バカラに勝っている奴いるのか?

1三連単7−4−32007/12/26(水) 02:46:40ID:qzHYqGFB
おるのか?

358三連単7−4−32019/07/26(金) 14:16:53.44ID:G1oIS74R
ツラは7種類ある

縦ツラ
テンコツラ(1もくずつ横に伸びていくツラ)
ニコイチツラ(テンコ&縦2もくのセットが繰り返されるツラ)
スダレツラ(伸びる縦ツラの間にテンコがかわりばんこに入るツラ)
ダンゴツラ(縦ツラが切れてもまた縦ツラの列がどんどん続いてテンコが入らないツラ)
リャンコツラ(縦2もくの列が続いていくツラ)
そして7つ目のツラが、勝敗を分けるキーである

ツラを切っては勝てない
なぜか

1つ1つのハンドは独立事象だから確率はプレイヤー49.3%バンカー50.7%であり
長くプレーすれば大数の法則によって平均勝率も独立事象の確率と一致する
そして平均配当率はバンカーのコミッションと設定勝率の関係で98%弱となる

しかし、これはすべてのハンドにランダムに賭けた時の平均値だ
大数の法則の過程にはポアソンの少数の法則という一時的に偏る現象が起こる
確率とは少数の法則による一時的な出目の確率を何度も繰り返しながら
最終的には双方の出目が平均化していくという分散と収斂によって構成される

だから、分からない局面ではルックして
確率が偏在する局面(ポアソンクランピング)を狙うことで
大数の法則による平均化を先送りすることが重要なのである

ツラを切ってしまうとその1手は取れるかもしれないが
偏りを連続的に取ることができなくて、勝率が平均化してしまい
ハウスエッジの分だけ平均配当率がマイナスになってしまうからである

359三連単7−4−32019/07/26(金) 14:17:32.39ID:G1oIS74R
ツラに張るのは、禁じ手と言われるツラ切りをダブルアップで狙うリスクを回避する狙いもあるが
ツラの偏りを取ることで、一時的な偏りのうねりを取って、勝ち逃げすることにある
だから、偏りを抜いたら、再度平均化する前に、必ず勝ち逃げしなくてはならない

確率は最終的には平均化する

1.偏りを取り2.勝ったところで必ず止める
これによって、最終的な平均化(つまりはエッジ分期待値はマイナスに沈む)のを
先送りにすることができる
セッションを区切り短期的に飛び出したノイズ(利益)を積み重ねるしか
バカラで勝つ方法はない

確率からは誰も逃れられない

7つ目のツラとは「乱数のツラ」のことである
ツラは切らねばならないが、この乱数のツラだけは切らなければ勝てないのだ

360三連単7−4−32019/07/26(金) 19:27:23.79ID:+lNjmFVW
ドラカジでレベル15以上でプレー回数1万回以上で
勝ち越し(過去最高残高と現在残高がほぼイコール)していて
ランキング200位以内で
1手最高利益が残高の20%以内のプレイヤーを探し
その人の賭け方をよく見て学ぶこと

ドラカジのプレイヤーは世界に10万人
だが、長期的に勝ち越せているプレイヤーは50人いるかどうか

バカラは勝てるのか?
ドラカジを見る限り、ほぼ勝てていないようだ

ごくわずかに勝ち越せているプレイヤーはいるが
観察していると相当慎重に賭けている様子
ステージ15以上プレー回数1万回以上で勝ち越せている日本人は
1人しかいなかった

バカラの達人になるのはかくも狭き門であることをまざまざと知らされる

361三連単7−4−32019/07/27(土) 14:33:28.17ID:2dziMhC6
5年ほど前に某アイドルグループのファンになったけど
本物のヲタクと比べると知識とか行動力がぜんぜん及ばないなといつも思うんだよ
ああなりたいわけでもない
ただ、この情熱の違いが、これほど大きな知識の差になるのかと驚かされる
何でそんなに詳しいの?と
自分なりに楽しんでいるし、ファンでない人よりはもちろん詳しいんだけど
浅いなぁというかコアじゃないなと自覚している
カジノゲームがまさにコレに似ているなと思うわけよ
バカラを楽しんでいる人って世界中に大勢いる
その人たちの多くは当然、バカラの基礎的な知識を持っているし
バカラの楽しみ方も心得ているわけだ
でも、ライトはやはり知識が浅いんだよね
そこの壁をブレークスルーほどにはバカラに情熱を持っていない
結局、本気で情熱を注げることは、バカラ以外にあるんだろうなと想像するわけ
バカラは暇つぶしとか、ちょっとした楽しみなだけなんだろうね
コレで本気で大金を稼げるとは思ってないんだろうな
パチンコをやるような感覚で、取ったり取られたり
極論すれば負けて当たり前と思っている
俺はアイドルに擬似恋愛なんてできないけどガチ恋ヲタクはすごい
本気で夢を追っている

362三連単7−4−32019/07/27(土) 14:34:07.62ID:2dziMhC6
アイドルと付き合えるわけないじゃんと、俺はそう決めつけていた
ところがあのNGT48事件である
繋がっているヲタクが実際にいて、そんなこと出来るのか、と唖然としたね
さて、アイドルと繋がる方法なんて分からんし
どうやるのか教えてもらっても、繋がれるとは信じられないし
努力しようとも思っていない
ただ、惰性もあるが興味があることは確かだし
楽しくも何ともなければ止めているし、ただ、時間潰しだったり
何か興味のあることで他の人たちと共感でつながりたい気持ちがあるのかもしれん

363三連単7−4−32019/07/27(土) 14:34:52.98ID:2dziMhC6
で、俺が何を言いたいのかと言うと
俺のバカラに対する情熱はやはり尋常ではないということだ
朝起きて寝るまで、もちろん他のことを色々挟んではいるけれど
バカラ中心の生活が2年ほど続いている
バカラそのものは10年ぐらいやっているけれど
これほどヲタク化し始めたのは3年前からである
なぜ、これほど引き込まれてしまったかというと、ある日、オヤっ? と思ったからだ
それが転機になって、ただの暇つぶしの1つに過ぎなかったバカラが
俺の生活や思考を占領するようになり
おびただしい情熱が溢れ出るようになっていった
何十冊も関連図書を読み耽り
トランプで札を引いて100万回は超えるシミュレーションを行い
それらを罫線に書き留めた
蓄積したスコアに印を入れて眺める
あらゆる角度からバカラを見つめる
そして俺がどんな結論を出したかについては
ぜひ、想像で推論してもらいたい

364三連単7−4−32019/07/27(土) 14:36:10.70ID:2dziMhC6
俺はアイドルは好きだが、実はアイドルのことはあまり分かっていない
それほど情熱がないから、それは仕方がない
楽しめているかどうかも分からないし、何を求めているかも分からない
だから、バカラにそれほど情熱を注げない人のことは想像がつく
何となく、暇つぶしに、でも嫌いじゃない、しかし惰性かもしれない
楽しくないわけでもない、バカラにそれほど多くは求めていない
それではバカラに勝てるようにはならないだろうなと思う
将棋なんかと違ってバカラは底の見えたゲームだから
上達するのに知能とか才能とかはそれほど必要はない。これは間違いない
でも、情熱がなければ登頂は無理だろうなと思う

365三連単7−4−32019/07/27(土) 14:36:32.74ID:2dziMhC6
1からやり方を教えても、8合目までしかいかない
知識だけではバカラは勝てないからである
そしてバカラは登頂できなければ長期的かつ継続的に勝てないゲームである
無意味と思えることにまでヲタクは興味を持つ
そして、その無意味と思える無数のピースが嵌った時に
全体像が浮かび上がってくるのである
それを見るには、やはり、無意味に思える1つ1つのピースの意味に
情熱を傾けられないと、全体的な結論には絶対に至らないのである
バカラが単純だけど奥が深いというのはそういうことだ
もっと言うと、奥まで見えてしまったらもはや
バカラは奥が深いものではなくなっている
つまり「扉の外側」にいる人にとって、バカラは底の見えたゲームだが
扉の向こうの暗闇に入った人には、バカラは奥が深いものとなり
そこで、部屋の照明のスイッチを見つけて、カチッと点けたら
何だ、バカラってこういう構造だったのか、と理解するわけである
扉の向こうに入って、バカラの全体像が見えてしまった人にとっても
バカラは底の見えたゲームとなる
だが、扉の外側にいる人は、底が浅いと思いながらも
実はバカラの死角を見落としているのである
それに気づかない限り、バカラに勝つことは永久にできないだろう
自分自身がバカラに十分な情熱を注いでいないにも関らず
安易に「バカラとは所詮こういうものだ」と決めつけてしまったら
カジノテーブルのグリーンの羅紗から
大金を掘り起こす道は閉ざされたも同然である

366三連単7−4−32019/07/27(土) 18:46:26.37ID:1SOZFoMc
バカラは練習で持続的に勝てるようになれば本番でも持続的に勝てる。

367三連単7−4−32019/07/29(月) 17:59:49.61ID:4KFxS4+U
去年の夏頃までは資金の3%をコンスタントに勝つのが非常に難しかった
コンスタントとは1日3%100日連続で勝てるといった意味だ
どうすれば安定させられるかと考え続けて1年

この1年は、過去5年に遡っても、こんな転機は1度か2度しかなく
それも、小さな前進でなかったが、この1年に学んだことは爆発的に大きかった
バカラというのは少しずつ理解していくものではあるけれど
期間としては集中して会得するものだということが分かった

ソーシャルゲームのバカラで仲間が増えたが
残念ながら多くのプレーヤーはバカラを深く理解できていない
それは自分もかつてそうだったから分かる
見えているが見えていないのだ
2回に1回は当たってしまうから、いかに謎を解くかという想像力が至らないのだ

368三連単7−4−32019/07/29(月) 18:00:22.81ID:4KFxS4+U
もしもバカラが、将棋やチェスのように簡単には勝てないゲームだったら
どうすれば勝てるのか、具体的に取り組むことができるだろう

だが、バカラはコインの裏と表。どんどん勝てる
小さく賭けても大きく賭けても、当たる時は当たり、負ける時は負ける
だから、大きく賭けて勝った時にこう思うだろう。バカラなんて簡単だな、と

バカラで勝つのは簡単
そして、長期的に継続的に収支をプラスにするのは至難の技
一時的な幸運など何の役にも立たない

バカラで、最終的には負けるとしても
一時的に大勝ちできるギャンブラーは存在するし、それはある意味スキルかもしれない

しかしバカラとは、毎日毎日カジノに通い、何時間もバカラゲームに時間を割き
持続的に勝てる実力の範囲内で勝ちを積み重ねて
それが資金の1%なら100日で資金を倍にして、200日でさらに倍、300日でその倍
つまり約1年で資金を8倍にするゲームだ
そんなの続かないよ、というのなら、資金の1%を持続的に勝つ実力がないわけだから
たとえば0.1%に目標を下げなければならない。100日で資金を10%増やす

369三連単7−4−32019/07/29(月) 18:00:34.75ID:4KFxS4+U
何だそれ? と思うかもしれないが、1年で40%のパフォーマンスを出せる
ファンドマネージャーがいるとしたら超一流の凄腕である
1日に資金の0.1%をコンスタントに勝つということがいかにすごいことか分かるだろう

ギャンブルは浮き沈みがあると言う
大勝ちしたり大負けしたり
しかし、そのような自覚で賭けているのならともかく
否応なしに、浮き沈みが出てしまうギャンブラーは実力が不足しているということだ

ギャンブルの波を消せるかどうかが
達人になれるかどうかの分かれ道になる

もっと言えば、何が原因で、ギャンブルの波は大きくなってしまうのか

それを突き止めることが、バカラに精通するための唯一の道と言える

370三連単7−4−32019/07/30(火) 11:23:49.25ID:VAW+Obhl
ドラゴンカジノのバカラのデイリーランキングで
勝ち越しが何人いるか調べてみた
1位と2位は負け越し
3位は明らかに課金組の勝ち越し(ちなみに100ドルで2億P)
しかし、課金で勝ち越そうとすると残高が不自然に膨れ上がってしまう
4位から12位まで負け越し
13位も課金勝ち越し(プレー数が少ない。一応フォローして後で検証)
14位から22位まで負け越し
23位は課金勝ち越し(プレー数が少ない。一応フォローして後で検証)
24位から42位まで負け越し
43位は勝ち越しでこれは本物。十分な試行回数38652回で勝率54.1%と驚異的
しかし、最高勝ち額が残高の約50%と危ない橋を渡っているので
おそらくは、いずれ脱落する。一応フォローして後で検証
44位は負け越しだがほぼイーブン
45位から47位まで負け越し
48位は課金勝ち越し
49位から50位まで負け越し

課金らしいが何人かは一応、フォローはしておいた
プレー回数が少ないのに残高が大きい課金組のようだ
だいたい、数日後には消えている

371三連単7−4−32019/07/30(火) 11:24:05.19ID:VAW+Obhl
無課金でゲーム回数2万回で勝率50%(誤差2%以内)勝ち越しは残高の20%以内
で億P超えは持続的に勝ち越すのは不可能だろう

ドラゴンカジノで実力があるとしたら無課金で
最大利益からの凹みは10%以内、1億P以下の残高、1手勝利は残高の20%以下
ゲーム回数は2万回以上

こういう人だと思うが、合致するギャンブラーはほとんどいない

圧倒的に多いのは、1桁以上の負け越し、または
それを無理にカバーしようとして課金して残高が膨れ上がっている人

結論から言うと、ほぼ全員、負けている
例外は、ゲーム回数の浅い、残高の少ない勝ち越し組だけ

持続的に勝てていないということだ。これは予想通りとはいえ
驚くべき数字と言えるだろう
ほぼ確率的な結果通りになっている

逆に言うと
この例外がいるとしたら(条件は先ほど述べたが当てはまる人をまだ見つけていない)
それは、本物ということだ

もしも運よく見つけることが出来たらフォローして
実際に長期的に勝つことができているのか、観察することは意味がある

ただ、このゲームをやっている時点で
参加者は修行段階、練習段階かな、という気はする
実力が完成領域に達したら、本番で勝負していることだろう

372三連単7−4−32019/07/31(水) 20:08:45.18ID:5YGukarT
メッチャうまい人見つけた♪

この人の弟子になろう

373三連単7−4−32019/08/01(木) 12:51:12.21ID:SFwic85F
マカオのETGに2000ドルバイインして
50ドル抜いたら急いで勝ち逃げ
みたいな手を、去年の8月ぐらいまではやっていた

勝ち逃げの短期セッションを繰り返すしか
勝つ方法はないと、当時はそういう結論だったし
それはそれで結構、勝てていたよ

でも、30ドル程度でも沈み出すと、緊張が高まっていた
今にして思えば、打てるてが限られていたからなんだな

俺はバカラ日記というものをつけている
日記と言うけど毎日ではなく、バカラで気づいた時だけ、必ずメモするという
バカラメモだな。メモは後で見返して、整理して、パソコンで書き直す
そういう積み重ねを1年ほど続けてきた

去年の秋ぐらいには1セッションの勝ち目標は80ドルに設定して
これはもう、動かせないかな、と思っていたよ
本番で無理はできないからね
資金の4%勝ちってさ、銀行利子で考えたら有り得ない高金利
それを1セッション30分とか1時間以内に取るんだから
そんなうまい話をだな、それ以上欲出して、目標高めたら駄目だわと思ったんだ

374三連単7−4−32019/08/01(木) 12:51:44.52ID:SFwic85F
一種の精神論だな。欲かく鷹は爪なくすと昔から言われるし
4%を絶対に俺は維持しようと、心に決めたわけだ
だが、ちょっと待てよと。俺は結構、慌ててプレーしている。結果、勝ってるけど
時々追い込まれているし。俺は、ビビってないか? と思ったわけ

博打は恐怖と強欲により自制心を失ったら、ほぼ負ける

俺は、強欲ではないが、恐怖は感じやすい
目標4%という小さな目標と言えども、恐怖を感じている時点で駄目なのだ
何が、どうして、駄目なのかは、分からなかった

俺はカジノ通いをいったん中止して、部屋に閉じこもり
朝から寝るまで8デッキのトランプを使ってカードを引き
シミュレーションの結果を罫線シートに記録していく作業を続けた

知っての通り、博打は本番に出たら、やるかやられるかの戦場だから
「こうやったら失敗するかな」というような試し打ちなんかは出来ない
今、持っている技術だけで、やりきらねばならない
それは、攻撃的な手法とか防御的な手法とか、その人の賭け方とは関係なく
広い意味では「守りに入って打っている」ということに他ならない
自分の知らないことを検証する余裕は、現場ではないからだ
攻めるしかないという守り、守るしかないという守り
賭け方が保守的になって、それは硬直していくということだ
自在に打てなくなる

375三連単7−4−32019/08/01(木) 12:52:35.52ID:SFwic85F
たとえば、初心者にありがちなマーチンのツラ切りで深追いしたり
ツラ切りは×と決めつけてしまって、逆に自在に打つことができない

確率というのは、決め打ちというのが、一番、追い込まれるのだ
そういう風に確率とは出来上がっているから

プレイヤーに賭け続けて、次にバンカーに賭け続ける、という方法の人がいる
それは俺に言わせれば、まだ発展途上のやり方ではあるけれど
そういう発想は大事だ。同じ賭け方に固執せずに自在に賭け方を変えていく
それはルーティンな単純ルールではなくて
ランダムにルックを挟みながら、確率に尻尾をつかませない賭け方が大事になる

そのような模索を、金を賭けた現場でやれるわけがない
膨大な練習をこなしてデータを取ったり
データに基づくロジックを完成させる作業をしながらも
経験値を高めて、どう賭けていくか、肌感覚で卓越していくことも大事になる

だから、まだ十分にスキルが確立されていない時点で
本番でプレーするのは、避けた方がいいのだ
貧弱な武装で最前線で戦い続けるようなものだからだ
それよりは一度基地に戻って、重武装して、あるいは再訓練も受けたりして
準備万端で最前線に戻った方が、どう考えても生き残れるに違いない

376三連単7−4−32019/08/01(木) 12:53:24.52ID:SFwic85F
実を言うと、スキルがなくても博打をやりたい気持ちは
俺自身が過去に経験済みだ
10年前に俺はFXを始めた。理由はリーマンショックでクロス円が下がり
その後で暴騰したが、再度、戻り局面に入っていたからだ

だが俺は為替はそもそもど素人だし
民主党政権が金融に与える意味もよく分かっていなかった
とにかく、リーマン直後の最安値は拾えなかったが、2009年からの押し目を
俺はひたすら、続けていたわけだ。ミセスワタナベの典型的なやり方だ

だが、東日本大震災からの円高は収まる気配がない
余裕資金さえあれば、この超絶円高がどれほどチャンスなのか
それだけははっきり分かっていた
資金がないから、細かくトレードして利ざやを拾うしかなかったのだ

その頃、俺には師匠と目する人がいて
この人は、口酸っぱく、2つのことを説教した
「練習で勝てないうちは本番でも勝てない」
「練習用プラットフォームを使って、勝てるようになるまで練習しろ」
「実力もないのに本番やったら、絶対に上達しない」
「間違った方法に、ずっとしがみつくことになるぞ」

これが1点。もう1つは

「ポジションが怖いとか損切りに抵抗を感じたら、ポジションサイズが大きすぎる」
「資金や実力以上にポジションを上げてしまったら勝てない」

377三連単7−4−32019/08/01(木) 12:53:57.73ID:SFwic85F
しかし、俺は、この円高の局面を逃したくなかったし
金儲けのチャンスを指をくわえて見ていられなかった
金も賭けない練習で何を学べるというのか
そして、資金がないのだから、怖くても、やはり無理な建玉するしかなかった
それは、まったく相場とは関係のない、俺自身の都合でしかなかった

FXから完全に足を洗ったのは2013年だった
辞めた理由は自民党政権で円安が進んだことと、資金の無さを痛感したことと
結局のところ、勝負をかけられなかった理由は
無くしていい金というものを、当時の俺は持っていなかった
というよりも、金をそのように「見なせなかった」ということ
現場でのトレード回数は多かったが、練習が決定的に足りていなかったために
メソッドを確立できなかったことが最大の理由だった
損失自体はそれほどでもなかったが、俺はもうFXにはチャンスはないと思った
今は豪ドルロングを長期投資としてレバ1で放置しているが
デイトレードはもうやっていない
でも、いつかはまた、やるだろう

FXの失敗が、俺のバカラ観に繋がっている
俺はFXに溺れてしまったが、バカラには溺れない
練習で勝てないうちは、本番で勝つ事は不可能だと思っているしすでに確信した
ゲームの都合は、俺自身の個人的に都合など知ったこっちゃないってこと

十分なスキルもなく本番をやったら、もう伸びシロなんかない
本番で身につく能力というのは、戦略的な勝ち負けの能力とは別種のものだ
金が掛かっているんだから当然だ。大きな勝負をしなくても手が縮こまってしまう
失敗から学ぶとか、新しい方法を試すとか
身銭を犠牲にして、どうしてそんなことができるだろうか。無理に決まっている

378三連単7−4−32019/08/01(木) 12:54:22.99ID:SFwic85F
スキルもなく本番をやっているギャンブラーの共通点は
リスクを最小限にして大きな勝ちを得たいと思ってしまうこと
この場合のリスクとは
「新しい方法は試さない」「ゲームを検証しない」「運に任せる」
そして、練習をすることの意味のなさを
むりやりに、自分に言い訳をするということだ
「必勝法や攻略法なんかないんだから練習や研究は無意味」
「本番でしか実力は上がらない」

少なくともこれだけは断言できる
腕がなければ、動かせる範囲は限定的で、しかも緊張している
いや、緊張や恐怖があるから
大きな勝利によって、快感が得られるのがバカラだ
つまり、下手だからこそ、バカラは楽しめる、嵌るという事情が確かにあるだろう

練習によって腕が上がると
麻痺とかではなく、恐怖感が薄らいでくる
バカラとは「勝ち負けを繰り返しながら、攻めるべきところで攻め
守るべきところで守り、結果収支をプラスに持ち込むゲーム」と理解するはずだ

1セッション80ドルで感じていた恐怖が
100ドル、150ドル、200ドル、300ドル、400ドル、500ドルと上がってく
上がるにつれて、恐怖もまた薄れていく
もちろん、ケリー方式で
残高と連動して賭け金のベースラインを上げる方法を取ったら危険を感じるし
少なくとも俺はそんな方法は取らないだろう

379三連単7−4−32019/08/01(木) 12:55:11.00ID:SFwic85F
まぁこういうことだ。破産しても別に構わない
10万円の種銭を3か月かけて50倍にすればいいだけの話だから

バカラで実力が身につくということは破産を恐れない自信と確信を持つということだ

資金に頼ったり(つまり金を失うことを恐れたり)
緊張で手が縮こまってしまっている時は
バカラで勝つ自信や確信が乏しい状況であることは分かるよな

実力がなくてもゲームをしたい気持ちは、俺にはよく分かる
俺自身がそうだったから
少し依存気味にもなっていたから、毎日、チャートをチェックしないではいられなかった
酒を飲みながらトレードしたり
観たいドラマを見ながらトレードするという
愚行もやって失敗した俺だ

だが、過ちを三度は繰り返しても、いや百歩譲って四度繰り返しても
五回、同じ過ちは繰り返さないのが俺という人間だ
愚者にも賢明さというのは、残されているのだ

380三連単7−4−32019/08/01(木) 12:55:57.54ID:SFwic85F
俺が依存症になっていた時は
金に飢えていた、ということもある
金に飢えるとは、金に困る、とはニュアンスが少し番う
金に飢えるとは、そのせいで日常生活に支障を来たすとか
どうしても欲しいものが手に入らないという意味ではない

物質的というよりも精神的に渇望している状態だ
金がまるでないわけではないが、その程度の金では何にもならないから
持っているお金の範囲内で生活を人生を、豊かにしていくことに金を使えない
物を買っても嬉しくないから不要不急のものは何も買わなくなる
物欲がないよな、とか世捨て人だよなと、人から言われ続けてきたが
そうではない。ただ、金に飢えて、無力感に苛まされていただけなのである

FXは丁半博打そのものであるが
丁半博打になるようなルールをしっかり決めなければ
丁半博打にならない
つまり、具体的に言うと1万円を危険に晒して1万円を得るような
指値逆指値を入れなければ丁半博打にならないのだ
だから俺はFXで丁半博打を極められなかった

バカラは、儲けは半分でいいからリスクも半分に減らしてくれないか
というのは無理な相談だ。ルーレットなら可能かもしれないが

381三連単7−4−32019/08/01(木) 12:56:31.23ID:SFwic85F
俺は、カジノと同じ条件のトランプセットでカードを引き
高精度のダイスを買ってきて振り
本物のルーレットホイールを買ってきて回し
コインを使い、乱数発生アプリを使い、プレステのカジノゲームや
バカラマンやソーシャルカジノゲームやトランプスタジアムなどのWEBカジノゲームなど
いや、それらをすべて組み合わせた方法も使い
ランダムな出目というものを、すべて試してみた

そこではっきりしたことは
ランダムな事象というものは、どれを使っても
同じランダムな結果しか出ないということだ

唯一、ランダムな結果が出ないのはオンラインカジノで
これだけは、ペイアウト率の問題で(つまりバカラの期待値98%ではハウスは勝てないから)
パチンコ屋のような出目調整が行われていると推論されるからである
まぁオンラインカジノは有象無象がやるものだから
俺は関係ない

バカラとはランダムな事象をどう捉えるかにつきる

実力が上達するということは
ランダムは最終的な1/2という平均確率に向かって
どのような偏りを繰り返していくかという事象を無数に目撃して
記録し、共通点を炙り出す繰り返しによってのみ
見えてくるものだ

382三連単7−4−32019/08/01(木) 12:57:46.69ID:SFwic85F
ランダムは、サッカーボールのように、バウンドして
どこに飛んでいくか分からないし、そのエネルギーやベクトルを完全の理解して
サッカープレイヤーがボールを巧みにコントロールしているわけではない
ということを、観客の誰もが知っている

だが、ボールは完全に「達人」によって、見事にコントロールされている

バカラも同じだ
ラインを超したから負けというわけではない
100発100中でなくてもバカラは勝てる

ノーリスクで勝てる絶対的な必勝法や攻略法がなければ勝てないわけではない

バカラは、平均的に、勝ち手に大きく張り、負け手に小さく張り(あるいはルックして)
最終的な収支をプラスに持ち込むゲームである
だから、勝ち越せないということは
平均的に言って、勝ち手に大きく張れておらず、負け手に小さく張れてないから
負けているのである

383三連単7−4−32019/08/01(木) 12:58:21.59ID:SFwic85F
繰り返すがバカラは百発百中のわけがないゲームだが
51勝49敗の機微が見えないゲームでもない
だから、絶対ではないが、勝ちがいくらか優勢なハンドと
優勢とは言えないハンドの見極めぐらいは出来なければ勝てるわけがない

走っているツラのランを切れば、この51勝49敗に不利なのは言うまでもないだろう

やめとくべきハンドでしっかり負けて、勝負すべきハンドでしっかりと勝つ
だから、やめとくべきハンドでしっかり負けることが大事なのである
ランダムとは分散と収れんを繰り返すものだから
平均して、この目測がまるで当てにならなければ、目測の誤りによって
平均的に勝つ事はできない

目測が正しい人でも
小さく賭けるべき負けハンドで勝つことが多い局面では、
それが同時に、大きく賭けるべき勝ちハンドにも影響することを想定して
その局面はオールルックしなければならない

384三連単7−4−32019/08/01(木) 12:58:37.56ID:SFwic85F
そういうことを、緻密に積み重ねていくためには
ゲームそのものに、十分に習熟するしかない
少ない試行回数で得た経験則くらい、危険なものはないことを理解せねばならないのだ
100万回の試行回数で、やっと経験則らしきものは見えてくる
その間に、何度も何度も、真逆の偏在が発生しているからである


自分が上達したかどうかは
儲かっているかどうかで判断すると思うが
それよりも、自分自身の恐怖感が、慣れや増長とは切り離して
どう薄れているかで、分かる部分はあるだろう

まだスキルが低いうちは
勝ち逃げは大事なことだが
怖いから一目散に逃げる、ということが続いている限り
どうしても、カジノの魔物に追いつかれることはあるに違いない

恐怖の原因は言うまでもなく不確実性だ
ツキとも言う
この不確実性の正体を突き止めることが
バカラの勝ち越しを楽にする

それでも俺の実力では
資金を倍にするのは1日がかりだし
その長丁場でミスをせずに集中力を切らさないのはキツい作業だ
そこまで自分を追い込んで修行すれば
1日に資金の1/10を勝つ事は、だいぶ楽な作業となるのは言うまでもない

高く飛べる跳躍力を練習で育みながらも
本番では、その1/10の目標を達成する継続が
長期的かつ持続可能な勝利を実現できると俺は思っている

385三連単7−4−32019/08/01(木) 13:40:35.71ID:0Xz8/Pql
長い、つまらん、帰れ

386三連単7−4−32019/08/01(木) 18:22:38.65ID:81b2wHOY
途中まで読んだお前の負けwwwwwwwwwwwwwwwwww

387三連単7−4−32019/08/02(金) 13:26:33.39ID:7PKvzujT
ドラゴンカジノのバカラで
全く負け越していないすごい日本人プレイヤーがいる
大数の法則という科学的結論から言うと
十分な試行回数をこなせば
ターンオーバー(総賭金)に対して期待値の劣位分のパーセンテージで
必ず負けていくものだが
この人は1万5000回以上回しているのに2000万Pを超えている
ドラゴンカジノは5万Pスタートだから1000Pがボーナスとしても
200倍にしている
ゲーム開始日が5月だから3か月で200倍
バカラはやっぱりスキルなんだろうなと思った

388三連単7−4−32019/08/03(土) 15:43:55.32ID:ZvAnH4mv
勝ち方をつかめていない人は
イカサマされても気づかないだろうな

何か勝てないな、ぐらいの感覚かな

まぁ確率を知ったところで本カジに行けない人は
イカサマでもオンカジやるしかないけどな

389三連単7−4−32019/08/09(金) 19:11:32.90ID:Wgij+r9T
ドラカジのバカラで
2万回もゲーム数こなしているのに
勝率が50%越え、勝ち越しは
確率的に有り得ない

だから、ほとんど全員負けているわけだよ
勝ち越している参加者なんて1%いるかどうか
この決定的な数字をドラカジで見せつけられると
ああ、これが現実なんだなと思う

しかし
1%は勝ち越している
しかも、一時的ではなく、持続的に勝ち越している
何かしら、あるんだろうな、例外的に、何かが

390トロロッソバ2019/08/11(日) 12:49:36.93ID:x9x6cYtM
ドラゴンカジノで試行回数が多くて勝率50%を超える事は
確率論的には可能
なぜならバンカーの勝率は50.7%だから
バンカーにフラットベットで賭け続ければ、いずれは平均勝率50.7%になる
ただしコミッションを5%取られるからバンカー賭けでは勝ち越せない
おそらくドラゴンカジノで勝ち越しているのは
タイ・ペア・スーパー6の全部に賭けているから
どれかが当たって勝率が50%を超えているだけだと思う
勝率が高い人はほとんど負け越しているし
勝率が50%を超えて試行回数が十分にあって
勝ち越している(最高残高=現在残高)人がホンモノ

で、そういう人は99.9%いないんだなぁコレが
たまに、おっいた!と思ってフォローすると
次の週には大幅に負け越している
短期的に大玉勝負で当たっただけww
これだけ多くの人が勝てないんだから、カジノが儲かるわけだよ

391三連単7−4−32019/08/15(木) 19:27:18.98ID:jEBjcloL
バカラで勝てる人は
沈黙は金を守っている

それが、1%の勝ち組

392三連単7−4−32019/08/20(火) 00:49:51.60ID:Zar/s9X0
この10年間で何かわかったことはある?
10年前に生まれた人は小学4年生
20歳の人は30歳に
30歳の人は40歳になってる

この長い時間の中で生み出した成果はなんだ

393三連単7−4−32019/08/20(火) 23:34:49.50ID:mQqtoLQd
大数の法則は乱数に対してのみ有効と言うこと
例えば4もく縦連目が千回万回続くのは
絶対に断固として乱数ではないから
その乱数の結果ではない想定シュー
に対して順張りや逆張りするのは
その行為自体が
乱数ではないベットなのは分かるよな
自分自身が乱数発生器になった時に
ギャンブラーは科学的に100%の確率で
負けるが、乱数に従わないことは可能であり
バカラの勝機はそこにしかない

394三連単7−4−32019/08/24(土) 00:27:10.50ID:UdajZsh1
まぁ、乱数列と疑似乱数列と
非乱数列の違いが解らないと
バカラで勝つのは無理かな

395三連単7−4−32019/08/24(土) 13:49:39.45ID:OPSTyQN4
>>389
その例外がおれのようだな

396三連単7−4−32019/08/25(日) 03:08:37.64ID:Lw1tyWJj
1セッションで負けるのはいい
セッション単位で2勝1敗でも 3勝2敗でも
6勝1敗でもいい
セッション単位で勝ち越せれば十分
だから賭け金を上げるのは
十分なセッションをこなせる資金的余裕が
出来てからでないと決定的に不利だし
破産の危険も回避でかる
少しでも勝とうとしては駄目
不利を受け入れても
最後に勝てれば結果オーライ

397三連単7−4−32019/08/31(土) 12:10:27.98ID:lPFJfMQ7
バカラはどう打つかどう張るかはもう最初から決まっていて
焦点は
どこで撤退するか
これに絞られる

つまり、取り返す実力がないと
途中で引くに引けないよな
だから深追いしてしまう

結局最後は損切り撤退しても取り返せる自信が全てということになる

398三連単7−4−32019/09/01(日) 07:13:09.89ID:Q5+7xhNY
ルーレットの罫線とバカラの罫線は違う
ルーレットはゼロ/ダブルゼロが期待値をバカラよりも2%から4%も下げるから
どうしてもルーレットをやるしかない時は
バカラで打たれ越す時のハンドに相当する局面ではルックするのが正解
でもルックが許されない時は、何らかの方法で打たれ越すしかない
ルーレットはイーブン/オッド マンク/パス レッド/ブラックでは
同じ丁半博打でも、出目傾向がまるで違う
それをいっしょくたにして、出目を追っていくと必ず混乱して追い詰められる
だから、どれか1つに絞るべきだ

399三連単7−4−32019/09/01(日) 07:13:30.34ID:Q5+7xhNY
時間の節約にはならないから、ここは気をつけたいところだ
バカラは前のめりに打ってはいけない
師いわく「早漏即沈没」
仕掛けが遅いと勝つチャンスは逃がすが損する訳ではない
2手3手仕掛けが遅いだけで助かるケースは数知れず
最初のハンドで落としたら、後は撤退戦略のみ考える
深追いするよりも、新たなハンドで取り返した方がセーフティ
バカラとは、ランを見極めるゲーム
もちろん単純ツラはツラ乗せしていくだけだが
ツラ乗せ一本槍では確率的に負けてしまう
ツラ切り一本槍は更也
ツラは乗せる/切るを融合させることでバイアスを掛けて
ランダムに収束しないように出来るし
自分自身のベッティングが乱数発生器になったら負けを先延ばしに出来ない

400三連単7−4−32019/09/01(日) 07:13:38.41ID:Q5+7xhNY
ここが、丁半博打の妙であり
アクセルを踏む時と踏まない時を上手に切り替えることで
利乗せと損切りにより益出ししていく
結局、バカラというのは、わずかな優位の積み重ねでしかない
その積み重ねを取れないと
期待値通りの結果となって、数学的確率論的にギャンブラーは沈んでしまう
1枚のレイアーだけではバカラは勝てないのである
複数のレイアーをシューに当てはめて
有利なハンドをチョイスしていくしかない
平たく言えば、マーチンゲールだけでもパーレーだけでも不足
ツラ切りだけでもツラ張りだけでも不足
1つのシステムベットだけ回して勝てる訳がない
ベットサイズコントロールだけでもフラットベットだけでも勝てない
すべて融合させてシューに適応させて乱数に巻き込まれないようにしなければいけない
アクセルをベタ踏みしないといけない局面もあるが
必ずアクセルオフさせなければいけない局面がある
なぜ加速減速するのかと言えば
シューの至る所にルックポイントがあるからである
ルックしなければ資金が持たない
逆に言えば、資金に余裕がない、スプレッドがキツい時には勝負ハンドが限られる
ということだ
ギャンブラーが置かれた状況によって賭け方が変わってくる
勝っている時のアクセルの踏み方と勝っていない時のアクセルの踏み方が
同じのはずがない
しかし、多くのギャンブラーは
資金量や勝ち負けに関らず、かなり1本調子な博打を打ってしまい、負け越してしまう
バカラの神はディティールに宿る
ゲームの細部に無頓着では、ゲームは楽しめても実入りは厳しい

401三連単7−4−32019/09/04(水) 09:37:06.70ID:xPmN4uzx
ジェフリー・ローゼンタールの本を初めて読んだ時に
正直頭に来てしまった

それがこの部分(運は数学に任せなさい/ハヤカワ文庫ノンフィクション)108ページ

★最後にモノを言うのは辛抱★
ランダム性を理解すれば、運のゲームで勝つ確率を上げることができる
けれど真の勝利を目指す時(これは長期的持続的な収支のプラスのことと思われる)
最後にモノを言うのは辛抱だ
大数の法則によれば「1つ1つのゲームに勝つ確率」が一番高いプレイヤーが
結局は一番多くのゲームに勝つことができる
つまり、毎回勝つわけではないにせよ、何度もゲームを繰り返せば
ほかのプレーヤーよりも多くのゲームに勝つということだ
勝つ確率を上げる方法が分かったとしても
「嫌というほどゲームをしないと」効き目は出てこないかもしれない
あいにく、ゲームを何度も繰り返せないこともある
そんな時には勝つ勝率を目一杯高めるしかない
あとは、当たって砕けろだ−

ふざけんじゃない。勝率を目一杯高めるって何やねん?
と、思ったものだ

今はローゼンタールの言っていることはギャンブルゲームの最終結論なのが分かる
ローゼンタール自身が勝ち方を知っているかは別として
やはり、1手1手の積み重ねで時間がかかっても、勝ち越すことが大事であり
勝利はそういうメソッドとターンオーバーの量で決まるということだ

402三連単7−4−32019/09/04(水) 09:37:42.49ID:xPmN4uzx
平均勝率がわずかでもプラスになればバカラは勝ちのゲーム
もっと言えば、時間をかければ、いつかは必ずプラスに転じる手法を用いねば
乱数と大数の法則の罠にズッポリはまって、いつかは負けてしまうのだ
いや、正確に言うと、セッション単位でいつか負けるのは全然構わないのだが
1セッションで開けてしまった穴をカバーする前に
次のセッション負けを喫することが駄目なのである

バカラは平均勝率を51勝49敗以上の結果に持ち込むために
やはり1手1手を緻密に打っていかねばならないのである
こうきたらこう打つと、もう最初から決めていて
それがシミュレーションで平均的に勝ち越しでワークしていなければ
当然本番でも平均的に負け越してしまうのである

あるハイローラーがこんなことを言っている
「博打の極意は勝ち逃げと損切り」
これは間違いのない真実であり、運がいい時に欲を出さずにやめておけ
という大事な教訓なのだが…
もう怖い、逃げたい、キリのいい数字を目指したら転げ落ちた、やめどきはいつ?
そんなことを思っているうちは、勝ち負けが不安定のままだ
安定的に打てないし(いや、おそらくはそういう状態では安定的に打ってはいけない)
その方法では、浮き沈みの大きい「乱数と大数の法則」に収束する危険が非常に高い

403三連単7−4−32019/09/04(水) 09:38:16.06ID:xPmN4uzx
バカラは勝ち方を確立するまでは
絶対に、勝ち逃げルールに徹しないといけないが
やがては、恐れることなく、長期的なプレーを積み重ねていって
わずかな平均勝率の優位の持続によって
ターンオーバーの果実を収穫するスタイルしかなくなる

そのような賭けスタイルにおいてありえないのが
「ここ一番の大勝負」だ
バカラは勝負してはいけないのである
ギャンブラーなら勝負したいに決まっているし
嫌でも勝負せねばならない局面だって多々あるだろう

でも結論から言うと
勝負によって窮地を脱したり利益を得たりするやり方は
持続可能性がない「長続きしない」
あるハイローラーは「カジノではプロギャンブラーは存在しない。長続きしないから」
「いつもゲームしているギャンブラーは資産家やしっかりした収入が別にある人だ」と言った

そうかもしれない。だが、何事にも例外はある

バカラで長期的にサステナブルに勝つためには
このようなベッティング体系で打ったら平均勝率はプラスになるかな?
という方法を確立するしかないが
余程の達人の域に達するまでは(いや、そんな境地が果たしてあるのだろうか)
局面の要所で小さな勝負はしているのである
だから、それはリスク要因だから
次のセッション負けまで、小さな勝負の継続で利益をどれほど積み増せるかが
バカラのスキルということになるだろう

404三連単7−4−32019/09/04(水) 09:38:33.77ID:xPmN4uzx
本当に気まぐれな無駄玉1つ打てないのがバカラというゲームだ
徹底的にリスクコストを削減して
何とかほうほうのていで利益を搾り出すゲーム

勝ってるからもうやめたいなんて言っている場合ではない
負けても取り返せる算段がないなんて言ってられない

つまりは「結構短期的に稼げたからラッキーだな」というのは
遊びのバカラとしては正統派だが
ローゼンタールの言うところの「本当の勝ち」を目指すには
著しく適していないと言うことができる

ガッツポーズの出る会心のゲーム運びだったとか、もう負けたくないとか、怖いとか
そういう要素があるゲームは、やはり不安定と言わざる得ない
ヨシャー、とか、ドキッ、とか
そこを平滑化して感情の凸凹を無くしていかないと
バカラは刺激的でエキサイティングなゲームとしてギャンブル依存方向に行ってしまう

金がかかっていなかったら
カジノゲームなんて子供騙しな退屈なゲームだ
だから、どんなに退屈なゲームスタイルでギャンブルしたとしても
本来、大事な金がかかっているゲームで退屈になるはずがない

ところが
大事な金がかかっていても
刺激に慣れてしまったギャンブラーは、退屈さを感じてしまうのだ
そして、スリリングな大玉ベットに走る
負けを取り返したいから、負けが悔しいから
大金を稼ぎたいから、いいとこ見せたいから、興奮したいから、理由はそれぞれだが…
それは本来バカラではやったらアカンやつ

でも勝てないバカラ打ちはそういう致命的な弱点を持っているのだ

405三連単7−4−32019/09/10(火) 09:34:36.57ID:KeeD0Vcv
バカラは勝てる
我慢の博打

406三連単7−4−32019/09/17(火) 19:11:22.21ID:uAe9IwhF
「勝つまでやめるな」 著者/和田史久

一勝負で数億円を賭け、20年間負けなし
日本人最強のカジノプレーヤーが語る勝利の方程式
超ハイリスク・ハイリターンの世界で、異常ともいえるほどの勝率を誇る日本人がいます
彼の名は和田史久。世界中のカジノでバカラに興じ、これまで勝った金額の合計は数百億円
伝説のバカラプレイヤーの本

407三連単7−4−32019/09/21(土) 15:49:11.03ID:uyONAjkD
十分な資金で毎日1%を100日連勝するのは難しくない

408三連単7−4−32019/09/30(月) 23:53:59.65ID:TB+muo9L
ArBinance - 自動アービトラージツール
アービナンス
最低運用額$25

配当型ウォレットより、4時間毎に自分で運用。
後は待つだけ。日利2〜5% 

直紹介なくてもバイナリー報酬。

※下記のリファで登録すると自動でダウン付いて、今なら先着5名の方にリファ100%バックします!
オープンしたばかりなので早く参加して稼ぎましょう。

登録は arbinance.com/?ref=7098
方法は scrapbox.io/arbinance/

新着レスの表示
レスを投稿する