【代ゼミ】あの先生はどこへ [転載禁止]©2ch.net

1名無しさん@お腹いっぱい。2015/04/19(日) 03:21:31.40ID:zfM702kq0
あの夏、代ゼミ授業縮小
そして迎えた新年度
いつもより少ない代ゼミの講師
あれ、あの先生は?やめちゃったの?

どこへ行ったんだろう・・・

268受験聖者2019/11/07(木) 23:50:51.04ID:EgNVI0HY0
数学講師・森茂樹

現在駿台で教壇に立っている森先生は元代ゼミ講師だったのです (誰でも知っていることかもしれないが)。
代ゼミにいた90年代は代ゼミ数学科一番の実力者であったことは間違いない。
当時、森先生は東大理系数学と東大文系数学を担当され、東大入試プレテストも作成していた。
ちなみ、代ゼミにいたときから『大学への数学』を執筆されていた。
90年代後半に駿台に移籍し、駿台ではあの雲幸一郎先生も森先生の実力を認めているという。
ネット上では、雲先生は講義中に「森先生は天才だ!」という発言をしたという書き込みがあるが、これはどうも事実のようです。
この発言の出所元は、エール社出版から出ている『私の○○大合格作戦』中の投稿記事 (2000年代前半あたり) で、ちなみに、森先生は雲先生に対し「雲先生はすごい!」と講義中に発言したらしい。

森先生の講義は特に微積分に定評があったと思われる (文系数学の範囲においても)。

森先生は、事前の予習をしないでテキストの問題をその場で考えて解き進めるという離れ業を見せたことが代ゼミでも駿台でもあったという。

森先生の講義を受けた人たちは、その講義内容について「「実際の試験ではこうするのがベスト」という観点から解答を書くという非常に実践的な講義」や「別解をいくつも紹介する」などと語っていた。
ただ、その講義内容の最大の特長は、東大合格者でさえをも森先生を天才と認めさせることかもしれない。
このように書くと、森先生の講義はエレガントな解法を売りにし、数学上級者にしか合わないと思われるかもしれないが (実際、数学初級者には森先生の講義は合わないだろうという意見があった)、
森先生の講義を受講していた、とある元駿台生は「森先生の講義では、確かに森先生でないと思いつかないような解法が紹介されたことはあったが、
それは時々であって、しかもいくつもある別解の中の1つであって、基本的には明快でシンプルな解法が提示される」と述べていた。

森先生の講義内容・講義スタイルとは関係ないが、授業終了後に質問に行くと、びっくりするくらい何通りもの解法が示され、しかも丁寧に答えてくれるという。

雲幸一郎氏との共著作物である『大学への数学 解法の突破口』は受験数学上級者をかなり楽しませてくれるものらしい。
っていうか、数学初中級レベルの者には (少なくとも初級レベルの者には) この書は不要であろう。受験数学マニアはぜひこの書を手に取ってみて。

269受験聖者2019/11/07(木) 23:58:16.33ID:EgNVI0HY0
数学講師・米谷達也

米谷は代ゼミにいた頃、駿台とSEGの教壇にも立っていた。
彼が代ゼミにいた時は、講習会における東大理系数学を森茂樹との二枚で受けもっていた。
森が駿台に移籍した直後の1年間は米谷が東大数学を受けもっていた。

彼は、十数年前に代ゼミ・駿台・SEGから去り、現在、プリパスという塾の代表取締役をしながら、埼玉県の某私立高校で非常勤講師もしているらしい(なんと、特別待遇で)。

彼は以前、ハイスクール@willという学習サイトにも出演していたが、 今年のハイスクール@willの講師陣には彼の名前がない(以前の講師陣には彼の名前があり、写真も載せられていた)。
彼が受け持った講座は現在もいくつか残っているのですが…

この米谷達也は、異色の経歴を持つ人が多い予備校講師 (今でこそ学歴と経歴だけで予備校講師にはなれないが、
当時は、大学院博士後期課程まで進みながら研究職に就かない人や、医学部を卒業しながら医者にならない人や、
はたまた大学中退や元暴走族など多岐にわたる経歴を持つ人たちが予備校講師の中にいた時代であった) の中でも特に異色の経歴を持つ。
彼は大学卒業後、予備校講師の仕事をし、その後 (予備校講師の仕事をしながらなのか、それとも講師の仕事は一時休止したのかは分からないが)、
なんと、大宮法科大学院に進み、司法試験突破を目指していた。しかし、短答で撃沈し、司法試験受験資格を失うという結果に終わった。
ちなみに、短答で失敗したのは、当時手掛けていた仕事が忙しかったため (プリパスのことだと思われる)、司法試験勉強の時間が全然取れなかったと語っていた (ネット上では、いろいろな噂がありますが、この情報は確かな筋からのものです)。

米谷達也は現在、学びエイドに数理哲人という名でも出演している。

270名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/08(金) 17:24:45.72ID:A3VkwTdV0
受験聖者キター!!! (^-^) (^-^) (^-^)

271名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/08(金) 18:50:30.07ID:OTa8R2Do0
>>268
なんで、駿台に移籍したのかは触れないのか?

安田亨にしろ森にしろ米谷にしろほんとうにJKが好きだよなあ
この性犯罪者共

272名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/08(金) 18:51:53.04ID:UKAD428I0
森さんは駿台に移って正解だったかもな。
代ゼミに残っていても大規模縮小だったからな。
また、駿台のほうが難易度の高いテキストで優秀な学生を相手にできるからな。

273名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/08(金) 18:57:41.58ID:OTa8R2Do0
>>272
性犯罪者が大量に移籍したせいで、90年代後半に倒産してるじゃん。いつのまにかすり替わっててワロタ

274名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/09(土) 23:33:29.19ID:RyGBZ+Ib0
受験聖者さんありがとうございます!

275名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/13(水) 17:07:28.26ID:OXMomX840
>>271
森茂樹が駿台へ移ったのは安田に引き入れられたかららしい。
ただ、森はなぜ予備校講師をやったのかのほうが謎である!

276名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/14(木) 23:12:37.39ID:OfgnaERM0
そうだな。確かに森が予備校講師をしたきっかけは何なのかな?
森は20代で代ゼミ講師をしていたらしい。
ということは、大学院博士課程修了してすぐ代ゼミ講師をしていた、あるいは博士課程在学中から代ゼミ講師をしていたことになる

277名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/14(木) 23:31:56.65ID:ZyKnsWmH0
>>276
どうでもよい
ただの元性犯罪者。
だから、公の場で映像が流れない

278名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/14(木) 23:55:20.67ID:HwqvWRzI0
>>276
子供が出来て学者を諦めた

279名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/15(金) 02:13:26.16ID:YTwTGpX00
>>220
理数研で5年ほど前、斉藤先生の化学講義を受けましたが教え方は丁寧で分かり易かったですね。斉藤先生には色々教えてもらいましたが一番タメになったのは構造推定の方法。化学が元々苦手だった私もかなり明快な教え方のおかげで構造推定オタクになれました。

280名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/27(水) 04:54:28.75ID:AmYVatHb0
>>269
米谷達也は司法試験専用の塾でも講師をしたことがあったらしい。

281もっこれくん2019/11/27(水) 07:22:04.58ID:8P2SVef+0
私としては、笹川潤子先生、物理の刀根式子センセイあたりが気になります

282名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/27(水) 10:26:35.55ID:tuHW/V8z0
>>281
笹川さんは米谷と結婚して離婚したよ

283名無しさん@お腹いっぱい。2019/11/28(木) 02:05:46.85ID:5WiEf7Aj0
>>269
大学院博士後期課程まで進んだけど予備校講師 → 森茂樹・木原太郎・元井太郎・出口汪・高沢節子・豊島克己・石川正明・照井俊・大塚雅晴
医学部卒業して予備校 → 二見太郎・雨宮章夫
大学中退予備校講師 → 里中哲彦
元暴走族予備校講師 → 吉野敬介

上の人達の中には代ゼミ講師ではなかった人もいます。

ちなみに、現役の大学教授でありながら予備校講師というと、秋山仁・坂間勇・椎名守・大西憲昇・寺田文行・長岡亮介・佐藤恒雄

284もっこりくん2019/11/29(金) 07:10:55.20ID:2FhPMM4M0
笹川先生はいくら出せば逢えるのでしょうか

285受験聖者2019/12/02(月) 22:32:54.21ID:NnTqVlXR0
数学講師・山本矩一郎 (やまもと のりいちろう)

私は山本先生の講義を実際に受けたことはありません。以下に書かれていることは、私が実際に調べたことと当時の記憶を基にしております。

山本先生は代ゼミ数学科の黄金期と言われる80年代に活躍していた (当時、森茂樹と安田享も代ゼミの教壇に立っていたが、山本先生は森・安田よりもハイレベルのコースを任されていた)。
当時の予備校数学講師の中で一番の実力者というと、秋山仁・長岡亮介そして山本矩一郎の3人の名が最初に挙げられほどであった (秋山と長岡は当時大学教授を兼任していた)。
山本先生は受験雑誌『大学への数学』の編集長を歴任した経歴があった (『大学への数学』から代ゼミに移った理由は『大学への数学』とケンカ別れしたからという噂がある)。
山本先生の実力はあの山本俊郎が自身のブログで “鮮やか解答が光る孤高の神様” と述べられるほど。

しかし、山本先生の人気はイマイチだったようだ。
山本先生を受講した者は「解答は突飛なものが多く、発想は天才的で、数学が苦手な人にとってははっきり言って時間の無駄である」や「自分が解けない問題を全て悪問と決めつけていた」と語り、
実際、ある年のあるクラスでは最終的には3人しか出席していなかったという。

ただ、山本先生が代ゼミ時代に手掛けた参考書は定評があった。
当時、福井という受験評論家から酷評を受けこそしていたが、公式レベルの問題と定石レベルの問題を確実に解ける受験生 (すなわち、数学中上級者) にとっては
得るものが多くあったらしい (たぶん、オーソドックスな解き方ではなく、山本氏独自の解法に魅力があったと思われる)。
実際、山本先生が代ゼミ時代に著作した数学参考書は今でも受験数学マニアの間では必見という噂が絶えない。

ちなみに、今現在受験数学界に浸透している「瞬間部分積分」という技法 (「USA式部分積分」と呼ばれることもある) は、山本氏によってはじめて受験界に導入されたらしく、
当時、理系受験生を感動させたと思われる (この「瞬間部分積分」という計算テクニックは『微分積分 / 確率・統計初級問題集A /B』か『山本の直感的微積分』に載っているらしいが、この情報が確かかどうかは分からない)。

主な著作物
『数学超特急シリーズ』
『東大文系数学問題集』
『東大理系数学問題集』
『微分積分 / 確率・統計 初級問題集A』
『微分積分 / 確率・統計 初級問題集B』
『微分積分 / 確率・統計 中級問題集A』
『微分積分 / 確率・統計 中級問題集B』
『微分積分 / 確率・統計 上級問題集A』
『微分積分 / 確率・統計 上級問題集B』

286受験聖者2019/12/02(月) 22:40:13.58ID:NnTqVlXR0
数学講師・安田亨 (やすだ とおる)

安田先生は自身が考案した「安田の定理」なるもので受験数学界では非常に有名な先生である。
なんと安田先生の師匠は山本矩一郎で (実際、講義中にこう話していた)、代ゼミにいた当時、山本矩一郎とともに代ゼミの教壇に立っていた (当時は代ゼミ数学科黄金期と言われる80年代)。

安田先生の講義を受けた人たちの話によると、安田先生は代ゼミ時代、自分独自の視点による解法や山本矩一郎氏譲りの「瞬間部分積分」を講義中に紹介していたという (私も安田氏の講義を受講したことがあった。
しかし、微積分を扱った講座ではなかったせいか、こうは感じなかった)。

ただ、安田先生の最大の特色は講義自体よりも執筆された参考書のほうがすばらしいということかもしれない (駿台英語科専任講師だった故伊藤和夫みたい)。
安田先生は代ゼミにいたとき『安田の微分積分初級問題集』『安田の微分積分中級問題集』『安田の微分積分上級問題集』を執筆し、
これらの問題集は当時受験生の間でかなり評判がよかった (90年代に福井という受験評論家がこれらの参考書を推奨したこともあって、伝説の参考書と呼ばれることもあった)。
また、現在出版されている『ハッとめざめる確率』という参考書は受験生の間では確率分野のバイブルと言われるほどの評判を誇る。
『東大数学で1点でも多く取る方法』や『2週間で完成!整数問題』も非常にいい評判をきく。

しかしやはり、いい講義やすばらしいと感じさせる講義を受けたいのであれば、今もなお駿台や代ゼミの第一線で活躍している講師の講義を受けることを個人的にはオススメする。

安田先生は94年度から駿台と東進へ移り、その後、SEGの教壇にも立っていた (代ゼミを去った理由は、当時代ゼミが実施していた模試の問題がいい問題ではなかったからと言っていた。
これは、某予備校 (代ゼミではない) において安田氏が講義中に実際に語っていたことである。なんと私はその講義を受講していた)。
東進とSEGはかなり前に辞められ、現在は駿台浜松校と『大学への数学』で仕事をしている。また、ハイスクール@willにも出演中。

安田先生が考案した「安田の定理」は非常に計算が楽になる技法で、なんと『大学への数学 1対1対応の演習』が改訂の際に取り入れられた。
安田先生は現在、「安田の定理」や「瞬間部分積分」を使って講義を行っているのであろうか。

287受験聖者2019/12/02(月) 22:42:09.69ID:NnTqVlXR0
今回も大サービスで2人の元代ゼミ講師を紹介しました。

288名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/03(火) 00:35:05.97ID:PxQ64Ct90
ありがとうございます!!
木須一郎先生や定松勝幸先生も、お願いしたいです。

289もっこれくん2019/12/03(火) 07:16:32.60ID:2c0A9HcD0
安田師の書き込みの中で、伊藤カスオ師に言及されておる所があるけれども、
伊藤師の講義は当時は誰もが持っておるというわけではなかった
テープレコーダーの出来の良いのを回しておるような無駄を排したシャープな講義であり、
大変有意義なものであった。後進の高橋善師のような難解なものよりも徹底した
オーソドックスなものを扱っていた点や、のちの予備校バブルの面白おかしな講義に慣れた
学生らに批判されておるが、あんなにまっとうな講義はない。
著作物については、私のような門外漢が述べるまでもなく、揺るぎない評価を受けておることは
周知のとおりである。

290名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/03(火) 17:39:51.39ID:VGorqkBF0
以前、山本のり一郎について調べたことがあったが、どの大学出身なんだろうな?
当時、代々木ライブラリーから彼が出している参考書の巻末には出身大学に関する一切の情報が載っていなかった!

291名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/03(火) 23:28:03.87ID:krq4p5Ze0
確かに山本矩一郎ってどの大学を卒業したのかな。

292名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/05(木) 02:44:43.77ID:zS4WB+Pg0
>>290
東北大出身とネットで見た
講義については上級者向きなのだろう
漫談家講師が蔓延るとたちまち不人気になったんだね

293名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/05(木) 21:46:55.98ID:njiASZE10
そう言えば、山本矩一郎が代ゼミから出していた参考書は凄まじい数だった。
山本が引退した後もかなりの期間出版されていた。執筆者である山本矩一郎が代ゼミにいないのに、課程が代わるまで代々木ライブラリーから出されていた。
それくらい影響力のある予備校講師だったのだろう。

294名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/07(土) 12:31:31.82ID:7q12S/9S0
参考書多作の講師と言えば、山本矩と前田貞、それに佐藤恒雄だったか。
大西憲は寡作だったのが残念。

295受験聖者2019/12/21(土) 08:14:16.88ID:70lkWMbI0
数学講師・矢木哲雄

矢木先生の活躍時期は80年代から90年代。矢木氏の最盛期は80年代だったろうと思われる。当時は山本矩一郎や安田亨と共に代ゼミ数学科黄金期を支えた中心的講師の1人だったらしい。
地方校舎強化という目的で地方校舎へ出講されたこともあった。

矢木先生の講義の特長はエレガントな解法だと言える。
実際、矢木先生の受講生の中には「エレガントな解法であるがゆえに、生徒はその解法を使いこなせない」や「矢木先生の解答は、自分はすごいんだぞと人に見せつけるような自己満足の解答」という意見があった。
また、八木先生は自身の通年単科講座において後期テキストの後半にはかなりの難問を収録し、「この問題は非常に難しいので、他の数学の先生でも解けないから他の先生に質問しないように」という発言が講義中にあった。
その最たる例として、冬期・直前講習における矢木先生の講座をいきなり取り (通年の講座を受講せず、夏期講習の講座も受講しないケース)、あまりに難しい内容で時間の無駄だった
と言う元講習生の存在を確認している (矢木先生の単科講座テキストは前期から後期から進むにつれ難しくなり、最終的には冬期・直前講習のテキストが一番難しいように作られていた。
早い話、講習会 (夏期講習はともかく冬期講習) だけを受講した生徒を考慮に入れていない。
まあ、これは基本的にどの予備校講師にも言えることではあるが)。
さらに、その日の講義の最後に扱う問題において、説明と板書を全部終えたかと思うと (しかも、終えるのに20分以上を要する問題)、黒板に板書された最後の1行には「この解き方は間違いである。どこが間違いかを考えよ」なんてこともあった。

こんなことを書くと最悪の先生と思われるかもしれないが、当時、理系受験生を中心に矢木ファンは確実にいたと記憶している。
特に数学中上位層に矢木ファンは多かったような気がする。文系の受験生でも、矢木先生の支持者は存在し、実際、筑波大学人文の合格者は「特に漸化式の解説の仕方がすばらしく、絶品」と語っていた 。
また、私のとある理系の友人は、矢木先生が数学中級レベルに設定した講座を(たまたま何かの機会で)受講したところ、矢木先生の講義内容をべた褒めしていた。

ちなみに、当時矢木信者の1人であった、私の友人が (なぜかは分からないが) 米谷達也の講習会講座を受講したところ、米谷のテキストは矢木先生のテキストとほぼ同じ内容であった、と述べていた。
これがただの偶然なのかどうかは今だに不明。

私が見る限り、八木先生は当時超実力派予備校講師の1人であったと言っても過言ではない。
ただ、惜しむらくは著作した数学参考書が1冊もなかったということだろう。

矢木先生は現在、代ゼミ個別指導部に移られ、イエヨビという小規模レベルの予備校の講師もしている。

296受験聖者2019/12/21(土) 08:17:08.92ID:70lkWMbI0
今月は大サービスでさらに一人の講師に関する記事を書きました。

木須一郎先生についての記事は来月提示します。

297名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/21(土) 15:37:49.77ID:hx2CbLnj0
八木さんか。なつかしい。
そう言えば、確かに八木さんは受験数学参考書を執筆していなかったな。
なぜなんだろう。

298名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/21(土) 16:04:31.60ID:7K9MxNdB0
英語や国語の先生もあるとうれしいなあ

299受験聖者2019/12/21(土) 20:30:28.04ID:70lkWMbI0
>>298
数学講師についての記事を一通り書き終えたら、国語と英語の講師についての記事を提示したいと思います。

300名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/21(土) 20:32:22.95ID:7K9MxNdB0
>>299
やった!

301名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/22(日) 05:52:17.02ID:uvky8ABX0
>>297
一冊だけ書いてます

302名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/22(日) 21:43:32.75ID:lrHKCDBx0
>>296
おお、木須さん記事に期待しています!

303名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/23(月) 23:03:15.45ID:92ftaM280
八木先生って、東工大大学院で博士号を取得し、どこかの研究所で所長をしたことがあった、ときいたことがあった。

これ全部本当なのかな?

304名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/24(火) 08:16:16.05ID:+0Z7ASO30
矢木先生ね

305名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/11(土) 23:34:29.03ID:TQNKPOLc0
数学講師・木須一郎(きす いちろう)

木須先生の授業スタイルは他の数学講師とは一風変わり、最初に問題の解き方のあらすじを話し、
授業時間の中心は先生の口頭による指示にしたがって生徒自身に解かせるというもの (計算過程の板書などは一切行はず、生徒自身の力で計算を行うことになる、いや、生徒に手計算をさせるという言い方のほうが的確な言い方かも)。
この授業スタイルは賛否両論あったが、当時先生はかなり人気があり、札幌校や福岡校などの地方校舎へも先生は出講されていた。

ちなみに、当時木須先生の受講生だった人によるネット上の書き込みを見つけたので、以下に張っておきます。

February 02, 2009
数学道場
浪人生だったころ、もう二度と会えないだろう凄い先生に出会った。
代々木ゼミナールの福岡校に、東京から来ていた数学の先生。
名前を、木須 一郎先生という。

この先生の授業スタイルは独特である。
先生はホワイトボードをほとんど使わない。先生のつくったオリジナルの教科書には、数学の問題が書いてあるだけ。

僕らは真っ白なノートに向かう。
椅子に座って、僕らに声をかける。
「ハイ、問題読んで〜」
「ハイ、x(エックス)で割って〜」
「ハイ、微分する〜。微分わからないひとは、参考書見ていいからね」
「ハイ、同類項まとめて〜」
「ハイ、ここで○○の定理使って〜、あ、知らない人はこれね。これだけボードに書いておくね〜。(サラサラサラ)知ってるから偉いんじゃないよ、知ってる人は復習して、知らなかった人はこれから覚えればいいよ〜」
「ハイ、答え出た〜?間違ってもいいんだよ〜。でもどこが間違ったは見直して〜」

こんな授業である。この場面で、何をすべきか。それだけを端的に伝えるだけだった。

普通、数学の先生の授業はこうだ。

解法を黒板に解説しながら書く。
生徒は、それを聞きながらフムフムとノートに写す。
授業が終わる頃には、【何となくわかった気】になる。
で、白紙の紙に自分で解けるかというと、まず出来ない。

でも、木須先生の授業を受けていると違う。
家に帰って復習の時、木須先生の声が聞こえてくる。
試験会場でひとりになった時、木須先生の声が聞こえてくる。
じゃぱねっと高田の高田社長の語り口のように。
ふと、白紙の答案用紙を黒く埋めている自分に気がつく。
「案外やるじゃん、オレ。」


こんな感じのスタイルの授業なので、1問あたりを終える時間は半端なく長く、とんでもないほどの時間の授業延長を毎回行う。

そういうわけで、木須先生の授業の特長は、他の数学講師にはない独特の授業スタイルとものすごい時間の授業延長ということかもしれない。

また木須先生の特徴として、テキストがスバラシイということがあげられる。
特に、選定された問題は非常に良問で、その難易度は標準レベルのものばかりでやや難レベルもカバーしているという。
文系で数学を取ろうという者や中下位レベルの理系には最適と言われていた。

木須先生は、代ゼミでは96年まで教壇に立たれ、その後、都内に個人塾を開かれた (東進の講師をしていた期間もわずかながらあった。
代ゼミ・東進を辞めた理由の一つに授業延長のし過ぎが問題となり経営陣と衝突したという噂があった)。
その個人塾の名は開塾当初は “木須一郎数学ゼミ” だったらしいのだが、いつだか “KMS” と改名され、現在も続いる。

306受験聖者2020/01/11(土) 23:59:32.21ID:TQNKPOLc0
>>305は私(受験聖者)が投稿しました。

不具合が生じて私の名前が反映されませんでした。

307名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/12(日) 00:06:23.30ID:TMQJjXMD0
今こそ木須先生に参考書でも書いて欲しいな
文型だったから名前だけしか知らんけど
パンフレットで見たことある
昔の名物講師はみんな自分の人生の矜恃を持ってたな

308名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/12(日) 14:35:55.74ID:h7DZVDgA0
おー、木須先生記事がキター

309名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/13(月) 10:04:52.90ID:lOJ7vQxM0
演習させる系の講師で有名な人ってあまりいなかったような点
木須先生の人気が、ずば抜けていたのかな

310名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/14(火) 15:45:59.19ID:KrlgFyJz0
木須先生が経営している塾では、化学の矢沢と物理の関根が働いているらしい。

311名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/14(火) 22:41:37.98ID:4cQgv2TR0
木須先生の講座紹介には「受験に必要な全てを教える」「これだけやればもう完璧です」「生命を削って教える」など、理系の先生らしからぬ景気付け的な文言が並んでいた。

312名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/15(水) 19:07:37.85ID:vDfi8QWu0
>>310
バブル期代ゼミのラインナップだな
英語や国語も集まったらいいのにな

313名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/15(水) 20:24:40.02ID:+oceny5m0
数学の共通テキストでは、90分4問が基本だが、木須先生のやり方だとせいぜい2〜3問すすめばいい方なんじゃないかな
延長しまくったり補講なんかで無理やり終わらせてたんだろうか

314名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/15(水) 23:16:26.82ID:oWe943vU0
本科の時は早かったような記憶

315名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/17(金) 19:01:37.58ID:rIOLz9sT0
代ゼミに高校3年間青春ささげたなぁ

仲本、水野、安武内
佐藤、祝田、森本
高橋、笹井、元井、木寺

みんな楽しかったよ
現役合格できて、感謝しかありません

316名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/17(金) 20:04:36.68ID:Mw+DHolB0
母さん
母さんは僕を産んだ時どう思った?
幸せだったかい?
幸せにすると誓ってくれたかい?
母さんの事だから、自分の幸せはさておき
僕を幸せにすることが生きがいになったんだと思うよ
ところが僕はその優しさに甘えているね
20歳を過ぎても33歳になっても
最近も友人に借りた金を返すからと嘘を付いて、30万円の遺産を借り数日で全部失ったんだ
母さんが断らない事を僕は知っているんだと思う
その気持ちに付け込んでいるだけ
死んだ方がマシだと思う
死んだ時は悲しむけどかける負担に比べたら
少ないと思う でも死ねない
僕はお母さんを殺していると思う
人生を奪っていると思う
母さんの人生
45歳から今までずっと殺している
自分はのうのうと生きて
気づいたらもう60歳で15年間を奪った
殺した虐待だ
共依存っていう精神状態があるけど
僕はお母さんをそれにしてしまっている
私がいないとこの子は生きていけないと思わせ
私が何とかしてあげないとと思わせている
33歳にもなって5歳児じゃあるまいし
もう手遅れかもしれない
だって15年間を奪った訳で
もう60歳な訳で
この時間は帰って来ない
例えばこれから何度も食事に連れて行ったとしても
旅行に連れて行ったとしても
必要な物を買ったとしても
もう15年は帰って来ない
しかもそれすらできていない

謝っても謝り切れない
償っても償いきれない
これからどうすればいい?
これからなにができる?
どうすれば安心させられる?
正社員就職?1人暮らし?
結婚?孫の顔を見せる?
僕にできるのか?
こうやって文にすることだって自己満足だ
文にしたところで何も起きないし、変わらない
今は、代ゼミに休まず通う事しかできない
これからどうするべきか考えます

317名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/18(土) 17:49:33.71ID:y/GPnNF20
ここでポエム書くより
病院いったほうがええで

318名無しさん@お腹いっぱい。2020/01/19(日) 23:33:26.03ID:M7+pHm6t0
日本史の竹内睦泰さん逝去
まだ若いのにな
一昨年あたりまではYouTubeに出たりしてが
激痩せしていてアル中っぽかったな

新着レスの表示
レスを投稿する