【伝説急行】安芸の思い出【哀愁特急】

1行くぞ下関2019/03/07(木) 22:18:56.49ID:zIMfbYf/
山陽本線・呉線の名列車だった「安芸」について語ってください
アキが来るまで、出発進行!呉経由

2回想774列車2019/03/07(木) 23:01:39.63ID:M8En8hiY
その後のブルトレ特急安芸は直接の関係はないんだっけ?

でも廃止がもう少し遅かったら客車急行時代のヘッドマークがそのまま復活したり(急行では平仮名だが漢字に変えられるかも?)その絵柄をモチーフにした25形客車用のテールマークが登場してたかもな

3回想774列車2019/03/07(木) 23:46:33.45ID:0BleWLSp
6年半は「もう少し」の範疇には入らんだろ。
その6年半の間にどれだけの山陽夜行が減便されたか。
がらあきの「安芸」は真っ先に廃止されて当然。

鉄道ジャーナルには「あきよし」を名乗れば、「がらあき」にならなかったのではと書いてありましたな。

4回想774列車2019/03/08(金) 02:57:57.92ID:K9VVQl0b

5回想774列車2019/03/10(日) 01:51:51.30ID:QWcOkxvF
寝台特急安芸は肝心の呉線区間が有効時間帯では無かったし銀河の様に2つの大都会を結ぶ列車でも無かった
既に山陽新幹線の全線開業で中途半端な運転区間も相まって

6回想774列車2019/03/10(日) 22:21:17.95ID:QWcOkxvF
新大阪を出て広島まで来た
追い抜いたはずの荷33レが横にいる
さて読み進めようか降りようか
頑張ろう、呉線

7回想774列車2019/03/19(火) 08:33:18.87ID:HhIJut15
>>1 山陽本線・呉線の名列車だった「安芸」

東海道本線も入れるべきでは?
実際には東京まで直通していた時代が一番長いのだが

急行列車「安芸」時代 広島-東京   1950年11月〜1970年9月
電車急行「安芸」時代 広島−新大阪 1972年3月〜1975年3月
特急寝台「安芸」時代 下関−新大阪 1975年3月〜1978年10月

8回想774列車2019/03/19(火) 08:44:10.64ID:HhIJut15
他のスレであげたのだが
昭和45年9月初旬、呉から東京までの急行安芸乗車体験記を
編集して以降下記する

9回想774列車2019/03/19(火) 08:53:10.44ID:HhIJut15
当時の呉駅の改札は1階にありそれを抜けると
1番ホームに出られる構造で現在とは違っている

今思い返せば写真の一枚でも撮っておけば
貴重な記録になっていたのにと思うがもうじき
蒸気機関車牽引のこの名列車が廃止されるということなど
知らなかったのでいかんともしがたい
乗車する車は若い番号(広島寄り)だったと記憶する
改札を出てホーム右側に向かった

10回想774列車2019/03/19(火) 08:54:09.80ID:HhIJut15
牽引機関車はC59だった
正面の安芸のヘッドマークに目が行き
何号機だったかは記憶にない
定時に大きなドラフト音を響かせながら
1番ホームに滑り込んできた

平日にも関わらず呉の時点で大勢のサラリーマンで
混み合っていた。

11回想774列車2019/03/19(火) 08:56:54.39ID:HhIJut15
岡山を過ぎたあたりから進行方向左側に真新しい
高架とぽっかりと口を開けたトンネルが見えてきた
まだ建設中だった新幹線だ
いずれここを通るんだなあと思いつつ通り過ぎた
その後数え切れないほど往復することになった

夕食を取ろうと食堂車に行ったが、満員で
列をなして並んで待っている状態だったので
あきらめて結局車販で弁当を買って済ませた

12回想774列車2019/03/19(火) 09:03:17.38ID:HhIJut15
大阪に停車した時は夜遅く殆ど人はおらず
がらんとしたホームを見ながら
万博に行けたらなあと思ったもの

寝台はもちろんB寝台でしかも中段だった
まだ子供だったのであまり窮屈さを感じなかったが
幅は50数センチしかなかったはずで寝て行けるのが
当時としてはまだ楽な移動手段だった

13回想774列車2019/03/19(火) 09:08:06.12ID:HhIJut15
丹那トンネルを過ぎたころに目が覚めた
まだ辺りは薄暗い
車窓を眺めているうちにあっという間に
早朝6時すぎ今はない東海道長距離列車発着用の
15番線ホームに滑り込んだ

すぐ右上の16番線に停車していた0系新幹線が綺麗で眩しく見えた

14回想774列車2019/03/19(火) 12:00:43.33ID:FBSUaoHd
安芸は午後3時台に呉線を通過するので
乗車した時点ではまだ寝台がセットされておらず
広島から乗り込んだ先客が二人だったか三人だったか
覚えていないが何れにせよ何処かの途中駅で満席になった。
寝台のセットは岡山を過ぎた辺りで2、3人で作業していたように思う。

15回想774列車2019/03/31(日) 13:59:18.90ID:M7PDSSSZ
なるほどね

16回想774列車2019/03/31(日) 17:11:47.91ID:4YybgDDj
>>15
まともなコメント書けないのかよ

17回想774列車2019/10/15(火) 13:05:16.45ID:UgDIp53o
地味にいいスレだと思う。ハゲ関係のスレは消えて欲しいが、こういうスレは残さないと。

18回想774列車2019/10/16(水) 17:57:27.19ID:qo7YEeeg
>>5
音戸1号も音戸2号もそれなりの乗車率だったんだから
ひとえに特急化のスピードアップと値上げが原因だろう
呉5時前着だと利用する気にならない

19回想774列車2019/10/16(水) 22:25:30.10ID:jXrg24jI
何で呉線経由だったの?

20回想774列車2019/10/16(水) 23:56:56.88ID:RouEXckU
>>19 かつて日本海軍の最重要基地であり、戦後も主要な工業都市で栄えてきた呉を通るから。
東京から広島に行くのに瀬野八経由の方が近道だが、こちらにはあまり大きな町が無かった。
最近は東広島に空港ができたり広島大が移転するなど変わってきているけどね。

21回想774列車2019/10/17(木) 06:17:26.17ID:mcOqXa5Y
戦後も海自の重要基地だしね
江田島の術科学校にも呉から船に乗っていく

22回想774列車2019/10/17(木) 08:06:40.09ID:S0jSihUR
軍港あったから呉線は戦前から線路規格が山陽本線並みだったという。

23回想774列車2019/10/17(木) 20:59:32.68ID:mcOqXa5Y
なので非電化時代の音戸はC62が牽いてたりした

24回想774列車2019/10/18(金) 12:25:59.55ID:BKdZFijj
>>19
急行時代の安芸は仁堀航路経由で四国連絡の一部にもなってた(昭和40年代になると半ば名目上だったが)
駅の規模でいえば隣の広のほうが大きいし音戸は広停車だったけどその都合で安芸は広を通過して仁方停車

25回想774列車2019/10/18(金) 17:31:09.40ID:z5Nig0CM
戦前だと、東京−下関間急行7/8列車が呉線を経由していた。 急行7/8列車は1〜3等寝台と洋食堂車および展望車まで連結された、
特急列車なみの編成だった。

また、この列車は下関で関釜連絡船を介して中国・欧州方面との連絡を担っていた国際列車でもあった。

26回想774列車2019/10/18(金) 18:48:26.95ID:YiNCLmA+
戦前は呉に鎮守府があって長官は大・中将ポスト
参謀長その他将官もかなりいたから
東京の海軍省軍令部との連絡出張用に1・2等車は必須
(2等車は士官が使う)
もちろん艦隊が呉に滞泊しているときには艦隊勤務の士官も使う

新着レスの表示
レスを投稿する