【ひぐらし】こちらスネーク 雛見沢村に潜入した6

1創る名無しに見る名無し2010/10/03(日) 23:39:52ID:x5k6r0Vu
■MGSのスネークが雛見沢に来たら……という二次創作(ネタ)スレだ。
単発TIPS・短編・長編構わず投稿してくれ。

※同人ゲーム板より移転致しました。

テンプレは>>2-4

■過去ログ■
(初代〜4スレ目は同人ゲーム板です)
こちらスネーク 雛見沢村に潜入した
ttp://game13.2ch.net/test/read.cgi/gameama/1144941095/
こちらスネーク 雛見沢村に潜入した2
ttp://game13.2ch.net/test/read.cgi/gameama/1175824936/
こちらスネーク雛見沢に潜入した3
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gameama/1194857842/
【ひぐらし】こちらスネーク雛見沢村に潜入した4
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/gameama/1210075518/l50



■まとめwiki■
ttp://www29.atwiki.jp/sne_hina

■したらば■
※ネタバレ注意!
こちらスネーク、雛見沢に潜入した職人様用掲示板
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/10902/
(職人様用掲示板とありますが、ネタバレおkな人は職人じゃなくても大丈夫です)


【本編ストーリーについて】
※本編はキャラ予約制のリレー方式なので、誰でも好きなように続きを書けます。

※続きを書きたい職人さんは「○○と○○予約します(○=キャラ名)」と宣言して下さい。

※登場が未定、または回想シーンのみなどのキャラには( )をつけて下さい。
例:スネーク、梨花、(羽入)予約します」

※( )付きのキャラ以外、予約を重複させないで下さい。
例:A「スネーク+部活メンバー予約します」
  B「スネーク、オセロット、忍者予約します」 と予約が重なった場合は、早い者順となりAの方の予約が優先されます。

※他の職人の展開によって予約して執筆していた分が使えなくなった場合、「予約を破棄します」と宣言して下さい。

※本編職人が、予約した日から、二週間以上も続きを更新しない場合、あるいは予約解除の宣言がない場合、
自動的に予約が解除されます。 その場合、再び募集となります。

※本編職人さんは必ずトリップを付けて下さい。第三者による脱退宣言の成り済ましを防ぐ為です。


2創る名無しに見る名無し2010/10/03(日) 23:41:11ID:x5k6r0Vu
■「スネークと圭一達が球技で対決」する話を書いて欲しい等、要望を書き込むと、職人さんが興味を持って書いてくれるかも?
創作のヒントにもなるのでどんどん書き込んでOK

■本編以外の短編・長編について■
※「他人の作品」の続きを勝手に書かない。どうしても書きたい場合は作者さんに許可を申請して下さい。

※「他人の作品」の設定を借りた外伝は許可。
一応「○○の設定を借りました」と一言付けたほうが良いかも。

※「他人の作品」の設定を一部借りて(スネークが教師として潜入など)新しく長編・短編を書く事も許可。

※職人さんはトリップを着けることをお勧めします。トリップについては下記を。

■トリップについて■
名前欄に、ダイヤのマークと数字とローマ字の羅列を表示させて簡単に本人(自分)を証明するシステムです。

書き込む際の名前欄に、@#A(@に名乗りたい名前を、Aは自分が覚えやすい文字)を入力して書き込むと、#が◆に変わり、Aは数字とローマ字の羅列に変換されます。

【例】
オヤシロ様#メタルギア

書き込むと……

オヤシロ様◆s7Li6JIQiW

※注意※
上記のAの文字は、毎回トリップを着ける為のパスワードです。
他人に教えたりしないで下さい。
第三者にバレてしまった場合は、違う文字を入力して下さい。

■荒らし、基地外など■
荒らしは絶対スルー。
荒らしはかまってもらいたいだけなのです。煽りもだめ。
荒らしに反応するあなたも荒らしかも?
基地外を見かけたらNG登録推奨。

★現在、本編ストーリーの続きを書いてくれる職人さんを募集中です。
今までのストーリーはテンプレ内にまとめwikiがあるので参考にして下さい。

★現在【CQC体育編】と【ダンボール殺人事件】を書いてくれる職人さんを募集中です。

▼【CQC体育編】は、スネークが雛見沢分校の教師として潜入中という本編設定を借りています。
スネークが体育の授業で生徒達や圭一達にCQC(軍事式近接格闘術?)を教えるというネタです。
特にそれ以外決まっていないので、後は職人さんが自由に題名(○○し編とか)や内容を考えて構いません。

▼【ダンボール殺人事件】はスネークが雛見沢校の教師として潜入中という本編設定を借りています。
雛見沢で、ダンボールに詰められた死体が発見され、ダンボールの持ち主であるスネークに容疑(重要参考人?)が掛かります。
死体が発見された日にはスネークは行方不明になっていて、更に疑わしい状況のようです。
それ以外は何も決まっていないので、後は職人さんが自由に題名(○○し編とか)内容を考えて構いません。


3創る名無しに見る名無し2010/10/03(日) 23:42:12ID:x5k6r0Vu
┌─────┐    .┌────────┐     .┌──────┐
│ 書き込む .│名前:│            .│E-mail:│sage      │
└─────┘   . └────────┘     .└──────┘
                            ._____
                          ./  /   ./|
                          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . .l_
                         /|スネーク   .|/ ./<ガサッ・・・
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o
                                     ○
                             (大丈夫だ・・・メル欄にsage)
                         (と入れておけば誰にも見つからない・・・)
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

4創る名無しに見る名無し2010/10/03(日) 23:45:02ID:L4W5qLjd
>>1おつん
途中で消えたね前スレは…

5創る名無しに見る名無し2010/10/03(日) 23:45:53ID:x5k6r0Vu
Q&A

オリスクないの?
・2007年頃、デザフェまでうpされましたが流れました。 その後、本編職人氏が新規にちょくちょく作っています。
ttp://hangyodori.hp.infoseek.co.jp/の「アップロード掲示板」から探してダウンロードしてください。
現在、6月17日まで収録されています。

書きたいけど、時系列とか展開とかワカンネ
・したらば(職人様向け掲示板)にGO
つttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/10902/

投下したいけど規制されたor感想言いたいけど規制中
・「職人様向け掲示板」とありますが、したらば(ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/10902/)内の
「【規制中専用】投下・感想スレ」に書き込んで下さい。
このスレッド以外には、先の展開のネタバレが書き込まれているので閲覧には注意して下さい。
また、(本編)職人が規制中の時に作品が投下されている可能性があるので、
その時は規制されていない方に代理投下をお願いします。

知恵先生の扱いはどうなるの?
・元ネタ(月姫)知らない人でも分かる程度に、ほどほどに。
(現時点では傍観者という設定です)

なんでオセロットとかリキッドが一緒に存在するの?リキッドは死んだんじゃないの?
これってMGS2の前なの? 後なの? つうか鷹野達は(ry
・読み進めれば分かります、今後の展開を待っていてください。
「歪んだ世界」という設定ですので、wikiにある矛盾したSS等は「繋がらないカケラ」扱いとなります。

6創る名無しに見る名無し2010/10/03(日) 23:47:33ID:x5k6r0Vu
テンプレ以上。
>>1を修正します

■過去ログ■
(初代〜4スレ目は同人ゲーム板です)
こちらスネーク 雛見沢村に潜入した
ttp://game13.2ch.net/test/read.cgi/gameama/1144941095/
こちらスネーク 雛見沢村に潜入した2
ttp://game13.2ch.net/test/read.cgi/gameama/1175824936/
こちらスネーク雛見沢に潜入した3
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gameama/1194857842/
【ひぐらし】こちらスネーク雛見沢村に潜入した4
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/gameama/1210075518/
【ひぐらし】こちらスネーク 雛見沢村に潜入した6
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1286116792/

7創る名無しに見る名無し2010/10/03(日) 23:52:34ID:ZJ4MUxax
いちおつ

8 ◆/PADlWx/sE 2010/10/04(月) 00:04:01ID:WA827FN5
大変遅くなって申し訳ありません。
2ch側の不備で前スレが消えたとはいえ、すぐに対策を取らなかった私にも非があります。
したらばに投下するなり何なり出来たはずですが、ずるずると引きずって来てしまいました……。
それでも待っていてくれた皆さんに感謝と謝罪の気持ちを込めて投下します。
連投規制がかかったらぶつ切りになってしまうかもしれませんが、ご了承下さい。

9本編 ◆/PADlWx/sE 2010/10/04(月) 00:04:46ID:WA827FN5
 研究区は、居住区と様子が異なっていた。
 居住区は無骨な作りであったのに対し、研究区は診療所や病院のように清潔な作りとなっている。
 ただ、巡回兵がいる事は同じだった。
 人の気配は、居住区の時より多い。おそらく、この時間帯でも「研究」をしているから、研究者達がいるのだろう。
 場所は変われど、潜入の基本には変わりがない。
 慎重に、かつ何が起きても素早く対応出来るように、俺はゆっくりと進み始めた。

 ◇
 いくつかの通路を曲がり、部屋を横切り、広間を抜けると、エレベーターがあった。
 あれで下まで行けそうだ。一旦中層で降り、武器を手に入れ、それから開発区に向かう。
 今後の方針を決めた所で、俺は地面を蹴って走り出した。
 足音に気づいた兵士が振り返る。それとほぼ同時に兵士の首もとをつかみ、地面へと叩きつけた。
 兵士はぐったりとして動かなくなった。体を引き摺って、物陰に隠す。弾倉をいくつか頂戴した。
 エレベーター前には、見張りがいなかった。広間にいるのはこの兵士だけだったようだ。
 若干不審に思いつつ、エレベーターに近寄る。トラップやセンサー類、監視カメラの類は見あたらない。
 ――これまで、どの階でもエレベーター付近には見張りがいた。
 だがここには誰もいないし、何も無い。……嫌な予感がする。
 辺りに気を配りながら、ボタンを押す。普段通りなら、少し待てばエレベーターが到着する――はずだった。
 エレベーターが動いていない。動いている気配がしない、と言った方がいいのだろうか。
 何度かボタンを押したが、作動音すら聞こえなかった。
 ……以前、シャドーモセス島でも似た状況があったな。
 ため息をついて、エレベーターから離れた。
 とにかく、別ルートを探そう。
 任務に苦難は付きものだ。最初から上手く行くわけではない。
 気持ちを切り替え、別の通路に向かおうとした所で通信が入った。

10本編 ◆/PADlWx/sE 2010/10/04(月) 00:05:44ID:WA827FN5
『ようスネーク。調子はどうだ?』

 「桜花」の「父親」であるディープスロートからだった。

『……まずまずだな。今、研究区に入った所だが、エレベーターが作動しなかった』
『作動しない……? 変だな。そこのエレベーターは設定を弄っていないんだけどな』
『そういうこともある。出来れば別ルートを教えてくれると助かるのだが』

 それならお安い御用さ、と彼は快諾し、口頭でルートの説明を始めた。
 少し離れた所に階段があるらしい。
 普段はあまり使われていなく、敵と鉢合わせる可能性も低いそうだ。

『それでも、警備が全くされていないって訳じゃないけどな。ただ、これだけ広いと人手が足りなくなる。
だから監視カメラやらセンサーやら、そういった類のものはあるだろうな』
『そのぐらいなら問題は無い』
『それと警備が強化されているとしたら、サイファーが飛んでいるかもしれない。気をつけろよ。
あと……、……まあさすがに“アレ”は無いか』
『……何の話だ?』
『確か開発中の、人間の思考を搭載したAI兵器がいくつかあるらしいが……完成したかどうかも分からないし、
していたとしても、誰も使わないような階段に配備はされないさ。今の話は忘れてくれ』
 忘れてくれ、と言われても記憶に留めておくべき事柄だろう。
 AI兵器がどの程度の脅威になるか分からないが、用心するに越したことは無い。
『お前は今何をしている?』
『ちょっと上の方に用事があってね。無事会えればすぐ終わるさ』
『誰かを捜しているのか?』
『まあ、そんな所だ。あんたには……関係あると言えばあるが、今は関係無いって事にしておいてくれ』
 ……相変わらず、何を考えているか読めない奴だ。そもそも、この男は正体すら未だに分かっていない。
 これ以上聞いても無駄だと判断し、ディープスロートから聞いたルートを頭にたたき込んで、階段へ向かうことにした。
 階数は決して短くない。
 時間がかかりそうだが、……今は子供達の無事を信じつつ、一歩一歩着実に進むしか無かった。

11本編 ◆/PADlWx/sE 2010/10/04(月) 00:06:31ID:WA827FN5
 ◇

 ――人が、斃れていく。
 ある者は手足を切り落とされて。
 ある者は銃弾を全身に浴びて。
 ……ある者は、何が原因で斃れたのか分からないほどに、ぐちゃぐちゃになって。

 むせ返るような血の臭い。怒号と悲鳴。銃声。
 ……今日の昼頃から遭遇しっぱなしの、こんな異常事態の連続に…………私の感覚は、すっかり麻痺していた。
 私と悟史くんを捕まえている奴らが何を目的として、戦っているのか。
 奴らを相手にしている兵士たちは何を守ろうをして、戦っているのか。
 私はそれすらも知らないのに……、目の前の惨劇を、見ているしかない。
 今確実に分かるのは、私がいる場所が鬼ヶ淵沼の地下にある、謎の施設だと言うこと。
 それと、……私の背中にいるのは、間違いなく彼――悟史くんだと言うこと。
 ……この場所では、生と死が隣り合わせだと言うこと。
 それぐらいしか、分からなかった。

「……クリア。……くすくす、みんなお疲れ様。…………先に進むよ」

 さっきの女の人が、兵士たちに声をかける。彼女が持っている鉈は赤く染まっていた。
 ……いつの間にか戦いは終わっていたらしい。
 座り込んでいた私は、無理矢理立たせられる。銃を突きつけられ、また歩かされることになった。
 その様子をみて、彼女はまた――くすりと笑った気がした。

 さっきの光景がフラッシュバックする。
 私の首を絞めている悟史くん。
 銀色の閃光。月明かり。嘲笑っていた彼女。
 ぐるぐる、ぐるぐると、さっきの光景が頭の中でまわる。


 ――殺されちゃっても、知らないからね。


「…………っ!!」

12本編 ◆/PADlWx/sE 2010/10/04(月) 00:07:46ID:WA827FN5
 背筋に寒気が走り、担いでいた悟史くんを落としてしまいそうになった。
 兵士達は私の様子を見て、「何をしている」と銃で小突いた。
 崩れ落ちかけた膝に力を込めて、私は何とか立ち上がることが出来た。
 ――しかし、一度頭に浮かんだ不安は拭えなかった。
 さっきの女の人の言葉。悟史くんの行動。
 ……悟史くんは、私を――殺そうとしている?
 そうだったらどうしようと思って、動悸が激しくなり、全身に汗がにじんでくる。
 喉と手首のかゆみが、いっそう強くなる。
 ……もしかしたら、悟史くんはまだ園崎家のことを恨んでいて。
 私をずっとずっと目の敵にしていて……、それで私を殺そうとしたの?
 悟史くんに正気が無いように見えるのは、……私の思い過ごしで、………悟史くんは、私を殺す機会を伺っているの?
 だからさっきは、……二人きりになれて、周りには誰もいなくて……チャンスだったから、私を絞め殺そうとした…?
 ……私は、自分を殺そうとしている人を、必死で守っている……?
 それが滑稽に見えるから、あの人は、私達を見て笑って――――。


 ――違う! 悟史くんは、そんな事は思ってない!

 首を強く左右に振る。
 ……私が、悟史くんを疑うなんて。最低の事だ、と思った。
 こんなどうしようもない状況で、よりにもよって私が悟史くんを信じないならば……私は、何も信じることが出来ず、疑心暗鬼に取り憑かれてしまうだろう。
 ……悟史くんの様子がおかしいのは、おそらく奴らのせいだ。悟史くんが望んで、こうなった訳じゃない。
 さっきの行動だって…………、きっとそうだ。あんなに優しかった悟史くんが、進んで手を染めるようなことはしない。
 それに。
 私が彼を信じなかったとしたら、誰が彼を信じるんだろう?
 リキッドって奴もマチェットっていう人もオセロットも、悟史くんを道具か何かのようにしか見ていない。
 悟史くんは道具じゃない。……私が必ず守りぬく。そして、……一緒に沙都子の所に帰るんだ。
 その時は、……みんなで笑いあえるかな。
 沙都子は喜んで兄の帰りを迎えて、……悟史くんも正気に戻って、はにかんで。
 『約束を守ってくれてありがとう、詩音。…………ただいま』って、言ってくれるかな。
 ……その未来を見たいから。悟史くんと沙都子にも、見せてあげたいから。
 私は戦う。絶対に、助かってみせる。
 悟史くんを疑うなんて事……、二度とするもんか!

13本編 ◆/PADlWx/sE 2010/10/04(月) 00:11:58ID:WA827FN5
とりあえず以上です。
あと2、3回投下したら、話がぐぐっと大きく動きます(予定です)。
無線ばかりのスネークパートにも終わりを告げられるはず……!

今後、規制等の理由が無い限り、無断で一週間以上スレを空けることを無くします。
一週間本編による書き込みが無かったら、したらばの規制中専用のスレをご確認下さい。
そこにも書き込みが無かったら、「何やってるんだゴルァ」と急かして下さって構いません。
長い間投下出来なくて、本当にすみませんでした。
完結に向かって努力・精進して行きますので、これからもよろしくお願いします。ノシ

14創る名無しに見る名無し2010/10/04(月) 00:23:09ID:d6red4CC
>>13
うぉおおお乙でした〜
これからもがんばって下さいな。

15創る名無しに見る名無し2010/10/05(火) 13:54:33ID:MwuCx3LF
>>13
復活オメノシ
もう消えたかと半ば諦めてました

16創る名無しに見る名無し2010/10/06(水) 11:06:27ID:Wjt36a+t
こっちにスレ経ってたのか
随分続いてるんだな。いつの間にかリレーになってるし。

スネークがシエルにビビりまくってた辺りで止まってたな

17本編 ◆/PADlWx/sE 2010/10/11(月) 18:20:53ID:AbAfcXSf
 私達は、研究区と呼ばれる場所に侵入した。
 ジョニーの報告からして、ここら辺にスネークがいる可能性が高い。
 手分けして、今まで以上に慎重に探さなければいけない。
 もう一回、戦力が均等になるようにくじを引いて、二手に分かれて探すことにした。
 今度は、富竹と入江も一緒にくじを引いてもらった。
 二人の用事はもう済んだらしく、入江たちが襲われたこともあったので、合流することになった。

 「はいはーい! くじは引けたかな? それじゃチームごとに別れよう!」
 魅音の号令で、今度は三チームに分かれる。

 “みんみんぜみ”は、レナ、羽入、ジョニー。
 “つくつくぼうし”は、圭一、沙都子、入江、赤坂。
 “ひぐらし”は、魅音、私、富竹という構成になった。
 さっきまであった“あぶらぜみ”の名前はなぜか使われなかった。
 そういえば、先ほどチーム決めをする時、赤坂と魅音が何か話していた。
 ……“あぶらぜみ”に何かあったのかもしれない。ゲン担ぎ、ということでその名前を避けたのかもしれない。

 兵士と山狗の警護については、以前と同じだ。
 何名かは負傷してしまって戦えないけれど、さっきよりまとまって行動しているので、戦力には問題がないと思う。
 ……結構上手に分かれたな、と思う。
 “みんみんぜみ”は足りない戦力を、地の利があって知識が豊富なジョニーが補っている。そしてこのチームには兵士達が一番多くついていた。
 “つくつくぼうし”は赤坂が道を切り開き、沙都子が後方を守る。圭一は敵の説得も出来るし、入江は怪我の治療が可能だ。
 “ひぐらし”は本隊だし、何せ魅音がいる。富竹はああ見えて銃の扱いに長けているから、しっかり守ってくれるだろう。
 これはくじの運が良かったからこうなったのか、それともゲーム大会の時のように魅音が自分で割り振ったのか。
 まぁ、どっちでもいいか。頼もしい仲間に恵まれた、と思っておこう。

 ……仲間、か。
 向こうがこっちをどの程度信用しているか分からないけど、スネークは私達のとって大切な仲間だ。
 近くにいるだろうから、早く合流して、彼の力になってあげたい。
 ――この時の私は、彼の“敵”の事をよく知らなかったから、そんな事を思っていた。

18本編 ◆/PADlWx/sE 2010/10/11(月) 18:21:41ID:AbAfcXSf
 
「……ん? ここはひょっとして……」

 チームに分かれてしばらくした後。
 魅音が、ある部屋の前で立ち止まる。既に周りの敵は殲滅していた。

「魅ぃ、どうしたのですか?」
「ここ、敵さんが使ってる通信施設っぽくてね。何か頂戴できるものは無いかなー、と」
「……僕も行くよ」

 魅音がドアノブを捻り、慎重に扉を開ける。中には誰もいなかった。
 彼女が言った通り、中には通信設備らしきものがあった。複雑そうで、よく仕組みが分からない。
 富竹も慎重に辺りを見渡していた。……ひょっとしたら、番犬と連絡を取ろうとしているのかもしれない。
 魅音がつかつかと設備に近づく。そして、おもむろに装置を弄り始めた。

「使えそうなのですか?」
「多分ね。なにかいい情報が手に入るかもしれないから、ちょっと調べてみるかねぇ」

 そう言いつつも、何せ複雑な機械だから、扱いが難しそうだった。
 どこかの無線を傍受したり、モニターにどこぞの監視カメラの映像が映ったり消えたりと、せわしない変化が続いていた。
 しかし、どれも有力な情報では無かった。
魅音は額にしわを寄せて頑張っていたが、埒があかないと思ったのか、突然叫び始めた。

「……あーもう! なんでこんなややこしいのさ――――あれ?」

 ぷつん。全てのモニターが、唐突に消えた。
 同じく唐突に、「通信中」を示すランプがつき、またどこかと無線が繋がった。
 通信相手が、声を発する。


『……誰だ?』


 ――その声は、ここにいる誰もが探している人の声だった。
 私より早く、魅音が無線機に飛びついて応答する。

「スネーク!? スネークだよね?」
『その声……魅音か!? どうして無線が――』
「ああ良かった! やっと見つかった! おじさん達、ず〜〜〜っとスネークのこと探してたんだよ!
部活メンバーは勿論、監督に富竹さんに赤坂さんって人も、みんなでここに来たんだからさ!」
『どうして来――』
「そうそう、今はちょっと別行動している人もいるけど、梨花ちゃんはここにいるから変わるね」

 魅音はスネークに喋る隙を一切与えず、一方的にまくし立てて、無線機を私に押しつけた。
 いったい何が起こってこうなったのかよく分からなかったけど、私はとりあえず無線機を受け取った。

19本編 ◆/PADlWx/sE 2010/10/11(月) 18:23:14ID:AbAfcXSf
「……スネーク、なのですか?」
『……そうだ』
 確かに、私達がずっと探していた彼だった。
「無事で何よりなのです」
『そっちも平気か?』
「圭一が山狗や兵士をこっちに引き込んだので、戦力は何とかなっていますです」
『山狗……敵を味方にしたのか……』

 彼は驚きを隠せない様子だった。圭一の戦い方に舌を巻いたらしい。
 ……私だって、こういう戦い方があったんだ、と初めて知って驚いている。

「それと、スネークが知っている人は皆無事です」
 勿論、沙都子も助けました。と言った。
『……そうか、良かった』

 心から安心した、と分かるような声だった。
 もっと話したいこともあるけど、それは会ってからにしよう。
 そう思ったので、魅音に無線機を渡した。

「今どこにいるの?」
『地下に向かう階段だ。敵はいないが、長くなりそうだ』
「って事は……研究区かな。どの辺りに向かってる?」
『中層だ。今は――』
「それならちょうどいいや。おじさん達も、研究区に来たばかりだから、たぶん追いつけるね!
なら中層で会おう! 居住区入り口と同じように、広間があるらしいからさ、そこで合流しよう。
あ、あとこっちも無線機を持って行くから、また連絡するね。いきなり圭ちゃんとかから、無線が来ても驚かないでよー」
『おい、こっちの話も――』
「善は急げ、って言うでしょ。エレベーターで特急で向かうから大丈夫だって!」
『待て、エレベーターは』
「じゃあ、研究区中層の広間でね!」

 ぶつり。魅音が無線のスイッチを切った。
 それと同時に、先ほど消えたモニターなどが再び付き、この部屋に来た時と同じ状態に戻った。
 魅音が振り返り、得意げな笑みを浮かべた。

「よーし、スネークを発見したことだし、目的地決定! 各チームに連絡して、研究区中層広間でスネークと一緒に集まろう!」
「それにしても魅音ちゃん、凄いね。スネークさんと無線を繋げちゃうなんて」
「あ、あはははは! おおおじさんの手にかかれば、何だって出来るからねぇ!」
「……ボクには偶然、スネークに繋がったように思えたのです」

 魅音の様子からして、そうとしか思えなかった。
 どっちにせよ、さっきの声は本人だ。目的地も決まった事だし、これでようやくスネークと会える。
 彼の目的がここで果たせられれば、私の歪んだ運命も打破出来る。
 ようやく、先に進む希望の光が見えた。
 魅音が他のチームに連絡し、富竹が通信設備を弄り始めているのを見ながら、私は心強さのようなものを感じていた。

20本編 ◆/PADlWx/sE 2010/10/11(月) 18:26:12ID:AbAfcXSf
以上です。
今週中(ぐらい)に私がもう一度投下しますが、
来週の投下は◆k7GDmgD5wQ氏に一任することになると思います。ノシ

21創る名無しに見る名無し2010/10/12(火) 00:05:33ID:R3eLXSiy
乙です

22創る名無しに見る名無し2010/10/12(火) 09:13:22ID:lPLNvXSE
乙なのです

23元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2010/10/17(日) 22:33:48ID:Bce6Dibc
ざり、ざりと耳障りな音を立てた無線機から、声が聞こえる。
『もしもーし、こちら“ひぐらし”、聞こえてるー?』
明るいその声は、我らが部活の部長、魅音のものだ。
だから、俺もそれに明るく返すことにする。
『つくつくぼーし、つくつくぼーし』
俺たちのコードネームである“つくつくぼうし”を、できるだけリアルに表現してみた。
即座に聞こえた、魅音の溜息。
『あのさぁ圭ちゃん、それ、すっごくつまんない』
『くは、マジか』
実に残念そうに悔しがってみせる。
『まあそんだけ余裕があるならそっちは大丈夫ってことかな……。あのさ、圭ちゃん達にも知らせときたいことがあるんだ』
『何だよ?』
『うん、ついさっきだけどね、スネークと連絡が取れたんだ』
『えっ? マジか!』
これには素直に驚いた。
『うん、スネークも無事だね。おじさん達より少し先にいるみたい』
『そっか……、じゃあ、もうすぐ会えるな』
『うん、みんなで無事にスネークのとこまで行くよ』
『ああ、モチのロンだぜ!』
形だけだった明るさが、心のそこから変わっていく。
スネークに会える。
それだけのことだが、それ以上ない勇気と希望に変わった。
『それとさ……、圭ちゃん、今どこらへん?』
魅音が俺達の位置を訪ねた。
『えっと……ちょっと待ってくれよ、監督、地図見せてくれよ』
フロアのマップを持っている監督に、そう言って、俺は監督から地図を受け渡される。
『えーっと、このまま少し行くと、エレベーターがあるな』
『そっか、なら圭ちゃん達が一番乗りかな。もう少し降りるとね、研究区の中層に着くんだ。そこに広間があるんだよ。そこでスネークと合流しようと思う』
『わかった。じゃあ俺達がそこまで行って、先に皆を待っておくぜ』
『無理はしないでよ圭ちゃん。相手は戦闘のプロだからね。赤坂さんだって不覚をとったらやられかねないんだから』
『わかってるさ魅音……、常に状況を把握し、冷静に判断するってんだろ。部活で散々叩き込まれてるからな、油断はしないぜ』
『圭ちゃんがあっさりそう言うから心配になるんだよ……』
『なにー! 信用されてないのか俺!?』
『あれ? 今ごろ気付いた?』
笑いあい、ふざけあいながら、俺達は通信を終えた。
そして、魅音から聞いたことを、俺は沙都子や監督、赤坂さんに話す。
「エレベーター、ねぇ……」
沙都子が片目を瞑って、考え込むようにそう言った。
「ああ、そこまで行けば広場まではもうすぐだからな、こうなりゃ俺達が一番槍だ――」
「ちょっと待ってくださいませ圭一さん、そんな簡単にエレベーターまで行くのは自殺行為だと思いますわ」
沙都子が俺にストップをかける。その言葉に俺は少し前につんのめった。
「な、なんでだよ沙都子、せっかく人がやる気だしてるのによ」
「やる気をだして突っ込むのは飛んで火に入る夏の虫ですわ。……圭一さん、これだけ広いフロアなんですのよ。そこにこれ見よがしに中枢に向かうルート……どう考えても罠を張られると思いません?」
「……う」
確かに、よく考えれば沙都子の言うことは正しく聞こえる。
「そうですね。……それに、私達はこの場所のことをよく知りませんから、慎重に動くにこしたことはありませんね」
監督が沙都子の意見に同意した。
「しかし、これから別のルートを探すとなると、少し手間がかかるな……」
赤坂さんは、沙都子の意見には乗らず、ルート変更のリスクを懸念しているようだ。
「た、確かにな、沙都子の言うことは一理あるぜ」
俺はここで、ルート変更の案を握りつぶすことにした。
いや、危険だなんてことはわかってるんだけど、一番乗りして魅音の鼻を明かしてやりたいという単純な勝負心だ。
「でもな、赤坂さんの言うとおり、別のルートを探している間に敵に見つかることだってあるぜ。それなら、最短距離を通って目的地に向かうことのほうがリスクは少ないと思うぜ」
「だからといってあからさまに怪しいエレベーターを使うことはどうかと思いますけど……」
「沙都子、そんならエレベーターにはすぐ乗らなくたっていいだろ? エレベーターに仕掛けがないかどうか調べてから乗ってもいいじゃねーか」
「うーん、なんか虎穴に入るような気がしてならないんですけど……」
ま、調べてから決めても遅くはありませんわね、と、沙都子はしぶしぶ俺の意見に折れた。
これで、行き先は決定した。
俺達は、何が待ち受けるか分からない地獄の入口へ向けて、足を向けることにした。

24元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2010/10/17(日) 22:49:13ID:Bce6Dibc
……えー、すいませんいきなり投下。
本編氏の投下の穴埋要請を受け、ちょいちょい小出しで参加いたします。

25創る名無しに見る名無し2010/10/21(木) 23:34:36ID:v0Ld07IK
投下きてたー 乙です

26創る名無しに見る名無し2010/10/25(月) 14:41:20ID:mYxPIa9v
乙〜

27創る名無しに見る名無し2010/10/27(水) 00:08:48ID:NAH/djy4

28 ◆6FXu4BqTQQ 2010/11/01(月) 00:12:02ID:ADBC3HDM
「……全く、何だったんだ」

 いきなり魅音から通信が来たかと思えば、こっちの話も聞かずほぼ一方的に喋って、何やら魅音達を合流する事になってしまった。
 彼らがここに来ている事は知ってたといえ、何というかもう、呆れるしか無い。
 ……本当に今回の任務は「厄介」だ。思わず頭を抱える。
 あなたを助けに来たのかしらね、と言っていた桜花の言葉を思い出す。
 気持ちはありがたいが……、一体、これからどうなるんだ。
 危険だから来るなという話は、もう彼らには通じないだろう。
 梨花の話だと、圭一が山狗や兵士を味方に付けたらしい。民心獲得工作、と言った所だろうか。
 敵地潜入、なおかつ複数で任務を遂行する場合の心得をわきまえているとは、中々彼らも侮れない。
 子供達だけでなく、大人もたくさんついているだろうから、……きっと大丈夫だろう。
 こっちはこっちで進むしかない。
 武器を手に入れる為、かつ魅音達と合流する為に、また一段、一段と階段を下り始めた。
 既に、目的地は近づいていた。



 研究区中層に侵入。
 男子トイレを見つけ出し、鏡を外す。IDカードを入手した。
 一連の作業は水が流れるように行えたので、特に問題は生じなかった。
 近くの資料室の様子を窺い、覗き窓から中を覗き、ディープスロートが用意した武器がある部屋かどうか確認する。
 しばらくして、窓の端の方に「OK」と書かれている部屋を発見した。
 ドアの横にある端末に、IDカードを通す。
 施錠を示す赤いランプが緑のランプに切り替わり、鍵が開く音がした。ビンゴだ。
 部屋に潜り込む。入ってからすぐ、内側から扉をロックした。
 中央にあるテーブルに、武器らしきものが置いてある。
 歩み寄って何が置かれているかを確認した。
 ――正直、あまり期待はしていなかったのだが、かなりの物を手に入れられた。
 一番最初に目に付いたものは、M4だった。
 手に取り、動作を確認してみる。驚くほどに手に馴染んだ。
 色々とカスタマイズが出来るようなので、必要に応じて使ってみよう。
 他には、チャフグレネード、スタングレネード、グレネードが3つずつと、M4の弾倉があった。
 それと、ここの施設の地図も置いてあった。これはかなり助かる。
 地図を広げ、現在地を割り出す。魅音が言っていた広間と思われる場所はそう遠く無かった。
 ……十分だ。十分過ぎるほどの、収穫だった。
 ここにはもう用は無い。子供達と合流しに行こう――と思い、扉の方へと向かった。
 ――外に、複数の人の気配がある。
 今出るのはまずい。壁に耳を押しつけ、外の様子を窺うことにした。

29 ◆6FXu4BqTQQ 2010/11/01(月) 00:12:55ID:ADBC3HDM

「例の侵入者はどこだ?」
「もうここの区画に入ってきているらしい。上の方がやられたって報告があった」
「そりゃまずいな……。俺が聞いた話だと、連中は容赦なく兵士を殺して回ってるとか――」

 ……「容赦なく」兵士を殺して回る、だと?
 魅音達ではありえない。だとしたら誰が――、……まさか、フォックスが?

「ちょっと待てよ、“侵入者”ってのは子供連れの訳分からない集団の事じゃないのか?」
「……いや、どこかの戦闘部隊だろ?」
「単独潜入の工作員って話は?」
「……ったく、何でこんなに情報が錯綜してるんだ。どれも嘘とは思えないし、一体ここで何が起きてるんだ――」

 “子供連れの訳分からない集団”とは魅音達のことだろう。
 “単独潜入の工作員”は、俺か、ここに来ているとしたらフォックスのことだ。
 ならば――“戦闘部隊”とは?

「おい。何をしている」

 別の声が会話に加わった。兵士達が慌てて姿勢を正す気配があった。
 どうやら彼らの上司が来たらしい。

「侵入者排除も大切だが、我々には他にも任務がある。小此木隊長にどやされるぞ、早く雛を探せ!」 
「はっ!」

 足音が遠ざかっていく。
 ――しばらくして、何も聞こえなくなってから外に出た。

 先ほど手に入れた情報を整理すると……どうも嫌な予感がする。
 「ここの兵士を皆殺しにしている」「侵入者は戦闘部隊」。
 それは、魅音達やフォックスではあり得なかった。
 ……この雛見沢には――奴がいる。
 そいつは、ここに来ていても何らおかしくはない。
 ――シャドーモセス島で戦い、そして目の前で死に、もう二度と会うまいと思っていた、――兄弟は。

「……リキッドか」

 奴が部下を引き連れているとするならば、それは「戦闘部隊」に他ならない。
 それこそ何の躊躇もなく、自らの目的を達成するため、敵を排除するだろう。
 その考えに至って、……背筋に寒気が走った。
 子供達が危ない。
 いくら大人がついているとはいえ、戦える人数は限られている。
 もし、銃口が彼らに向けられるようなことがあったならば――。
 入手したM4を持ち直し、深呼吸をした。
 ……先へ急ごう。
 今は、それしか出来ない。
 ――“雛”を探せ、という会話も気にはなったが、この時はまだ何の事か分からなかった。

30本編 ◆LndwzbX0Vw 2010/11/01(月) 00:15:51ID:ADBC3HDM
酉がなんかおかしいけど本編です。以上です。
終盤の盛り上がりが来るまでは、ちまちま投下します。ノシ

31本編 ◆/PADlWx/sE 2010/11/01(月) 00:20:51ID:ADBC3HDM
……また変なトリップになってしまった。これで直ったはず。
投下ペースが遅くて申し訳ないですが、力の及ぶ限り続けていきたいと思っております。
よろしければおつきあい下さいませ。ノシ

32創る名無しに見る名無し2010/11/01(月) 00:55:03ID:pUl91UYi
おつおつですおー。
細かくて失礼、2行目、
> いきなり魅音から通信が来たかと思えば、・・・何やら魅音達を合流する事になってしまった。
なにやら魅音達「と」ですかね。
しょっぱななのでおもわず目についてしまいましたごめんなさいw

33創る名無しに見る名無し2010/11/01(月) 09:38:08ID:giox4+G8
乙なのですよ☆

34創る名無しに見る名無し2010/11/02(火) 11:56:59ID:WjVeFnVR
完結まで頑張って
オリスク見て楽しみにしてるんだ

35本編 ◆/PADlWx/sE 2010/11/07(日) 23:35:21ID:7vJZm9c5
 私と羽入ちゃん、そしてジョニーさんと、山狗や兵士の人達からなるチーム、“みんみんぜみ”。
 部活メンバーは少ないけど、戦える人は多いし、……それに、羽入ちゃんと一緒になれた。
 羽入ちゃんとスネーク先生は、お祭りの時しか喋っていないはずだけど、羽入ちゃんはこうして私たちと一緒に来てくれている。
 それは、羽入ちゃんもスネーク先生もみんなも、“仲間”だから、だと思う。
 ……これは、とっても嬉しいこと。私たちには、こんなにもたくさんの仲間がいるんだから。
 仲間が力を合わせれば、たとえこんな場所でも、怖いものはない。

「……でも、スネーク先生見つからないねー」
「そうなのです。……こっちに人が来た形跡が無いのです。あぅ」

 先生は絶対にここに来ているし、さっき、先生が来ていたらしき証拠もあった。
 けど、入れ違っているのか、スネーク先生がどんどん先に進んでいるのか、中々会えない。
 ……それは、寂しいことだった。

「こちらみんみんぜみ。どうした、リーダー?」

 ジョニーさんが通信を傍受し、無線機に向かって話し始める。
 「リーダー」って言ってたから、魅ぃちゃんと連絡をとってるみたいだ。

「…………、…………それは本当か!? ……なら良かった!」
 彼の声のトーンがあがる。何かいい報告があったらしい。
「こちらは異常なし。有益な情報は手に入れてないが、負傷者もいない。…………分かった。後で合流しよう」

 通信を終えて、こちらを振り返った。
 何の話をしていたのか、私は早速尋ねることにした。

「何があったんですか?」
「スネークと連絡が取れたらしい」
「「本当(なの)ですか!?」」

 私と羽入ちゃんの声が被さる。
 さっき、魅ぃちゃんが敵の通信機器をいじっていたら、スネーク先生と無線が通じた、らしい。
 敵が使ってるものから何でスネーク先生に通じるんだろう、とは思ったけど、魅ぃちゃんは先生と合流の約束もしたみたいだった。

「もう少し下に降りると、研究区の中層に出る。そこには大きめの広間があるんだ。そこでスネークと合流するらしい」
「それじゃあ、私たちの目的地は、決まったね」
「下へ向けてれっつごー! なのです!」
「早速向かうとするか。……と言っても、この辺からは下に降りられないな。一旦来た道を引き返そう」

 ジョニーさんがそう言って、みんなが頷いた。
 二度手間になっちゃったけど、仕方が無い。引き返すと言っても、私たちは確実に前に進んでいる。
 ――やっとスネーク先生に会える。
 そう思っていると、羽入ちゃんが話しかけてきた。

「レナ、なんだか嬉しそうなのです」
「あれほどみんなで探していたスネーク先生に、ようやく会えるからね。レナたちと先生が力を合わせれば無敵だよ」
 羽入ちゃんは微笑んだ。
「……それに、ね。ここでこんなこと言うのは変かもしれないけど、羽入ちゃんと一緒にいれて、嬉しいって思ってる」
「……僕と? あぅあぅ、どうしてなのですか?」
 少し困惑した様子で、尋ねてきた。

「んー……、レナの勘違いかもしれないけど、…………羽入ちゃん、ずっと前から一緒だったような気がしたんだ。
お祭りの時、初対面って感じがしなかったもの。だから、『やっと一緒に遊べるんだ』って思って……」

 言葉にしてみて、少し変だな、って自分で思った。
 羽入ちゃんは梨花ちゃんの遠い親戚で、今までは遠くに暮らしていたはず。
 雛見沢に遊びに来ていたのかもしれないけど、……そうじゃなくて、……もっともっと前から、私たちのことを、少し離れたところから見ていたような気がした。
 ……でも、何だか変だよね。私は首を振って、自分の言葉を否定した。

36本編 ◆/PADlWx/sE 2010/11/07(日) 23:36:02ID:7vJZm9c5


「あまり気にしないで。どうしてこう思ったのか……、自分でもよく分からないの。……あはは、ちょっとおかしいよね」
「……そんな事はないのです。……レナ、ありがとうなのです」
「……?? お礼を言われることなのかな、かな」
 なぜだかお礼を言われて、ちょっと戸惑った。

「確かに僕は、綿流しのお祭りの時に、レナや魅音、圭一、沙都子、詩音、……そしてスネークと、『初めて』会いました。
でも、……ずっと、…………ずっとずっと前から、僕も、みんなと一緒に遊びたかったのです。レナはきっと、そんな僕の気持ちに気づいてくれたのです。
だから、初めて会ったような気がしなかったのだと思いますよ。……僕だって同じなのです。みんなとは昔からの友達だったような気がしています」

 どこか遠い所を見つめながら、感慨深いように喋る。

「……みんなが僕を受け入れてくれて、とても感謝しています。さっきだって、弱音を吐いたのに、みんなは突き放したりせず励ましてくれました。
僕も、レナ達と一緒にいれて嬉しいのです。……ありがとう、レナ」

 羽入ちゃんがまた、にっこりと微笑んだ。
「どういたしまして、なんだよ。……私たちは仲間なんだから、羽入ちゃんが傷つくようなことはしないよ。
私たちにとっては、当たり前のことなんだから。そんなに遠慮しないでね」
「ぁぅぁぅ、ありがとうなのです」
 ちょうどその時、付近の偵察に行っていた人達が戻ってきた。
 さっき通ってきた道だから、この辺りには敵はいないらしい。
 ……なら、進もう。

「じゃあ、行こうか」
「はい、なのです!」

 決意を新たに、“仲間”たちと共に、一歩前へ踏み出した。

37本編 ◆/PADlWx/sE 2010/11/07(日) 23:38:11ID:7vJZm9c5
以上です。
>>32
指摘どうもです。誤字脱字は遠慮せずにどんどん言って下さると助かります。

>>34
そんなこと言われると、おじさんはりきっちゃうよ?
……しかしオリスクは最近あまり進められてないです。
とりあえず、ある程度の所まで本編をとにかく進めます。ノシ

38メサルギア2010/11/08(月) 03:55:47ID:HOAaiORz
お久しぶりです、メサルギアです、新しくスレ発見したので続き書きます
朝になり俺は梨花に言われたとおりに入江に話した
「そうですが、学校の先生でしたか」
「ああ、昨日は少し混乱してた」
「しかし体もたいしたもんですねあれだけの怪我も完治してるようですから退院してもいいでしょう」
「ああ、ありがとう先生」俺は診療所を出て真っ先に梨花の家に向かうと家の前に20代後半の男が立っていた
「ん?」彼は梨花の家に用があるのだろうか、うろうろしていた
「おい!」俺は声かけるやいなや構え俺に向かってきた
(山犬部隊か)俺も構え、彼の攻撃が来る
「お前は誰だ?東京の一員か?」彼が攻撃しながら俺に問う
「違う」彼の攻撃をいなし、CQCで彼を飛ばすが彼もきれいに着地し、俺に向かってきた
「次の質問だ、お前は何故攻撃してこない」
「俺はお前と戦うつもりで着たんじゃない」
「そうよ赤坂、朝から喧嘩とは穏やかじゃないわ」玄関から梨花が眠い顔をしていた
「梨花こいつは?」
「おはようスネ、デイビット先生、この人は私たちの味方よ」
「先生?その割には動きが素人じゃない」
「先生としての当然のスキルだ」
「・・・まるで歴戦の兵士」
「君の体術もな」
「二人とも余計な詮索はしないで、それにこれ以上やると私も怒るわよ」
赤坂も彼女の言葉を聞いて構えを説いた
「じゃあ、朝御飯にしましょう」
「梨花誰ですの?」玄関から2人の少女がでてきた
「すまない、起こしたようだね?」
「またあなたですの赤坂?」金髪の少女はあきれた顔であくびをした
「梨花、もう一人の外人さんは誰なのですか?」もう一人の少女はおそらく羽入だろう、未来での面影がある
「紹介するのです、新しい先生なのですよ」相変わらずの早変わりだ、スパイになれるな
「デイビットだ」
「外人の先生なんて初めてなので、朝御飯に呼んだのですよ」
「今ちょうどできたところなのです」
「じゃあ、みんなで食べるのです」これが日本の朝食か、食べるのは良いが・・・これがうわさに聞く箸か
「どうしたのですかスネ、デイビット先生」
「おおかた箸の使い方が分からんのだろう」
「赤坂そんな喧嘩腰で話したらだめなのです」
「すまない」
「デイビット先生、フォークどうぞですわ」
「すまない」俺はうわさに聞く味噌スープから飲んでみた
「デイビット先生のお口に合いますかしら?」
「・・・旨すぎる!!」
続く
TIPS帰ってきた雷電@
「ジャック聞こえる?」俺は次世代強化骨格の為に実験室にいた
「ああ、聞こえるよローズ」
「では始めるわよ、まずベルトにそこに置いてあるゼクターを腰につけて」
「これか」カブトムシのような物を着けた
『マスクドフォーム』
「うお!」全身に鎧のような物が体に装着された
「これが新しい強化骨格か」
「いいえ、ジャックこれには新しい機能があるの、一度角の上げて」
『キャストオフ!!』全身の鎧が無くなり体が自由になった
『チェンジビートル!!』
「これが次世代強化骨格か」
「では実験スタート」
「まだあるのか?」
「もちろん、これから本番よ、腰のボタンを押して」
『クロックアップ』
「うお!」世界が遅く感じる、否、俺が早くなっているのか
「実験は成功のようね」
「これが俺の新しい力か」

39創る名無しに見る名無し2010/11/08(月) 23:56:54ID:JkoMBeqQ
皆さん乙なのですよ

40本編 ◆/PADlWx/sE 2010/11/14(日) 22:54:38ID:PcFNsy+k
連絡がぎりぎりになってしまいましたが、投下が遅れます。申し訳ありません。

41創る名無しに見る名無し2010/11/14(日) 23:13:31ID:sc6BkGXk
了解、待ってまっせ

42創る名無しに見る名無し2010/11/22(月) 19:05:48ID:wfdUJAw3
保守。

43創る名無しに見る名無し2010/11/29(月) 20:23:19ID:XExuy3DH
保守る

44本編@規制中2010/12/01(水) 21:08:29ID:CICSqhwI
ただ今長期規制中なので、代理の人にレスを頼んでいます。
したらばにTIPSを投下させて頂きました。
どなたか手が空いていらっしゃったら代理投下お願いします。
また、今後しばらくはしたらばに投下することになると思いますので、ご了承下さい。

45創る名無しに見る名無し2010/12/14(火) 07:17:00ID:GsMcj2Vt
保守

46創る名無しに見る名無し2010/12/19(日) 13:42:31ID:xaTTkWvY
したらばから本編の代理投下

--------------------------

TIPS:「終末に向けて」

 星が瞬き、満月が辺りを照らしている夜中。一台の車が、路肩に止まっていた。
 車内には女がおり、彼女は車載電話の受話器を手にし、どこかに電話をしていた。

「野村です。…………ええ、そちらの状況は知っていますよ。……ふふふ、ですから念の為にもう一つ、作戦を考えたんじゃありませんの。
施設に踏み込まれるなんて予想外でしたけど、……所詮は地下でのこと。地上では誰も、この事態に気づいていませんわ。
…………ふふふふ、その通り、逆もそうですわね。地下からは、地上の様子は分かりません。施設の連絡網はこちらの手中にありますわよね。
なら、この事を知っているのは我々だけになります。たとえ知ろうとしても、我々が制御している限り知る事はできないでしょう。
…………ええ。確かに彼女なら通信出来るでしょうが、妨害しなくても構いません。そのうち私に泣きついてくるでしょうね。
どう足掻こうとしても、たった一人では何も出来ませんわ。だから力ある者に頼ろうとし、部下をこき使おうとする。……ふふ、全てが無駄ですけどね。
……その後は、作戦通りにお願いします。必ず捕まえて下さいね。
…………、――ええ、勿論です。それではよろしくお願いします。また連絡します」


 女は受話器を置き、一呼吸をするとまた別の所へと電話を掛けた。


「渡辺です。…………はい。こちらは順調です。多少予定が狂いましたが、結果的には問題はありません。
現地作戦は間もなく決行いたします。…………はい。筋書き通りに行う予定です。彼らの協力のおかげで、警察を押さえ込むだけの武力もあります。
勿論作戦終了後には、奥野・千葉派、旧小泉派らは発言力を大きく失うでしょう。あとは我々の時代です。
…………ご心配無く。アルファベットプロジェクトの抜本的見直しも行われ、くだらないことに使われていたカネは中国へ回すことになります。
……仰る通りですわね。確かに彼らは強大な力を持っていますが、米国を牛耳っている輩と協力するよりは、中国と手を組んだ方が遙かに良いでしょうね。
これからは中国の権益も増していき、益々中国との協力が必要とされるでしょう。
先の長い話ですが――、我々の目的を達成するためには、不本意ですが彼らの協力も必要です。
その為の第一歩じゃありませんの。…………ええ、ですから今直ぐに――」


 女はそこで言葉を切って、口元に笑みを浮かべてから、告げた。


「――滅菌作戦を、実行します。」

47創る名無しに見る名無し2010/12/20(月) 00:48:30ID:xXd/KiuM
投下乙
しかし、銀様もどきめ…

48元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2010/12/23(木) 22:49:20ID:/M5O07OA
――居住区の、地図上ではほぼ中央に位置する、巨大エレベーター。主に物資の運搬、人員の移動に利用され、この施設が建造されてから1秒たりとも稼動が絶えたことがない。
そのエレベーターには、この重厚な鉄扉に似つかわしくない、少年と少女が立っていた。
「……ここか」
圭一が呟く。
「なんとか、到着しましたわね」
沙都子が、一息つくように、言う。
「ああ。このエレベーターで移動すれば、スネークのとこまですぐだぜ」
にか、と笑って圭一は希望を口にする。
「ドアが開いたら蜂の巣……なんてことにならないといいのですけど」
沙都子が当然のように起こりうる、待ち伏せの危険を口にする。
「わかってるって……だからこうしてエレベーターの中が見えるところから確認しようってんだろ」
エレベーターの前の通路には、遮蔽物となるようなものはなく、誰であっても、敵がいれば的になることは目に見えていた。

そこを、圭一と沙都子――大人より体躯の小さい子供達が、他の仲間達の目となり、危険を確認しようと志願したのだった。
当然、大人達は反対した。特に入江は二人の無謀ともいえる案に強く首を横に振った。
しかし、二人は入江に対して、笑顔で答えた。
「大丈夫だって監督。俺達は死にに行くわけじゃない。スネークに会いに行くんだ」
「で、でも、なにも二人がそんな危険な目に遭わなくても」
「監督、ここにいる以上、危険なんてどこにでもありますわ。それに、エレベーターの中がどうなっているかだけ確認するだけですもの。……ちょっとは怖

いですけど、大丈夫ですわ」
「でも……」
入江の表情は悲観的なものだったが。
「入江先生……彼らを信じてみましょう」
仲間になった兵士の一人が、圭一達の意見を押す。
「万が一のことがあっても、この子達は俺達が守りますよ」
別な兵士が、その言葉に同意する。
「あ、貴方達……」
入江の吃驚したような顔に、圭一と沙都子が、くす、と笑った。
「入江先生。私も圭一君と、沙都子ちゃんを信じてみます」
赤坂が言うと、そこで、ようやく入江も納得したように、頷いた。

49元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2010/12/23(木) 22:51:32ID:/M5O07OA
「これを渡しておくぞ」
兵士の一人が、沙都子に双眼鏡のような機械を渡した。
「これは?」
「ソナー探知機の一種だ。動くものがあれば反応する」
「中に誰かいれば、分かるというわけですわね」
「ああ、だが気をつけろ。機械は決して万能じゃない」
「まさか、見えないやつが乗ってるわけじゃあるまいし」
圭一のふざけたような言葉に、微かに、入江が眉をひそめた。
「……見えない、敵……?」
「じゃあ行ってくるぜ! 監督! 赤坂さん!」
圭一が元気よく走り出す。
その後を、沙都子と二人の兵士が追う。

入江がこのとき、“あの老人”のことを思い出していれば、……きっと、この後の結果は、違っていたのかも、しれない。

エレベーターのスイッチを、圭一が押す。
沙都子は、ソナー探知機の画面を見つめる。
兵士達は、少し離れた位置――しかし、万が一の時は、二人を庇える位置に伏せ、銃口をエレベーターの中に向ける。
「……沙都子、探知機はどうだ?」
「エレベーターが動いているから、その反応だけですわ」
「く〜、緊張すんなぁ」
「反応がどんどん大きくなってる……エレベーターが近づいてきてるのですわ」
「長げーなー。どんだけ遠いんだよ」
「相当広い施設のようですから……深さも相当ですわね」
やがて、エレベーターが上がってくる機械音は、圭一の耳にも聞こえ始め。
沙都子は緊張と不安を紛らわせるように、圭一の手を握った。
そして、低く鈍重な音を響かせながら、エレベーターは停止し、その奇怪な化け物を連想させるように、口を開いた。

……エレベーターの中は、がらんの、空洞そのものだった。

50元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2010/12/23(木) 22:53:44ID:/M5O07OA
ちょうちょい投下2回目……遅すぎるわ。
しかもまだ続きあるし。

いやー凡ミスでパソ壊しちゃって、復旧手間取っちゃたんです。本編氏、ごめんなさい。
次回ももう少し早く上げたいです。努力します。

51創る名無しに見る名無し2010/12/24(金) 14:01:55ID:PquRX379?2BP(0)
乙です

52創る名無しに見る名無し2011/01/02(日) 16:39:35ID:9rgz3mk7
新年明けまして保守。

53オリスク制作委員会 ◆/PADlWx/sE 2011/01/10(月) 19:34:51ID:ahoebUX5
遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
オリスクを更新致しました。「スネークキャプチャー作戦」まで収録しています。
ttp://www.rupan.net/uploader/download/1294655485.zip
pass:sunehina
よろしかったらダウンロードして下さいませ。

54創る名無しに見る名無し2011/01/10(月) 22:40:32ID:GLReaRpj
ID不正とかいわれたお(´・ω・`)

55オリスク制作委員会 ◆/PADlWx/sE 2011/01/11(火) 21:47:55ID:V/a5je+Z
>>54
すみません、こっちのミスみたいです。
別のあぷろだに上げ直しました↓
ttp://www1.axfc.net/uploader/Ne/so/99414
pass:sunehina
こちらからどうぞ。

56創る名無しに見る名無し2011/01/16(日) 11:13:22ID:GSuBNayf
ちょw 

オリスクまであんのかよw 面白いんじゃねここw

57創る名無しに見る名無し2011/01/16(日) 12:48:37ID:tocCpjKx
>>55
ちょっと質問。
もしかしてまたジャンプモード上手く組めてない?

前にうpしたバージョンで組み方怪しかったけど
(シナリオが複数になる場合にジャンプモードで使うサンプルが勘違いして間違ってる)
システム組んだ時に渡したキャプ画像を見返せば分かるだろうと
場当たり的な対処で様子見したんだけど

58元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/17(月) 00:03:04ID:6R/qGMsr
「……あ、あれ?」
 あまりにも拍子抜けに、がらんとした空間を見た圭一が、気落ちした声を漏らした。
「エレベーターの中には……誰もいませんでしたわね」
 沙都子も、ほっとしたように言う。
「なんだよ、緊張して損したぜ」
 脱力した圭一が、がくっと肩を落とし、残念そうに言った。
「待ってくださいませ圭一さん。人がいないといって、何もトラップが仕掛けられていないとは限りませんわ」
 そう言うと、沙都子はエレベーターの中を凝視する。どんなに細い糸でも見落とすまいと、トラップを熟知した沙都子がエレーベーターの中を見通した。
「……ど、どうだ沙都子?」
 圭一が尋ねると、エレーベーターの中をチェックした沙都子が、ふぅ、と息を漏らした。
「ワイヤーや釣り糸などはありませんし、連動した爆発物やブービートラップの類もありませんわ。……ま、要するに何もないってことですわね」
「そ……そっか。なーんだ。心配して損したぜ!」
 にやっと笑った圭一が、元気を取り戻す。
「何もないってんならさっさと入って移動しようぜ! おーい! みん――」
 後ろを振り向いて全員に呼びかけようと圭一が手を上げた。
 その時だった。
 沙都子と――、圭一の体が、浮いた。いや、それは大きな、うねり。そして、振動。
 フロアの壁が軋んで、今にも崩れそうな――それほどの、地響きだった。
「なっ?!」
 圭一がよろめく。
 沙都子も、尻餅をついて倒れた。
 おそらくは――震度5以上の直下型地震を思わせるその地響き――は、暫くの間続き……そして、ようやく止まった。
「い、いつつ……」
 圭一がよろめいてついた膝をさすりながら立ち上がった。
「なんだよ、こんな時に地震なんて……エレーベーター動くかな?」
 そう、ぶつくさ零しながら、エレベーターに近づこうとした。
 その圭一の襟元を、不意に、誰かが掴む。倒すように引っ張られ、圭一も尻を強く打った。
 沙都子が圭一を乱暴に、物陰に引きずりこんだのだ。
「な、なにすんだ沙都子……」
 圭一が自分の尻をさすりながら、沙都子を見る。
 沙都子は、片手を高く上げ、指を奇妙な形に曲げる。それを見て、圭一もようやく理解した。
 ここに来る前に、皆で決めた簡単なサイン。
“敵がいる”
 そのサインは、それを意味していた。
 すぐさま離れていた兵士達が、遮蔽物に隠れ、臨戦態勢をとる。
「……今、見えましたの」
「え……見えたって、何が?」
 沙都子が呟くように言った言葉を、圭一は反復した。
「地震……起きましたわよね」
「あ、……ああ」
「あのとき、私はよろめいて倒れて、そのとき、エレベーターの中を見たんですの」
「ん? エレベーターって……」
 あの、誰もいないエレーベーターに、何が。
「埃が舞って……見えましたの。ぼんやりと、人影が、5つ……」
「人影……? 人影って、じゃ、じゃあ、あの中には、人がいるってのか?! 5人も?!」
「気付くのが遅すぎる!」
 誰もいなかったはずのエレベーターから、突如怒声が聞こえた。
「圭一! 沙都子! 逃げろ!」
 すぐさま、離れていた兵士達が駆け寄り、エレベーターの中に向かって発砲する。
「いや、全員死ね!」
 見えない敵達の、悪意と殺意が、銃声と共にばら撒かれる。
「圭一さん! 逃げますわよ!」
「……あ、あ、ああ!」
 見えない、敵。それが、回避不能の最大のトラップだった。
 まるで土の中に巣を作る蜘蛛の真上にいる虫のように、愕然とした気分で、圭一はそこから逃げようと懸命に足を動かす。

 逃げ場のないような、絶望的な逃走劇――、そんな映画があったようなことを、圭一は恐怖と共に思い出していた。

59元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/17(月) 00:05:37ID:6R/qGMsr
新年とっくに明けまして投下しました。

……遅い。

しかもまだ終わらなくて本編氏にタッチ交代できない。

なんてこったい。

60創る名無しに見る名無し2011/01/18(火) 14:55:07ID:hm+yYCgt
乙です
エレベーターネタなつかすぃぃぃぃ

61オリスク制作委員会 ◆/PADlWx/sE 2011/01/18(火) 23:47:59ID:S3NKyN3N
元本編氏、乙ですー
今のうちに書きためておくので、大丈夫ですよ。

>>57
……仰る通りです、はい。
オリスクに触ったのが久しぶりだから忘れてた、って言うのもあります。
あの画像をどうやら誤解しているみたいなので、もう一度サンプル下さると助かります。

62創る名無しに見る名無し2011/01/21(金) 23:14:27ID:Z6zEDuxo
>>61
えーっと、遅レスでスマンです

申し訳ないですが既にサンプルとか無いです
改めて作れないことも無いですが手に余裕がないので
直に取り掛かれません
なので今後の展開を考えるならselect命令に戻すとか
自分で理解できる構造に組み直したほうが早いかもしれません

63元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/24(月) 23:33:40ID:4rwSNv0f
 100メートル走の記録に、これほど不満を持ったことは無いと、圭一は思った。
 走っても走っても、その先にゴールなんて見えない。――しかし、止まったら、命を奪われる。
 顔も、姿も見えない――だが確実にそこにある、殺意に。
「あうっ!」
 沙都子が悲鳴を上げる。敵の放った銃弾が、沙都子の持っていた探知機を弾き飛ばした。
「さ、沙都子?!」
 圭一が沙都子の手を見た。傷は――無い。
「だ、大丈夫ですわ! それよりも今は!」
 ――そうだ。
 逃げなければ。
「逃げろ!」
 沙都子を案じた圭一を庇うように、兵士が前に立つ。見えない敵に向かって闇雲に銃弾を浴びせる。――が。
 銃声が聞こえた。
 いや、それは自分たちの頭の上で、耳騒しく、ばん、ばんと言っている――音ではなかった。
 もっと自分の頭の近く――その、すぐ、そばで、何か柔らかなものが、刺されて、穿たれたような。
 ぐっ――。
 そう、人の呻き声を聞いた。
 圭一が見上げる。彼らを守るべく盾になった兵士の両足が、真っ赤に染まっている。
 そのまま、彼は倒れた。
 錆臭い匂いを間近に嗅いで、圭一は自分が呼吸が上手く出来ていないことに、気付く。
 呼吸だけじゃない。
 心臓の鼓動もおかしい。
 血液が逆流している気がする。
 瞳孔も変だ。前がよく見えない。
 ――おかしい。
 変だ。
 なんだよ、これ。
 ――嫌だ。酷く、嫌だ。
 死ぬのは――――――嫌だ。
「圭一さん!」
 はっと、圭一は我に返る。沙都子が圭一の手を無理やり引っ張って、前に連れて行こうとしている。
「さ、沙都子?」
「しっかりしてくださいませ圭一さん! 今、私達にできることはなんですの!? 考えてくださいませ!」
 できること。――それは、逃げることだ。
 生き延びることだ。
 それだけしか、できない。
 しかし。
 撃鉄の、上がる音がした。
 圭一達のすぐ、傍で。
 見えない誰かが。圭一達に向けて。
 でも見えなくとも、その悪意は。
 確かに――嗤っていたのだと、圭一は感じた。
「がああっ!」
 不意に、両足を撃たれた兵士が、銃を乱射する。圭一も感じた悪意の方向へ向けて、圭一と沙都子を守るため、動かない足とおびただしい出血を意に介さず、兵士は持てる力全てを両腕に込め、銃を撃った。
「逃げろぉ! お前たちぃーー!」
 銃を撃ちながら、なおも少年達を逃がそうと、もがく。
「け、圭一さん!」
 沙都子が、叫ぶ。
「あ、ああ! 逃げるぞ沙都子!」
 なりふり構わず、少年たちは逃げる。自分の首に触れかかった死神の鎌から逃れるべく。
 そうして、また走り出した少年達の背後で、銃声が、止んだ。
 血まみれの兵士が、両腕を撃ち抜かれ、今度こそ命の糸が切れたように、崩れ落ちる。
 だが、圭一達は、幸か、不幸か――その光景を見ることは無かった。
 駆け寄った赤坂が、二人の腕を掴み、そのまま血まみれの通路から二人を引き離す。
 そのまま、どう走ったのか――、二人が心臓の鼓動が張り裂けそうになってしゃがんだころには。
 居住区の一室で、見えない敵に背中が震々と震えっぱなしで。
「おいガキども! 取引だ! こいつら殺されたくなかったらさっさと出て来い!」
 血まみれの兵士――彼らを守るため身を挺した兵士達が、通路の中央で折り重なるように倒れていた。

64元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/24(月) 23:35:55ID:4rwSNv0f
ちょっとずつ投下。
まとまって出せないので、小出し小出しで。
新聞の小説ってのも、大変だろうなぁと要らぬ心配をしてみるw

65元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/28(金) 00:36:24ID:+nueEXpq
 ――最悪だと、入江は思った。
 敵の罠に、自分達がまんまと嵌ってしまったこともだが――それ以上に、入江が危惧していた事態が起きてしまったからだ。
 死の恐怖と共に引き起こされる、致命的な病――雛見沢症候群。それが今、少年達を蝕んでいるということに。
 必死になって逃げ、敵の目から逃れられたかも分からないこの状況――居住区の一室で、ひたすら縮まって震えている圭一の様子が、彼に雛見沢症候群――5段階の症状で分類し、L3段階の中期症状――が現れていた。
 過度の不安から与えられた精神へのダメージが、深刻な状態まで飛躍することが、雛見沢症候群の致命的な毒だ。
 それが、あの一瞬――目の前で、既知の人間が殺されかけた光景――で、一気に発症レベルまで引き上げられたのだ。
 死の恐怖。
 入江も過去の雛見沢症候群の研究結果から、発症要因として無視できないものであると知っていたはずなのに。
 これから向かう場所は、戦場そのものであるという認識が薄かったのか。
 それとも、まるで映画を見るような気軽さでこれからの結末を見物しに来たとでもいうのか。
 ――私は、馬鹿だ。
 悔やんでも始まらないことではあるが――入江は悔やまずには、いられなかった。
「しっかりしてくださいませ圭一さん! この状況をなんとかしないと、わたくし達も、あの人達も危ないですわ!」
 沙都子が動揺の収まらない圭一を鼓舞する。この中では雛見沢症候群が発症する危険性が一番高い彼女が気丈に周囲を気遣っている。入江の見立てでも、沙都子に発症の形跡は見られなかった。
「沙都子ちゃん、こんな時ですが、今日は注射は……?」
 入江が沙都子に質問する。沙都子は入江の言葉の真意が汲み取れないまでも、ここに来る前に、注射を打ったことを述べた。
「あれが最後の一本でしたけど……持ち歩いて壊すと大変ですし」
 入江は内心で、沙都子の行動に納得した。雛見沢症候群の治療薬であるC120を投与して間もないからこそ、あのような危機的な状況でも沙都子は平常心を保てたのだと。
 もし彼女が投薬を行っていなかったら、圭一以上の発症を引き起こしていたかもしれない。
(やはり、C120を早急に確保しないと……)
 入江は、医務室で薬品を確保できなかったことを悔やんだ。そして、今になって思い返す――診療所にも、C120の瓶が一本も無かったことを。
 誰かが、薬品を持ち去ったのだ。それは雛見沢症候群のことを知っている。そして、その治療薬の価値を。
 一体、誰が。そう考えた時、一番最初に思い浮かんだのが。
(……鷹野さんか)
 鷹野三四。
 彼女なら、入江以外にあの治療薬の価値を知っている。彼女が診療所のC120を根こそぎ持ち去ったのだとしたら――納得できる。
(しかし、一体、何のために?)
 そう、鷹野がC120を持ち去る動機が不明だ。そこだけがすっぽり抜け落ちてしまっている。
 ただの治療薬にしか過ぎないあの薬を持ち去る理由はなんなのか。
 入江はその答えに気がつかない。
 気が、つけない。
 そして、時間は入江に長考を許さなかった。

66元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/28(金) 00:38:04ID:+nueEXpq
「……取引、か」
 赤坂が呟く。敵は言った。――取引、だと。
「全く割りに合わない取引ですね。向こうの取引材料はこちらの味方の命。対するこっちの取引材料は自分達の命です。出て行ったら殺されると分かっていて、出て行くと思っているのでしょうか?」
 入江が相手の言葉に苦言を呈す。確かに、取引にすらならない――脅迫だ。
 出て行けばこちらが殺される。
 しかし行かなければあの二人が死ぬ。
 どちらか選べの選択肢。どちらをとっても地獄行き。
「だけど……見捨てられるか?」
 赤坂が言った。それは、この場にいる全員に対して問いかけねばならない言葉だった。
「見捨てる……? 俺達が、自分を盾にしてまで守ってくれた人達を、見捨てていいのかよ!」
 動揺を振り払い、圭一が激昂する。それは人として、当然の感情だ。
 しかし、激昂は時に判断を鈍らせる。
 それを赤坂は知っている。
「私だってそうだよ。見捨てられない。見捨てられるわけがない。しかし……相手は姿が見えない。しかも複数人だ。闇雲に戦っても、撃ち殺されるのは目に見えている」
「だからって!」
「圭一君落ち着いてください! 感情に任せては、判断を誤ります」
 入江にそう、諭されて、圭一はしぶしぶ座る。その顔からは、不安は消えているようだったが、入江は注意深く様子を見た。
「敵は私達の想像を超えた技術を持っている。それを封じない限り、こちらからは手が出せない」
 赤坂の分析は正しい。
「そして私達には、時間的な猶予もありません。相手は私達にすぐにでも出てくることを要求しています。それに、撃たれた彼らも、あと数分以内に手当てしなければ、失血死の可能性も……」
 言いかけて、入江はハッとした。これ以上、子供達を不安にさせることを口に出してはいけないのに。
「……な、なんだよ監督! それじゃなおさらすぐにでも助けに行かなきゃならないじゃねぇか!」
 圭一が今すぐにでも飛び出さんばかりの勢いになる。
「け、圭一君、落ち着いて……」
「落ち着いていられるかよ! すぐにでも助けなきゃ――」
 圭一の肩を入江が掴んで止める。しかし圭一は弾丸のように外に飛び出そうとしている。
 その圭一の焦りを打ち消したのは。
「要は見えればいいのでしょう?」
 ――沙都子が、まるで天啓のように、言った。
「まったく、圭一さんも少しは落ち着いてくださいませ。あと数分以内にあの嫌味な連中を黙らせて、監督があの人達を手当てすれば万事解決でございましょう? だったら――方法はありますわ」
 無邪気な子供の笑みは、この場にいた男達を唖然とさせる。
「ほ、本当か沙都子?!」
「ええ。ただ、赤坂さんには危険な目に遭ってもらいますけど……それでよろしいかしら?」
「勿論だ。見えるなら、拳が当てられる。それなら――危険でもやるよ」
「決まり、ですわね。さあ圭一さん、準備いたしましょう。私達を、部活の部員を舐めたことを――そして私達の仲間を痛めつけたことを」
 存分に後悔してもらいますわ。と、沙都子が言ったのだった。

67元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/28(金) 00:38:58ID:+nueEXpq
ちょこっと投下。
やっと反撃開始。
ペース配分、考え無しでゴメンネ。

68創る名無しに見る名無し2011/01/28(金) 00:57:46ID:5+LYWu4h
いやっほう!これぞ部活!
本作読んでる時と同じような鳥肌たったよw

69元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/30(日) 01:10:22ID:yFbXJDfG
「出てきますかね?」
 見えない男の声が、通路に響く。
「出てこなくともいい。こちらからいぶり出すまでだ」
 別の声が、次の行動を口に出す。
 やはりこの男達は――姿が見えないから、声で判断しただけだが――圭一達を生かすつもりなど毛頭無いのだ。
「兎狩りですか。そりゃ面白い」
 くくく、と低く嗤う。
「山猫が山狗に取って代わって兎を噛み千切る……。前の仕事に比べれば遣り甲斐がありますんね」
 雛見沢弁を口に出した男の声が弾む。
 この男達は――、元は小此木率いる山狗部隊の精鋭達だった。
 しかし、愛国者が送り込んだ部隊に仕事を奪われ、本来の任務が行えず、鬱憤が溜まっていたのだが――、オセロットと小此木が共闘体制に入ったことにより、彼らはオセロットの傘下――“山猫部隊”に組み込まれたのだった。
 そして、彼らは驚くべき兵器を与えられた。
 “ステルス迷彩”――人間の肉眼から、己の姿を消し去る、魔法の装置。
 敵に姿を捉えられないことがどれほど優位か。そして敵の姿が見えないことがどれほど脅威か。彼らは知っている。
 この男達は、戦争の経験者であり、また殺戮の識者でもある。
 秘密裏に海外の紛争地域に侵入し、殺人とは、戦闘とはどのようなものかを肌で知ってきた者達だ。
 そう、少年達が知る、彼と同じ――戦争という環境に適応して生きる“グリーンカラー”なのだ。
「……これ以上待っても無駄だ。奴らは逃げたようだ……賢明だな」
 拳銃のスライドが引き絞られる。敵は少年達が負傷した兵士を置いて逃げたのだと判断した。
 戦争を経験した者なら、その判断は当然だと思うだろう。
 負傷者は荷物にもならない。不要物そのものなのだから。
 銃口を兵士の頭に向ける。
 瀕死の兵士達は呻くこともできずに、最後を迎えようとしていた。
「子供の戯言に付き合ったことを恨め。……まあ、裏切者にはふさわしい末期だな」
 そして引き金に力を込め。
「待てよ!」
 前方から、叫ぶ声がした。男達がそちらを見ると――、逃げたと思っていた少年――前原圭一が、そこに立っていた。
 その顔は走ってきたからか、真っ赤になっていた。
 息も乱れている。
 転んで怪我をしたのか――右足首には、包帯が巻かれていた。
「取引だ! その人達を放せ!」
 圭一が、再び叫んだ。
 圭一の行動に驚いたのか、見えない場所から、ほう、と声が漏れた。
「おいガキ、お前一人か? 他の奴らはどうした!」
 別な方向から、怒鳴り声が響く。
「途中ではぐれたからな……わかんねえよ。俺はお前らが出て来いと言ったから出てきた! さあ、その人達を放せ!」
 突然の破裂音。そして圭一の足元の床が、突然割れて弾けた。
 拳銃射撃による威嚇を、敵の一人が行った。
「いきがってんじゃねえぞガキ。俺達は、お前を蜂の巣にだってできるんだ。人にものを言う態度が違うだろうが!」
 男のがなり声が圭一に浴びせられる。しかし圭一は、銃声に一瞬たじろぎはしたものの、すぐに余裕ぶった表情を作った。
「へっ……姿が見えないからどんな精鋭部隊かと思ったけどよ……脅し文句が町のゴロツキと同じじゃお笑い草だぜ」
「いうじゃねえかよガキ……、鉛弾一発食らってみるか?」
 再び弾を装填する音が聞こえたが、別な方向から、待て、と声がかかる。
「命知らずなガキだな……。安心しろ、俺達はお前を拘束して連れて来いと言われている。お前を傷つけることはしない。大人しく投降しろ」
「投降……? その人達を助けてくれたら応じる。その人達を手当させてくれ」
 圭一の取引は、兵士達の命を助ける代わりに、自分が人質になろうというものだった。

70元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/30(日) 01:11:14ID:yFbXJDfG
だが。
「駄目だ。こいつらは裏切者だ。生かしておくわけにはいかない」
「何だと?! お前ら、この人達を助けたいなら出て来いって言ったじゃねぇか!」
 圭一の声が、怒りを露にする。
「ああ〜、そうだな。確かに殺さなかったぜ。お前が出てくるまではな」
 愉快そうに不快な笑い声が響く。
「て、てめえら……」
「これ以上ガキの戯言に付き合う気はない。……拘束しろ」
 見えない男達の手が圭一に近づく。
「待て」
 突然、男達のリーダー格の声が、圭一に近づいた手を止める。
「何を企んでいる?」
 圭一は声がした方向をただ睨むばかりだったが。
「それは、どういうことです?」
 別の声が、理解できずに問う。
「このガキが、何の考えも無く、ただでここに来るような奴か?」
 敵の間に緊張の糸が張る。子供と油断していた意識は、瞬時に隙間無く周囲を見渡す。
「このガキが一人でここに来た……、と、思うことこそが罠だ。このガキは……囮だよ。本命は、そこだ!」
 銃声が通路を埋めた。
 破裂音、摩擦音、耳障りな破壊音がひとしきり聞こえた後、硝煙臭が残った向こうに、見えたものがあった。
 圭一達の下に人知れず近づいていた――ダンボール箱。
 それは蜂の巣のように無数に穴が空き、その底部からは、赤い染みが広がっていた。
「あ、……ああ!」
 圭一が愕然とした表情になる。
「このガキが俺達の注意を引き、その間に仲間が近づこうとしていたんだろうが……所詮、子供だましのトリックだ」
 犬死だな、と声が言った。
「な、なんてことをしやがる! お前ら、なんでそんな簡単に人を殺せるんだよ!」
「ああ? 誰にもの言ってんだよガキ。俺たちはなあ、人殺すのが仕事なんだよ! プロなんだ! そんな俺達に楯突いたお前が悪いんだろうが!」
「プロってなんだ?! 人殺すのにプロもアマもあるかよ! 人を殺すってのは、誰かが絶対悲しむことだろ! お前ら、そんなことも考えたことないのかよ!」
 圭一の叫びに、返ってきたのは――笑い声。
「だからガキなんだよ。いいか、世の中は死ぬ人間がいる。殺す人間と殺される人間がいるんだ。殺さなかったら死ぬんだよ! ここはそういうところで、俺達はそういう人間なんだ!」
「そこまでにしておけ」
 冷静な声が諌めた。
「ガキを拘束。残りは拘束ないし射殺だ。予定通りに運べ」
 圭一の腕を誰かが再び掴もうと動いた。
 その時、圭一の表情が――、変わった。
「……人殺すのが、あんた達の仕事なんだな」
「ああ? だからそう言ってんじゃ――」
「殺す人間と殺される人間がいる――そうだったよな? どんな人でも殺して、そうじゃなかったら死ぬんだろ。ここはそういうところで、あんた達はそういう人間なんだろ?」
 不気味なほど無表情で、口先だけの少年とは思えない雰囲気が、そこにあった。
「な、何言ってやがる……?」
「ここがそういうところだから、あんた達は仕方なくそうしているのかと思ったけど、……そうじゃねえよな。あんた達がそうしているから、ここはそういう場所になっちまってるんだよな」
 だから。
「たった今から――、ここはそういう場所じゃなくなる」
「何ぃ?」
 見えない男達の間に――僅かな、動揺。
「誰も死ななくて、誰も殺しあわなくていいように、たった今から、俺達がここの仕組みを変えてやるって言ってんだよ!」
 突然。
 あの――穴だらけで、赤色に染まったダンボール箱が、動いた。

71元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/30(日) 01:12:05ID:yFbXJDfG
その動きは速く、撃たれた人間が出せる速度では、到底ない。
「何だと?!」
「撃てえ!」
 再び、銃撃がダンボールに向かう。その勢いに、被されていたダンボールが、剥がれた。
 その中にいたのは――いや、その中には、入っていただけだった。
 荷物を運ぶ台車。その下にはラジコンカーが括りつけられている。台車の上に乗っているのは、幾層にも重なったバケツと――、その前に積まれていたのは、ホールトマトの缶詰。
 さっきの赤い液体の正体が、これだ。
 そして、台車は勢い良く男達のいるであろう方向へ突っ込む。
 その台車の上に置かれている、バケツの中に詰まっていたのは。
「スタングレネード?!」
 信管が起動し、大量の閃光が敵の視界を遮ぎった。
 その瞬間、圭一は大きく右足を上げ、床を踏んだ。
 その場所は、沙都子が仕掛けたトラップがあった場所。
 スネア・トラップの一種だったが――踏んだ者を一瞬でフロアのはるか彼方まで引っ張っていくものだった。
 圭一は、ワイヤーで足を傷つけないように包帯で保護した右足でトラップを起動させ、倒れていた兵士達もろとも危険区域から脱出した。
 そして、その圭一が去った場所に、引っ張られて運び込まれたものがあった。
 圭一の腰に括りつけられていた釣り糸と、その糸がつながったロープに結ばれていた――大量の小麦粉。
 それが、圭一が移動したと同時に見えない男達のところまで引っ張られ、大量の小麦粉をあたりにぶちまけた。
 この事実と、この危険性に最もいち早く気付いた男は、エレベーターに乗って下に逃げようと翻ったが――、頭蓋が割れるような衝撃を受けて、意識が途絶えた。
 白い世界が、見えなかったはずの男たちを、浮かびあがらせていたのだった。
「な、なんだとぉ!?」
「いや、まったく――いや、ようやくか。ようやくこれで――君達を殴り飛ばせる」
 あの嘲笑で圭一をあざ笑った男は、戦うこともできず、赤坂の拳を受けた。
「人を殺すプロか。そんなもんになれて幸せなのか、お前ら」
「な……なんだとぉ?! 手前、知ったような口聞いてんじゃねぇ! 俺達はなぁ、その辺の人も撃ったことがねえ奴らとは違うんだ!」
「そうか、そりゃよかったな」
 容赦の無い。そして無駄の無い赤坂の一撃は、プロを自覚していた男達を、その誇りごと打ち砕く。

「――給料、幾らだ」

 何気ないその言葉を、男達は顔面を打ち抜かれた痛みと共に、永遠に覚えることになる。

72元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/30(日) 01:18:50ID:yFbXJDfG
投下ー。
もうちょっとだけ続くんじゃ。

73創る名無しに見る名無し2011/01/30(日) 01:40:26ID:xGNuGRmW
名言ktkr

74創る名無しに見る名無し2011/01/30(日) 02:50:14ID:Wh5UxRXK
よだれあふれまくりんぐな展開にwktk
大好きです

75元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/31(月) 23:27:15ID:5N8RWeu5
赤坂の拳は、まさに一撃必殺だった。
 打ち込んだ拳は五発。
 倒れた者も五人。
 初弾から躊躇無く打ち込んだその拳は、まさに無音の徹鋼弾だと形容するにふさわしいものだ。
 しかし、赤坂は知っている。
 この戦いは、決して自分一人では勝てないものだったことを。
 この戦いで、自分が一番危険な場所にいたことは事実だと、赤坂は自覚している。
 小麦粉が舞うこの白い世界は、確かに想像を遥かに超えた兵器を無力にしたが、その場所は一歩間違えば火の海になっていてもおかしくない場所だったか

らだ。
 敵の誰かが、命を顧みず――または半ば自棄的に銃を撃っていたら――粉塵爆発を起こしていた。それを相手も知っていた。
 撃ったら自分たちも炎に飲まれると、理解していたからだ。
 その結果、相手は何も出来ず、赤坂の拳を喰らってくれたのだが。
「ここまで計算の上か、あの子は」
 赤坂はこの作戦を立案した、北条沙都子に、頼もしさと同時に――薄く、恐怖心を覚えた。
「どうやら、終わりましたわね」
 沙都子が粉だらけになった通路にひょっこりと姿を出す。その手には居住区で拝借したラジコンカーのリモコンが握られていた。
 相手の絶対的優位――その自尊心をくすぐることから、相手の慢心を誘う。沙都子が立てた作戦は、そこから始まった。
 姿が見えない相手が、何故声を発して取引などと言ったか。
 それは、自分達が相手より上回っていると思っているからに他ならない。
 なら、そこを存分に――刺激してやればいい。
 圭一が味方の兵士達を助けるため、そして相手と交渉という名の油断を誘うため――敵の前に立った。
 そして相手と会話しながら、ある程度、相手の位置を赤坂に知らせる。
 相手から声を出させれば、どのあたりにいるか、おおよそ見当がついた。
 そして圭一以外に仲間が来ていると思わせるために、細工した台車にダンボールを被せたものを用意し、沙都子がそれをそろそろと敵に向かわせる。
 ホールトマトを入れていたのも、相手が撃ってくることを予想していたからだ。
 そして、後は――敵がまんまと罠にはまってくれるのを待っていた。
 その結果は……言うまでもないだろう。
「へへーっ! どうだ沙都子! 俺の演技もなかなかだったろ!」
 圭一がフロアの随分向こうから戻ってきた。今ごろは向こうで、入江が兵士達の治療を行っているだろう。
「どこがですの? あのダンボールが撃たれたときのリアクションなんか、本当、大根役者でしてよ」
 沙都子の酷評に圭一のテンションが下がる。
「ひでえや沙都子、俺結構頑張ったのによ」
「ま、それでもこうやって敵も倒すことができましたし、結果オーライですわ」
 子供達の間に笑顔が戻った。赤坂は分からなかったが、圭一は雛見沢症候群の発症が沈静化していたのだ。
「おっと……、そうだ」
 圭一が気絶した兵士の体をまさぐる。そうやって取り出したのは。

76元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/31(月) 23:27:56ID:5N8RWeu5
「へへ、多分、これだぜ」
 そう言って、沙都子と赤坂に、奇妙な形の装置を見せた。
「何ですの圭一さん、その機械は?」
 沙都子の質問に答える代わりに、圭一がその装置のスイッチらしきところに指をあてる。
「この装置が、多分、こいつらが使っていた透明人間になれる機械だぜ! だからこうやってスイッチを押せば――」
 圭一がスイッチを押す。
 ……しかし、何も起こらない。
「あ、あれ? おっかしいな……」
 かちかちとスイッチを何度も押すが、機械は全く作動しない。
「壊れたんじゃありませんの?」
「えー、マジかよー。せっかくいいもの手に入れたと思ったのによー」
 圭一が、がくっ、と肩を落とした。
「まあ、壊れたなら仕方ありませんわね」
「くっそー、まだだ! 5台もあるんだから1台くらい……」
 圭一は何度も装置を試す。取替えながら全て試すが……作動はしなかった。
「ち、ちきしょー!」
「よくよく考えたら、圭一さんにこんな機械持たせたほうが恐ろしいことになりそうな気がしてきましたわ……壊れて正解ですわね」
 沙都子は直感でそう感じていたが、圭一はこの機械があれば、体育の前の着替えの時、女子だらけの教室の中に一人残ってもバレないぞと思っていた。
 いや、ああいうとこってさ、男にとっちゃ聖域だろ? いっぺんくらい見てみたいじゃん? 近くにあって遠い桃源郷ってすげえ浪漫じゃね?
「圭一さん……口にでてますわよ」
 沙都子の視線が、凄い痛かった。

「いよいよだな」
 圭一が武者震いする膝を抑えながら、エレベーターの振動に耐える。
 ここにいるのは圭一、沙都子と赤坂、そして入江の4人。
 負傷した兵士は傷が深く、居住区で待機することとなった。
「敵の中枢に入ることになる。これまでよりも警備は厳重だろう。皆、気を引き締めていこう」
 赤坂が注意を促す。
「大丈夫さ赤坂さん。もう俺達は油断しない。もう仲間を傷つけさせない。どんなことがあっても、俺達は負けないぜ!」
「圭一さんの言うとおりですわ。わたくし達はチームですもの。全員で困難に立ち向かえば、負けることなんて決してありませんわ」
 少年達の言葉に、赤坂も、入江も心に勇気が湧いてくるの感じた。
 どこまでも続く奈落への蜘蛛の糸にぶら下がった繭のように、エレベーターは静かに降りていく。
 この勇気が蝋燭の灯火のように頼りなくなるまで。

77元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/01/31(月) 23:31:30ID:5N8RWeu5
以上投下。
ここまででエレベーター戦終了。
蛇足TIPSを今後は予定。

78創る名無しに見る名無し2011/01/31(月) 23:44:50ID:x7C9PR7/
おつおつです

> 初弾から躊躇無く打ち込んだその拳は、まさに無音の徹鋼弾だと形容するにふさわしいものだ。
徹甲弾 ですな

79元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/02/02(水) 00:13:56ID:gC/ylif8
TIPS「魔法の限界」

 ――通信機のコール音が響く。
『こちらスネーク』
『よう、無事かスネーク?』
『……ディープスロート、お前か』
 俺の協力者である、謎の人物――ディープスロートからの通信だった。
『スネーク、今はどのあたりだ?』
『研究区の中層だ。もうすぐ中央付近に着く』
『そうか……スネーク、エレベーターに寄る用事はあるか?』
『急になんだ? エレベーターは動かないはずだ』
『動くようになったんだよ』
『本当か?』
『ああ。……そのエレベーターの床下に配電盤があるんだが、そこに武器を多少隠しておいた。よかったら使ってくれ』
『そりゃ助かる。……しかし、どうして急にエレベーターが動いたんだ?』
 当然の疑問だった。
『簡単な話さ……。中に入っていた奴が止めていたのさ』
『中に……? まさか?』
『ああ、ステルスだよ』
 ステルス迷彩だと?
『ステルス迷彩か……厄介だな』
『どうしたスネーク。まさか伝説の兵士があんな子供騙しを怖がるのか?』
『サーモグラフでもあれば別だが……肉眼では捉えられないというのは一筋縄ではいかない』
『おいおい、しっかりしてくれよスネーク。ステルスなんてこの中じゃ既存の兵器だぜ』
『なんだと? 他にもステルス迷彩を装備した兵士がいるというのか?』
『そうだな……まあ、ざっと300基』
『なっ……。300だと』
 300人ものステルス兵士がいるというのか?!
『心配するなスネーク。もうステルスは使い物になりゃしない』
『どういうことだ?』
『ステルス迷彩は俺が壊しておいたのさ……まあ持ち出された分もあったが、いま残りの5基も回収した。もうステルスを使える奴はいないはずだ』
『壊しただと……300基も、お前一人でか?』
『なに、手榴弾を投げるより簡単な仕事だ。……ボタン一つで済んだからな』
『ますます分からん。一体どうやった?』
『まあ待て。少し説明させろよ。……今のステルス迷彩は高性能過ぎるんだ。ステルスは本来、機械の中心に特殊な電磁場を発生させ光を屈折させる。
その電磁場は同じような電磁場があった場合、お互いに干渉しあってステルス効果を打ち消してしまうものだったんだがな。その弱点を克服したんだよ』
『つまり、さらに高性能になったと?』
『ああ、そのとおりだ。だが、いつの時代も便利になった分だけ厄介な問題を抱えることになるんだ』
『それは?』
『まずは……そうだな、単純にコストの問題……エネルギー問題だな。高性能になった分、バッテリーも消費するんだ。だから、ステルスは使わないものは全部充電することになっている』
『単純に使える時間が限られているということか』
『とんでもない。ステルスの稼働時間はフル活用でも24時間……1日はもつ』
『なに? それじゃ、性能が上がってるじゃないか』
『だからそう言っているだろう』
『ステルス自体の性能もアップし、使用時間も伸びたなら、弱点などないんじゃないか?』
『いやいや、スネーク。問題はここからだ。いいか? 単純に性能がアップしたからこそ、それによる弊害も生まれたんだよ』

80元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/02/02(水) 00:14:40ID:gC/ylif8
『何だって?』
『ステルスの効果は電磁波により生み出される……が、これは今までは複数の装置が近くにあった場合、お互い干渉しあって打ち消してしまうんだ。
そもそもステルスの効果を生み出す電磁波は力場を形成する力が弱い。ちょっとした障害物にぶつかっただけで電磁波が消失するものだったんだ』
 俺はかつて使っていたステルス装置の効果を思い出す。確かに人にぶつかっただけで消えてしまうものだったはずだ。
『しかし、その弱点は克服したと言ったな』
『そうさ。いまここで使われている迷彩は、単純に効果を発揮したら、ちょっとした障害物くらいじゃ力場を邪魔されることなんか無くなった。それに、複数人が同時に使用しても電磁波の位相を自動的にチューンするんだ』
『つまり、電磁波同士の干渉が無い』
『ああ、そうだ。……だが、それこそがこの最新式のステルスの弱点でね。同時に複数の電磁波を感知すれば自動的に位相を変え、区別する。それはつまり、別な形でお互いに干渉しているといえる。
……さて、ここで問題だスネーク。もし、密集するほど近い場所で同時に300基ものステルス迷彩が起動し、さらにその全てがお互いの位相を変えるよう演算を繰り返したとしたら――どうなると思う?』
『お前、まさか』
『そういうことだスネーク。パソコンにとって円周率の無限の計算ほどCPUに負担をかけるものは無い。答えのない計算を延々と行った挙句――高性能な兵器は全部ショートして使い物にならなくなったのさ』
『とんでもないことを考える奴だ』
『いや、これは俺のアイディアじゃない……俺の“娘”さ』
『桜花……彼女か』
『ま、俺個人じゃステルス迷彩を管理するシステムにハッキングすることはできなかったからな。そして、残りのこの5基を壊せば、これでステルスは全部無くなる』
『壊すのか? 使えそうだが』
『こいつは銃と違ってIDチップが組み込まれているものとは違う。作成された段階でID登録され、こいつのID変更は敵の中枢にあるネットワークに介入しないと無理だ。どうやってもこいつをすぐ使えるようにはできないのさ』
『そいつは残念だ』
『機械は決して万能じゃない。こんなものがなくても、あんたなら何とかするだろう。期待しているぜ、スネーク』
『わかった』
 彼との通信を切り、俺は先に向かう。
 だが、俺は姿が見えない敵以上の脅威に、もうすぐ出会うことになることを。
 どこかで――感づいていたのかもしれない。

81元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/02/02(水) 00:16:39ID:gC/ylif8
以上TIPSまで投下終了。あとは本編氏にタッチ交代。
そして>78のとおり、また誤字だよ。いつまで経っても直んないね。ごめんね。
脳内変換よろしくです。

82本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/04(金) 23:29:22ID:VcFX/pjk
 魅音の持っている無線機が音を立てた。
『こちら“つくつくぼうし”、聞こえるか?』
『はいはーい、こちら“ひぐらし”。聞こえてるよー』
 無線機から聞こえてきた圭一の声に対し、魅音は明るく応じる。
『今、エレベーターの中にいる。もう少しで例の広間に着くと思うぜ』
『やっぱり圭ちゃん達が一番乗りか。じゃあどこかに隠れつつ待っててね――って、乗るまでに結構時間かかってない?』
 魅音の疑問に対し、圭一の声のトーンが若干下がる。
『……待ち伏せされてたんだ。エレベーターの中に、5人も……』
『あちゃー……。でも無事で何よりだよ』
 “無事”という言葉に対し、圭一は素直に喜べないようだった。
『俺と沙都子、監督と赤坂さんは大丈夫だったけどさ……、仲間になってくれた兵士の人達が、深手を負っちまった』
 「相手は戦闘のプロだからね」って言う魅音の言葉を実感したさ、と圭一が言う。
『俺も迂闊だったかもしれないけど、魅音達も気をつけた方がいいぜ』
『おじさん達なら大丈夫さ。圭ちゃんの心配には及ばないねぇ』
『いや、そうじゃなくてさ。待ち伏せしてた敵の兵士が、その――透明人間だったんだ』
『はぁ? 何それ?』
 予想外の答えに、魅音は素っ頓狂な声をあげた。
『信じられないかもしれないけど、本当だったんだ! 沙都子のトラップで小麦粉をぶちまけて、何とか見えるようになったから勝てたけど――』
 ――それが無かったら危なかった、と。
 うーむ、と魅音は難しい表情をした。
『その、透明になれる仕組みってのは何さ? 透明マントでも羽織ってるの?』
『いや、何かよく分からない装置みたいなのが、そいつらの体に付いてた。壊れちゃったみたいだから再利用は出来ないけど』
『うーん……厄介だねえ。赤外線ゴーグルがあれば見えそうだけど、持ってないから探すしか無いかぁ……』
 とにかく教えてくれてありがとう、気をつけるね、と魅音は礼を言う。
 ――だが、もうこの施設にあるステルス迷彩は全て無効になった事を、彼女は知らない。
『圭ちゃんも元気出しなよ。確実に前に進んでいるんだから、安心しなって!』
『大丈夫、もうそんなに落ち込んでねーよ』
『本当? 内心びびってるんじゃないの?』
『びびって無いさ! お前こそ「怖いよー助けてー」とか言って泣きついて来るなよ』
 それだけ軽口が叩けるなら大丈夫だねぇ、と魅音は笑った。
 後で会おう、と約束し、無線は切れた。

83本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/04(金) 23:30:09ID:VcFX/pjk
「おじさん達も急ごっか。早くスネークに会いに行こう」
 魅音は振り返って、私達にそう言った。
「でも、『急いては事をし損じる』って言うからね。気をつけよう」
 富竹がそんな魅音を軽く諫めた。……私から見れば、富竹は少し慎重すぎる気がする。
「ボク達ならきっと大丈夫なのですよ。魅ぃも富竹も、銃の扱いが上手いですし」
「そりゃそうさ! おじさんを舐めてもらっちゃ困るよ〜? ヘリの操縦だって出来るんだからねぇ!」
「いやぁ、魅音ちゃんは本当に凄いよ、あはは……」
 魅音が胸を張り、富竹はよく分からない笑いで誤魔化すのだった。
 さてと、と魅音が話題を切り替る。
「とにかく下に向かおうか。さっきの通信室の所で、結構時間取っちゃったしね」
 スネークと無線が通じた、あの部屋。
 敵の施設の設備からスネークに無線が通じるぐらいだから、もっと有効活用は出来ないものかと、魅音は徹底的に調べていた。
 けれど、他に得られる物は何も無かった。
 富竹も番犬部隊への連絡を試みていたが、やはり通じなかったみたいだ。
「集合は研究区中層の広間だったね。そこの階段からも近いみたいだ。進もうか」
 富竹が地図を見て、そう言った。
「よし。“ひぐらし”チームは順風満帆、このまま快調に突っ切るぞー!」
「ふぁいと、おー、なのです!」

 ――この時。私達はただの、無力な子供に過ぎないって事を。
 どこかで、忘れていてしまったのかもしれない。

84本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/04(金) 23:33:19ID:VcFX/pjk
以上です。
……風邪でぶっ倒れてました。インフルエンザじゃないのに38度の熱ってどうよ。
しかも寝ている時にL5を発症する夢を見ました。
ある程度書きためているのですが、しばらくは小出しにいきます。

>>62
こちらこそ亀レスで申し訳無いです。
自分で組み直すほどNスクを使いこなせていないので、
どうにか弄りつつ現状このままでいきます。
駄目そうでしたらselect命令にするかもしれません。助言ありがとうございました。

85本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/04(金) 23:34:41ID:VcFX/pjk
っと失礼。元本編氏乙&ありがとうございました!

86元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/02/05(土) 09:00:55ID:q6sk3kmr
本編氏乙。頑張ってくだされー。

87本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/07(月) 22:50:11ID:Lznbn/gJ
「敵がいる!」
「制圧しろ!」
 発砲音が連続する。敵も勿論反撃をしてくる。
「くそっ! 裏切り者めっ!」
「応戦しろ!」
 悪意と敵意がぶつかりあい、渦を巻く。
 兵士達は前線で戦い、戦えない者は――後方で身を潜めているしか無い。
 レナと羽入が、そうだった。
「みんな、大丈夫でしょうか……」
「信じよう。きっと大丈夫だ、って」
 二人はただ物陰に隠れ、息を潜めていた。
 彼女達には、敵と戦うだけの力も武器も無い。
 前線に居ても足手まといになってしまうことを、本人達もよく自覚していた。
「撃て撃て!」
「グレネードだ!」
 その前線では、相変わらず戦いが繰り広げられている。
 後方に隠れている者は、そこから聞こえてくる声や音から戦況を想像するしか無い。
 怒号。悲鳴。銃声。爆発音。それらがいくつも重なり合う。
 しばらくすると、それらが止み、辺りは静まりかえった。
 やがて、足音が後方へと近づいてくる。
 少しだけ顔を覗かせた二人に、その人物は言った。
「クリアした。もう出て来ていいぞ」
 ジョニーはそう言うと、レナと羽入に安堵の顔が広がった。
 通路の先を見ると、敵だった兵士は投降し、拘束されていた。
「みんな無事なのですか?」
 羽入がジョニーに尋ねる。
「ああ……何とかな。ちょっと怪我した奴もいるけど」
 心配するな、とジョニーは言う。
 ――銃撃戦になった以上、ある程度の怪我は避けられない。
 血なまぐさい所はなるべく見せたくないと、ジョニーは思っているのだが、それも難しかった。
 ――だから、敵側の兵士が死んだ場合でも、その死体を隠してから子供達に合図を出すのだった。
 勿論、ジョニー達は積極的に殺しにかかるような事はしていない。
 しかし、手段を問わず“制圧”するのと、非殺傷武器が少ないのに傷つけず殺さずで制圧するのとは、後者の方がはるかに難しい。
 たった一人で、敵を傷つけずに潜入している「伝説の男」の凄さを、ジョニーは改めて実感していた。
「さっき連絡があった。“つくつくぼうし”が広間付近に到着したらしい。俺達も急ごう」
「広間はもう目と鼻の先なんですよね?」
 レナが言う。彼女達も、もう研究区へと潜入していた。
「ああ。この先を抜ければすぐだ。あと一息で皆と合流出来る」
「なら行きましょうです。スネークもきっと待っているのですよ」
「よし。……準備も出来たみたいだし、行くか」
 再び、“みんみんぜみ”は移動を始めた。
 その先にあるものは、希望なのだと、信じ切って――。

88本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/07(月) 22:52:23ID:Lznbn/gJ
以上です。……また短いですが。
これで“ひぐらし”も“みんみんぜみ“も“つくつくぼうし”も移動完了です。
次か次の次ぐらいが山場になります。ノシ

89創る名無しに見る名無し2011/02/07(月) 23:26:57ID:q6No9SpK
わくてかしながら読んでます^^

90本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/08(火) 23:49:39ID:1OJAfNZr
 かつん、かつん、と一人分の足音が響く。
 ――ようやく、魅音が指定した“広間”らしき場所にたどり着いた。
 見た目的には一階と二階からなる構成になっていて、二階に当たる空間には何本かの空中通路が渡されていた。
 天井は高く、また吹き抜けとなっており、上からの見通しはかなり良い。
 勿論、数名の巡回兵がいた。
 下で下手に動くと兵士に見つかる。逆に上の吹き抜け部分なら、下から見つかる危険性は低くなる。
 ならば上に行こう。
 近くにあった階段を、足音と気配を殺しつつ上る。
 階段が終わるところにいた兵士のすぐ後ろまで迫り、M4を首筋に叩きつけた。
 兵士はぐうの音も出さずに倒れた。
 ……上に来たからと言っても見つからない保証は無い。
 慎重に空中通路に足を踏み入れる。すると、下の方からから複数の足音がした。
 先ほど手に入れたばかりのM4を構えつつ、振り返る。
 しかし、そこにいたのは、敵ではなかった。

「スネーク!!」
「お前ら……」

 予想よりはるかに早い合流に、驚きを隠せなかった。
 そこにあったのは、見慣れた顔ぶれ。なのに、どこか懐かしく感じた。
 下の広間には圭一、魅音、レナ、梨花、沙都子、羽入ら子供達と、入江、富竹、赤坂までもが揃っていた。
 圭一が説得して仲間に引きずり込んだという、山狗や兵士達の姿もある。
 皆、それぞれが、明確な意思を持って、こちらを見上げていた。

「やっと会えたね、スネーク」
 魅音の声が朗々と響く。
「……一体、何しに来たんだ」
 予想はしていたし、分かっていたつもりだったが、聞かずにはいられなかった。
「決まってるだろ、スネーク」
 圭一が、歯を見せて笑う。


「あんたを、助けに来たんだ!!」


91本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/08(火) 23:50:36ID:1OJAfNZr
 

「それは――、どうかな?」


 唐突に、不気味な、しかししわがれた声が響いた。
 その声に、スネークが咄嗟に反応した。


「みんな逃げろ!」
「いや! 誰も動くな!」


 多数の人間の足音。
 一階にいる圭一達は、背後も前も、完全に兵士達の壁で、文字通り四方八方が塞がれた。
 銃を突きつけられ、彼らの中から困惑とも悲鳴ともつかない声があがる。

 そのどよめきやざわめきが、しん、と静まる。
 緊張が広がる空間が静寂に包まれた後で。
 ひとりの人物が、舞台に姿を現した。
 スネークがいる通路のもう一本向こう側に、彼はいた。
 靴に付いている拍車の音を鳴らしながら、その人物は、通路の中央へと移動する。
 一階の状況には見向きもせず、視線をスネークの方に向けた。
 彼とスネークの、目が合った。


「久しぶりだな。ソリッド・スネーク」


 その人物は――、紛れもなく、リボルバー・オセロットだった。

92本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/08(火) 23:51:49ID:1OJAfNZr
以上です。
まだまだ続きます。ノシ

93創る名無しに見る名無し2011/02/09(水) 01:05:37ID:ljHq+9pE
乙です
ついに来たかオセロット

94創る名無しに見る名無し2011/02/09(水) 01:35:43ID:HXKeaNdY
メタルギアそのものは未プレイだけど楽しみだ

95本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/10(木) 23:47:46ID:2Kt4/8/1
 鬼ヶ淵沼の側にある地下施設。
 雛見沢には不釣り合いなほど巨大なその施設の中心部。
 その広間には――完全に包囲された“侵入者達”と、圧倒的に優位な兵士達がいた。
 そして、今、この場の状況全てを掌握している人物が一人。彼は空中通路から全てを見下ろしていた。
「……残念だったな。お前達の行動は全て見通していた」
 彼――リボルバー・オセロットは表情を変えずに告げる。
「オセロット……!!」
 彼に一番近いところにいる蛇は、してやられたとばかりに歯ぎしりをした。
 一瞬のうちに、彼を含めて助けに来たはずの子供達も、危機に陥ってしまったのだ。
 悔しいはずが、無かった。

 だが、このとき、スネークよりも悔しさを感じていたのは。
「ち、畜生!」
 圭一はきつく拳を握りしめた。握った拳が白く色が変わり、食い込んだ爪が皮を破ろうというほどに。
 スネークを助けに来たはずなのに、自分たちの軽率な行動で一気に窮地に立たされてしまった。
 後悔、焦燥、そのような感情を、ここにいるほとんどの人間が抱いていた。

 ――しかし、羽入と梨花は、違う事を気にしていた。

「り、梨花……!!」
 羽入が小声で梨花に呼びかける。
 梨花は――答えることはなかったが、彼女の視線はオセロットに釘付けになっていた。

「――あいつだ」

 歪んでしまったカケラ。ノイズ混じりの記憶。雛見沢には本来いないはずの外国人。
 悟史を連れ去ったのもオセロットで、鷹野の仲間だと名乗ったと、梨花は聞いていた。
 そして、様子からして、彼がスネークの敵であることも、梨花は察した。
 ――ばらばらだったカケラが、繋がった。

「あいつが、私を――私達を、この歪んだ運命に閉じ込めているんだ」

 確かな証拠は無かったが、この状況、彼の行動、梨花の内側からざわめく“何か”がそれを物語っていた。
 犯人を見つけた、と確証した梨花は、自分達に突きつけられている銃口を無視し、一歩前に出て叫んだ。

96本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/10(木) 23:48:29ID:2Kt4/8/1
「オセロット! あんたは鷹野と手を組んで、私を――雛見沢のみんなを殺して、何をしようって言うの!?
ここで何の研究をしていたの!? 教えなさいっ!」
 山猫の視線が、初めて足下へと向けられた。
 彼女の叫びに対し、オセロットは。
「さあ、な」
 ただそう答えただけだった。
 畳みかけるようにして、今度はスネークが口を開く。
「ここの風土病を利用して、細菌兵器を作っていたのか? 核の代わりにメタルギアに取り付ければ、他国にとって十分な脅威になりうる」
「そんな事が……、まさか」
 「東京」の一員である入江が首を振る。
 スネークの言葉を否定しつつも、可能性としてはゼロではないため、彼の顔は蒼白となっていた。
 同じく、「東京」の監査役である富竹は無言だったが、唇を噛みしめて、オセロットの様子を窺っていた。
 オセロットはそんな二人の様子を気にせずに答える。
「細菌兵器か。確かに、一部の連中はそれを必要としていた。実際に開発もされていた」
「ちょっと待てよ……、その、細菌兵器って、一体何のことだ?」
 事情を知らない少年の当然の疑問に、入江が口を開きかけた。しかし、圭一の疑問に答えたのは、羽入だった。

「恐らく、その兵器というのは、人を雛見沢症候群に強制的に感染させ、末期発症を引き起こさせるものだと思います。
……末期発症に陥った人間は、雛見沢への強い帰巣本能を抱き、極度の被害妄想に陥り、周囲への強い猜疑心を募らせ――そして」

 羽入はそこで一度言葉を切った。

「誰も信じられなくなり、周囲を攻撃し、最後には――喉を掻きむしって死にます」
「……ほう?」

 オセロットは少し驚いたような顔をしてみせた。
 羽入のような子供が症候群についての知識を持っていて、さらに細菌兵器の中身を言い当てたことが意外だったようだ。
「そんな病気がここにあったとはな……。ここに来た時に皆注射を受けていたけど、それも関係あったのかな……?」
 ジョニーが言う。
 彼の言う通り、雛見沢症候群の存在は、一部の兵士にしか知らされていなかった。
 ジョニーは注射が苦手なため、それを受けなかったが――それが雛見沢症候群に関係あるものだという事は、彼にも容易に想像がついた。

「雛見沢症候群は、普通に暮らしていれば問題はないものです。……しかし、一度末期発症してしまうと、さっき言ったような現象が起こってしまいます。
落ち着くことも希にありますが……、兵器にした以上、それが不可能となっているはずです」

 羽入の説明は的確だった。それは入江の表情が、羽入の説明を肯定していたことからも明白だった。

「周りを攻撃して自分も死ぬって……、そ、そんなものを兵器に利用したってのかよ……!」

 SFホラーのような説明に、圭一は唇が震えるのを感じていた。

「雛見沢症候群は空気感染するからね。……詳しくは分からないけど、細菌をミサイルにでも入れれば『兵器』になるんじゃないかしら?
ありえない話じゃないわ」
 梨花が圭一とは対照的に、冷静に「兵器」を分析する。
「そんな恐ろしいものをここで開発していたって言うんですの? 信じられませんわ……」
 沙都子にとっても、今日まで普通に暮らしていた雛見沢の地下で、恐ろしいものが作られているとは、夢にも思わなかっただろう。
「……私も同感よ、沙都子。雛見沢症候群の研究は、診療所の中だけで行われていたとばかり思ってたけど、こんな所で悪用されていたとはね」
 梨花が苦々しく吐き捨てた。研究の第一人者――だったはずの入江は、ただ、ありえない、と呟いていた。

97本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/10(木) 23:49:21ID:2Kt4/8/1
「『一部の連中は』と言ったな、オセロット。ということは、その細菌兵器だけが目的では無いのか?」
 スネークはこういった状況に慣れているようで、あくまでも冷静だった。

「その通り。あんなものはどうでもいいのだ。本来の目的は――別にある」
「別に……?」

 スネークが訝しむ。同じく、圭一達も疑問に思った。
 ここで開発されていたという、恐ろしい細菌兵器。
 それだけで十分な脅威に思えたのに、それが「どうでもいい」と。

「人を殺し合わせてしまうミサイルがどうでもいい、って言うなら、……本当の目的は、もっと恐ろしい事なの?」
 当然湧き出る疑問を、レナが呟く。
「……そうかも知れないよ。私には想像が付かないけどね」
 魅音も、あまりにも非常識な説明に、動揺しながらも、冷静であろうとしていた。
 背後で言い合う子供達の声を聞いていたスネークが、オセロットに問い返す。

「そうだとするなら、真の目的とやらは何だ? わざわざここで研究をしていたという事は、雛見沢と関係があるんだろう?」

「そうだ。我々は――、雛見沢症候群に目をつけた」

 オセロットが通路を歩き出す。
 まるで、役者が観客に台詞を聞かせるかのように、芝居がかった様子で。

「雛見沢症候群の寄生虫は空気感染し、人の脳に巣くう。脳という高等な器官に侵入するにも関わらず、『感染した』との自覚が無い。
さらにL2以下の感染者――大抵の人間は、何も症状が出ない。これはあまり類例を見ない、特異な風土病だ」
 通路の端までいった所で、オセロットは一旦立ち止まった。
「L3からL5までの感染者に見られる症状――リンパ節の痒み、極度の疑心暗鬼や被害妄想は、その寄生虫の産物と言える」
 オセロットは再び歩き出した。
「それはつまり――、人間が寄生虫によって操られている、という事ではないか?」
「……寄生虫に操られている?」
 訳が分からない、というようにスネークは言った。

「我々は症候群の解明に全力をかけた。……その結果、ある程度寄生虫の行動を制御出来るようになった。
――『我々が寄生虫を操れるようになった』と言えば分かりやすいかな?」

「操るって……、まさか」
 梨花が感じたことは、スネークも薄々分かったようだった。
 彼らの想像を裏付けるように、オセロットは語る。
「我々が寄生虫を操り、寄生虫は人間を操る」
 つまり、と続ける。
 オセロットが、蛇の正面で立ち止まった。

「我々は、一人の人間を操ることが出来るようになった、という事だ」

98本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/10(木) 23:50:19ID:2Kt4/8/1
「……う、嘘だろそんなの!」
「実験も成功している。嘘ではない」

 この場にいる人間は知らないことだが、悟史がオセロットに「操られた」ようになっていたのは、そのためだった。
 山猫は尚も話し続ける。

「この寄生虫がミサイルで何千万とばらまかれ、さらにそれを、全世界の主要都市に撃ち込んだらどうなる?
……そう、感染はやがて広がり、パンデミックを起こし――、全ての人間が、寄生虫によって支配されることになる」

 雛見沢症候群は、一部の人間にしか知られていない病気だ。
 感染が拡大した所で――食い止める手立てが無い。
 ましてや、雛見沢の住人ですら症候群の存在に気づいていないというのに、他国の人々がこれを止められるだろうか?

「つまり、だ。――我々は、全人類を操れるということだ。“寄生虫による脳支配”。それこそが、この地にメタルギアを作った真の目的だったのだよ。
この地から“祟り”を引き起こし、人々の“意識”を“支配”する――戦略的核兵器とは違う、C3システムを確率するために、な」

 ――寄生虫によって全てを操られ、自分の意思を無くした人間達が織りなす社会。それを生み出すために作られた兵器。
 核兵器は“通信”“指揮”“管制”の3つのシステムで制御されている。その仕組みがC3システムと呼ばれていた。
 このメタルギアは、核兵器に代わる細菌ミサイルによって“祟り”でもって人間の“意識”を“支配”するシステムを確立していた。
 核兵器と名称が同じだが、内容は異なる“C3システム”。
 それが発動すれば。
 言葉も。文化も。
 思想も、宗教も。イデオロギーも。
 全てが、寄生虫によって支配されてしまう。
 操られた人間が織りなす社会。そこに君臨する、何か――とてつもなく巨大な組織。
 ひょっとすると、人々は自分が操られていることに気づかないかもしれない。
 自分の脳に入り込んだ寄生虫と共に生き、行動を支配され、そのまま死んでいく。
 そうした光景を思い浮かべて、蛇は、身震いをした。

「ミサイルは完成している。……そしてメタルギアも、だ。――全てが我々の支配下になる」

 山猫は、芝居がかった様子を見せながらも、こうした恐ろしい事を淡々と述べた。
 その様子はいたって正気だった。――だからこそ、蛇には狂って見えた。
 ――オセロットは、ただの兵士では無い。
 ――背後にある組織も、「東京」とは比べものにならないほどの物だ。
 ――シャドーモセス事件から生き延び、メタルギアのデータを世界中に流したのも、全てこいつの計算の上だった。
 スネークは、そう確信を得た。
 聞かされた衝撃的な“目的”に――、誰もが、言葉を失った。

99本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/10(木) 23:51:10ID:2Kt4/8/1
以上です。もう少し続きます。ノシ

100本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/13(日) 23:29:16ID:qKkAy9ta
「……ふざけるな」
 しかし、彼だけは自分の意思を、口にすることが出来た。
「……“雛見沢から、全世界にミサイルを撃ち込んで人類を操る?”」
 彼の目はまた、オセロットを見据えていた。

「それで村人全員を殺すって? ――――証拠隠滅のためか!? ……ふざけんなっ!!
ここは空気もおいしくて平和ないい村で、雛見沢症候群ってのがあっても、みんな仲良く暮らしてて!
何も悪い所なんて無い! それなのに、ここの風土病を悪用して、人間を操って、……みんなを殺すなんて、どうしてだよっ!!」

 彼――圭一は、魂の限り、叫んだ。

「理由など知らなくていい。今更知ったところで――無駄だろう?」
「させるかよそんなこと! 俺達の雛見沢を、みんなを、世界を、お前なんかの好きにさせねえ!」
 吼える圭一を、あくまでも山猫は冷静な目で見ていた。
「希望にすがって夢を見るのもいいがな、元凶は貴様だぞ」
「なにわけわかんねえことを!」
 熱くなった圭一とは対照的に、梨花は静かだった。
 自分の想像を遙かに超えた事を知り、未だに呆然としていたからだ。

「世界中の人間を操る……、なんて……何よそれ。いつから、こんな事を準備していたって言うの?」
「……この施設は、ダム戦争中から作られていたらしい。住民やマスコミが気を取られている間に、ここを完成させたそうだ」
 スネークが梨花達に背中を向けたまま答えた。
「あのダム戦争が、全て、茶番……?」

 赤坂が呆然として呟く。
 ダムを建設する計画を持ちかけ、住民を煽ったのも彼等で――頃合いを見て、終わらせたのも彼等だ、と。
 そのために。
 そのために、大石の恩人は、命を落としたのか。
 村を守る為に奮起した住民も。
 住民の抵抗に遭いながら、自分達の仕事をこなし続けた工事関係者も。
 大々的に報道したマスコミも。
 激しくなるデモの鎮圧をしていた警察も。
 全て。
 全部。
 最初から。
 オセロットや鷹野達の思惑通り、動かされていたのだ。

101本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/13(日) 23:31:02ID:qKkAy9ta
「おじさん達はアンタ達の手のひらの上で踊ってた、ってわけかい。……気に入らないね」
 魅音が苦虫を噛みつぶしたような表情で言った。
「そんな昔から予定されてたことだなんて……、どうやって防げっていうのよ! 場所を鬼ヶ淵沼付近にしたのは鷹野の趣味かしら?
人目に付きにくいし、昔からの伝承もあるしね」
 梨花が憎憎しげに眉間をしかめた。
「……雛見沢の伝承って何だよ?」
 熱くなった反動で、疲れ切ったようにも見える圭一が、疑問を口にした。
「遙か昔。鬼ヶ淵沼から鬼がやってきて、人々を喰らい、争いが起きた。そして鬼と人を融和させるために、オヤシロさまが降臨した。
大雑把だけど、こんな感じだったと思うよ」
 魅音が簡単な説明をする。
「じゃあ……鷹野さんは」
「彼女は――オヤシロさまに、神になろうとしているのか? それが彼女の願い、いや、目的だと」
 そう言ったスネークに対して、オセロットは。
「さあな。あの女の考えていることなど――それこそ、どうでもいいことだ」
「……鷹野三四は、一体…………」
 ――入江京介や富竹ジロウについて調べた時、鷹野三四についても調べておくべきだった、と。
 スネークは、後悔した。

「……鷹野さん」
 富竹が呟く。スネークとは異なる“後悔”を抱えながら。
 どうすれば止められたのか。
 何故、こんなことを考えたのか。
 何故、自分が力になってあげられなかったのか――。
 様々な想いを、彼は抱えていた。


102本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/13(日) 23:31:59ID:qKkAy9ta
「鷹野さんは、オヤシロさまになれないよ」

 唐突に、だがはっきりと、レナが言った。

「このまま上手く行って、私達を殺したとしても、絶対になれない。――オヤシロさまは、“い”るから」
 レナに続くようにして、魅音も口を開く。
「アンタがどこの誰か知らないけどね……雛見沢舐めてると、痛い目みるよ!」

 そんな二人を見て、オセロットは。

「神もこの土地も救われない。お前達と同じく、何も出来ず滅ぶのだ」

 そう、笑った老人の瞳に、レナも、魅音も、一瞬竦んだ。

「ま、待って下さい! あ……貴方! 貴方に聞きたいことがあります!」
 出し抜けに入江が叫ぶ。
「何だ? 今更命乞いか?」
「連れ去った……人質の、少年がいるはずです! 彼は一体どこに!」
「知らんな。“スネーク”に聞いたらどうだ?」
「スネークさんに? それは、どういう……」
 下を向いて、何かを考えているようだったスネークは弾かれたように顔を上げた。
「オセロット、お前は園崎詩音に会ったはずだ。……彼女に何を言った?」
「『お前の友人に会いたくないか』と聞いただけだ。元からあの小娘には何も期待してなかったさ」
 詩音の名前を聞いて、魅音が叫ぶ。
「こいつが詩音に!? アンタ、詩音に何をしたの!? 詩音は今どこにいるのっ!」
「それも“スネーク”に聞け」
「何よそれ、どういう意味よ!」
 入江も魅音も、オセロットの言葉の真意を測れずにいたが、――スネークだけは、その意味を理解した。
「まさか……、リキッドが?」
「――今頃どうなっているのかは知らないがな」
「……詩音、どうしてだ……」
 オセロットは何も言わなかった。
 ――彼は、全てを明かさず、いくつかの謎を煙に巻いたままで、全てを終わらせようとしていた。

「さて。お喋りはここまでだ」

 死刑宣告を――、彼は、告げた。

103本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/13(日) 23:32:44ID:qKkAy9ta
以上です。あと一息。ノシ

104創る名無しに見る名無し2011/02/13(日) 23:39:36ID:jI6H1ygJ
うひょうー!続きが気になる気になる気になる!

105本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/16(水) 23:33:18ID:Lpokwldh
「嫌よ……」

 梨花が、羽入以外に聞こえないくらいの声で呟く。
「せっかく敵の本拠地もつかんで、目的も分かったって言うのに……、ここで死んだら、せっかくの記憶が無駄になってしまう!」
「梨花……」
 感情が高ぶってきたのか、梨花の声はだんだんと大きくなっていった。

「それだけじゃないわ。スネークだって、また味方になってくれるかどうかも分からない! 私達の敵になることだってあるのに!
この世界は予想外のことだってあったけど、全体的には上手く行ってた。あと少しまで鷹野達を追い詰めていた。
なのに……、この世界はもう――終わりなの?」

 オセロットは全てを見透かしたように、ただ一言告げた。


「ああ。これで――終わりだ」



 オセロットが右手を挙げると、兵士達が一歩前に出て、銃を構え直した。
 俺を取り囲んでいる兵士も、……おそらく圭一達を包囲している兵士も、そうだ。
 合図が下されれば――彼らは一斉に引き金を引く。
 そうなれば、誰も生き残れない。
 自分も、子供達も含めて――誰も。
 ――ここで、終わりなのか。
 メタルギアを目と鼻の先にして、あえなく死んでいくのか。
 俺を助けに来た、……彼らも巻き込んで。
 1983年の世界で、“未来”に戻ることも敵わずに、ただの肉塊へと成り果てるのか。
 ……勿論死にたくは無いし、死ぬわけにもいかない。
 この絶望的な状況を、どうやったら切り抜けられる――?
 自分を包囲している兵士をなんとかしても、子供達は殺されてしまう。
 さらに、目の前にはあのオセロットがいるのだ。彼は早撃ちを得意とし、跳弾さえも操る。
 ――――どう足掻いても、状況は良くならない。
 ……畜生。
 ここで終わるしか――無い。
 絶望に包まれた心境を知ってか知らずか、オセロットは僅かに笑みを浮かべた。
 そして――挙げた右手を、振り下ろそうとして。

106本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/16(水) 23:34:11ID:Lpokwldh
 
 地面が、突如大きく揺れた。

「何っ……!?」
 地震だろうか。それにしては、その揺れはあまりにも不規則すぎた。
 立っていられないほどの揺れが来て、様々な人々が声をあげる。
 左右や上下に激しく起こる揺れと同時に、大きな音が、右側の方から接近してくる。
 ……何だ? 何が起きている?
 そして、壁の一部から、細くて早い水流が飛び出た。
 ウォーターカッターのようにも見えるそれは、壁を切り裂く。
 上から下まで、ケーキを切るかのようにあっさりと。
 水流が収まると直ぐに、――壁が崩落した。
 がらがらと壁が崩れ落ち、砂塵が舞い上がり、顔を腕で庇う。
 崩落が収まった所で、顔を上げた。
 金属音を立てながら現れた“ソレ”は、地響きを立てながら内部へと侵入してきた。
 その姿を認識すると、心臓が跳ね上がった。
 ――まさか。
 自分が知っているものとは種類が違う様だったが、巨大な竜のような設計、二足歩行をし、様々な兵器が搭載されているのは――。

「……メタル、ギア…………?」

 俺の声に応えるように、竜が一声、大きく鳴いた。



107本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/16(水) 23:36:59ID:Lpokwldh
以上です。ここで一旦元本編氏に交代。
これで終盤の中盤ぐらいに入れたかなー、ぐらいの進度です。
まだまだ続きます。ノシ

108創る名無しに見る名無し2011/02/17(木) 00:32:58ID:0aJ6LlNp
乙です
ついにメタルギアが!

109創る名無しに見る名無し2011/02/21(月) 21:36:00.44ID:PBIfIfJ9
乙 & 保守

110 ◆/PADlWx/sE 2011/02/22(火) 18:00:59.54ID:9HXiheIT
パソコン壊れました・・・。
復旧に時間がかかりそうなので報告です。
進展がありましたら、また連絡致します。

111創る名無しに見る名無し2011/02/22(火) 18:38:43.09ID:68ojCRIi
了解しました
復旧お待ちしております

112創る名無しに見る名無し2011/02/28(月) 07:06:46.62ID:0Y9rAsil
保守

113本編 ◆/PADlWx/sE 2011/02/28(月) 23:42:20.85ID:Q6WmxhFq
とりあえず報告。
つい先日修理に出したのですが、最低でも一週間〜二週間はかかるそうです。
執筆データはUSBに入ってるので、直るor買い換えるまではノートパソコンでしのぎます。
現実でも話の中でも時が進んだら、また投下いたします。ノシ

114創る名無しに見る名無し2011/03/06(日) 10:07:13.86ID:jjVdZ3BL
hosyu

115創る名無しに見る名無し2011/03/15(火) 17:21:19.39ID:SXoH/+lS
保守

116本編 ◆/PADlWx/sE 2011/03/15(火) 22:48:20.79ID:cGZIecUs
お久しぶりです。
PCは何とかなっています。つい先ほども地震に遭いましたが、無事です。
被害に遭われた方々に深くお見舞いを申し上げます。
大震災に見舞われた中、この物語は「地面が揺れる」だの「人が死ぬ」だの、
不謹慎この上ない描写が展開上ありますが、ご了承下さい。
今は元本編氏にバトンを渡していますが、ひょっとしたら私が書くことになるかもしれません。

それと元本編氏、大変な状況だとは思いますが、もしスレを見ていらしたらご一報下さい。
したらばでもメールでも構いません。

117創る名無しに見る名無し2011/03/15(火) 23:44:44.77ID:vbiKjuuF
ご無事で何よりです

118創る名無しに見る名無し2011/03/22(火) 06:35:24.24ID:5d/0GwcI
保守る。

119オリスク製作委員会 ◆/PADlWx/sE 2011/03/28(月) 23:19:28.83ID:M42YzojQ
オリスクをアップしました。
シナリオ的にはそんなに進んでいません。が、前回の問題点を改正しました。
変更点は、
・TIPSの入手タイミングの修正
・シナリオ追加(スネークが入江診療所を離れるところまで)
・一部演出・誤字の修正
です。
こちらからダウンロードして下さい↓
ttp://www1.axfc.net/uploader/Ne/so/105102.zip
pass:sunehina

120創る名無しに見る名無し2011/04/04(月) 06:59:33.30ID:dq2qPBGW
乙。でもオリスク見れねー。
窓7だからかな。

121創る名無しに見る名無し2011/04/10(日) 14:07:35.08ID:AW1m0Tn+
保守。……いつまで待たすねん。

122本編 ◆/PADlWx/sE 2011/04/11(月) 17:54:35.71ID:U9tDhB+L
地震の影響で元本編氏が執筆困難な状況にあるようです。
もうしばらくお待ち下さい。
その代わり、こちらでオリスクを進めております。
windows7に対応したものをup出来るように努力します。

123創る名無しに見る名無し2011/04/12(火) 01:48:46.12ID:BXK5ICsF
マジですか!
ゆっくりでいいのでお待ちしてます

124創る名無しに見る名無し2011/04/20(水) 06:46:59.75ID:QFjysgzM
hosyu

125創る名無しに見る名無し2011/04/27(水) 20:40:53.34ID:8Uh70xgc
ほ、保守……

126元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/01(日) 02:08:10.05ID:pELuBb+l
 それは、あまりにも暗く、大きい闇だと思った。
 施設の重厚な壁を突き破り現れたソレは、この広いはずの天井から降り注ぐ照明を遮っていた。
 竜。
 そう思った。
 ファンタジー小説や漫画の世界にしかいないはずの怪物。
 それが火を吐くかのように大口を開け、圭一達を覗き見るように下を向く。
 圭一はその無機質な目を見る。
 生きているわけがない。もちろん生き物であるわけがない。
 一目見ればそれは明らかなのに、頭が――、心が、それを認めない。
 何故なら、あれは動いているから。そして、はっきりと意思を持っているから。
 自分達を殺す――それほどに明確な目的をもって、ここに現れたのだと、わかってしまうから。
「な、なんですの、あれ……?」
 沙都子が怯えた声を上げる。
 無理もない。あれを見た瞬間、圭一も叫びたくなった。
 ファンタジーのように剣と鎧を渡されても、いや、銃を渡されたとしても、勝てる気すら起こらない、化物に。
 だが二人は、ソレを竜だとは思わなかった。
 一人は、あれを兵器だと、認識している。
 そう、彼は――ソリッド・スネークはあの化物を、自分が斃すべき対象だと知っている。
 そして、もう一人、――羽入は、あれを“人”だと思った。
 さらに正確に言うなら、あれは「人の悪意」そのものであると。
 神すら貶め、殺す力の根源は――人の、悪意であると。
 小さな神は、その大きな力に、ただ目を見開いて、見つめるしかできなかった。

「来たか」

 山猫が呟く。その口は嗤っている。
 まるで――この化物が来ることが当然であるかのように。予定調和であると知っていたように。
 壁の一部がまた剥がれ、床に落ちて地響きと共に大量の砂埃を巻き上げた。
 異様な光景に、そこにいる大部分の人間が、自分の見ているものが現実かと疑った。
 その、一瞬の隙を。
「伏せろ!」
 力強い言葉が響いた。
 その言葉の意味を理解できた者は、即座にそれに従う。
 圭一が、沙都子が、魅音が、レナが、梨花が、羽入が、入江が、富竹が、一斉にその身を伏せた。
 竜の登場に動揺した兵士達は、その銃口を圭一達から逸らしていた。
 その一瞬の隙で、まず2人が空中に浮いた。
 スネークが1人を投げ飛ばした。
 赤坂の拳が一人の顔面にめり込んだ。
 正気を取り戻した兵士が再び銃を構えたが、その照準が合わないうちに富竹が放った銃弾により、銃そのものが弾かれた。

127元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/01(日) 02:09:29.28ID:pELuBb+l
 ジョニーが包囲網に開いた突破口にめがけ、銃を撃ちながら突っ込む。
「みんな! こっちだ! 逃げるぞ!」
 その言葉に、沙都子が、圭一が、レナが、次々と続いて駆け出す。
 誰よりも多く敵を相手にしていたスネークが、必然的に彼らの最後尾を守る形をなった。
 魅音がスネークのほうに振り向き、大声で叫んだ。
「スネーク! こっち!」
「わかった!」
 近くにいた全ての敵を無力化したスネークが、魅音へ駆け寄ろうとした。
 だが、そう、うまくはいかない。
 スネークが広間からあと少しで通路に入ろうとしたその直前、唐突に轟音が目の前で爆発したように、振動と重なって弾けた。
 恐るべき風圧がスネークの全身を通り抜け、大量の砂埃が舞った。
 魅音の姿が見えていた通路は、無残に潰されて瓦礫の山へと変わっていた。

「兄弟!! 貴様は逃がさんぞ!」

 竜が叫ぶ。
 いや、その声は、化物ではない。
 そう、彼にとっては、化物以上の脅威となる男の、懐かしくも、忌むべき声。
 自らの運命に、永遠に断てぬ呪いの言葉。
 だから、彼は抑えられない。憎悪にも似たその感情を封じ込める手立てがない。
「やはり貴様か!」
 オセロットが叫ぶ。それはこれから始まる舞台への賛辞のようでもあり。

「そうだ! 俺だよ! スネェェェェェク!!!」

 これから起こるその戦いに、やはりその声は歓喜のようでもあり。

「リィィキッドォォォォォォォッッッ!!!!!」

 その声は、自らの運命に抗おうと、あらんかぎりの叫びだった。

128元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/01(日) 02:10:43.38ID:pELuBb+l
 ちょ、ちょこっととはいえ小出し投下。

 地震こえー。でもだいぶ元通りになった

129創る名無しに見る名無し2011/05/01(日) 23:55:25.17ID:RCuWLubm
復活キテタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
次も待っています!

130元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/06(金) 00:27:34.11ID:WSxDSmK3
 その叫びを、子供達はどう聞いたのだろう。
 彼がここまで感情を、怒りを露わにする瞬間など、彼と出会ってからの数日間に、一度もなかった。
 これが、あの叫びこそが初めてだったのだ。彼が持つ運命に対する、怒りの姿が見えた気がしたのは。
 憎しみ、怒り……人なら持ちうる当たり前の感情……だが、ここまで、一人の人間に対して怒りを持つことができるのかと、そう思わせるに足る、叫びだった。
「ス、スネーク!」
 圭一が潰れた通路の向こうにいる彼に対し叫ぶ。だがその声は重なる崩落の音に掻き消えた。
「け、圭ちゃん! スネークは大丈夫だよ! それよりもおじさん達のほうが!」
 潰れた通路に一番近くにいた魅音だったが、怪我もなく無事だ。その健脚で一気に圭一達のほうに駆け寄ると、そのまま退却を全員に指示する。
「けど!」
 納得のいかない圭一の表情に、魅音が何かを言いかけようとしたその時、砂埃が舞う通路の向こう側から、誰かの人影が這い寄るように出てくる。
 誰もが、彼の姿を期待した。
 だがその姿は、あまりにも異質だった。
 異質すぎた。
 特殊な防護服は、全身を覆い、外見から男女の区別をさせにくくなっている。
 そして、その人物が一歩、また一歩と踏みしめるたびに、埃臭い通路には似合わない、びしゃ、びしゃという湿っぽい音が響く。
 その姿を見たのは、このときは圭一と魅音だけだった。沙都子も、梨花も、そしてレナも、ジョニーの先導で通路を曲がっていたから。
 だがわかる。その理由が、湿り気を帯びた音の正体が。
 その人物が両手に持っている二振りの大きな鉈――それが酷く真っ赤に染まっている。そこから滴る液体が、一歩、一歩と歩くたび、振られて、床に滴っているのだ。
 やがてその人物がぴたりと止まった距離で、圭一はようやく、彼女だと知る。
 返り血にべっとりと染まった胸元に、二つの膨らみがあったことを、こんな土壇場で分かってしまったから。
「……え? ……あ、あれ……だ、……誰、で、すか?」
 絞るように出た声。
 しかし返事はない。その代わり彼女は、ゆっくりと大きく右手の鉈を振り上げて――。
「圭ちゃん! どいて!」
 魅音がその手に持っていたスナイパーライフル――モシン・ナガン――を構えて、彼女に向けて発砲した。
 ほんの数メートル、弾丸の初速を理解している魅音は、この距離なら確実にあたると――確信していた。
 だが。嫌な音――金属音――が聞こえ、弾丸が対象に着弾しなかったことを悟る。
 彼女は左手に持っていた鉈で、当然のようにライフルの弾丸を弾いたのだ。
 そして彼女は、そのまま右手の鉈を振り下ろす――沙都子の兄の、悟史のバットを振り上げることすらできずに立ち尽くしていた、圭一に向けて。
「圭ちゃん!」
 魅音が叫ぶ。だが、その鉈は声よりも早く。命がまた一つ終ろうとして。
 また――耳障りな音が聞こえた。
 圭一の前に、大きな影があった。
 大振りの鉈を受け止めたのは、長く鋭い日本刀。
 最近出会った――スネークの仲間、と彼らは思っている――グレイ・フォックスが、彼女の鉈を受け止めている。

131元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/06(金) 00:28:51.94ID:WSxDSmK3
「……え、あ、に、忍者! ……さん?!」
 圭一がその姿を認識してびっくりした声を上げたと同時に。
「逃げろ」
 彼はそう、そっけなく言った。
 魅音が、まだ少し呆けたような圭一の手を掴み、強引に駆け出す。
 彼女は、その圭一達の姿を追いかけるように一歩、動いたが。
「どこを見ている」
 グレイ・フォックスが重心の崩れた鉈の一撃をあっさりと跳ね返す。
「鉈か……それも懐かしい」
 狐が再び、刀を構える。
 鋭い狐の牙のように、一瞬で敵の喉笛を掻き切るかのように。
 彼女は、その獣の構えに対し、両手に持った鉈をぶら下げるように持った姿勢のまま。
「………………じゃま、だよ」
 そう小さく言った。
 途端、高く跳ぶ。
 そのまま通路の天井を蹴り上げ、彼めがけて斬りつける。いや、その鉈を勢いのまま、叩き付けてくる。
 その動きを、フォックスは紙一重で避けた。
 受けることはしない。
 受けてしまえば――それは自らの牙が折られてしまうものであると、理解したから。
 彼女は狐に必殺の一撃を避けられたことなど意に介さず、相手目がけて横薙ぎにしたかと思えば、再び跳躍する。
 まるで小鳥が空で旋回をするかのように地面まで近づくと、跳ねてから天井をまた蹴りつけた。
 その動きで、両者の間合いは広がった――と、同時に、彼女は獣に対し背を向けると、一目散に向こうに向かって駆け出す。
 私の相手は、お前じゃないと言いたげに。
 その足を、獣は追いかけようとして――、止めた。
「確かに……お前の相手は俺じゃないな」
 そう言うと、狐は彼女が駆けていった反対側を向く。
 その向こうには瓦礫の山が――さらにその向こうには、彼が、そして自分の敵がいた。
 足が一歩その方向に向いたと同時に、かれの姿は再び掻き消えた。

132元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/06(金) 00:29:48.23ID:WSxDSmK3
小出し投下、
もちょい続けるよ。

133創る名無しに見る名無し2011/05/07(土) 00:07:00.16ID:4tf2I7Fl
グレイフォックス!
次回もお待ちしております

134元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/08(日) 23:20:51.34ID:HI1ryF8p
 竜のような怪物――メタルギアが、再び奇怪な咆哮を上げた。
「スネーク!」
 奴の――リキッドの叫び声が竜の咆哮と重なる。
「貴様はいつも俺の邪魔ばかりするな!」
「なんだと!?」
 奴は――リキッドは、俺が死んだ未来からやって来たと、グレイ・フォックスは言っていたが――その世界では、奴が勝ったということになる。
「だがな! 俺は再び貴様を殺す! 神とやらが俺に与えた、またとない娯楽としてな!」
 俺は睨むように見上げる。
「生憎だなリキッド! 俺は貴様に殺されるつもりはない!」
 だが奴の余裕は崩れない。
「スネーク! その手に持ったアサルトライフルで何ができる! 貴様には、この兵器を破壊することはできん!」
 メタルギアがその足を大きく持ち上げる――踏み潰す気だと瞬時に俺は理解し、奴の足が振り下ろされる刹那、跳躍して回避する。
 リキッドが搭乗するメタルギアから距離を置くと同時に――、ライフルの引き金を絞り、銃撃を見舞う。
 メタルギアは戦車を遙かに凌ぐ装甲を有している。リキッドが言った通り、このライフルの弾丸では傷をつけることすら難しいだろう……だが、どんな兵器であっても。
「弱点は必ずある……例えば、装甲の繋ぎ目や関節部分は脆いはずだ!」
 奴の脚部――人間でいえば膝に相当する部分に銃撃を集中する。
 だが。
「無駄だ!」
 リキッドは俺の銃撃を遮るようにメタルギアに装備されている機銃を放った。その攻撃を、俺は再び跳躍して回避し、崩れた壁を障害物にして防御する。
「貴様の攻撃は古臭いんだよスネーク! そんな黴の生えた攻撃がこのメタルギアに効くものか!」
「メタルギア……やはりそれはメタルギアか!?」
「そうだ!」
 リキッドの代わりに――オセロットが俺の疑問に答えた。
「我々“愛国者”が作り上げたのだ! そのメタルギアはな!」
 この禍々しい竜が――。
「たしかに素晴らしい力だオセロット! この力は俺が有効に利用してやる!」
「盗っ人風情が大口を叩くものだ。リキッド! そのメタルギアは我々のものだ! 貴様が奪った“RAY(レイ)”! 返してもらうぞ!」
「できるか老いぼれ!」
 再び、リキッドが巨大な足を大きく持ち上げた。そして、間髪入れず――オセロットがいた渡り廊下に向けて蹴りを見舞った。
 オセロットがいた場所は、轟音と共に壁が弾け跳んだ。
 山猫は断末魔を上げることなく――リキッドに潰された。

135元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/08(日) 23:22:42.45ID:HI1ryF8p
 俺はその瞬間を見ていたが――またも落ちてきた壁を避けるためにオセロットがいた場所から視線を外す。
 再びローリングで前方に回避すると、別の通路からこの広間に向けて大勢の兵士達――オセロットの部下――が、駆けつけてきた。
「くっ……!」
 逃げ道はこれで、再び全て塞がれた。
 覚悟を決め、兵士達を迎え撃とうと身構える。
 しかし――意外な光景が映った。
 俺に近づいてくる兵士達の数が、一人、また一人と倒れていく。
 きっと彼らは、想像もしていなかったに違いない。
「フォックス!?」
 俺だけを狙い定めていた彼らの視線に――映ることのない狐の牙が襲い掛かった。
「どうした? 見ていられないぞスネーク」
 奴らしい皮肉の籠ったセリフだ。
 フォックスが切り開いた突破口めがけ、俺は駆け出す。奴を――リキッドを倒すための手段を手に入れなければ。
「どこに行くスネーク! 貴様は逃がさんと言ったはずだ!」
 リキッドが操るメタルギアRAYの竜の咢(あぎと)が再び開く。
 あの――高圧水流を俺達に向けて発射する気だ。
 リキッドは、間髪入れず俺とフォックスに向けてレーザー水流を放つ。
 そのスピードは恐ろしいまでに早い。人間の反射神経など簡単に凌駕する。
 当たれば、俺の体などバラバラにされるに違いない。
 そう、当たれば、だ。
 当たらなかった。
 何故か。
 それは、簡単な話だ。
 土台が動けば――照準もずれる。と、いうことだ。
 つまり。
 リキッドの操るメタルギアを動かした者がいる。
 誰が、そんなことをしたか。
 奴しか――いない。
「できるさ。……さあ、返してもらうぞ、リキッド!」
 リキッドが操るメタルギア――RAY。それと全く同じ怪物が、リキッドのRAYが蹴りを見舞った、あの――オセロットがいた場所から、顔を覗かせている。
 そして、その傍らに、山猫がいた。
 壁の亀裂をまた一段と大きく裂きながら、二匹の竜が吼えあった。
「RAYが一体だけだと誰が言った? これは――量産機だよ」
 山猫が、また一層、低く嗤った。

136元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/08(日) 23:26:04.65ID:HI1ryF8p
小出し投下ー。
まだ先が見えないw

137元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/09(月) 00:49:33.52ID:F+cR37aU
TIPS:「興宮警察署24時」

「確保確保確保ーーーーっ! おら確保だ確保ーー!」
 若い刑事の声が、辺り一帯に響く。
 普段は興宮署の大石とタッグを組んでいる熊谷は、これほどの大事件に、まさか自分が関わることになるとは夢にも思っていなかった。
 しかし、いまはただただ、うじゃうじゃといる容疑者の確保に向けて前線の指揮を執っていた。
 容疑者の一団にかけられた容疑は「銃刀法違反」である。
 しかも現行犯。
 拳銃ひとつ、いや刀剣であっても手が後ろに回るこの日本で、自衛隊の装備を遙かに凌駕する銃器を持っているなど、熊谷は想像すらしていなかった。
 大石が雛見沢の山中で確保した容疑者の一部は「小此木造園」というやはり興宮内に居を構える会社だったが――、
 大石が署長に直談判し、興宮署の捜査課及び暴力団対策課、機動隊の全職員を招集して結成した「雛見沢暴動事件特別対策本部」を投入し、一斉捜査に踏み切った。
 その結果が――これだ。
 小此木造園に立てこもった容疑者の一人が、サブマシンガンと思われる機銃を掃射している。
 地面に残った黒い焦げ跡は、敵さんが手榴弾を放り投げた痕だ。
「野郎、また放り投げやがったぞ!」
 機動隊の一人が、相手の投げた手榴弾を盾で爆発する前に跳ね返す。
 相手の手元に戻っていった手榴弾が爆発すると、小此木造園のプレハブ小屋はまた壁が大きく剥げた。
「いやぁ、あんたらもほんと強情ですねぇ」
 んっふっふ、とにやけたような笑いとともに――護送車の中で、大石は既に確保された小此木造園の社員――容疑者の一人に話しかける。
「銃刀法違反だけでも相当な罪ですよこれ。それに加えて発砲しちゃって、物を壊したら器物損壊、人に怪我させちゃ傷害罪に殺人未遂、ほんとに人が死んじゃったら殺人罪。
ここまでドンパチやっちゃあ内乱罪も適用されますよこれ。いやほんと、そこまでして――あんたら何がしたいんです?」
 穏やかに聞こえるその口は、怒りを隠していることを含ませる。
「多勢に無勢――あんたらがどんなにすごい武器を持ってても、数じゃこっちのほうが上なんです。あんたらに勝ち目は無い――潔く投降しちゃったほうが楽ですよ」
 抵抗している仲間に投降を促すように大石は言うが、相手は押し黙ったままである。
「いやほんとに強情なお人達だ。自首したほうが罪軽くなるって言ってるんですけどねぇこっちは。まあもうじき――」 
 大石さん、と呼ぶ声が入口から聞こえる。
 大石が振り向くと、熊谷がやって来ていた。
「ああ熊ちゃん。どうです首尾は」
「会社内は屋上から地下まで全部機動隊が押さえました。これでこいつらはもう終わりっすよ」
「そうですか……。熊ちゃんご苦労様です。それじゃ署に戻ってこの人達にきっつい取り調べをやっちゃいましょうか」
 大石が、んっふっふ、と笑う。そして護送車から大石が出ると。
「大石警部補! 無線で連絡が入っております!」
 私服警官の一人が、大石あての連絡が入っていることを伝えた。
「連絡? 私に? 署長さんかなぁ」
 そう、ぼやきながら車両に内蔵されている無線を取る。
『はい。こちら大石』
『大石さんだな?』
『……誰です、あんた?』
 初めて聞く声に、大石が警戒した口調になる。
『味方だ……と言っても、あんたは信じないだろうな』
『ええまあ、今日だけでもどんでん返しが結構ありましてね。証拠が無ければ信じれない心境ですよ、わたしゃ』
『そんならその証拠だけ言うことにする。今すぐ会社の中にある資料を調べるんだ』
『……資料? あんた、それが何だっていうんですか?』
『急げよ大石さん。監督のような犠牲は金輪際ごめんだろ』
 それだけ言うと、無線は一方的に切れた。

138元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/09(月) 00:51:09.75ID:F+cR37aU
「監督……」
 声は言った。監督――それは、彼にとっては、祟り事件の最初の犠牲者である、現場監督のことだ。
 彼のような、犠牲が、また出るのだと、相手は言った。
 その言葉に、大石の背筋が急に冷えたような錯覚に陥る。
「大石さん! そんじゃ、今から撤収――」
「熊ちゃん! まだだ! まだ調べることがありますよ!」
 大石が踵を返すと、小此木造園の中に急いで入っていく。
「ど、どうしたんすか大石さん?!」
 熊谷も、大石を追いかけるようにして会社に入っていった。
 そして十数分後――、再び護送車の中に入ってきた大石が、容疑者の一人の胸ぐらをいきなり掴む。
「おい! こりゃどういうこった! 説明しろお前ら!」
 大石の豹変したような言動に、護送車の中は騒然とする。
「“雛見沢滅菌作戦”だと……。どういうことだ! お前らは一体何をするつもりなんだ!」
 大石が手に持ってきた資料。それはこの先の雛見沢の未来を決定する重要な機密事項が記されていた。
 単純に言えば、テロ行為に他ならない。
 いくらひなびた農村――といえども、その住まう人を皆殺しにするなどという、狂気じみた内容が、その資料に書かれていた。
「何だ! 一体何なんだこりゃ! お前ら一体、何をしでかすつもりなんだ?!」
 大石が一層、声を荒げる。
 ぽつりと。
「……なんだよ」
「ああ?」
 容疑者の一人が、言った。
「終わりなんだよ……お前らも、俺も、全部」
 全部終わるんだよ――。
 そう、光の無い目で、大石を見据えて、言った。
 
「くそ!」
 毒づくように大石は掴んでいた胸倉を放す。
 あの得体の知れない“味方”が言った犠牲がこのことを指すなら、雛見沢は今、とんでもない危機的な状況になっているはずだ。
 今から自分達が駆けつけたとしても、果たして間に合うか――いや、間に合わなければならない。
 現場監督のような――彼のような犠牲はもう、たくさんだと、大石は決意していた。
「熊ちゃん! 今から動けるもんは全員雛見沢に向かいます! 急ぎますから、覆面パトカーもサイレン全部上げるように指示だしてください!」
「了解っす!」
「それと、私は今から電話をかけます!」
「で、電話っすか? どこに?!」
「保険ですよ、保険!」

 雛見沢、某所――。

 黒電話のけたたましい呼び鈴が鳴る。
 その音に気付いた彼女は、慌てるそぶりもなく、受話器を取り上げた。
「はい。もしもし」
「もしもし?! そちらは、園崎――」
「おや、どなたかと思えば、珍しいことで、大石警部」
 愉快そうに、園崎茜は電話口の向こうに皮肉を言った。

139元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/09(月) 00:52:17.26ID:F+cR37aU
本編まだだがTIPSを置いてみる。
おっさんは動かしやすいねぇw

140創る名無しに見る名無し2011/05/10(火) 22:44:18.32ID:BQ0h9/va
乙です
いやぁおっさんは実に良いですねぇ

141本編 ◆/PADlWx/sE 2011/05/15(日) 23:35:13.27ID:xHsgzeJS
 フォックスの助けにより窮地を脱した圭一と魅音は、一旦はぐれてしまった仲間たちに追いつこうと必

死だった。
 圭一は、後ろ髪を引かれる思いなのか、走りつつもためらうように何度も振り返っていた。
「圭ちゃん、急いで! 走って!」
「けど、スネーク達が――」
「あの二人なら大丈夫だから! 私たちがいると、かえって戦えないよ!」
「そうかもしれないけど……」
 圭一は己の無力さに歯軋りをする。
 広間の壁を突き崩した“竜”。
 スネークが発した、今まで聞いたことの無い怒りの叫び。
 銃弾すらはじく人物が振るう鉈を、あっさりと受け止めたフォックス。
 この数分間で起きた出来事や、それに対処した人物を思うと、自分はあまりにも――無力だった。
「圭一くん! 魅ぃちゃん! こっち!」
 通路の先で、レナが手を振る。
 無事逃げられたらしく、そこの通路には先ほどまで広間にいたメンバーがそろっていた。
「二人とも、大丈夫なのですか!?」
 梨花が息せき切ってそう言った。
「怪我はしてないよ、心配しないで。……だけどあっちで、スネークとフォックスがまだ戦っている」
「魅音さん、これからどうするんでございますの?」
 後方の道にトラップを仕掛けつつ、沙都子がそう聞く。
 そう話している間にも、遠くでは轟音、銃声がし、先ほどの“竜”が暴れているせいか、地響きが圭一

たちのいる所まで伝わってきていた。
「……ここは危険すぎる。いったん離れてから体制を整えた方がいいと思うよ」
 富竹が真剣な表情でそう助言し、魅音は頷く。
 彼女は全員を見渡し、モシン・ナガンをしっかりと持ち直して、口を開いた。
「スネークを助けたい気持ちは分かるけど、富竹さんの言うとおり、いったん引くことにするよ。
 ……正直、私だって何が起きたのかよく分からないけど、……今は逃げよう」
 先導するから着いてきて、と魅音が言い、一同は小走りで移動を始めた。

142創る名無しに見る名無し2011/05/15(日) 23:35:54.36ID:xHsgzeJS
「魅音、逃げるったって、どこまで走るんだ?」
 圭一が息を途切れさせながら、魅音に問いかけた。
「とりあえず安全なところ……は、無いけど、落ち着けるところまで――」
 魅音の返事が、途切れた。そして急に立ち止まる。
 どうした、と圭一は聞いたが、魅音の視線の先を見て、状況を理解した。
「……嘘だろ、こんな所で!」
 皆が皆、とにかくその場から逃げようと必死だった。
 ――だから。逃げ込んだ通路の先で、敵と鉢合わせしてしまう可能性など、少しも考えていなかった。
 敵との距離は遠かったが、敵と自分達との間に、遮蔽物は、無い。
 それはすなわち、丸腰の人間が背中を見せて逃げることは、死につながることを示していた。
 魅音が指示を出す前に、何人かの兵士と山狗が、魅音たちを庇うように前に出た。
 逃げろ、と兵士の一人が言う。
「でも、それじゃあみんなが――」
 圭一の言葉は、銃声によってかき消された。
 接近してきた敵に、兵士達が発砲したのだ。
 しかし、その人物は、持っていた鉈で銃弾を「弾いた」。
 あちこちから銃弾を浴びせられているのにも関わらず。
 不快な金属音を鳴らしながら、踊るように、銃弾を避けていた。
「嘘だろ……!」
 ジョニーが呆然として呟く。
 全ての銃弾が撃ちつくされた後。
 その人物は、こちらに向けて走り出した。
 それとほぼ同時に、後方にいた敵の兵士達も、進軍を始めた。
「力押しじゃ適わない! 今は引こう!」
 魅音が叫び、再び走り出す。

143本編 ◆/PADlWx/sE 2011/05/15(日) 23:36:30.10ID:xHsgzeJS
 彼らが走り出したすぐ後。
 鉈を持っているその人物は――、あるものを見て、凍りついたように立ち止まった。
 覆面の下から僅かに見えているその目が、見開かれる。
 彼女は、悪夢を見た。
 ありえないはずの光景を。
「…………そ……だ……」
 嘘だ。
 全て嘘。
 ありえないありえない。
 現実な、わけがない。
 いまここにいる自分が本当で。
 あそこにいるのは――偽者で。
 あれは悪夢。あってはならないもの。
 ――じゃあ、ぜんぶ消さないと。
「うううぅぅぅ嘘そそそぉぉぉぉおだああああぁぁぁっっっ!!!」
 絶叫しながら、彼女――マチェットは、鉈を振り回した。
 最初に犠牲になったのは、彼女のすぐ側にいた兵士だった。
 ぱん、と風船が破裂するような音が響く。
 血飛沫が天井まで迸り――、首と胴体が別れ別れになったその兵士は、ぐらり、と前に倒れた。
 叫び声とその音に驚き、圭一たちが振り返る。
 幸運にも、人が死ぬそのものの光景を目にしなかったが――、血の雫がしたたる鉈を振り回しながら、凄い勢いで接近してくる人影があった。
 彼女は、見方の兵士ですら、鉈で切り倒しながら、まっすぐにこちらに向かってきていた。
 壁が、天井が、赤く染まる。
 覆面から血走った目を覗かせて、マチェットは、矢のごとく疾走した。
 その恐ろしい光景に――一瞬、彼らの足が竦んだ。
「K! みんな! 早く走れっ!」
 ジョニーが怒鳴り、彼らは我を取り戻した。
 子供達はまた走り出す。こうしている間にも、魔物は接近しつつあった。
 背後からは大勢の足音、悲鳴、銃声、金属音が響いていた。
 それらが何を意味するのかは――考えたくも無かったし、考える余裕も無かった。
 魅音は何かを決意したような表情になり、息を大きく吸い込み、叫んだ。
「人数が多すぎる、いったん別れよう! 絶対に一人にはならないで、数人で固まって行動して!」
 あそこで別れよう、と言った彼女の指差す先には、通路が三方向に分かれている分岐点があった。
「何かあったら私に連絡して、無線で指示だすから! それじゃあ――死なないで!」
 十字路のようなところに到着し、彼らは三方向に分かれた。
 ――前門の虎、後門の狼。
 この言葉がふさわしい状況は、他には無いだろうと、圭一たちは感じていた。

144本編 ◆/PADlWx/sE 2011/05/15(日) 23:37:37.25ID:xHsgzeJS
途中、改行が変になったりトリップが無くなったりしましたが以上です。
久しぶりの投下。元本編氏に感謝します。
ちょこちょこ進めます。ノシ

145創る名無しに見る名無し2011/05/16(月) 02:06:54.91ID:6Qh3/+ZX
投下乙!

146創る名無しに見る名無し2011/05/17(火) 07:16:23.51ID:6e/MMNx7
乙!

147本編 ◆/PADlWx/sE 2011/05/21(土) 23:23:23.68ID:TAs7Mcml
 ――走る、走る、走る。
 心臓が破裂しそうになり、息も苦しくて、足も痛いけど――、とにかく走る。
 二度目の脱走のチャンスを、逃すわけにはいかなかった。
 後ろの方にいたから、あの時何が起きたのか、よく分からなかった。
 でも……あの悲惨な光景は、目に焼きついている。
 血の臭い。叫び声。辺りに広がる赤。
 突然、暴れだした彼女によって、すべてが混乱の中に叩き落された。
 兵士達も、私にかまってる場合では無くなった。
 だから、私は悟史くんを連れて逃げ出した。
 とにかく奴らから離れようと、必死で。
 どこをどう走ってきたのか分からない。
 いくつもの通路を曲がり、走りぬけ、広間を突っ切る。
 足が限界を迎えたところで、私は、通路の壁に手をついて立ち止まった。
 呼吸が荒い。肩で息をしているのが自分でも分かる。
 肺と足が悲鳴を上げていた。息がしにくくて、胸が痛い。
 全身に心臓の鼓動が響き渡る。……おまけに、頭がくらくらしてきた。
「…………逃げ、られた、の……?」
 辺りを見渡すが、奴らの姿は見えなかった。
 私を追う暇も余裕も無かったらしい。
 ――とりあえず、逃げ出せた。
 悟史くんを壁に寄りかからせて、私はずるずると座り込む。
 疲れを通り越して、……なんだか眠くなってきた。
 ……でも、奴らから逃げられても、「助かった」とは言いがたい状況だった。
 この“施設”にいる兵士達だって敵だ。
 ここから出て、悟史くんを診療所に連れていくまでは、安心出来ない。
 ……いや、それだけじゃ終わらない。
 雛見沢で、何かが起きている。
 北条鉄平を殺し、悟史くんを連れてきたオセロット。
 オセロット達を撃退し、何か目的をもって部隊を率いているリキッド。
 ……それに、私がオセロットに唆されて閉じ込めてしまったスネーク。
 この、鬼ヶ淵沼の地下にある施設。
 私の知らない間に、雛見沢に――何か巨大な陰謀が、渦巻いているようだった。
 その陰謀が終わらないと、私も悟史くんも沙都子も、みんなも、元の生活には戻れない。
 でも……、私一人の力では、どうにもならない。
 ようやく呼吸が落ち着いてきたので、とりあえず安全な場所に行こうと、立ち上がる。
「誰だ!?」
 通路の奥側から、突如怒鳴り声が響く。
 ……見つかってしまった。逃げないと!
 私は悟史くんを担いで、また走り出した。

148本編 ◆/PADlWx/sE 2011/05/21(土) 23:24:16.00ID:TAs7Mcml
 さっき逃げてきた時と同じように、闇雲に走り回った。
 目の前に、長い一本の通路が伸びている。
 人は、いない。
 でも、私の背後からは、複数の足音が聞こえてきた。
 大人と子供の体格差や体力の差のせいか、だんだん足音が近づいてくる。
 私は必死に足を動かして、彼らから離れようとした。
 通路を走っていると、途中で右に逸れる道があった。
 何回も通路を曲がった方が、追っ手は振り切りやすい。
 そう思って、私は迷うことなく右に曲がった。

 そこは、袋小路だった。
 荷物置き場だったのか、無造作にダンボールやコンテナが積まれている。

「嘘……っ」

 引き返そうとしたが、……もう遅いことを悟った。
 兵士達の足音と気配が、すぐそこまで迫っていた。
 ……ここから飛び出して走っても、追いつかれてしまう距離に。
 もう一度さっきの通路に戻って、別の道に逃げこもうとしても、――捕まってしまう。
 捕まったら、もう未来は無い。
 あまりにも、あっけない結末に、引きつった笑いが浮かぶ。
 ……嘘でしょ。
 逃げられないなんて。
 ちょっと進む道を間違えただけなのに。
 兵士達が前進してくる気配がして。
 私は、後ろがただの行き止まりだと分かっていても、じりじりと後退した。
 そして、体が壁にぶつかって。
 もう終わりだ、と思って、その場に座り込んでしまった。
 嫌な汗が、どっと吹き出てくる。
 一度は落ち着いたはずなのに、体が震えて、全身に力が入らなくなった。
「観念しろ! 出てこい!」
 兵士の怒声が響き渡る。
 ――もう、逃げられない。
 足が鉛のように思い。息も、浅い呼吸を繰り返すことしか出来なかった。
 このままじゃ――死ぬ。
 嫌。
 せっかく逃げ出せたのに、こんな所で死ぬなんて。
 押さえつけていた、喉の異様な痒みが復活する。
 痒い。苦しい。
 ……もう、終わりなのかな。
 どこで、間違えちゃったんだろう。
 ――悟史くん、沙都子、みんな…………ごめんね。
 苦しさと後悔、絶望につつまれながら、私は目を閉じた。
 その時。
 近くで、何かが破裂する音がした。
「な、何だ!」
「スモーク!? どこから――」
 私はゆっくり目蓋をあげ、辺りを見渡す。
 なぜか白い煙が、ここまで漂ってきていた。
 その中から、人の足音がして。飛び出してきたその人影は、突如私の腕を掴んだ。
「逃げるぞ」
 彼はそう言って振り返り、何かを後方に投げた。
 ぱん、と何かが炸裂する。
 兵士達の動揺する声が聞こえて、やがてばたりと、何か重いものが倒れる音がした。
「よし、行くか。煙はあまり吸うなよ」
 機械的な発声をするその人は、そう言って私を引っ張り走り出す。
 私の腕を引っ張っている人の顔を見ようとしたけれど、煙にまぎれて、よく分からなかった。
 ――こうして、私と悟史くんは、危機を脱した。
 謎の人物の助けによって。

149本編 ◆/PADlWx/sE 2011/05/21(土) 23:25:21.85ID:TAs7Mcml
以上です。
しばらくひぐらし側とスネーク側とで動きが分かれます。ノシ

150創る名無しに見る名無し2011/05/22(日) 00:17:41.09ID:XNY7CEda
おもすれー^q^

151創る名無しに見る名無し2011/05/22(日) 01:29:44.15ID:Y7+KH3vE
投下乙
しかし、ダンボールがあったから助かったと思った俺はアホ。

152元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/23(月) 00:08:22.41ID:PzVpahmm
「上出来だ」
 山猫は嗤う。
 リキッドが操るメタルギアは、壁に叩き付けたはずの足に、もう一体のRAYが放ったレーザー水流を受け、その足の装甲を歪ませている。
 オセロットは鋼鉄と高圧水流がぶつかりあった壁の近くにいながら、まるで特等席で舞台を見る観客のように、悠然としている。
 その、もう一体のRAYの頭部が山猫を通りすぎて前進しようとした瞬間、オセロットはコックピット席に顔を向けた。
「どうだ? これが我々“愛国者”の力だ。――気に入ったか?」
 その問いに答えるべく、もう一匹の竜から、以前聞いた声が響いた。
「ああ! 悪くない!」
 その名前に、スネークは少し驚いたような顔になった。
「その声……? まさか、あの山中で会った?」
 オセロットが傍らに立つ、メタルギアを操縦している者を、彼は知っていた。
「お前に受けた借りを返したいと言ってな……私は機会を与えてやったのだ。……なあそうだろう、小此木?」
「そうだ! あの時は世話になったな!」
 あのメタルギアRAYには、彼――山狗部隊の隊長であり、山中でスネークに敗れた――小此木が乗っているのだ。
 小此木はRAYの胴体を無理やりに亀裂にねじ込ませると、広間に残骸と瓦礫をまき散らしながら、侵入してきた。
 その突進の勢いのまま、リキッドのメタルギアにぶつかると、リキッドのメタルギアは体勢を崩し、転倒する。――さらに小此木は、もう一方のRAYに馬乗りする形で、圧し掛かった。
 オセロットは、崩れかけた通路から二体のRAYがもつれ合う姿を見て、また唇を歪ませた。
 だが。
「さて……、小此木! こいつらはお前に任せる!」
 オセロットが、この舞台からの退席を口にした。
「わかった!」
 小此木が答えた。その後で、彼は自身の耳についていたインカムを起動させると、オセロットに話かける。
「……山猫、お前はこれからどうする気だ?」
 小此木の問いに、山猫は、ふん、と鼻であしらった後、言った。
「少々予定を変更する。……裏切者は外にいた兵士だけではない」
 山狗もまた、その言葉に驚く。
「なんだと?」
「我々の体内に一匹……いや、二匹か。一突きで心臓を刺せる位置に、毒虫が這い回っているのだ」
「……」
 小此木は無言のままだが、その心中は穏やかではないだろう。
「裏切者の目星はまだついていない。だが、先ほど、ステルス迷彩を全て破壊された。この場所を知らなければできない芸当だ。何も知らずに飛び回っていたお前たちのボス――ではないだろうがな」
 小此木の上司――いや、今では哀れな道化同然の――鷹野三四のことを、彼は言っているのだと、小此木は気付く。
「私はその者達を始末する。場合によってはさらなる手駒も使ってな」
 やはりその声は嗤う。
「小此木……地上のほうはどうなっている?」
 オセロットは小此木達山狗が中心となって行うはずだった“滅菌作戦”について、小此木に問いただす。
「……地上のほうは警察の介入があって、態勢が崩れた。作戦の続行は難しい」
「そうか、いくら小さな集落とはいえ、人数がいなければ包囲もできないか。……ならばそちらについても手駒を出そう」
「なんだと?」
 小此木が驚いたような声を上げた。
 オセロットは少し、スネークの姿を眺め、また、愉快そうに笑った。
「懐かしい顔に遭わせてやろう」
 そういうと、彼は踵を返して、通路の闇へと去って行った。

153元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/05/23(月) 00:17:02.15ID:PzVpahmm
 小出し投下。まだちょっと続けたい。

 ……さて、ちょっと皆様にご確認いたしたく。
 なんだかんだで好き勝手やらせてもらったスネ雛本編ですが、話の展開を面白くしたいという考えがあったのと、
二作品の双方キャラに見せ場を与えたい思いから、若干名オリジナルキャラを出してしまったことについて、今更
ながら皆様に賛否を問わせていただきたく思います。
 ……というのも、このままの展開では、またさらにオリジナルキャラを出したいな、出すしかないな、と思っていた
ところです。 (オリジナル、とはいってもあくまでひぐらしとMGSに出てきたキャラを改変等で使うということですが)
 ほんと今更な話でしょうもないと思いますが、あまり原作からかけ離れてしまうのも好きじゃない方もいらっしゃると
思いますので、伺わせてください。

 とりあえず来週土曜までの意見を基に、今後の展開を考えさせていただきます。

 元本編より。

154創る名無しに見る名無し2011/05/23(月) 22:46:28.74ID:G1SD0lyD
投下乙ですお

おいらは作者さんが盛り上げるために必要だと思うなら問題ない
そりゃ原作が活躍した方がありがたいけど、
そのために物語がつまんなくなるのは論外だしね
もち、つまんなく感じはじめたらそっとスレを閉じるだろうけど、
それは前者でも後者でもいるだろうから、あまり気にしすぎることはないかと

155創る名無しに見る名無し2011/05/26(木) 19:25:47.83ID:PUx9VrLZ
賛成です
必要なら出すしかないじゃないか

156創る名無しに見る名無し2011/05/27(金) 00:27:11.15ID:HUK1Ehq1
面白くなるなら概ね賛成だけど
改変のやりすぎだけは自重して欲しい
じゃないと単に書き易さを重視した話がつまらないものになる可能性もあるので

157創る名無しに見る名無し2011/05/29(日) 17:05:30.47ID:F6hizkRb
あまり活躍させすぎるのは反対かな。元はあくまでもひぐらしとmgsだしね

158オリスク製作委員会 ◆/PADlWx/sE 2011/05/31(火) 23:30:33.69ID:GvgXLJjc
オリスク更新しました。passはいつもどおり「sunehina」です。
ttp://www1.axfc.net/uploader/Ne/so/109934.zip
変更点はシナリオの追加、バグの修正等です。
何かご意見がありましたらお待ちしております。

159創る名無しに見る名無し2011/06/08(水) 07:20:12.20ID:hMkb3mVo

そして保守

160創る名無しに見る名無し2011/06/15(水) 06:38:00.59ID:rO6XpAi1
保守。

161本編 ◆/PADlWx/sE 2011/06/21(火) 00:04:19.18ID:elp+nv6V
本編はまだですが近況報告です。
次に投下する話の展開は決まっているのですが、なかなか執筆が進んでおりません。
その上ちょっとリアルで色々と思うこともありまして……。
本編全体の展開、及び私の今後に関してもちょっと問題があります。
SSがまとまるか、自分の身の回りのことについてがまとまるか、どちらが先か分かりませんが、
もうしばらくお待ち下さい。遅れていて申し訳ありません。

162創る名無しに見る名無し2011/06/29(水) 10:54:51.43ID:JBIWxFwB
保守

163創る名無しに見る名無し2011/07/06(水) 17:17:52.62ID:SuOTAD1e
ほしゅ

164創る名無しに見る名無し2011/07/12(火) 22:10:31.07ID:h2ZjlgP0
保守。

165本編 ◆/PADlWx/sE 2011/07/12(火) 23:43:26.27ID:3pOR/CZ1
「ここまデ来レば大丈夫だロ」

 奇妙な発声をするその男は、そう言って私の腕を放した。
 あの袋小路から逃げ出した後、私たちはどこかの小部屋に逃げ込んだ。
 私たちを助けてくれた“彼”は、部屋の入り口の端末を弄っていた。
 何の苦も無く扉をロックして、私達に向き直る。

「OK、っと。……ふう、これで安心だ。しっかし疲れたぜ、慣れないことはするもんじゃないな……」

 唇を動かさずそう言った彼は、それほど走っていないのにも関わらず、私よりもぐったりして見えた。
 扉に寄りかかって、腕で額の汗を拭っている。
 かと思うと、周囲に溶け込んで目立たなかった服の色がみるみる変化し――、素材までも変わったように見えて、最終的には黒いスーツになった。
 私が目を白黒させていると、彼は手をひらひらと振った。

「気にするな。これは“魔法の服”なのさ。俺の声の秘密もこいつにある」

 そう言った彼の顔を、まじまじと見る。
 改めてみても、やはり私の知らない人だった。
 体がかなり細く、肌の色は、やけに白い。ついさっきまで走ってたから、少し顔が赤くなっていたけれど。
 髪の毛はぼさぼさで、まるで手入れすることを知らないかのように、伸び放題になっている。
 全体の雰囲気から察すると、年齢は30代ぐらいみたいだった。
 そして、その顔は――疲れきっているように見える。
 慣れない運動をしたから、だけでは無いように思えた。
 何か、もっと大きなものに絶望し、人生を諦めているのかのようにも思えた。
 ……初対面相手の人にこんな事を思うなんて、考えすぎかもしれない。
 でも何故か、私は彼と初めて会った気がしなかった。
 私の視線に気づいたのか、彼と目が合う。

「……とりあえず礼を言っておきます。助けてくれて、……ありがとう」
 私は、目を逸らしつつ無愛想に言った。
 助けて貰ったとはいえ、油断してはいけない。正体も分からない奴だし、念のため警戒しておこう。

「そうカリカリするなって。信用してくれよ」
 男は、悪びれもなくそう言った。
「そう言われましても、私はあなたの事なんか知りませんし。……どうして私たちを助けたんですか?」
 私が言うと、彼は顎に手を当てて考えるそぶりを見せた。

166本編 ◆/PADlWx/sE 2011/07/12(火) 23:46:26.40ID:3pOR/CZ1
「……何て言ったらいいのか難しいな。あえて言うなら『罪滅ぼし』、か」
「何ですか、それ――」
「…………ぅ………………」
 私が問い返すと、すぐ側からうめき声が聞こえた。
 はっとして振り返る。部屋のソファーに寝かせていた、悟史くんの目蓋がぴくりと動いた。
「悟史くん――」
 近寄ろうとした私を、彼が待てと言って引き止めた。
 代わりに、彼が悟史くんに近づいていく。
「ちょっと、何をする気ですか?」
 敵意むき出しの私を気にも留めず、彼は悟史くんのすぐ側に行った。
「今のこいつは、目が覚めたって暴れるだけなんだろ」
「何でそれを――」
 言葉が途切れる。彼の服が、また変化していったからだ。
 黒いスーツだったはずの服が、瞬く間に白衣に変化した。
 研究者とか医者とかが着ているようなやつだ。
「ま、俺はこういう奴だから任せておけ」
 言いつつ、彼は注射器を出した。背筋に悪寒が走る。
 こいつが敵だとしたら、すごく危険だ。悟史くんにわけの分からない薬品を注入するだなんて。
 でも……、敵だったなら、さっきの所でわざわざ私たちを助ける必要は無い。
 一体、彼は何者なの? 信用していいの?
 誰が本当に信じられるのか。
 誰が敵で、誰が味方なのか。
 ……一度は悟史くんまでも疑ってしまった私にとって、それを判断するのはとても難しかった……。
 葛藤している私をよそ目に、彼は悟史くんの側にしゃがむ。
 すると、悟史くんが目を覚ました。
 寝起きでぼんやりしていたように見えたのは一瞬で――、悟史くんの目が、あの時のように悪意と敵意に染まった。
 悟史くんの手が、彼に掴みかかろうとして動く。
 それよりも早く、彼は注射器を持っていない方の手で、悟史くんの口を塞いだ。
 正確に言えば、手に持っていた白いハンカチで口を塞いでいた。
 掴みかかろうとしていた手が宙を切り、悟史くんの目がまどろむ。
 がくり、と悟史くんが体を倒し、彼はその体を受け止めた。
「麻酔ハンカチで眠ってもらっただけさ。心配するな」
 私が何か言う前に、彼がそう告げた。そして、悟史くんの首に注射をした。
 ……私は結局、彼を止めなかった。いや、止めれなかったのかもしれない。
 彼は、目が覚めたら暴れてしまう悟史くんを大人しく出来る。
 私は悟史くんを止めることが出来ない。
 だから、今は従うしかない。
 さっきまで自分の周りは敵だらけだったし、疑心暗鬼の炎はまだ燃えていたけれど。
 彼のことは、信用してもいいんじゃないのか――と、自分の中の何かが告げていた。

167本編 ◆/PADlWx/sE 2011/07/12(火) 23:49:39.08ID:3pOR/CZ1
「しばらくはこれでOKだ。目が覚めても、暴れださないはずだぜ。手を引いてやれば歩くことも出来る。背負う必要は、しばらく無いさ」
 彼が立ち上がり、振り返ってそう言った。
「今度はこっちもか――」
 よく分からないことを呟きつつ、私の方に近づいてくる。
「……何です? 私の顔に何かついてますか?」
 じろじろ見てくる彼に対して言うが、彼は気にした様子が無かった。
「手首と喉の引っかき傷、過剰とも言える警戒心――L3かL4って所か? どっちにせよ危なそうだな……」
 よく分からないことを言いつつ、私の手を掴む。
 反対側の手には、また注射器が握られていた。
「ちょっと、何を――」
「栄養剤ダ」
 抗議の声も聞かずに、私の腕に針を刺した。
 暴れるわけにもいかず、私の体にも得体の知れない薬品が注入されてしまった。
 打ち終わった後、それをしまって、彼はスーツのポケットから別の注射器を取り出した。
「一応、これを持っておけ」
「……薬の説明ぐらい、して下さいよ」
 うんざりしたように私が言うと、男は少し肩をすくめた。
「とりあえず、それは鎮静剤だと思っていい。さっき打った薬の効果は2、3時間で切れる。薬が切れる前にそれを使ってやれ」
 大人しくなった悟史くんの方を見て、彼はそう言った。
 私は渡された注射器を、しげしげと眺める。
 彼は、私たちのことを助けてくれた。
 だから、信用してもいいと思うけれど――どこまで、私のことを、悟史くんの状態を知っているんだろう。
「そうだ。これもやるよ」
 私の心境を知ってか知らずか、彼はまた別の物を取り出す。
「収納バッグ。腰につける奴だからかさばらないだろ。おまけにスタングレネードとスモークグレネード3個入り。大大大サービスだ」
 と言いいながら、無造作にそれを突き出してきた。
 怪しみながら、バッグの口を開くと……、確かに、3個ずつ、各種グレネードが入っていた。
 普通のグレネードは無いけれど、何も持ってないよりかは、はるかにマシになった。
 ベルトを腰にまわし、バッグを身につける。
 普通の私服の上に、小さめとはいえ軍用のごついバッグをつけたものだから、なんだか不思議な格好になってしまった。
 でも、身を守るためなら見た目を気にしてはいられない。
「っと、こいつを忘れてた」
 またごそごそとなにやら怪しげにポケットをまさぐると、何かを握りしめて私に押し付けてきた。
 無線機、のようだった。
「それで俺と連絡が取レる。何かあったら連絡しろ。可能ナ範囲は出張するゼ」
「……どうして、ここまでするんですか」
 私たちを助けたって、何の得も無い。
 なのにこの人はさっきから、やりすぎと言えるほど私たちのことを助けようとしてくれている。
「さっきも言ったろ。『罪滅ぼし』、それか単なる自己満足か、過去の清算か……」
 俺はそんなに褒められた人間じゃないんでね――と、彼は力なく笑った。

168本編 ◆/PADlWx/sE 2011/07/12(火) 23:52:12.52ID:3pOR/CZ1
 ……やはり、意味が分からない。
 ため息をつき、視線を下げると……ある物が視界の隅に入った。
 ――鈍く光る、銀色の首輪。
 さっきは気づかなかったが、彼の首にそれが付いていた。
 ファッションのために付けているとは考えられないようなものだった。
「ああ、これか?」
 彼は首輪をこつんと指ではじく。
「奴らに飼われているのさ」
「“奴ら”?」
「この施設を作った連中だ」
 一体何者なんですか、と聞くと、彼はまた考え込む素振りを見せた。
「一言で説明するのは難しいな。ろくな連中じゃないことは確かダ」
「……そうですか」
 もう、何がなんだか分からない。別世界に連れてこられたみたいだった。
 ため息をついた私を励ますかのように、彼が明るく声をかけてきた。
「無理に戦う必要は無い。敵に遭ったら逃げ出して隠れて、また見つかったら逃げる。事が終わるまでその繰り返しでOKさ。
 ……さっきだって、不意打ちじゃなきゃ俺もダメだった。頭脳派には辛いぜ」
 彼はそう言って頭をぼりぼりと掻いたが、突然表情が変わった。
 右耳を押さえて、私から視線を逸らす。何かを聞いているようにも見えた。
「……どうやらヤバイらしいな。いつまで誤魔化せるか……。……仕方ない、また動くか」
 どうしたんですか、と聞く。
「あっちもこっちも戦争状態、って事だ。……俺の立場も危うい。悪いが別行動させてもらう」
「……。貴方は……、何者、なんですか」
 さっきから言っていることがよく分からなかったので、私はそう聞かずにはいられなかった。
「ただの科学者――さ。……じゃ、俺は行く。そいつをしっかり守ってあげな。困ったら無線で連絡しろ」
 悟史くんの方を見る。安らかな顔で眠っていた。
 これから不安なところもあるけれど、……悟史くんが助かりさえすれば、それでいい。
 そして彼はぽつりと、最後に呟いた。

「……じゃあな。頑張れよ――――詩音」
「えっ!?」

 名前を呼ばれたことに驚き、私は反射的に振り向く。
 でも、私と悟史くんを助けてくれた謎の人物は、すでにどこかへ消え去っていた。
 部屋の扉の方を見ると、いつの間にかロックが解除されていた。出ようと思えばいつでも出られるらしい。

「……何だったんだろう。一体……」

 取り残された私は、ぽつんと、そう呟くことしか出来なかった。

169本編 ◆/PADlWx/sE 2011/07/12(火) 23:54:27.55ID:3pOR/CZ1
……えー、大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
今後について考えていることがありますが、もうちょっとだけ頑張ります。ノシ

170創る名無しに見る名無し2011/07/13(水) 00:00:37.32ID:14+hZHv2
hshs

171創る名無しに見る名無し2011/07/13(水) 00:18:11.04ID:SZ1GX/e0
投下乙
しかし謎の男の正体は誰なんだろうね

172創る名無しに見る名無し2011/07/19(火) 05:31:07.10ID:LW51KgQm
hosyu

173創る名無しに見る名無し2011/07/25(月) 19:56:58.52ID:sq3t0T+/
保守

174創る名無しに見る名無し2011/07/31(日) 08:14:36.87ID:6eWmWFkB
ho

175創る名無しに見る名無し2011/08/06(土) 21:45:21.88ID:2yAq9tLM
保守……

176本編 ◆/PADlWx/sE 2011/08/07(日) 23:43:03.88ID:V2bGPstS
……すみません、一応生きています。
今週中に投下と&本編個人についてのお話があるので、もう少しお待ち下さい……。

177創る名無しに見る名無し2011/08/09(火) 00:54:47.95ID:1z6/c+cw
了解しました

178創る名無しに見る名無し2011/08/10(水) 02:41:25.80ID:RGXef+a6
お忙しいとは思いますが、とても面白いです。
これからも頑張って頂けると嬉しいです!

179本編 ◆/PADlWx/sE 2011/08/13(土) 23:39:59.80ID:s/zUc3M0
TIPS:第三の「侵入者」

 鬼ヶ淵沼の地下施設。
 この施設は村人の誰にも知られること無く、長い間ひっそりと息を潜めていたが、今や戦場と化していた。
 そんな戦場の中を走り回る人物が、一人。
「……な、何よ…………、いったい何が起きてるって言うの!?」
 彼女――鷹野三四は、状況を理解していなかった。
 自分は助けを求めにここまで来たはずが、なぜか施設の兵士が銃を向けてきたのだ。
 一瞬凍りづいてしまったが、人が集まってくる足音がしたため、とにかく助かろうと、訳も分かないまま鷹野は逃げ出した。
 別の兵士に会っても、山狗に会っても、同じ反応。
 その上、施設のどこかでは争う音がした。
 何が起きているのか、彼女にはまったく分からなかったが――、一つだけ、出来ることがあった。
 
「…………そうだ、…………連絡すれば、……きっと助けてくれる……!!」

 ――自分が狙われているのは、何かの間違いだ。
 鷹野は、この期に及んでも、そう思っていた。
 誤解を解くために、鷹野はオセロットと連絡を取ろうと、施設内を逃げ回っていた。
 必死に走り回り、彼女はようやく「通信室」と書かれた部屋にたどり着いた。
 中に入ると、通信室を警護していたはずの兵士が倒れていた。
 以前、富竹達が彼らを無力化したのだが、もちろん鷹野はそのことを知らない。
 それに、「なぜ倒れているのか」と考え込む余裕は、鷹野には無かった。
 真っ先に通信機に駆け寄り、オセロットに通信を繋げようとする。
 ――しかし、繋がらなかった。
 オセロットは、この時小此木と通信を繋げていたからだ。
「何で、こんな大事な時に繋がらないのよ……!! ……そうだ、なら東京の野村さんに連絡すれば……!」
 とにかく助けて欲しい、自分は誤解されている、と、ただそれだけを思い、彼女は野村に通信を繋げた。
 先ほどとは異なり、しっかりと繋がったことに鷹野は安堵した。

180本編 ◆/PADlWx/sE 2011/08/13(土) 23:42:41.21ID:s/zUc3M0
『あら、鷹野三佐ですか?』
 この状況に似つかわしくない、優雅な口調で野村が答える。
「の、野村さん! 地下施設に到着しましたが……、何が、起きているのですか!?」
『……うふふ。「到着した」だなんて、「診療所を逃げ出してきた」の間違いでしょう?』
「な……なぜそれを……」
 鷹野は愕然とした。「指揮官が逃げ出した」という恥ずべき事態を、野村に知られていたからだ。
「……診療所から撤退したのは、兵力を整えるためです。なのに私は銃を向られました! ここの兵士に!
何かの間違いでしょう!? 作戦はどうなっているのですか!! 兵士たちへの伝達は!? オセロットはどうしているのですか!?」
 焦りを誤魔化そうともせず、鷹野は無線機にどなり散らす。
 命を脅かされたのだ。プライドや体面を保っている余裕など、彼女には無かった。

『作戦は、ほぼ予定通りに進んでいますわ。先ほど、「滅菌作戦」が開始されましたから。今頃地上は……大変なことになってるでしょうね』

 ――滅菌作戦が、開始された。
 衝撃的な一言に、鷹野はショックを隠せなかった。
「は、話が違います! 私に何の連絡も無いなんて! 最終的な権限は、私にあると――」
『確かに、そういう筋書きでしたわね。……鷹野三佐』
 野村は、甘い声で囁く。それがかえって不気味に響いた。

『……でもそんな権限は、ただのお飾りに過ぎないって、お気づきになりませんでしたの……?』
「何の話ですかっ!?」
『何が起きても、自分が判断を下せる。なぜなら自分が研究の主導権を握ってきたから。
――祖父の研究を完成させ、自分が神になる。大方、そう思われていたのでしょうね』
 野村は喋り続ける。

『そのために三佐は大変な努力をして下さいました。……しかし兵器が完成した以上、貴方はもう、――用済みですわ』

 ――用済み。
 鷹野は目を見開いて息を飲み込み、驚愕の表情を浮かべた。
 野村の話が、理解できなかった。
「一体、何の話をしてらっしゃるのですか……?」
『言葉の通りです。あなたの役割は終了しました。あとは、舞台から退場していただくだけですわね』
「た、た、退場って……、まだ、私は…………!!」
『――詳しくはオセロットにでも聞いてください。お疲れ様でした、鷹野三佐…………』
 余韻を残しつつ、無線は、切れた。

181本編 ◆/PADlWx/sE 2011/08/13(土) 23:44:51.13ID:s/zUc3M0
また続くのですが、予定より遅れているので、今日はここで切らせて下さい。
……本当に申し訳ないですが、必ず投下します。ノシ

182創る名無しに見る名無し2011/08/14(日) 01:16:08.39ID:S5jPTCmF
本編以上に可哀想な三四さん・・・トミーはまだか

183創る名無しに見る名無し2011/08/21(日) 20:48:06.03ID:6vSBzqIF
保守

184本編 ◆/PADlWx/sE 2011/08/25(木) 17:16:08.91ID:DotL/FF3
 鷹野はしばらく呆然と無線機を握り締めていたが、我に返り、オセロットの周波数に切り替える。
 今度は、きちんと繋がった。
「オセロット! 一体、何が起きているの!? 野村さんが言ったことは――」
『本当ですよ、鷹野三佐』
 山猫は、低い声で淡々と答えた。
 鷹野から連絡が来ることも、彼女が何を言うのかも、全て見越していたかのように。
「……じゃ、じゃあ、私が用済みだってことも……」
 オセロットの返事は、低い笑い声だった。
 それは暗に、鷹野の疑問を肯定していることを示していた。
「ふざけないで! 一体誰がこんな事を……! 裏切ったの!? それとも買収されたの!?」
『何を言っている? お前の味方など、元から存在していないさ』
「……な、」
 鷹野は言葉に詰まった。
 オセロットが急に態度を変えたことに驚き、彼の放った言葉に衝撃を受けたからだ。
『――この施設には、お前の敵しかいない』
 声しか聞こえないはずなのに、圧倒的な存在感で、オセロットが告げる。
『私の部下も、お前の部下だったはずの連中も、侵入者も、皆お前を狙っている。
用が済んだ雛は、巣から追い落とされる運命にあるからな』
「……な、何よ、……何なのよ、それ…………!! 最初からずっと…………私たちを騙してたって言うのっ!!?」
『知らなかったのはお前一人だけだ。お前は初めから、我々が用意した舞台の上で踊っていただけにすぎない』
 鷹野は、左手で右腕を強く抓った。
 信じられなかった。
 認めたくなかった。
 やり場の無い思いを、腕を抓ることで発散しようとする。
 ……しかし、右腕に走る痛みは、ただこの状況が、「現実」であることを伝えただけだった……。
『小此木も、我々の傘下に入った。つまり山狗部隊ですらお前の味方ではないということだ。
この状況で、いつまで我々から逃げられるかな? 全てが終わるまで、せいぜい足掻くといい……』
 低く、乾いた笑い声を残して、無線はぶつりと切れた。
 無線機を持っていた鷹野の右手が、だらりと下がる。
 彼女は、放心したように立ち尽くしていた。
「……嘘……、……でしょ…………?」

 鷹野は辺りを見渡す。
 気絶していた兵士が目を覚まし、頭を振って、今まさに起き上がろうとしていた。
 ――この施設には、お前の敵しかいない。
 オセロットの言葉が、彼女の頭の中で繰り返し響く。
 ……つまり、この兵士も敵。
 この通信室にも、敵しかいない。
 みんな、自分を殺しに来る。
 起き上がった兵士が、鷹野の方に顔を向ける。彼と鷹野の目が合った。
 そして鷹野は。
「……い……や……。……嫌あああぁぁあああああぁあぁああぁあッ!!!」
 踵を返し、通信室から飛び出す。
 彼女の顔には恐怖の色がありありと浮かんでいた。
 前につんのめり、転びそうになりながら、走り出す。
 ――こうして、鷹野三四の、逃亡劇が始まった。

185本編 ◆/PADlWx/sE 2011/08/25(木) 17:18:11.76ID:DotL/FF3
以上です。時間かかってしまってすみません。

……突然ですが、私本編は、ここで一旦執筆を降りさせて頂きます。
あまりくどくどと理由を述べると、言い訳臭くなるのでしたくないのですが、
主な理由は「個人的な事情」と「執筆時間の不足」です。
勿論、書きたいという意志はあるのですが、このまま引っ張っていくには辛い状況です。
「夏休み」のはずの7、8月でさえこの有様ですから、本編を続けても、皆さんを待たせるだけになってしまいます。
なので、「一旦」降りることに致しました。
なんだかんだで約5年も引っ張ってきて、途中スレから逃げてたりオリスクに熱中したりと、色々ありました。
しかし、このスレのことを忘れたことは、一度もありませんでした。……何せ夢にまで出るぐらいです。
だから「必ず」戻って参ります。
説得力が無いかもしれませんが、信じて頂きたいです。
復帰の時期は未定ですが、来年の春か初夏ぐらいが目安です。ひょっとするともっと遅くなるかもしれませんが……。
それまでは、元本編こと◆k7GDmgD5wQ氏に本編を担当して頂くことになります。
もし途中でスレッドが落ちるような事があったとしても、絶対にこの物語は途絶えさせません。
オリスクも、私が復帰したら、限界までやっていきたいと思っております。
氏にも皆さんにもご迷惑をおかけしますが、ご了承下さい。

186本編 ◆/PADlWx/sE 2011/08/25(木) 17:26:44.14ID:DotL/FF3
このまま去るのもアレなので、最後にちょっとだけレスしてみます。

>>172
オリキャラの方針は>>153と同じです。
ディープスロートの正体は、一応伏線らしきものは入れていますが、いろいろ頭の中で予想をしてみて下さい。

>>182
色々悲惨な状況の悟史や、原作よりかなり早い段階で孤独になる鷹野など、
原作より不幸度が倍増しているキャラはいますね。やさしく見守ってあげてくださいw

なんか最後までgdgdですみません。
今まで応援してくださって、ありがとうございました。
今後も、このスレッドをよろしくお願いいたします。
それでは、またいつか、お会いしましょう。

本編より

187本編 ◆/PADlWx/sE 2011/08/25(木) 17:29:10.77ID:DotL/FF3
アンカーミスでした。最後の最後でこれは酷い。
>>171
×>>172
今度こそ去ります。ノシ

188元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/08/26(金) 09:11:00.25ID:p86REPe+
本編氏お疲れ様でした。
しばらく淋しくなりますが、ま、なんとかこのスレは維持していきます。

まあ、俺は筆も遅いので、まず年内完結は無理ぽw

それにもともとリレーネタスレだかんね、ここ。
戻ってくるまで、今まで通り小出し展開よ。見てくれてる人には申し訳ないけどね。

189元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/08/26(金) 09:15:29.56ID:p86REPe+
「待て! 老いぼれぇっ!!」
 リキッドの怒声が、オセロットが消えた闇に向けられた。
 しかし、山猫はその言葉を気にするそぶりもなく、奥へと靴音を響かせるばかりである。
「余裕ぶっているのもいまのうちだぞ! 山猫――」
 リキッドがRAYの巨躯を再び立ち上がらせようとしたが。
「おいおい。俺を無視するなよなぁ!」
 リキッドのRAYに跨っていたもう一体のRAY――山狗部隊の隊長、小此木が操縦している――が、起き上がろうとしたリキッドに機銃を浴びせる。
 至近距離の銃撃の威力で、リキッドのRAYは再び背を地面に付けた。
「ぬがぁぁっ!」
 怒声を張り上げ、リキッドは吼える。
 だが、自分にとって劣勢となるこの状況を、奴は跳ね返せない。
 リキッドも小此木も、搭乗しているメタルギアは同型機なのだ。
 量産機とオセロットは言っていた。ならば、その性能は全くの同一である。
 姿形はもちろん、装備も、機体の性能も。
 ならば、奴が劣勢となっているのは、敵に組み伏され、自らが地に倒れているという理由の一点に尽きるはず。
 ――違う。
 俺は理解する。そんな理由が、そんな理由だけが、奴を劣勢に立たせるわけがない。
 奴は、あのリキッドは――、少々の劣勢など、簡単に覆す男だ。
 その奴が、劣勢になっているということは――。
「おのれぇ! いい気になるな!」
 リキッドのRAYから奇怪な音が聞こえ、鋼鉄が軋む。開口部が開くと、RAYに搭載されているミサイルが顔を覗かせた。
「リキッド! こんなところでミサイルだと!?」
 俺は奴の考えをすぐさま理解する。奴は機体の損傷など無視して、敵を斃すことだけを考えている。
「スネーク! こっちだ!」
 フォックスが、通路の向こうを指し示す。確かに、この場に留まるのは危険だ。
 俺はフォックスと共に、このフロアから脱出する。
「何度も言わせるな兄弟! 貴様は――」
 逃がさん! と、叫んだリキッドが、ミサイルを発射させる。
 ボタンを押した奴は、次の瞬間、目を大きく見開いたに違いない。
 なぜなら――リキッドのRAYは、ミサイルを一発も発射しなかったからだ。
「な、なんだと?!」
 リキッドの声。それは奴にしては珍しく、僅かに、だが確かに――、動揺していた。
 その声に気分を良くしたのか。小此木の低い笑い声が響いた。
「いやぁ、あぶねぇあぶねぇ。山猫が言ったとおりだな……。貴様は勝利するためなら、簡単に戦闘のセオリーなど無視するってなぁ!」
 再び、小此木が機銃を見舞う。リキッドのRAYは右肩のミサイルを狙われ――誘爆したミサイルによってその大きな羽とも腕ともつかぬ自らの一部を、弾き落とした。
「うがぁぁぁっ!!」
 爆破の衝撃で、リキッドが叫ぶ。
「お前が乗ってるのはなんだよ?! 俺達の兵器だろうが! そんなもんはなぁ!」
 小此木がレーザー水流を放った。それはリキッドのRAYの右足の装甲を深々と抉った。
 あれでは、リキッドのRAYは重心を支えられない。
「ミサイルの起動は電気信号だ! パターンさえ知ってりゃジャミングできる!」
 小此木の勝ち誇った声が響く。
「それだけじゃねぇ! お前が奪ったのは野外で起動実験してたやつだ! つまり実験機なんだよ!」
「実験機だと?」
 リキッドが口にした当然の疑問、それに小此木は絶対の余裕を持って応える。
「動けば完成だとお前は思っていたんだろう?! はっ! 流石はアメリカ人だな! だが俺達は違う! ここをどこだと思ってやがる!」

190元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/08/26(金) 09:16:39.06ID:p86REPe+
「……日本」
 俺は呟く。
 この場から逃げることを躊躇し、この戦いを、観ていた。
 何故なら、逃げた先で、この戦いの勝者と戦うことになると、理解していたから。
「俺達日本人はなぁ! 既存の兵器を改造する! 今よりももっと! もっと! もっともっともっと!! 強力にするためになぁ!」
 ――改造(カスタム)。それはどんな武器でも、兵器でも、必ず行われる改変。
 現在よりも一つでも、僅かでも、高みへ達するために。
 だが、だがそれを。
 だがそれを、手に入れたばかりの兵器で行うとは。
「日本の戦力をお前らアメリカ人はどう見ている?! 大したことねぇと思ってるんだろう! 舐めるな! 俺達日本が所有する兵器はなぁ! お前らが持っているものより、数段上だ!」
 同じF−15戦闘機で、お前ら以上のスコアを叩きだせる――。そう、小此木は心酔したような声で吼えた。
「お前が奪ったやつなんぞ比べものにならねぇ! 出力! 装甲! 装弾数! どれをとっても限界まで引き上げてる! お前の奪ったもんなんぞ――カスだ!」
 狂ったように響く、機銃の掃射音。リキッドのRAYはもはや活動することもできず、機銃によって装甲を歪ませ、破壊されていく。
 単純な、だが圧倒的な性能差――、それで、決着は着いた。
 そう、メタルギア同士の決着は。
「なるほど、そうか」
 不気味なほど、落ち着いたリキッドの声。
「ああっ?!」
 高揚感に浸っていた小此木の背に、次の声は氷柱のように突き刺さっただろう。
「そのメタルギアが素晴らしい性能だということは理解した」

 では――次は、それを、もらう。

 ぞくり、とするほどの冷徹な声に、小此木の声が止まる。
 瞬間、リキッドのRAYが、爆発した。
「なっ――?! セ、セムテックス?!」
 リキッドは、メタルギアにあらかじめセムテックス爆薬を仕込んでいたのだろう、それを自爆させたのだ。
 巻き起こった土埃が、小此木の視界を遮る。
「ど、どうなって――、やつめ、何を――?!」
 必死にモニターを見つめる小此木のそばで、耳障りな炸裂音が響く。それは間髪入れず、二度、三度、四度、五度――。
「な、なんだ! 何をして――?!」
 そしてモニターが、景色を映しこんだとき。小此木は、ありえない光景を見た。
 リキッドが、小此木の操縦するRAYのコクピットに張り付き、アサルトライフルで、ハッチを撃ちつづけていた。
 ――ひっ。
「ひぃっ!」
 小此木はその現実に、完全に動揺した。
 そしてハッチを強引にこじ開けたリキッドは、銃口を強引にねじ込むと。

 ――――全弾、撃ち尽くした。

 完全に解放されたコクピット席から、ぐらり、と人の姿が落ちていく。

 新しいシートの感触を確かめるように座り直したリキッドが、RAYを機動させる。
「さて、これで――ようやく貴様を始末できるなぁ!」
 
 兄弟!!!

「リキッッッドオオオ!!!」
 俺は再び、奴の両目を睨みつけた。

191元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/08/26(金) 09:18:51.46ID:p86REPe+
以上、小出し投下終わり。

……本編氏が去られて、もし仮に新しい人が本編をやった場合、私は元々本編に改名すべきだろうかと余計なことを考えてみるテスト。

192創る名無しに見る名無し2011/08/26(金) 21:51:47.34ID:PdQLYvVo
本編氏、お疲れ様でした。
またお時間に余裕ができたときにでもこのスレにお戻りくださいな。
ROMでも名無しでもお待ちしております。

元本編氏へ
次の本編氏は本編三世あたりでいいのでは?w

193創る名無しに見る名無し2011/09/02(金) 23:19:39.92ID:HxUnF3SL


そして保守。

194創る名無しに見る名無し2011/09/09(金) 16:33:06.39ID:RmV/hly7
ほっすん

195創る名無しに見る名無し2011/09/16(金) 01:42:05.92ID:p9d7D59B
保守

196創る名無しに見る名無し2011/09/23(金) 04:32:03.17ID:cg9eM6BQ
保守

197創る名無しに見る名無し2011/10/01(土) 08:50:59.07ID:TpmsUfer
保守

……元本編さんそろそろ出番ですよ〜。

198創る名無しに見る名無し2011/10/08(土) 20:35:01.56ID:XbP6g3Jh
ほしゅー

199創る名無しに見る名無し2011/10/09(日) 23:02:19.12ID:EU23eTQt
小ネタでもいいからなんか投下マダー(´Д`)

200創る名無しに見る名無し2011/10/16(日) 09:29:22.77ID:fHHyCqGb
ho

201元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/10/16(日) 23:25:22.28ID:bMBtZ+id
響く咆哮。
 唸る銃声。
 そのどれもが憎悪と嫌悪を増長させる。
 奴の――リキッドの操るRAYのコクピットは、奴自身が破壊し、完全に閉じることができない。
 ならば――そこは、弱点に他あるまい。
 俺は間髪入れず、M4の銃口を向け、狙いを定める。すぐさま吐き出される銃弾は、奴に向けて真っ直ぐに撃ち出された。
 
 だが、RAYのコクピットは位置が高く、足元から見上げるように撃つ軌道では、厚い装甲に阻まれてしまう。
「無駄なあがきは止めろ! 兄弟!」
 蟻を踏み潰すように、RAYの足が振り下ろされる。俺はそれを、跳び避けた。
「くっ!」
 分かっていたことだが――対人用の火器で、あの化物に致命傷を負わせることは困難だ。
 ならば、どうする? 
 どうすればいい?
 焦りを抑え、だが迅速に結論を導くよう、思考をまとめていく。
「何をやっても無駄だぞ兄弟! お前は! ここで死ぬ! 俺に殺されるんだ! それ以外の運命など! 無い!!」 
 再び振り下ろされる足の一撃と、伴って響く振動。それはまた天井の瓦礫を振り落し、床に激突して四散する。
 ――この、瓦礫が厄介だ。時間と共に、俺が移動できる場所を奪っていく。袋に入れられた鼠のように、悲惨な末路を迎えるかの如く、この場所は、俺に不利な場所へと変わりつつあった。
 まずは、この場所から脱出しなければ。そして次に、奴の――あの、RAYを破壊する手段を手に入れなければ。
「潔く、死ねえ!」
 RAYが、また幾度目かもしれない、機銃の掃射を行う。
 それを、瓦礫を背に、カバーポジションをとって防御する。
 その防御の瞬間も、俺は思考を切らさない。
 どうすればいい。
 どうすれば――。
 その時。
 俺の耳小骨に振動が響いた。

202元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/10/16(日) 23:25:58.83ID:bMBtZ+id
『スネークだ』
『スネーク?! 俺だ!』
『お前か』
 通信の向こうから、協力者――ディープ・スロートの声が聞こえた。
『スネーク! あのRAYは強力な兵器だ! 今のあんたの装備じゃ勝ち目はないぞ!』
『そんなことはわかっている。奴に通用する武器が必要だ。何か知らないか?』
『武器なら……ある! とびきりのやつがな!』
『本当か?!』
『ああ。エレベーターの配電盤に武器を隠したと言っただろう? あの中に有効なやつが入っている』
『エレベーターか……っ!』
 俺は壁の向こうにいる、奴と――、その奥の通路を見る。
 エレベーターは、あの方向だが……、その道はさっきの爆発で塞がってしまっていた。
『駄目だ。エレベーターまで行く道は塞がれている。ここからは行けそうにない』
 せっかくの地獄に降りてきた救いの糸のようなプランだったが、望みは限りなく薄いものだ。
『と、いうことは、あんたは今、フロアの反対側にいるんだな?』
『あ、ああ。そうだが』
『何とかなるかもしれない』
『何っ?!』
 切れかけた糸を、手繰り寄せたような錯覚を、俺は覚えた。
『いいか? あんたの近くにある通路から、ダクトを通じて一階下に降りるんだ。そこからなら、エレベーターまで道はすぐ通じている!』
『本当か!?』
『ああ。だが問題はリキッドのRAYだ。あんなデカブツに暴れられたせいで、下の階は大分通路が歪んでしまっているんだ。ぐずぐずしてたらすぐ潰れてしまう。時間との勝負になる』
『だが、今はそれ以外に方法がない』
『わかった。だが問題はもう一つ。その武器なんだが――』
 咄嗟に、俺は通信を遮断し、緊急に回避行動をとった。
 RAYのミサイルが俺の後方で、次々と着弾して爆発した。
 ミサイルによって、瓦礫が無くなり、見晴しがよくなった向こうで、リキッドが不敵に嗤っているのが見えた。
「スネーク! そろそろ終わりにしてやる!」
 RAYのレーザー水流が起動を始める。
 あれを食らうわけにはいかない。
 なんとか奴の攻撃をかわして、通路まで行かなければならない。
 だが、どうやっても、一手、遅い。
 竜の咢が、再び動く。
 俺が全力で駆け出したのと同時に、奴はトリガーを引いた。
「スネーク!」
 その声にリキッドは向いた。
 グレイ・フォックスが、今はもう、スクラップと化したもう一つのRAYから、機銃を引き剥がすと同時に――リキッド目がけて乱射したのだ。
「フォックス!」
「スネーク! いまだ! 行け!」
 あとは、もう振り向くことなく。
 俺は全速力で、通路に向かって疾走した。

203元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/10/16(日) 23:39:39.26ID:bMBtZ+id
TIPS「奴は生きていた」

 体中が……痛い。
 骨がバラバラになったように、痛む。
 筋肉が千切れたように。
 神経が細切れになったように……痛む。
 しかし、俺は生きている。

『我が“愛国者”が開発した、全方面を完全に防弾するバトルスーツだ。歩兵が持つ小火器などで、致命傷を負うことなどあるまい。まあ、お前には必要ないと思うが、念のため、保険、というやつだ。』

 そう、あの男は言った。
 まるで……これが必要になることがわかっていたように。
「山猫、め……」
 悪態を吐きながら、這うように、俺はあの地獄から逃げた。
 結果から見れば、またも、俺は敗残兵、惨めな負け犬だろう。

 だが、……まだだ。

 まだ、俺は、目的を果たしていない。
 壁に手を着き、俺は引きずるようにして歩く。
 俺が、あの組織に。
 “愛国者”に認められるには、成果が必要だ。
 例え、それがどんなに小さなことでも。
 成し遂げることにこそ。
 意味がある。
 使い慣れた拳銃を手にする。整備も行っている。動作不良など起こすはずがない。

 かつて担いだ神輿を――降ろす。
 鷹野三四を、始末するのだ。
「それぐらいはできるだろう? なあ、小此木?」
 通信機の向こうで嘲け嗤った老人の顔が映った気がした壁を、俺は叩いた。

204元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/10/16(日) 23:42:45.16ID:bMBtZ+id
久々の小出し投下。
ひぐらし煌見た。
あまりの超展開だったのでしばし呆然とした。

205創る名無しに見る名無し2011/10/17(月) 21:48:35.39ID:whcwdiTm
おつおつ。そしてwktk
煌は見てないが見ないほうがよさそうだなw

206創る名無しに見る名無し2011/10/24(月) 10:49:49.95ID:oj3JGDAE
保守

207創る名無しに見る名無し2011/10/24(月) 14:21:59.44ID:fsC3g3ls
乙!
バトルにwktk

208創る名無しに見る名無し2011/11/01(火) 03:22:31.59ID:7NTMWowA
保守

209創る名無しに見る名無し2011/11/07(月) 05:41:18.84ID:2Hz50SFa
ほしゅ

210創る名無しに見る名無し2011/11/14(月) 09:27:39.01ID:JEv+0v3m
保守

211創る名無しに見る名無し2011/11/20(日) 22:56:00.51ID:ohnvzP4C
保守

212創る名無しに見る名無し2011/11/21(月) 22:55:57.27ID:vXbdJDaX
保守
そろそろ次の展開に期待

213元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/11/25(金) 01:25:33.68ID:cjiafSD7
TIPS:「国(クニ)VS故郷(くに)」

「……よし。行くぞ」
 一人がそう言うと、後ろに続く男達も、黙って頷いた。
 全員が背広に身を包んだ、しかし滲み出る独特の雰囲気が男達を浮き立たせている。
 小此木が率いる山狗部隊の構成員達は、仮初の宿としていた小此木造園が警察に介入されたものの、その大部分は彼等のように各部隊ごとに任務にあたり、既に雛見沢に潜入している。
 ――滅菌作戦。
 人を菌と呼び、そのとおりに駆除するという、シナリオ。
 正気の沙汰ではない。それはこの作戦に参加し、実行する側の彼等でさえ――そう思わざるを得ない内容だった。
 しかし、彼らは知っていた。
 この地域に蔓延る病気を。――雛見沢症候群を。
 この作戦を指揮するにあたり、彼等の上司達はあえて兵士達に、雛見沢症候群の末期症状である、L5症状を発症させた人間をむざむざを見せつけたのだ。
 この所業の発案はオセロットだった。そして彼の狙いどおり、L5症状を持った患者は、この地の風土病に対するおよそ考えられる限りの嫌悪感を兵士達に植え付けた。
 この病気が、もし、万が一にも――蔓延したら?
 自分の愛する人が、家族が、隣人が、ある時を境に、みんな狂ってしまったら?
 ありえそうにない。だが確実に目の前にある事実に、彼らは、一つの望みを抱いた。
 
 ――この国を守りたい、と。

 そう、彼等は、この狂気とも呼べる作戦に、この国の、自分達の愛する者達の未来を賭けた。
 自分達に与えられた大義の成就が、そして自分達が守るべき人達を救う手段が、この病気を根絶することが、この村の抹消ならば。

 自分達は――地獄に堕ちよう。そう――決意した。
 それを、正義と履き違えて。
 ここにいる彼等もまた、誰かの悪意に踊らされている哀れな殉教者に過ぎない。
 彼等がここで散ったとしても、彼等を唆した巨悪は決して傷つかない。
 だが、彼等はそれに気づかない。自分たちが騙され、罪を背負おうをしているのに。
 彼等は愚直なまでに――。未来の救済という、希望に酔っていた。

 彼等がこれから占拠しようとしているのは、村役場だった。
 村内への放送を担う役場を抑えることが、作戦中の彼等の役目だった。
 だが、警察が動いているこの状況では、彼等の任務は重要な意味を持たないと思われたが……、上からの指令は遜色なく“続行”だった。
 疑念はあった。踏み止まることもできた。
 それでも、彼等は実行する。止まることなど――考えられなかった。
 そして一人が、村役場の入口である扉を開けた。
 至って普通に。道に迷った仕事中のサラリーマンのように。
「あのう、すみません」
 困ったような、ちょっと迷惑になるかなと思わせるような表情で、奥に向かって声をかけた。
 刹那。
 最初に扉を開けた一人の姿が、不意に消えた。
 残りの者は、何が起きたのか理解できず、思考が一瞬、停まった。
 その次に思考が動いたのは、目に鈍い鈍痛が走った直後だった。
 目が滲みる痛みに、彼らの動悸が激しくなる。あの突っ立ていた瞬間に、刺激物を顔面にかけられたのだ。
「ぐあああっ?!」
 思わず屈みこむ。すると間髪入れず、誰かに覆いかぶされ、男たちは身動きを封じられ、体をまさぐられる。
「あっ! 銃だ! こいつら銃なんぞ持っとったぞ!」
 年配の男らしき声が、頭上から響く。
「こいつらじゃ! お魎さんがゆうとったのは、こいつらじゃあああ!」
 尋常ならざる雰囲気に、男達の体がこわばる。
 まさか、もうすでにこの村はあの病気に――――?!
 そんな最悪の想像が、頭を巡る。
 そう、彼等は間違っていた。
 この村を、風土病だけが危険だと。住んでいるのは年配者と子供が多数を占める寂れた農村だと――そう、間違って覚えていた。
「おまえらぁっ! こんな真似してただですむと思ったらちゃらんなぁっ!」
 老人達の声は段々と怒りを伴っていく。
 彼らは怒っていた。
 それは、かつて自分達の郷土を脅かした、外敵に対しての怒りと同じように。

214元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/11/25(金) 01:26:35.34ID:cjiafSD7
『ああ。そげんしたらええっちゃね。……うむ。ああ、そうしたらええ』
 遡ること数時間前。園崎家で魅音や圭一達が夕食をとっていた同時刻――園崎お魎は、園崎家頭首として、自らの役割を果たしていた。
 それは、町内会をはじめ、村内の有力者に対し、ただ一言、“気をつけろ”と連絡を入れた。
 たったそれだけ。
 ただそれだけのこと。
 だが、それだけのことで――この村の、かつての暗部であり、この小さな村を最強の砦に変え、外様に対する最凶の矛となる“鬼ヶ淵死守同盟”が完全に復活した。
 連日の不可解な出来事が、余所者の出入りが、この村に住む者達にかつて抱いた気持ちを呼び起こさせた。
 それを完全に覚醒させるお魎の鶴の一声が、再び、この村を戦闘態勢にさせたのだ。
 
 かつて、国を相手に、故郷を守った者達が、再び一枚岩となる。――この結束を砕くには、それ相応の覚悟を以て望むべし。

 頭首の間で、座して微動だにしないお魎。
 その傍らでやはり微動せずに座る茜。
 痛みなど気にすることなく、葛西も居る。

 その対面で――、一人、罰が悪そうに胡坐をかいた大石が、しきりに額の汗をぬぐう。
「いやあ、昔を思い出しますなあ」
 大石がふざけて言ったが、それには三人とも返さない。
「……それで、そのう……、いいんですよね、お魎さん」
「ああ。……すきにすりゃええ」
 大石が立ち上がると、お魎もゆっくりと立ち上がり、大石の後をついていく。
 大石の出した提案は、お魎をはじめ、村民の避難と保護を、警察が担うというものだった。
 お魎が警察に従えば、村民も抵抗することなく、避難に従うだろうとふんでのことだった。
 もちろん気難しい園崎の頭首のこと。あっさり頷くことはないだろうと思っていたが――、予想に反し、お魎は即決し、大石の保護を受け入れたのだった。
「大石さん!」
 飛び込んできた熊谷は、大石に村中で山狗部隊の構成員と思われる人間が、次々と村民の協力で確保されていることを伝えた。
「いやあ、これはこれは……。余計な心配でしたかねえ?」
 振り向いて、茜ににやりと笑った大石に対し、茜は黙ったまま、涼やかな笑みを返す。
「……んっふっふ。それじゃ、いきましょうか、お魎さん」
 エスコートするように手を差し伸べた大石に一瞥くれると、お魎は敷居を跨ぐ。そして、茜に振り向いて、言った。
「ああ、言い忘れとったわ。……茜、そろそろ頃合いじゃわ。……箍(たが)の外れた連中が出てきよる」
 その言葉に、大石も熊谷も、きょとんとした顔をしたが。
「それはご心配なく。お母様こそ、ゆっくり養生あそばれ」
 涼やかに眉ひとつ動かすことなく。茜は答えた。
 そして大石もお魎も去った園崎家の大広間で、茜と葛西はゆっくりと立ち上がる。
「箍、ですか……」
 葛西が、訝しそうな、ややうんざりしたような顔で呟く。
「なんだい葛西。前もあったじゃないか。こういう大事には、必ずしち面倒な連中がからんでくるもんさ」
 楽しそうな表情のままに、茜は鴨居をまさぐると、愛用の一振りが顔を覗かせた。
「まあ……そうなんですがね。大奥様の言われたことが……」
「なんだい、あんな戯言、いちいち気にするんじゃないよ」
 葛西は、まあそうなんですが、と返すと、畳を一枚持ち上げる。そこには、彼が愛用するショットガンと、弾薬一式が収められていた。
「まあ、鬼婆の言ってることも中ってるさね。箍の外れたやつには、同じように――」
 咄嗟に二人は漆喰壁に身を寄せる。次いで聞こえてきたのは、耳障りな機関砲の掃射音だった。
「……驚きましたね。装甲車並みの鉄板入れてるはずの屋敷の壁を、2枚ぶち抜いたようです」
「ほうら、言ってるそばから来たじゃないか。箍の外れた――ヤツがさ」
「ええ……しかし……、箍の外れたヤツは、――――――箍の外れた者が相手しろってのは、どうも」
 同類と思われたくありません。と、葛西は言った。
「おやまあ、意外だよ葛西、あんたは任侠、あたしは……鬼の娘さ。お互い、十分に箍が外れているだろうに」
 その言葉に、葛西も嗤い、そして、――跳ねた。
 寄り添っていた壁が蜂の巣になる。お魎が大事にしていた掛け軸も壺も、木っ端微塵になった。
 だが、その光景を見て――、二人は、やはり嗤ったのだ。
 葛西の散弾が飛び散り、茜がそのまま外に出る。
 お互いの長所を生かしたまま、箍の外れた鬼二匹が、魔物に向かって牙をむく。

 ここにもう一つの――地獄が幕を開ける。

215元本編 ◆k7GDmgD5wQ 2011/11/25(金) 01:29:18.25ID:cjiafSD7
以上投下。
また横道それてお茶濁しスマソ。

216創る名無しに見る名無し2011/11/25(金) 19:25:36.97ID:MqPmNtFM
キテタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
元本編氏乙です

217創る名無しに見る名無し2011/12/01(木) 16:53:02.88ID:bRm+hb5u
乙です
「装甲車並みの鉄板」ってすげえw

218創る名無しに見る名無し2011/12/08(木) 23:19:25.12ID:gUdiD+yp
保守

219創る名無しに見る名無し2011/12/08(木) 23:25:55.68ID:4sv2ywMP
保守 MGSHDのグラフィック綺麗すぎて感動した
PS2版をプレイしている人向けだな。まあ、信者以外買わないだろうが

220創る名無しに見る名無し2011/12/16(金) 11:26:04.04ID:UtwFYpQj
保守

221創る名無しに見る名無し2011/12/23(金) 11:14:25.64ID:UEOXhUrC
保守

222 【大吉】 【1102円】 2012/01/01(日) 00:54:41.24ID:Uo1xXefW
あけましておめでとうございます保守

223創る名無しに見る名無し2012/01/06(金) 10:13:23.54ID:C3+mIhOH
保守

224創る名無しに見る名無し2012/01/13(金) 19:01:27.73ID:LxKfe1qy
保守

225創る名無しに見る名無し2012/01/18(水) 20:35:44.01ID:5jtJLpKA

226創る名無しに見る名無し2012/01/26(木) 13:38:36.97ID:7wezK8xz
保守

227創る名無しに見る名無し2012/02/01(水) 22:14:20.77ID:2xvqElC5
保守

228創る名無しに見る名無し2012/02/08(水) 12:13:23.33ID:v1DocRvy
ho

229創る名無しに見る名無し2012/02/16(木) 18:47:42.65ID:WiD7OtoM
保守

そろそろ、なんか欲しいころ

230創る名無しに見る名無し2012/02/22(水) 21:05:34.73ID:9ioXZQTs

231創る名無しに見る名無し2012/02/27(月) 14:54:37.56ID:uVrHUc/K
保守

232本編@休筆中 ◆/PADlWx/sE 2012/03/01(木) 21:25:07.53ID:Mz4a55BN
お久しぶりです。
ちょっとだけ時間が出来たので、wikiを更新しました。
ほんとにしょうもないことですが、皆さんの足しになれば幸いです。
ひょっとしたら、今月中に投下をするかもしれません。どうか温かい目で見守って下さい。ノシ

233創る名無しに見る名無し2012/03/07(水) 19:51:01.98ID:ctfXza6O
本編氏復活期待w

234創る名無しに見る名無し2012/03/14(水) 19:44:30.21ID:7JZ5CCQt
ほしゅ

235創る名無しに見る名無し2012/03/22(木) 10:38:19.27ID:4+/IJYXh
保守!

236創る名無しに見る名無し2012/04/02(月) 23:41:28.34ID:ML9NO/9u
保守

237本編 ◆/PADlWx/sE 2012/04/05(木) 23:03:06.93ID:pJmTGhWu
結局、3月中に投下できなくて申し訳ないです……。
今、色々と忙しい時期なので、落ち着いたら今度こそ投下します。
大変永らくお待たせしていますが、もうしばらくお待ち下さい。

238創る名無しに見る名無し2012/04/07(土) 02:37:26.23ID:Rfg7UN5S
いつまでもお待ちいたしますとも!

239創る名無しに見る名無し2012/04/15(日) 05:12:18.50ID:BKKhbJ7M
保守

240創る名無しに見る名無し2012/04/25(水) 16:08:25.08ID:B2KWSTeo
osyu

241創る名無しに見る名無し2012/05/02(水) 23:36:23.14ID:63pWnGwS
保守

242創る名無しに見る名無し2012/05/14(月) 04:01:15.43ID:7MU6oNTn
保守

243創る名無しに見る名無し2012/05/19(土) 23:49:39.79ID:3ipx1EgB
hosyu

244創る名無しに見る名無し2012/05/29(火) 03:00:35.71ID:McnHy2Y1
保守

245創る名無しに見る名無し2012/06/10(日) 10:17:57.04ID:eB28VJhL
保守

246創る名無しに見る名無し2012/06/24(日) 11:24:26.09ID:6QpCEBgo
ho

247創る名無しに見る名無し2012/07/02(月) 23:18:04.14ID:Ovb6bHPI
保守

248創る名無しに見る名無し2012/07/15(日) 01:55:10.34ID:3wdTXzQM
ほしゅー

249創る名無しに見る名無し2012/07/22(日) 00:45:27.34ID:/NFYrDmN
保守(`_´)ゞ

250創る名無しに見る名無し2012/07/22(日) 14:01:38.81ID:/NFYrDmN
だれかー書いてくれよ

251 忍法帖【Lv=2,xxxP】 2012/07/22(日) 14:03:17.03ID:/NFYrDmN
てす

252創る名無しに見る名無し2012/07/23(月) 02:41:32.54ID:pzAjV54K
書きたくてもネタが思いつかないと>>222以来規制食らったりとかで書き込めてなかった俺が言う

253創る名無しに見る名無し2012/07/26(木) 23:41:24.79ID:Wg+g8nVK
これって俺書いてもいいの?

254創る名無しに見る名無し2012/07/27(金) 01:23:36.41ID:tCY1hM51
今まで書いてた人たちとネタあわせできるんならいんじゃね?
できないんなら別FFとしての方がいい気がする

255創る名無しに見る名無し2012/08/08(水) 10:45:44.27ID:aJduT8m0
とりあえず保守だ

256創る名無しに見る名無し2012/08/09(木) 02:41:15.06ID:qi++GcAq
保守カナー?

257創る名無しに見る名無し2012/08/19(日) 06:21:43.31ID:FZL5tV6z
hosyu

258創る名無しに見る名無し2012/08/30(木) 09:06:45.01ID:D5/2vBil
ほしゅ

259創る名無しに見る名無し2012/09/10(月) 19:35:14.29ID:NTcN7Wii
保守

260創る名無しに見る名無し2012/09/19(水) 09:33:03.23ID:Ri3s/rKs
hosyu

261創る名無しに見る名無し2012/09/26(水) 14:51:24.59ID:RJHMnGp0
ほす

262創る名無しに見る名無し2012/10/08(月) 00:10:09.03ID:GZvzFC9z
hosyu

263創る名無しに見る名無し2012/10/14(日) 07:16:03.42ID:+1jHbUHG
保守

264創る名無しに見る名無し2012/10/16(火) 15:14:49.27ID:G8I+CrP0

265創る名無しに見る名無し2012/10/23(火) 22:42:13.39ID:Awg+Ykaz
保守。

266創る名無しに見る名無し2012/10/31(水) 20:25:37.14ID:gAxnVFw+
hosyu

267創る名無しに見る名無し2012/11/08(木) 19:18:43.58ID:1faQRjn3
h

268創る名無しに見る名無し2012/11/19(月) 21:55:32.34ID:jSjX/Bkh
o

269創る名無しに見る名無し2012/11/26(月) 13:13:07.64ID:Rv6AS3Cv
s

270創る名無しに見る名無し2012/12/04(火) 18:05:19.93ID:O1Vc/IJv
y

271創る名無しに見る名無し2012/12/15(土) 14:24:45.81ID:6pLZsx1g
u

272創る名無しに見る名無し2012/12/28(金) 23:19:51.17ID:/YtldjoG
.

273創る名無しに見る名無し2013/01/07(月) 20:12:48.07ID:/4XSGkpO

274創る名無しに見る名無し2013/01/19(土) 23:13:05.03ID:Za6l1gVH

275創る名無しに見る名無し2013/02/01(金) 21:43:20.42ID:PrwJaF9x
保守する必要もないけど保守

276創る名無しに見る名無し2013/03/08(金) 04:12:47.48ID:B/r2WhZ6
保守

277創る名無しに見る名無し2013/08/07(水) NY:AN:NY.ANID:+n2VLVEa
保守

278創る名無しに見る名無し2014/04/16(水) 23:30:12.21ID:KXFd2MIp
hosyu

279創る名無しに見る名無し2014/12/14(日) 22:34:03.68ID:9zYHAijS

280創る名無しに見る名無し2015/06/24(水) 18:54:40.92ID:NB+6gYNj
┏━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┓
┃般│  │羯│  │故│是│故│依│無│菩│亦│無│無│不│空│度│観│  │摩┃
┃若│  │諦│  │説│無│知│般│有│提│無│眼│色│生│即│一│自│  │訶┃
┃心│  │  │  │般│等│般│若│恐│薩│老│界│無│不│是│切│在│  │般┃
┃経│  │羯│  │若│等│若│波│怖│陀│死│乃│受│滅│色│苦│菩│  │若┃
┃  │  │諦│  │波│呪│波│羅│遠│依│盡│至│想│不│受│厄│薩│  │波┃
┃  │  │  │  │羅│能│羅│蜜│離│般│無│無│行│垢│想│舎│行│  │羅┃
┃  │  │波│  │蜜│除│蜜│多│一│若│苦│意│識│不│行│利│深│  │蜜┃
┃  │  │羅│  │多│一│多│故│切│波│集│識│無│浄│識│子│般│  │多┃
┃  │  │羯│  │呪│切│是│得│顛│羅│滅│界│眼│不│亦│色│若│  │心┃
┃  │  │提│  │即│苦│大│阿│倒│蜜│道│無│耳│増│復│不│波│  │経┃
┃  │  │  │  │説│真│神│耨│夢│多│無│無│鼻│不│如│異│羅│  │  ┃
┃  │  │波│  │呪│実│呪│多│想│故│智│明│舌│滅│是│空│蜜│  │  ┃
┃  │  │羅│  │曰│不│是│羅│究│心│亦│亦│身│是│舎│空│多│  │  ┃
┃  │  │僧│  │  │虚│大│三│竟│無│無│無│意│故│利│不│時│  │  ┃
┃  │  │羯│  │  │  │明│藐│涅│掛│得│無│無│空│子│異│照│  │  ┃
┃  │  │諦│  │  │  │呪│三│槃│礙│以│明│色│中│是│色│見│  │  ┃
┃  │  │  │  │  │  │是│菩│三│無│無│盡│聲│  │諸│色│五│  │  ┃
┃  │  │菩│  │  │  │無│提│世│掛│所│乃│香│  │法│即│蘊│  │  ┃
┃  │  │提│  │  │  │上│  │諸│礙│得│至│味│  │空│是│皆│  │  ┃
┃  │  │薩│  │  │  │呪│  │佛│故│故│無│觸│  │相│空│空│  │  ┃
┃  │  │婆│  │  │  │  │  │  │  │  │老│法│  │  │  │  │  │  ┃
┃  │  │訶│  │  │  │  │  │  │  │  │死│  │  │  │  │  │  │  ┃
┗━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┛

281創る名無しに見る名無し2017/01/31(火) 01:32:03.19ID:men5ebuK
あげ

282創る名無しに見る名無し2017/01/31(火) 22:51:45.04ID:DyvkaQeC
種?

283創る名無しに見る名無し2017/03/16(木) 00:49:49.44ID:vXdDPkmT
                   \                 |x|
       , イ " ⌒ヽ、、      \、 \            __|x|__
.     ,/       \ 、       \、\\        }三三{
.     /7   .      \ヽ   \   ヽ\ \\       }三三{
..   //   ウドンー   ヽ\   \\ ヽヽ  \     /  ハ \
    //      ____     ヽ\   \  ヽ ヽ      /\/,,,,',,,,/ヽ、
 〈⌒ゝ     / ヽ、,, ノヽ    ヽ ヽ      i ! ノヽ  /       ヽ
  \ .\.  / ( ○)ilil(○)    ヽ、ヽ、   ノ / )   ■■■■■■■■
    \ \|    (__人_)i       ヽ 二二.ン.  Y  /| 。゚  ___ ゚。| 。ゆでない!
     \ \   |r┬.|ノ  ゆでろ             :i \ 。  ノ    ノ_ノ、 ゆでない!
       \ヽ\ーr`ー'ヽ        \ \      \ヽ  "ー--'゙  ソ
        \ノ:::::ヽ、 ノ:::i                   ヽ   .ウ  .i
         }::::::::::::゙X':::::/___              ノ   ヽ   ド  .i
         |:::::::::::::X:::/__叨             )    }   ン, !
         |:::::::::::×:/    ̄              Y    | _    ノ、
         / ̄ ̄ ̄ラー--、                ____/    ω_ヽ____
       . /"⌒ヽ,_.ノ_|;;;;::::}   / ̄ ̄\    ./     /   /↑    /\
       /、,,,,,,,/   .(:::::/  /     ノヽ, ./       /  / 香川  /   \
       /::::::/     i;;;/   |     ( ○)       /  /      /
     /:::/   .............i7\   |      .(__ノ)     /  /      /_____
    /:::/::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄  :|       |rti|  ̄ ̄/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|______

284創る名無しに見る名無し2017/12/27(水) 12:09:47.60ID:C1Z7QFDy
家で不労所得的に稼げる方法など
参考までに、
⇒ 『武藤のムロイエウレ』 というHPで見ることができるらしいです。

グーグル検索⇒『武藤のムロイエウレ』"

XAUVFK07YH

285創る名無しに見る名無し2018/05/21(月) 07:13:42.51ID:tRZnwP6O
知り合いから教えてもらったパソコン一台でお金持ちになれるやり方
参考までに書いておきます
グーグルで検索するといいかも『ネットで稼ぐ方法 モニアレフヌノ』

P92Z9

286創る名無しに見る名無し2018/07/03(火) 20:39:45.77ID:f1dClnnX
036

287創る名無しに見る名無し2018/10/17(水) 16:56:28.66ID:ZU7x6aHX
中学生でもできるネットで稼げる情報とか
暇な人は見てみるといいかもしれません
いいことありますよーに『金持ちになる方法 羽山のサユレイザ』とはなんですかね

XZ6

新着レスの表示
レスを投稿する