
3歳の男児なんだけど、浴槽ではしゃいでたのが急に黙って、
「あと16時間ないね」と言ったんだ。
そのとき「あれ、こいつ時間なんてわかるのか」と疑問に思ったんで、
「16時間て何のこと?」と聞き返したら、きょとんとしてる。
で、「何にも言ってないよ」という答え。
「でも今、時間のことしゃべっただろ」 「知らない」こんな感じ。
まあ無意識にテレビで聞いたことを言ったのかもしれないと、
こんときもあんまり気に留めなかった。

78本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 23:16:27.00ID:VREEJoFI0
んで今日の朝、電車でラッキーにも座れたんで目を閉じてたら、
すぐ耳元で「5時間切りました」という女の声がする。
「あ〜れまた時間だ」と思って声のしたほうを見ると、
隣で30代くらいのOLが下を向いて文庫本を読んでて、
こっちに話しかけた雰囲気はまったくない。
今思うと、気になりだしたのはこのときからかな。
朝の8時半くらいだったから、5時間後といえば昼の1時過ぎってことになる。
で、昨日のことを思い返してみると、
バスの運転手や息子がつぶやいた時間と合ってる。
奇妙だけどこのときは面白く感じたんだよ、まだ。

会社に着いて少ししたら関連会社から来客があり、
小会議室で打ち合わせしようとした。
するとそいつがカバンから書類を出しながら、「3時間くらい」とぼそっと言う。
こんときには「おっ来たな」という感じで、年下でわりに親しいやつだったから、
「今、3時間って言ったよね、それ何のこと」と聞いてみたんだ。
「・・・え、そんなこと言いましたか。いや言ってないですよ」
「いや確かに聞いたんだけどな」
「昼休みまで3時間もないですよね。でもそんなこと言ったかなあ」
と、わけがわからないといった様子だったんで、
「いや、いいよ。自分の勘違いかもしれない」と答えるしかなかった。

79本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 23:17:06.30ID:VREEJoFI0
それでついさっき昼は社員食堂で済ませたんだが、
定食の列に並んでオバサンに皿を渡されるとき、
「もう1時間です・・・・ぬまで」と鼻歌のような感じに言う。
語尾がよく聞き取れなかったんで、「ん、何です?」と聞き返したけど、
「えっ・・・何にも」という、これまでと同じ反応。
予想はついてたんで、そのまま箸なんかを取ってテーブルに座ってから、
「あと1時間・・・ぬまで、ぬまで、ねえ・・・・・・死ぬまで!・・・まさか」
しかしこう思いあたると、たしかにそう言ったとしか考えられなくなってきた。
で、1時になってから仕事をしないでこれを書いてるんだ。
だれかこういう経験した人っています?いたら詳細を聞きたい。

80本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 23:17:24.55ID:VREEJoFI0
これで終わりのようです

81本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 23:31:00.52ID:1kQqGk8Z0
>>65
ご夫婦なのに、ですます調なんですか?
43歳で中学生のお子様がいらっしゃるという事は20歳くらいでご結婚?

82本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/12(火) 23:35:16.13ID:1kQqGk8Z0

普通に計算間違えた(爆)

83本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/13(水) 00:21:07.82ID:HxhZi7LP0
>>81
すべて敬語じゃなくても家族でも「です•ます」使うことない?
おはようございます、お疲れさまでした、早かった(遅かった)ですね、どうしますか?
今日だけでもこれだけ使ったわ

84本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/13(水) 00:26:33.02ID:0r1zSk8B0
親しくなった下請けの社員とプライベートで飲みにいったときに聞いた話。
そいつが小学校4年生の頃だったそうだ。
土曜日の午後に遊ぶ約束をして、友だち数人と近くの公園で待ち合わせた
公園といってもいくつか遊具があるだけで砂場には幼児がいるし、
野球なんかは当然禁止されてるので、ベンチで少しだべってから、
誰かの家に行ってゲームをする予定だったという。

自転車を置いて公園に入ってみるとまだ友だちは誰も来てなかったが、
シーソーの横に新しい遊具があるのを見つけた。
それは半径50cmくらいの土管をH字型につなげたもので、
1mくらいの土台の上に置かれてる。
あとH字の中央に2箇所上に出られる短い管もついていた。

85本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/13(水) 00:27:41.63ID:0r1zSk8B0
鮮やかなピンク色に塗られていたんで、
きっと小さい子がくぐって遊ぶものだろうと思った。
で、見てたらなんだか入ってみたくなった。
Hの4つある入り口のうちの一つから入って途中のたて穴から顔を出し、
入ったのと反対側の穴の一つから出る。
それだけのことなんだけど、穴のふちに両手をかけようとしたら、
上手くいかず転げ出てしまった。で、芝の上にうつぶせに手をついたとき、
左手の手首から先がなくなってることに気づいた。

ひじょうに驚いたが、痛くもなんともなかったそうだ。
それに手首がなくなっている切り口も、
骨が見えたり血が出たりしてるわけでもなく、アルミのお皿のように
平らになって鈍く光ってる。驚いて立ち上がって土管を見ると、
上に出る短い管の縁を片手だけが握っていた。
他に入った子どももいなかったので、自分の手だと思って登ってみた。

86本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/13(水) 00:28:07.08ID:0r1zSk8B0
確かに手首から先だけがそこにあるが、
引っぱってみてもピクリとも動かない。強く握ってるから動かないんじゃなく、
まるで土管の一部になってしまったような状態だったそうだ。
かなりあせったけれど、さっき入った口からもう一度もぐっていって上をあおぐと、
左手の手首から先が下から見えたが、切り口はやはり銀色に輝いていた。

そのとき、もしかしたらと思って左手を上に伸ばしてみた。
するとブウンというモーターのような音がし、
磁石がくっつくときのように軽くひっぱられる感じがして、
切断面どうしがぴたっとくっついたのだそうだ。
すると指の感覚が戻ってきて、そおっと手を降ろしてみると、
何事もなかったようにつながってた。土管から出て手首をよく見てみたが、
傷のようなのもなかった。そしたら今あったことが、
何か夢の中のような出来事のように思えてきた。
そのうち友だちがパラパラとやってきたが、どうせ信じてもらえないだろうと、
手首の話はしなかったそうだ。

87本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/13(水) 00:28:28.38ID:0r1zSk8B0
飲み屋でここまで聞いて左手を見せてもらったが、
薬指の爪の上に絆創膏をしているだけで、まあ特に変わったところもない。
ちょっと信じられないが、作り話にしてはあまりに奇妙なんで、
言葉をつなげないでいると、そいつは、
「一ヶ所だけのぞいて変なことはないです」そう言って絆創膏をとった。
すると爪が黄緑色になっていて、1cmばかりの、
ちょうどもやしの芽のようなものが生えていた。

「あれ以来ずっとこうなんです。しょちゅう切ってるんですけど、
 枯れることはないみたいですね。親に見せたら医者に連れてかれたんだけど、
 植物ではなくて爪の形が変化してるだけなんだそうです。
 実害はないんですが、伸びると何かが起こりそうな気もするんです。
 それから、公園はもうなくなってるんですけど、
 その土管は10年以上設置されてたと思います。
 その10年の間に、その公園にいったという消息を最後に、
 小学生が2人行方不明になってるんです。いまだに見つかっていませんが、
 あの土管と関係があるような気がしてならないんです」とつけ加えた。

88本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/13(水) 00:38:34.70ID:Gi2iOMx90
昔、まだ小学生だった時の話

どこにでもある平屋なんだが、何でも噂では悲惨な死に方をした人が居てそれ以来、部屋の壁に苦悶の表情を浮かべた人の顔が浮かんでいるらしい
当時、馬鹿なお子様だった俺と友人数名はその顔とやらを確認するべく突入した

程なくして、それは居間らしき部屋で見つかった。確かにその染みは物凄く苦しそうな顔に見える
普通はここで「ぎゃー! 怖ェ!」とかなるんだろうが、生憎、俺たちは馬鹿だった
「よっしゃ! 俺、鼻毛描く!」
「俺、眉毛!」
各々に用意していたマジックで、その顔に思い思いの落書きを施す
すっかり、劇的ビフォアアフターなお茶目フェイスになった怨念の顔(仮称)に満足し帰宅

だが後日、落書きに行った友人の一人が原因不明の高熱で一週間近く学校を休んだ
復調後、学校に来た友人は開口一番変な夢を見たと言う
「何か夢の中で、物凄い形相をしたおっさんに追いかけられたんだ……」
俺たちはまさかと思い、まだ全快とは言いがたい友人を残し例の幽霊屋敷に向かった
居間に行くと、落書きの下に例の『顔』が無い!
探してみるまでもなく、それは落書きの直ぐ横の壁にあった
憤怒と言うか、怒り狂った形相に姿を変えたそれが俺たちを睨みつけている
怒っている――霊が怒ってるんだ!
だが、俺たちは容赦なく馬鹿だった
「なんじゃコイツ! 怒ってるのか!?」
「生意気じゃ! 落書きしたれ!」
猛攻だった
類稀に見る猛攻だった
今度は胴体も描いた
『おならプー』と屁も描いた
俺たちは満足して幽霊屋敷を後にした

数日後、例の魘された友人がまた変な夢を見たと言う
「何か、前に見たおっさんが……泣いてた」
俺たちは三度、幽霊屋敷に向かった
あの染みはもう、どこにもなかった
今思うと、何か可哀想な事をしたと思わんでも無い

89本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/13(水) 00:42:16.57ID:uhGp6Mkj0
そんな有名すぎるコピペを貼られましても・・・

90本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/13(水) 00:43:29.94ID:/U13wk2LO
>>88
なんでヘッダ削ってさも自分の体験談投下みたいなふりしてんの?

91本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/13(水) 00:55:10.42ID:22jpfhvc0
私はいつも指輪をしているのですが、その時は手が荒れていたのでハンドクリームを塗るために一度指輪を外してテーブルの上に置いたんです。
そしてクリームを塗り終わってさぁ指輪をつけようとテーブルを見たら指輪が無くなっていたんです…ほんの2、3分の間に…間違いなくテーブルの上に置いたのに…。

私は一生懸命探したのですが、私の部屋はとても物が少なく(友達が殺風景な部屋だと言うくらいです)どこかにあったらすぐに気がつくはずなのに結局見つからなかったのです。

がっくりしてあきらめた時、ふと昔読んだ絵本を思い出しました。
それは「ある家の床下に小人が住んでいて、住人の持ち物をこっそり盗んでいく」という話だったのですが、それを思い出した私は

「まさか小人が盗んだんじゃないでしょうね(笑)」

なんて思って、冗談で「ふざけんな!! 私の指輪返せ!!」と怒鳴りました(近所の人が聞いたらびっくりしただろうな…)。

すると私の後ろから

「チリン…」

振り向くと私の2メートルほど後ろにある襖の前に指輪が落ちていました。

いくらなんでもあんな所におくはず無いし、探している時に気付かずに蹴っ飛ばしたにしては襖に当たるまでの時間差がありえません…。

その時は妙な事もあるもんだと思うだけで終わったのですが、これ以降「一瞬目を離した隙に持ち物が無くなる」という事が度々起こるようになり、やはり「怒鳴ったり大声を出すといつの間にか離れた床に落ちている」のです。

この事を弟に話したら大爆笑されました。

が、しばらくしたある日に二人で夕食を食べていた時に突然弟が

「姉ちゃんの言った通りだった…」

私「何が〜?」

弟「さっき部屋で美術の作品の仕上げしてたんだけど、さっきまで使ってた青の絵の具が箱に入ってなくて…探したけど見つからないから…姉ちゃんが言ってた事思い出して「盗んだ奴がいたら許さねぇ!」って言ったらタンスの前に誰かが転がしたみたいにコロコロって転がってた…」

私「…」

まさか家に小人がいるとは思ってませんが…ただ単に私達兄弟がうっかり者なだけかもしれません(笑)

92本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/13(水) 01:00:09.50ID:9fUbYH910
カメラ仕掛けておいたらアリエッティが写るかも

93本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/13(水) 01:09:14.29ID:uhGp6Mkj0
小人か妖精かオッサンかわからんけど、まず間違いなく何か住み着いてるね

94本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/13(水) 23:42:31.88ID:/U13wk2LO
怒ったらちゃんと返してくれるの可愛いなw
ティッシュの上に角砂糖置いて「持ってっていいよ」って言ってみたら?w

95本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 07:03:32.46ID:mrHUr1Dv0
引っ越し引っ越しさっさと引っ越し

96本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 19:08:05.41ID:nHj4KHCn0
奇妙なってことでここに書き込みます。

随分と前に、友人2人と俺と3人で廃坑になった山に行った時のことです。
真っ昼間で季節は今くらいでした。車で中程まで入れるんですが、ちょっと広くなった場所があって、そこに車とめて
「少し探索しよう」ってことになりました。
納屋みたいな建物があって一人で探索していました。扉の隙間から覗いたりとか、ちょっとした農具みたいのが置いてました。で、
横切ったとき何かの視線を感じて、
ハッと下をみたら壁に穴があって牛が首だけ出してて上目遣いで、まさに白目をギョロっと向く感じでジーッと見上げてました。
モーとも鳴かずたぶん何十秒、目が合った状態の時、
友人らが呼ぶので戻って「いま牛が…」って状況を伝えたら「じゃ、そろそろ帰ろうか」と
いや、今、牛が、牛が、、ってなぜか聞いてくれませんでした。
最近、その話すると「あーそういうこともあったっけw」で終わりました。
未だによく分からない話です。もしかして暑さでやられてたのしれないな('A`)

97本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 19:54:24.91ID:TYB/VCmT0
>>96
下を見て壁ってのがよくわからん
その牛はどこから顔を出してるの?
足下の床?

98本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 20:18:11.41ID:jYXGvIr50
俺は96じゃないけどたぶん、
壁の下のほうに穴が空いててそこから牛が顔を覗かせていたってことだろう
確かに最初は下を見たら壁に穴…ってちょっと何言ってるかわからなかったが

99本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 20:27:10.66ID:RXYJcH7V0
今日マックで隣に座ってたおばちゃんの動きが異常に遅かったのがちょっと不思議だった
おばちゃんって言っても多分30代後半くらいだと思うが
最初はやけに歩くスピード遅い人だなーと思って
そのあと俺の隣の席に座ったんだけどその動きも以上にスローモー
中腰ポジションになってから椅子に尻着くまで10秒くらいかかってたと思う
そのあともストローを口に持っていくのも20秒くらいかかってたりしてた
カバンからゆっくり書類みたいなのを取り出すのもカバンに手を入れてから出すまで50秒くらいかかってた(気になったのでこれは実際に測った)
モーションとかにぎこちなさはなかったから体の病気じゃないと思うんだけど
医術の専門家でもないから断定はできないけどあれは病気とかじゃなくてなんか本当にその人の周りだけゆっくり時間が流れてるような感じだったんだよ
上手く説明できてるかわかんないけど

100本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 20:33:42.06ID:TYB/VCmT0
壁| 〇
| ∧
Ю 人

こういう事か

101本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 21:57:52.70ID:WQDG/+zu0
>>96
現実的な解釈をするなら、納屋みたいに見えた小屋が現在でも使用されてる牛舎だったという可能性

壁に穴開いてるくらいだからかなり朽ちた感じの小屋だったの?

102本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 22:01:50.28ID:n1v56ukTO
>>99
どこか痛いとこをかばってるんでは
肩とか腰とか股関節とか痛めると、響くから急な動きはできなくなる
意図してゆっくり動いてたのかも
関節やられると大変だよ

103本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 22:13:20.38ID:nHj4KHCn0
>>97
分かりにくくてすいません
壁の下にボコっと穴があったんです。
そこから牛が首をにょきっと出してました。

104本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 22:24:23.84ID:nHj4KHCn0
>>101
その可能性はあります。
朽ちてはいましたが思えばブロックだった気がしますので単に思い違いという気がします。 本当に牛を飼ってたのかもしれません

105本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 22:25:15.87ID:5sNZz1ZZO
>>103
半地下の牛舎だったの?

106本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 22:41:07.51ID:nHj4KHCn0
>>105
普通に地面にあるただの納屋にしか見えませんでした

107本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 23:11:33.65ID:5sNZz1ZZO
>>106
ありがとう

・何の変哲もない納屋らしき建物
・建物の隙間から覗き込んでも農機具の類以外何もないように見える
・気がつくと建物の壁下方にある穴から牛(?)が頭を突き出していた
・現在に至るまで友人はその牛についての話題を避けているようにも思える

興味深いね
オカ板的には件(くだん)の保護されている所にでも迷い込んだみたいだ
余所の板にあったスレを思い出すよ

108本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/14(木) 23:32:17.11ID:WQDG/+zu0
件の可能性も考えたけど牛の頭しか見てないのでは判断しようがないからなぁ

109本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/15(金) 07:09:44.97ID:d+PuEcg10
>>96
その牛は動いてたというか生きてる普通の牛に見えた?

>>99
前に腰を痛めてコルセットしてた時が少し大袈裟だがそんな感じだった
電気が走るような痛みがいつくるか分からないから恐る恐る動いてた

110本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/15(金) 07:47:23.75ID:NwYjyYWc0
>>109
それが全く動かないので、死んでるんじゃないかと思いました

111本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/15(金) 14:05:08.84ID:kkfiqDeL0
>>110
もひとつ確認したいんだけど、その小屋周辺で何か臭いはしていた?
畜舎として現役なら相当な獣臭がするだろうし、牛が死んでて眼球が残ってるくらいの状態なら腐敗臭がするはず

112本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/15(金) 19:11:02.49ID:NwYjyYWc0
>>111
それが全くなかったんです。
畜舎独特のあの匂いも牛に蝿がたかったりも全然ありませんでした。
上のレスで件について書き込みがありましたが、それを知ったのはつい最近で、
場所バレしてしまうとそっち方面の話です。
でもそれについては少し強引だし眉唾っぽいなーと思っています。

113本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/15(金) 19:44:47.99ID:SAXHtdgM0
くだんねー

114本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/15(金) 21:29:29.33ID:kkfiqDeL0
>>96の話からは離れるんだけど、件について少し思うところがあるので書かせてほしい
一般に人面牛身で生まれ災厄を予言して死ぬと言われているが、逆に牛面人身のほうの目撃例は、人目につかずそれなりの期間育てられていて知性を感じられなかったという話が多い
もしかすると、予言をするために人面で生まれた牛と同じ数だけの牛面の人が、同時期にどこかで産み落とされるんじゃないだろうか

115本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/15(金) 22:18:27.68ID:H8kBoIhj0
>>96
何が奇妙なのか全くわからん
子供の頃そういう牛がいる納屋がまだあったわ

116本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/15(金) 22:46:12.60ID:aaeTgXRV0
5歳頃、真冬の寒い日に犬の散歩をしようと犬に首輪をつけていると、「おいで」と声が聞こえた。
犬と一緒に玄関を出るとまた「おいで」。あたりを見回しても雪が降り続けるだけで人影は見えない。また「おいで」と声がした。
きょろきょろしながら足を進めると「こっち」「おいで」と声が繰り返すので、犬と一緒に雪をかきわけてついてゆく。
住宅街からどんどん離れた場所へ場所へと進み、鬱蒼とした森が見えてきた。
なんだか足を止めないといけない気がして森の入口で止まると、普段大人しい犬が唸り始めた。
それでも「おいで」「おいで」と声が続くので森に入ろうとすると犬が急に吠え始め、リードを引っ張って帰ろうとするのでそのまま家に引き返した。
成人した今は誰もいない場所で声が聞こえるや声についていったら森にたどり着く、なんてことは一切ない。

ただ数日前に、また森に呼ばれる夢を見た。
夢の中に恋人もいて、日本屋敷の庭で私が「誰かが呼んでる」と言うと突然「行かないでくれ、どうしても行くなら自分もついていく」と悲しそうに腕を掴んでしがみついてきたので一緒に森に行った。
結果的に恋人と一緒に森に入ったが、とくに何も起きなかった。ただ恋人が一言だけ「誰かがいる」と言っただけだった。
ただそれだけの夢、なんだけど、恋人がなんで私をあんなに森に行かせたくないのか、森に何があるのか・・・。
地元の噂では、某少女死体遺棄事件の遺体の一部がその森に捨ててあったとか、私自身が本当なら双子だったと親に言われたことがあるので色々と考えてしまう。

117本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/16(土) 00:10:37.99ID:1fSuCsTaO
>>116
前半は雪女に誘われてるみたいだ
後半はその頃の記憶を夢という形で思い出しただけなようにも思えるね

118本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/16(土) 00:27:53.24ID:ZAkvBFdc0
>>114
そういえば強引と言えば強引な話なんですが
阪神淡路大震災は間逃れました。
当時、東京にいたんですが変な夢みて(その後色々とあり)そのおかげで恒例の帰郷ができなくて早朝にTVで本当にびっくりしました。
本来なら騒いだあと裏六甲に行く予定でしたので…

119本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/16(土) 16:45:34.78ID:huEvEd6n0
此処って怖い話じゃ無くても書き込んでok?

120本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/16(土) 17:21:22.48ID:1fSuCsTaO
ドゾヨロシク

121本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/16(土) 18:18:41.45ID:ULwiAboX0
お言葉に甘えて 投下させて貰います。
大体は「思い違いor覚え違い」で済ませてるんですが。

最初に「ん?」と思ったのは、小学校1年の時くらい。
自分の住所の漢字が違うと指摘された時。
うちの町は旧字というか、ちょいややこしい、画数の多い字が入っているんだけど、その字が間違えてるって言われた。
当時、小学校1年で他の同級生が住所を平仮名で書いている中で、自分だけ漢字で書けてたから褒められて、だからこそ自分の書き方に自信を持ってたから、正直「???」ってなった。
正しい、と言われる字は新字(略字?)は同じなんだけど、旧字の方は元々覚えてたのとあんまり似てなくて、「何でこんな字と勘違いしたんだろうね?」って言われた。
元々書いていた字は今となっては思い出せないけれど、妙な違和感だけはずっと残っていた。

そっから大人になるまでに、「ん?」て事は大なり小なりあったけれど、いちいち覚えてないので省略(◯◯の政治家って、不祥事で辞めてなかったっけ?とかこのアイドルってついこないだも結婚宣言出してなかったっけ?とか)
何となく、思い違いで済ませながらも内心で「大筋は同じだけど細部が違う世界を移動していってるみたいだなー」と漠然と思っていた。

本文が長すぎるって言われたので一旦切ります。

122本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/16(土) 18:26:46.70ID:ULwiAboX0
一番ハッキリ「あれ!?」って思ったのは、札幌五輪。
「日本初の冬季五輪を長野に取られ」て「雪辱を果たそうと」していた筈なのに、いつの間にか札幌で五輪があったことになってる。
2002年に修学旅行で北海道に行った時、札幌市内をバスで移動中、建設中のでっかい競技場みたいなのの横を通った時に、「2010年の札幌五輪開催に向けて急ピッチで建設が進められています」ってガイドさんが言ってたのに。
「市内の至る所で道路の整備が行われております」って言われて、実際これでもかってくらい片側交互通行の信号に引っかかったのに。
いつの間にか2010年の五輪も無くなってるし、2回目の立候補とかなってるし。
その修学旅行の時に、洞爺湖で一泊する筈だったけど、噴火が起こって洞爺湖のホテルから別のホテルに急遽変更になって(変わった先は忘れたけど)、ニュースにもなった筈なのに、同級生に聞いたら「そんなことなかった」って言われるし。
まぁ全部「思い違いだろう」って思って納得することにしてあるのだけれど。

何で今更こんなこと書こうかと思ったかというと、
9月12日にこのハゲ氏復帰のスレを見たんだ。
その時は「自民党はコイツをさっさと離党させろよ」みたいなレスで埋め尽くされてた筈なのに、
さっきふと覗いてみたら全然そんなこと書かれてなくて、不思議に思ってググッてみたら8月に離党届けが受理されて離党してた。
なんかいつも思うけど、狐につままれた気分だわw

123本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/16(土) 18:44:07.25ID:xUqmrlEG0
受診をしよう!

124本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/16(土) 18:47:58.19ID:gbu6ol7F0
まあまあいいじゃないか
ロマンがあるだろ
この手のはキライじゃないぞ

125本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/16(土) 19:16:18.42ID:JXJGNKZb0
結構な頻度で近似した世界へ移動を繰り返してるってことか
ネット内に規則性を持たせた書き込みを続けておくとかすれば、移動したタイミングを推測できるんじゃない?

126本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/16(土) 21:36:03.85ID:8dG+knNt0
http://www.asahi.com/articles/ASK9H369FK9HTTHB001.html

佐賀県唐津市七山の観音の滝で4日夕、19歳の男子大学生が溺れて命を落とした。
数日後、手を合わせに現場に行くと住民から不可解な話を聞いた。
「救急隊は当然滝の近くの駐車場に乗りつけると思っていたら、下流から岩場を上ってきた」
――。本当なら、到着までに10分近いロスになる。なにが起きたのか?

127本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/16(土) 22:35:16.89ID:aNo//2d10
>>122
病院へ行ったらどうかと。

128本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/16(土) 23:38:28.20ID:0YaMreQs0
宮尾すすむスレ向きだね

129本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/17(日) 00:14:59.00ID:A+698Uw0O
宮尾スレ懐かしいな
「子供の頃、短いという漢字は豆が左側で矢が右側で習った」
「太田市は昔大田市だったのにある日突然太田市になった」
とか、色々あったな
ファンタゴールデンアップルを昭和時代に飲んだとか、
記憶違い覚え違いだとしても面白い案件が沢山あったな

130本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/17(日) 01:45:35.50ID:ZQn+5v/H0
>>126
どこまで流されてるか分からんのだからある程度下流から行くものなんじゃないの?

もし捜索開始時点より下流にいたら絶対みつからないし助からないよ

131本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/17(日) 08:46:29.93ID:Bb54NYDL0
ファンタはゴールデンアップルじゃなくてただのアップルなら確かに昭和からあったよ
缶でも売ってたしロッテリアのメニューにあった

132本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/17(日) 11:59:47.45ID:30Hd84Uu0
うちのかみさんも間違えて覚えてた
同時期のゴールデングレープとごっちゃになってるんだな

133本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/17(日) 15:06:01.69ID:A+698Uw0O
ファンタゴールデンアップルを「再」販売しろとの要望が多く、
平成に「新」発売した際に、コカ・コーラ社は公式ホームページで
当社が過去昭和時代にファンタゴールデンアップルを販売していた事実はありませんと異例の発表をしたんだよ
それでも宮尾スレでは、昔確かに飲んだんだとのレスが絶えなかった
田舎の弱小メーカーが大手メーカーの瓶を回収洗浄再利用して売ってたんじゃないかとか
ゴールデングレープの色が着色料未使用でりんごジュースの色だったから、
味はグレープなのに脳がりんごの味と勘違いして記憶がすり替えられたとか、
住人たちの色んな説が飛び交ってて面白かった

134本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/17(日) 23:18:05.63ID:qPHkNpRm0
ゴールデンアップル、俺も飲んだ記憶があるw
あれ、ただのアップルだったんだね。
ゴールデングレープと混同してたのか。

135本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/17(日) 23:23:46.13ID:/wqJfO0H0
ゴールデンパインアップル、ゴールデングレープはあったみたいだな

都市伝説に乗じてゴールデンアップルも2000年代に発売した事あるがな

136本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 01:23:28.75ID:Sd11f1bL0
すまん誰かオカルト詳しい人に相談のって欲しい
今さっき体験した話だ

137本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 01:26:20.77ID:wV+kwUu10
まずおまいの話を聞いてからだな

138本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 01:26:50.69ID:Sd11f1bL0
台風の日に鈴の音が聞こえるんだ
多分これ以前にも経験したことあったはず
さっきの奴は
いきなり少し濁った鈴の音が聞こえ始める
ヂリーンヂリーンって感じで
音の大きさ的にはお隣さんが風鈴つけてるような感じなんよ
で、10分くらいかななって少しずつ遠ざかっていくように音が小さくなっていって
プツンと途絶える感じ

139本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 01:28:14.22ID:Sd11f1bL0
ちなみにこれ以前に聞いたことあるのは
台風の夜の鈴だったり
深夜にお祭りみたいな音が聞こえたりした

140本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 01:29:24.81ID:Sd11f1bL0
俺の勘違いかなんかなのか
物理的な理由があるものなのか
オカルト的なやつか
自分じゃわからなくてね

141本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 01:41:40.40ID:wV+kwUu10
おつ
興味深い話だな
台風と鈴の音色の相関は初見だが、そういう人がいても不思議ではないと思う
もちろんオカルトの意味でね

俺の場合は重度の金縛りにあうとき、子供の笑い声が聞こえる
その声の大きさや人数は金縛りの規模にほぼ比例していたという経験がある
この板の住民ならそういう不思議な関連がある人いるんじゃないかな

142本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 01:42:31.03ID:aL1qJIZ10
気圧の変化によって体調に影響が現れる人は多いよ。台風の前後は特に
耳鳴りが鈴の音のように聴こえている可能性もある

143本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 02:45:21.18ID:wgBLoBYy0
アポカリプティックサウンド?

144本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 07:49:08.89ID:xp4ZmcU10
2 名無しさん@ピンキー sage 2016/11/14(月) 03:50:32.44 ID:YOKPDMOh
過去2人あり。

・ムスコが中学の時に家庭教師に来てた人(Kちゃん)が結婚できそうでできなかった人にそっくり(声も)だったので
お願いして月6万で愛人にした。バレないよう、俺が向こうの家(駅と真逆の大学裏手アパート)に上がりこんでセックスしまくった。
2年半続いたとこで卒業。地元の彼氏と結婚すると去って行った。

・スマホ時代突入の初年度。援助希望のJD漁ってたらフープイヤリングした自分の顔をサムネにしてる
いかにも自分大好き人間を2人(A・Bさん)発見。色々やりとりして安かったAさんを・・・と思ったら
「家賃以外の光熱費と毎回デート代出してくれれればいいです」とBさんが折れて、あって抱いてみたら
身体の相性よかったので継続。以降、会って他愛ない会話しながら食事して即セックス。
コスプレセックスしまくった。どうでもいいが、この時ドレスレンタル&貸衣装処分市の存在を知る。便利だね
ちょっとマンネリ&ワガママすぎになったかな?というとこで向こうが卒業。
その半年前にBちゃんのカラダに生クリーム塗ったり苺並べたりの女体盛りなめまわしたのがベストメモリー

145本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 08:04:45.01ID:guW4SANa0
不可解だな〜

146本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 11:16:46.23ID:Sd11f1bL0
>>141
>>142
なるホロね

多分鈴の音の話と関係ないけど
夢をみたよ
桜が満開でそれはそれは綺麗でね
1枚の名画が心を洗い流すってことがあるっていうがそんな感じだった
おまえはそのままでいいんだよって言われたような気がしたよ
今までこんな夢を見たことないから不思議経験として一応カキコ

147本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 11:19:40.06ID:VvpVP9MB0
>>144
猿以下

148本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 13:00:42.36ID:EQw1DVFn0
>>146
夢ネタはNG

149本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 14:41:48.49ID:l4s8zkrN0

150本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 14:48:51.41ID:5rogBDkS0
久々に伯母の家に寄ったとき、同い年のいとこから「そのきれいな浴衣姿で蛍を見に行こう」と誘われました。
彼の家から少し離れたところにきれいな小川が流れていて、たくさんの蛍が幻想的な世界を作り出しているのです。私は自分で縫った浴衣を褒められたことがうれしくて、笑顔でうなずいていました。
この日、露草模様の帯をしていたのですが、そこに蛍が1匹止まっていました。その蛍は帯から離れ、私の胸に移ったんです。
 「あっ、捕まえた」
彼は私の胸を優しく包み込みます。やんわりその手を払いのけますが、本音は少し気持ちよかったのです。こんな感情を見透かしたかのように、突然のディープキスで唇を塞がれました。
当然、性欲スイッチがオンになり、抵抗できなくなりました。彼は草むらに私を優しく寝かせます。
「浴衣に下着なんて邪道だろう。さぁ、脱いで」
「ダメよ。恥ずかしい」
言葉では拒絶しながらも、脱がせやすいように自らお尻を上げていました。
 「ちょっと待っててね」
彼は蛍をたくさん集めてティッシュに包み、蛍を電灯代わりにして私のアソコを覗きました。
 「昔の偉い人は蛍の光で勉強し、俺はオマ○コを見る」
それから、ペロペロと膣口に舌を這わせると、そこからたくさんのエッチ汁が湧き出てきます。
 「ほ、ほ、蛍来い。こっちの愛液は甘いぞ…」
彼は歌いながら真珠をくすぐるようにクンニして、あっという間に私をイカせました。
グッタリしてギブアップ状態なのに、「まだ、これからが本番だよ」と今度は勃起したペニスを蛍で照らして見せながらゆっくりと挿入。
クリトリスを刺激されてイクより、中イキが大好きな私は深く入るたびに「ううっ〜、すごくいい」と恥ずかしい声が出ます。
「いいね。蛍に最高のエッチを見せてやれ」
彼に促されて「いや〜っ」と大声を出したら、不思議なことに蛍の輝きがいっそう増したのです。
夜空の星と蛍のキラキラに囲まれながら、私は何度も昇天したのでした。

151本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 15:12:24.83ID:jNf+ncpg0
71: 名無しさん@おーぷん 2017/05/10(水)00:14:50 ID:REs
私は女性だけど身長が175cmある
私と並んで釣り合う人となると自然と付き合う相手は高身長となり、
夫も186cmはある人です

で、現在我が家には子供が二人(長男・長女)がいるんだけど、
長女は私達の遺伝子を上手く継いだのか
高校生で171,2cmあるんだけど、
現在大学生の長男がロクに伸びず…165cm程度の低身長で止まってしまった

そこまで意識していたつもりは無いんだけど、
普段から低身長はガイジだの170cm以下は有り得ないとか言ってたらしく、
それでとても傷ついていたと長男にこの前初めて告白されてしまった
長女も兄である長男の事をバカにしているらしく、
割と明るい性格だった筈の長男はすっかり陰気な性格となってしまいました
現在は何とか大学には行ってるみたいなんだけど、
残念ながら低身長なので仕方ないけど恋人どころかあまり友達もいないらしく、
授業とバイトの往復ばかりでいつも暗い顔をしており、このまま大学にも行かなくなり
ニートかフリーターになるんじゃないかと不安を抱いています

一体どうしたら低身長コンプレックスの長男の意識を改善出来るでしょうか?

152本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/18(月) 16:47:26.29ID:WNP7DR870
はいはい不可解不可解〜

153本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 20:37:42.36ID:tuixOJ640
私は6歳の男の子と4歳の女の子の母親です。
つい最近、夫と離婚し実家に帰ってきていました。

兄は4歳上で、既婚ですが子供はいません(作らない方針だそうです)
実家の隣の土地に家を建てて住んでいます。

兄は自転車が趣味で、大会にも出ています。
先日、兄は大会に行く準備を庭でしていました。

息子は自転車が欲しいのですが、残念ながら私の今の経済力では買ってあげれないため、持っていません。
隣で兄が自転車を外に出しているのを見て、興味を持ったみたいでした。

兄がちょっと目を離した隙に、私の息子がいつの間にか兄の家に入っていき、自転車を触っていました。
子供なので、つい力を入れてしまって自転車を壊してしまいました。

兄は大激怒。
自転車を弁償しろと言われてしまいました。
その金額なんと50万。
壊れた部品だけでそれくらいするそうです。
更に、練習して備えてきた大会に出られなくなったのでその保証も求められました。
私だって四六時中子供を見ていられるわけじゃないし、子供のしたことだから大目に見て欲しいと頼んでも、全く聞く耳持ちません。
親に何とかして欲しいと頼んだのですが、私の息子と私が全面的に悪いから兄の言う通りにしろ
兄はあれでも我慢して低く抑えてくれているんだと言います。
私はお金がないので無理だと言ったら、だったら今月から生活費を入れろ、その中から兄に分割で弁償するからと言われました。
兄の家は夫婦共総合職で子供がいないから比較的裕福なはず。
50万くらいなら特に痛手なしに出せるはずなのですが、弁償しろと言いはります。
親からは、弁償しないなら私たちが建替えるが、払う気がないなら出て行けと言われてしまいました。
小さな子供を抱えてそうそう給料がもらえる仕事もないし、ほかに頼るところもないし。
親と兄に、許してもらうにはどうしたらいいですか。

154本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 21:15:44.19ID:VVV6Jovn0
小学生の頃、不思議なスーパーボールを持ってた。
駄菓子屋のスーパーボールくじで買った、何の変哲もないオレンジ色のボール。
大きさは直系4センチと小さい部類だったが、淡いオレンジの色が気に入って、
いつも指先で手遊びしてた。不思議な事は友人の一言から始まった。

「今日はあの青のボール持ってねえの?」「ん?青?オレンジのボールならあるよ。」
と、ポケットからボールを出すと。「オレンジ?これ、青じゃん。」
「はぁ?お前、なに言ってんの?」最初は友人がわざと冗談言ってるのかと思った。
なので、通りがかった別のヤツを呼び止めて、「このボール何色に見える?」「青」「ほらぁ」
この時点で『色盲』という覚えたての単語が頭をよぎる。悔しくてまた別のヤツに
聞いてみると「オレンジ」「だよな!」「はぁ?」。
それから、最初に話しかけた友人と二人で、クラスのほぼ全員にボールの色を
聞いて回ると、オレンジと青が大体半分づつくらいに分かれた。
確か職員室まで行って担任と、通りがかった美術の先生にまで聞いた覚えがある。
どっちがどっちだったか忘れたが,先生たちの答えも分かれてた。

先日、話題になったワンピースの画像で思い出したので、実家に戻った時
あの時のボールを探してみたがなかった。

155本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/20(水) 21:25:54.28ID:j9Ajr1UC0
>>154
これは不思議!

156本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 00:27:01.38ID:y4pJ6L1D0
彼女のドスケベをカミングアウトした時は面白かったな

彼女がトイレに行った隙に彼女のスマホを少し拝見
ブラウザの閲覧履歴を見ていると彼女がオナニーのおかずにしてるエロサイトが見つかる
トイレから帰ってきた彼女に「これなに?」と聞いてみると
彼女は顔を真っ赤にしながら
ちょっと勝手に見ないでよー!!と言いながらスマホを奪い取ろうとしてじゃれ合う二人

こんなことが好きだったの?
それなら言ってくれればいくらでもするのに。と言ってみると
彼女はしばらく黙った後に、「じゃあやって……」となって
その日から超ドスケベなSMプレイが始まった

157本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 00:28:39.74ID:y4pJ6L1D0
で、彼女のドスケベがどれほど凄かったのかを続きを聞かせてあげる。

彼女は口の中も性感帯だったらしい
正しくは舌です。
なので約20分ぐらいベロチュウをやりましたね。
動かったよ。ディープキスというレベルではない。
俺の甘い息と彼女の甘い息が絡み合って超濃厚な甘いキスになる。

ディープキスってさ、映画なんかでは愛し合ってる男女の愛を表現するところがあるけど
そういうディープキスではないんです。
舌と舌を絡めて気持ち良くなるベロチュウですね。
唾液を絡めて、彼女が唾液を口から垂らして下で俺が口をあけて唾液を受け止めて
今度は俺がその唾液を口から垂らして下で彼女が口をあけて唾液を受け止める。

158本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 00:29:35.67ID:y4pJ6L1D0
よくドラマなんかで行われるような
唇と唇をくっつけるようなキスには彼女は興味はない。
愛し合ってる男女がするような愛を感じるようなディープキスにも興味はない。
完全に舌と舌で気持ち良くなるためのSMのベロチュウですね。
それを延々と20分以上続ける。

さらに彼女のドスケベ欲求を叶えてあげると、どこまでもレベルが上がっていく。

次は何をしてほしい?と俺は聞く
これは俺が望んだことではなく
彼女の要望を叶えたプレイなんですけど。

まず、目隠しをしてほしいと言われて目隠しをして
次に彼女の口にボールギャックてやつかな?
あれで自分の口を塞いでほしいと言われて、それを彼女の口に装着。
あれを付けると唾液を飲み込めなくなり、彼女の口からは唾液が垂れ下がりっぱなし。
その上で両手を後ろ手に拘束。足も拘束して身動きできないようにして、
電マーで連続絶頂。

159本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 00:30:26.86ID:y4pJ6L1D0
これはすべて彼女の要望ですよ?
男の俺が彼女にそういうことをやりたいと思ってやってるのでなく
彼女の方が指示を出してるんです。

目隠しして口にボールを装着して唾液が垂れ下がりっぱなしにして、
両手を後ろ手に拘束、両足も拘束した上で
電マーの一番強いので、マ〇コを責めてほしい。
絶頂してもずっと続けてほしい。

さらに全裸でロングコートを着せて
マ〇コにバイブを突っ込んだまま夜の散歩がしたい。と彼女に言われて
男の俺は彼女の要望を言われるままに叶えてあげる。
彼女は感じまくりながら歩いて、最終的に公衆便所に一緒に入って
バイブを思いっきりかき回して絶頂させてほしい。と言われてね。

160本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 00:31:48.97ID:y4pJ6L1D0
中身重視と言っても女らしいとか
女々しいとかそういう意味での中身重視ではなくて
俺は変わったことや変わった人に興味を持つ男なので、
彼女のその普通ではないド変態なところが気に入って付き合った。

ちなみに俺自身はノーマルですよ。
どちらかと言えばSEXとかあまり好きではない。
エッチなこともあまり好きではない。

変わった女がいて、その変わった女の変態要望を叶えて
それで彼女が喜ぶ顔が見たいだけね。
超ド変態な彼女だけど、そんな彼女が心から喜ぶ顔を見て俺も満足する。

ちなみに俺は浮気大公認の男で、
彼女には浮気したかったら好きにやっていいよ。と言ってある。
もし、別れたくなったら遠慮なく言ってくれていいよ。とも言ってる。
俺は自分の彼女が他の男とSEXしてても何も思わん。
彼女と別れても悲しいという感情も沸かないね。

「じゃあ新しい彼氏と人生楽しんでね」と言ってあっさりと別れたよ。

161本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 00:39:57.03ID:sMr03nk00
でっていうでっていうでっていう

162本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 01:21:44.15ID:qPCb083EO
>>154
アレキサンドライトという実在する宝石は、光の加減で赤くも緑色にも見える
そのボールもそういう細工がしてあっただけじゃないのか

163本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 04:35:48.42ID:M8/2cyAH0

164本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 05:02:11.39ID:yF8X+XbE0
「リコーインダストリアルソリューションズ株式会社鳥取事業所」をググると

7件目に「社員ヌード」掲載の公式サイトが表示される怪

165本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 07:47:00.97ID:UHqUKlSO0
>>164
馬鹿野郎!
「それは問題!」と弊社がググってみたけど、
社員ヌードなんてドコにもないやんけ!
米村某の荒唐無稽な話まで読まされて、
それはちょっと吹き出すところも有ったけどw

166本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 13:22:02.27ID:wH2tfI/r0
今話題の給食問題って結構謎
爪や髪の毛混入はまだしもどうしたらハンバーグにつくか見当もつかない歯形や噛みちぎり後とかオカ板並みの話だろ

167本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 14:11:37.36ID:B1zo0R6R0
あれはもともと異物混入が多発してた給食に対して、抗議する意味も込めて生徒が一致団結してでっち上げてるんじゃないかと思ってる

168本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 16:31:52.93ID:yF8X+XbE0
>>165
わしのパソコンでは[正真正銘の公式サイト。無修正女子社員ヌード...」が6件目表示だぞ

「リコーインダストリアルソリューションズ株式会社鳥取事業所」 グーグル検索結果
https://goo.gl/WYJSef

169本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 19:50:43.04ID:CrsEw1g20
私の家は寺。私の父は僧侶で私も僧侶。

3連休の中日に父の右の瞼がぱんぱんに腫れたので救急外来で応急処置をしてもらう。
連休あけに地元の病院にいったところ、すぐに大きな病院にいくよう促され、その日のうちに入院となった。
およそ10日ほど治療のために入院した。
医者からは瞼は時間がたてば治る。しかし眼はウィルスが入ったために失明すると告げられた。すりガラス越しにものを見ているようにしかみえず、治療は角膜移植しかないと。

時間が前後するが私は父に本堂に供えてあるお水を入院している間、毎日変えてほしいと頼まれた。
翌日から毎朝、本堂のお水を変え、これは頼まれてはいないがお経を唱えた。
普段は先祖や檀家さんの供養のお経だけだが、父の病状の回復を祈願したお経も毎日よんだ。
うちの本堂は正面にご本尊のある祭壇、その左右に2つずつお位牌などをおいた祭壇があり、ご本尊のある祭壇にはロウソクが2本、それ以外は1本の計6本のロウソクをたてる。
一番右の祭壇にマッチなどがあるので、右から順につけていき、一番左まで来たら右端にもどり点火具をしまう。
消す際も同様で右端にしまってある道具で同様に消していく。
毎日することではないが昔からしていることなので難しいことではなかった。
父が退院する当日、私が最後に水を変える日、本堂にいくとご本尊を祀っている祭壇の右側のロウソクがなくなっていた。家族に確認したが誰も本堂に入ってすらいなかった。
私は父の病気を持って行ってくれたのではないかと思った。
結果として、失明すると診断された父だが1月もせず視力が回復した。
科学的に、現実的に考えれば、ロウソクは消し忘れで失明は医師の診断ミスだろうが、私は仏様のご加護だと思っている。

170本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/21(木) 21:24:08.79ID:x9lwN5BE0
俺もそうだと信じたい
視力回復して良かったな

171本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/22(金) 00:10:07.62ID:EYFpNLQ60
大事に至らず良かったですね
あなたの祈る心が仏様そのものだったのでしょう

172本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/23(土) 13:45:02.93ID:f2wgtsAz0
 近所に白髪のおじいちゃんが独りで経営している老舗写真館があります。その人は結婚歴がなく、ホモ説まで流れていました。
 だけど、とても優しい雰囲気を漂わせ、好感が持てたので、そこで就活用の写真を撮ってもらうことにしました。

 撮影中に突然、「お嬢さんに似合うウエディングドレスがあるよ」と言ったので少し興味を持ちました。
 彼は「そろそろお迎えも近いから、冥土の土産に2人で結婚式の写真を撮ってほしい」と頭を下げます。
 こんなおじいちゃんが何を血迷ったのかと一瞬思ったけど…。
 「いいですよ。記念に撮りましょうよ」
 かわいそうになって、ついOKしちゃいました。真っ白いドレスを着て、彼も礼服に身を包み、セルフタイマーで撮影しました。
 その後、おじいちゃんは満足そうな顔でスタジオにようかんとお茶を用意し、「初めての共同作業、ようかんに入刀しよう」と手を取り合って、プラスチックのナイフを当てました。
 指先が触れ合うと、気持ちまで敏感になって顔が真っ赤になります。火照った私を見抜いたのか、ウエディングドレスのまま、私を横にゆっくりと寝かせます。
 「錆びた刀が役に立つかどうか分からないが、お嬢さんと結ばれたいよ」
 「心配しないで。刃物は錆びたら研げばいいのよ」

 勃起は無理だと思ったけど、シコシコと目の前にある男根をしごきます。
 「勃った! 復活祭だ」
 真っ白い陰毛の茂みから、奇跡的に大きな松茸がそそり勃ってきたではありませんか。
 「花嫁を犯すのって、人生で一番興奮するよ」
 彼はスルッとショーツを脱がせて挿入を試みます。エロチックな状況に私の恥ずかしい部分も潤い、ようかんに続いてこっちも入刀されそうに。ところが、すぐに中折れしちゃって…。
 「人生、なかなか思い通りにならないなぁ」
 落ち込むおじいちゃんのペニスを何度か研ぎ直したけど、再起は難しい様です。
 「もういいよ。ありがとうね。すごくうれしかった」
 この言葉を聞いて、いいことをしたのだと幸せな気分になりました。
 ところが数日後、写真館のウインドーに私たちのツーショット写真が飾られていて…。恥ずかしくて、しばらく近所を歩けなかったです。

173本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/23(土) 16:20:27.60ID:3Vlh3avz0
なかなか良くできた話ですな〜

174本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/23(土) 21:16:32.34ID:clhMg5Vc0
>>153
親兄弟にそんな言い方されるって事は少なくともあなた達親子は歓迎されてないのですから家賃なしで住まわせてもらってるだけでも有り難いと思うべきですね
子供のした事だから仕方ないじゃないの!って思うかもしれませんが子供には弁償する能力がないのですから親が代わりに責任を取るのは当然の事です
だって子供のした事なんですから仕方ない事なんです
それに関して不平を言うべきではないんです
子供やあなたのお兄さんご両親には全く責任がないのに弁償するどころか家族の事をまるで血も涙もない人間であるかのようにおっしゃるのは筋違いですしエゴイスティックです
そんな甘い認識だから後先考えずに結婚離婚そしてシングルマザーになってしまったのではないでしょうか?
あなたは自分は不幸だと感じてらっしゃるかもしれませんが一番不幸なのはそんなあなたの元に生まれてきたお子さんですし、その次に不幸なのはあなたの面倒をみなきゃいけないご両親やとんだとばっちりを受けたお兄さんだと思いますよ

175本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/23(土) 21:20:02.87ID:clhMg5Vc0
>>153
親兄弟にそんな言い方されるって事は少なくともあなた達親子は歓迎されてないのですから家賃なしで住まわせてもらってるだけでも有り難いと思うべきですね
子供のした事だから仕方ないじゃないの!って思うかもしれませんが子供には弁償する能力がないのですから親が代わりに責任を取るのは当然の事です
だって子供のした事なんですから仕方ない事なんです
それに関して不平を言うべきではないんです
子供やあなたのお兄さんご両親には全く責任がないのに弁償するどころか家族の事をまるで血も涙もない人間であるかのようにおっしゃるのは筋違いですしエゴイスティックです
そんな甘い認識だから後先考えずに結婚離婚そしてシングルマザーになってしまったのではないでしょうか?
あなたは自分は不幸だと感じてらっしゃるかもしれませんが一番不幸なのはそんなあなたの元に生まれてきたお子さんですし、その次に不幸なのはあなたの面倒をみなきゃいけないご両親やとんだとばっちりを受けたお兄さんだと思いますよ

176本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/23(土) 22:04:54.86ID:QoUSbdJB0
大事なことだったのかな

177本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/24(日) 10:02:54.00ID:zeo48syq0
>>153
それは払わなあきまへん。

178本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/24(日) 17:11:28.16ID:9K3iCtn40
>>153
お兄さん側に全く非がないのだから、保護者である貴女に責任が発生するのは当然のこと。子供が壊したは貴女が壊したと同義
ご家族も最大限譲歩してくれてるのに、経済的に苦しいんだからチャラにしてくれは虫が良すぎますね



まあそれはそれとして、ここエニグマスレ

179本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/24(日) 19:25:53.88ID:K/5pFEoC0
なんでみんなコピペにマジレスしてるの

ttp://okspe.yomiuri.co.jp/reader/view/topic.jsp?tpid=690199

180本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/24(日) 23:57:43.53ID:06fgN1bR0
梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」…シコシコ

俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

俺「うぁ…くっ…!!」

富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。

181本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/25(月) 01:42:17.81ID:PoG0c/150
今日、三鷹市内の転送神社の祭の縁日楽しんでいたら、気付いたら別の転送神社の縁日に移動していた
なんだこれは状態

182本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/25(月) 06:22:52.48ID:wfJmHRUI0
>>181
なんだそれは状態

183本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/09/25(月) 14:31:23.00ID:X0c+nF+w0
>>181
転送神社だけに(イワセンナ (*ノωノ)

新着レスの表示
レスを投稿する